• お菓子の罠と妖精 改訂版

    2018-10-11 23:05
    あらすじ:夕暮れの教室で過ごしていた仲良し3人組。突然現れた謎の黒い塊に、不思議な世界へ引きずり込まれてしまい…。

    配役
    紅羽♂:俊也の兄で、しっかり者。高校3年生
    俊也♂:紅羽の弟で、甘い物大好きな、やんちゃ。高校2年生
    虫歯お化け♂:黒い身体に左手に長い爪を持つ、赤い目のお化け。
    遊歩♀:紅羽と俊也の幼馴染。優しい、高校2年生
    ソラ♀:お菓子の国に住む妖精。幼いながらにリーダー候補だが、ちょっぴり泣き虫

    ストーリースタート

    紅羽:おい、もう暗くなるから帰るぞ

    俊也:待って、あと少しで完成するからよ

    遊歩:でも、そろそろ帰らないと先生に叱られるわよね

    俊也:解ったよ。あとここを色塗ったら終わりにするから

    紅羽M:俺は紅羽、この高校に通っている。今日は弟の俊也、幼馴染の遊歩が学校祭でのクラス発表の演劇に使う絵が間に合わないらしくて、二人で美術室で絵を描いていた。

    遊歩:ちょっと、俊也。風景を描くのはいいけど、お菓子ばかり描いているじゃないの

    俊也:いいじゃん?空想の話なんだし、花や鳥ばかり描いてもつまらないしさ。

    紅羽:(ちょっと何か企む表情をして)俊也、お前の後ろにお化けいる!

    俊也:?!(振り向く)

    遊歩:(笑い出して)何、びっくりしてるのよ

    俊也:兄ちゃんひでぇ!

    紅羽:そう怒るなって。でも、そろそろ帰らないと置いて行くからな

    俊也:解ったよ。今片付けるから、待ってくれ

    紅羽M:小さい頃から、時々父さん達にこうやって驚かされたけど…。まさか、それが本当に起こるとは思わなかった。

    虫歯お化け:けけっ…

    俊也:兄ちゃん、まだ俺を驚かす気かよ

    紅羽:はぁ?お前なにいってんだよ?

    遊歩:私にも何か聞こえたわ




  • 広告
  • 声劇団「蒼杏桜風」専用台本 仲間が居る事

    2018-09-26 22:45
    あらすじ:ダークエルフの青年は親のやり方に反発し、街へと。そこで出会ったのは…

    (作者より:声劇団「蒼杏桜風」の専用台本です。他者の使用は厳禁です)

    配役
    オルス♂:お人好しで優しいダークエルフ(団長)
    フューレア♂:冷酷で自己中心的。オルスの父親(ミックさん)
    フレイド♂:落ち着いていて、数人で冒険してるリーダー。人間(千本桜さん)
    シンリア♀:酒場のマスターをしてる、肝っ玉母さんみたいな性格のハーフエルフ(あんこっこさん)
    リリアン♀:シンリアの店で働く、気の強い店員(副団長)

    (作者より。団長メインの台本になります、ナレーションは副団長が行います)


  • 本当の気持ち

    2018-09-03 21:29
    あらすじ:お風呂お化けのお手伝いで、妖精の国へいい香りの花を摘む事になったお化け達。しかし、悪戯お化けの悪戯で妖精を怒らせてしまい…

    配役
    お風呂お化け♀:白い身体に蒼い目の優しいお化けで、森の温泉に住んでいる。
    悪戯お化け♀:オレンジ色の身体に黄色の目の子供お化け。やんちゃ
    蟲お化け♂:緑の身体に茶色の目、両手に右手に釜を持つ。ツンデレ
    妖精A♂:妖精の国の南西、花の国に住む。花畑の管理をしてる、厳しい性格
    妖精B♂お菓子の国に住む妖精、城の憲兵をしてる

    (作者より。ナレーションは男女どちらでも可能で、基本5名ですが6名でも出来ます)

    ストーリースタート

    ナレーション:妖精の国は今日も良い天気。あちらこちらで妖精達が遊んだり、夢のゲートを通って来た人間達がのんびり過ごしています。その国の南西には色んな花が咲き誇る花の国があります。その小道を、何かが通っていますね、一体なんでしょうか?

    悪戯お化け:わーい、お花きれいー!

    お風呂お化け:先に行ったら危ないわよ?

    悪戯お化け:大丈夫だもん♪

    蟲お化け:全く…。なんで、俺があのちびっこの面倒をみなきゃならねぇんだよ

    お風呂お化け:あら、仕方ないじゃない。虫歯お化けは他のお化け達と何匹かで出かけてしまったし、この子が花摘みのお手伝いしたいって聞かなかったんだから

    蟲お化け:こげこげの森の連中でも、妖精の国へ行ける者は限られてるからな

    お風呂お化け:そうね。何もしなければ、妖精たちが来る事は無いと思うわ

    ナレーション:真っ白いお風呂お化け、緑の蟲お化け、オレンジ色の悪戯お化けの3匹はどうやら森から出て来たようです。色とりどりの花が咲き乱れる中を、ゆっくりと小高い丘の方角へ向かっていきます

    悪戯お化け:ねぇねぇ、蟲お化け

    蟲お化け:ん?

    悪戯お化け:このお花で冠作ったら、綺麗だよね?

    蟲お化け:そんなの知るか

    悪戯お化け:なによ、あとで作ってあげようって思った…

    蟲お化け:(さえぎる様に)あーうるせぇ!しつこいと、腕をもぐぞ!

    悪戯お化け:(泣き出しそうになる)

    お風呂お化け:もう、どうしてそう優しくできないのかしら…。悪戯お化け、大丈夫よ。蟲お化けは少しご機嫌が悪いだけだからね

    悪戯お化け:うん…

    ナレーション:暫くして丘の頂上に着くと、お風呂お化けは手に持っていた手提げ籠を地面に下して、花を摘み始めました。蟲お化けはというと、ごろんと仰向けに寝そべって、退屈そうにしています。

    お風呂お化け:この花をすり潰して石鹸を作ると、とてもいい香りで温泉に入るお化け達も喜ぶのよね。あとは、こっちの花は傷にいいっていうし。悪戯お化けも、ちゃんとお手伝い…あら?

    蟲お化け:どうした?

    お風呂お化け:あの子、どこにいったのかしら

    蟲お化け:ちびっこなら、そこらへんで遊んでるだろ

    お風呂お化け:あの子、すぐに悪戯するから心配だわ。蟲お化け、探してきてくれないかしら?

    蟲お化け:面倒くさいな…、ほっとけばいいだろ。そのうち帰って来るだろうし

    お風呂お化け:そうもいかないわ。この国の妖精達を怒らせたら大変よ

    蟲お化け:わかったよ、連れ戻せばいいんだろ

    ナレーション:さて、二匹から離れた事も知らない悪戯お化けはというと、綺麗な蝶々を追いかけて丘の南側へ降りて行ってしまって、迷子になってしまっていました。そこは、花の国の妖精達が種や苗を植えて育てている花壇がありました。

    妖精A:よし、こっちは異常なし!

    妖精B:警備ご苦労。花を護るのにせいがでるな。

    妖精A:これはお菓子の国の。今日は何か用か?

    妖精B:クッキーで家の屋根を直すっていうから、ハーブを少し譲って欲しいんだ。

    妖精A:それなら、こっちの畑だな。

    悪戯お化け:うわぁ、妖精がいる。それに見た事ない葉っぱとか一杯あるし、お風呂お化けに持っていったら、喜ぶかな。一つだけ…もらっていこうっと

    妖精A:ん?あれは、こげこげ森の…って、こらー!

    妖精B:大変だ、あのお化けが苗をむしりとってる!

    悪戯お化け:(びくっ!)うわぁぁ!

    妖精B:まだ子供のお化けだな、だけど許さないぞ!

    悪戯お化け:うわーん!こわいよう!

    妖精A:そっちへ逃げるぞ!

    ナレーション:怒った妖精達にびっくりした悪戯お化けは、片手に苗をもって逃げ出していきます。少し走っていくと、探しにきていた蟲お化けが見えて来て、後ろへ隠れてしまいました。

    妖精B:お化けがもう一匹?!

    蟲お化け:なんだ、お前ら?

    妖精A:貴様もこげこげ森のお化けだな!妖精の国へ来るとは、やはり悪さをしにきたな!

    蟲お化け:おいおい、その言い方だとこのちびが何かしたんだな?あいにくだが、俺はお風呂お化けと一緒に来ただけだ

    妖精A:お風呂お化けってことは、花を摘みにきているのか。いや、そんな事はいい。その小さいのが、花壇の苗をむしってしまったんだ

    蟲お化け:はぁ…、やっぱりやらかしていたか

    妖精B:お前も巻き込まれたくなかったら、その小さいのをこちらに渡してもらおう。城へ連れて行って、閉じ込めて二度と帰れない様にしてやる。

    蟲お化け:話も聞かずに閉じ込めるだぁ?お前ら、こいつの話も聞かずにするのかよ。悪戯は悪い事だが、もしかしたら何か理由があるかもしれねぇだろ

    妖精A:それもそうだな…。では聞こう、お前は何故花壇に悪戯した?

    悪戯お化け:(泣き出してる)

    蟲お化け:ほら、黙ってたら解らねぇだろ

    悪戯お化け:お風呂お化けに持っていきたかったの…。喜んでもらえるかな…って

    妖精B:そうか。だけど、それはまだ花が咲いていないやつだぞ?きちんと植えてあげないと、枯れてしまう

    悪戯お化け:そうなの…?

    妖精B:花の妖精たちが、大切に育てている。それに、お前だって、もし大切なものを急に取られたら、どう思う?

    悪戯お化け:…

    蟲お化け:どうだ?ちゃんと出来るな?

    悪戯お化け:あの妖精のお兄ちゃん、怖いよう…

    蟲お化け:だけど、悪い事をして怒られた。そうだろ?

    悪戯お化け:うん…。ごめんなさい…

    妖精A:全く…欲しいなら、良い話だろう。

    ナレーション:妖精たちの怒りも収まったその時、お化け達の後ろから呼ぶ声が聞こえ、その方向をみると、お風呂お化けが花かごを持って探しにきていました。

    お風呂お化け:よかった、帰って来ないから何があったとおもったのよ

    悪戯お化け:うわぁぁぁん!怖かったよう!

    お風呂お化け:ちょっと、何があったの?こんなに泣いて

    蟲お化け:そのちびっこが妖精共を怒らせちまったんだよ。まぁ、どうにかなったけどな

    ナレーション:妖精達から話を聞き、真っ白い身体を深々と下げて謝る姿に、怒りも収まった妖精たちはお化け達を花壇へと案内し、むしり取った花の苗を綺麗に植え戻しました。こうして時間は過ぎて行き、こげこげ森へ帰る時間になる頃には、小さな悪戯お化けは疲れてお風呂お化けに抱かれて眠っていました

    妖精A:私たちはここまでしか、見送れない

    お風呂お化け:ありがとう。これだけお花があれば色んな香りの石鹸とか作れるわ。

    蟲お化け:すまなかったな。お前たちの国を騒がしてしまって

    妖精A:なに、優しい気持ちが悪戯に変わっただけだ。気にすることない

    妖精B:お前たちのようなお化けばかりであれば…

    お風呂お化け:それは言わないでくださいな

    妖精A:そうだな。では我々はこれで!

    ナレーション:妖精たちは笑顔で敬礼すると、自分たちの国へ帰っていきます。その様子をお風呂お化けと蟲お化けは、見えなくなるまで見送っていました

    お風呂お化け:…ねぇ。蟲お化け

    蟲お化け:なんだ

    お風呂お化け:優しいところあるのね

    蟲お化け:な…、俺はちびが二度と森へ帰れなくなったら、虫歯お化けに怒られるから…!

    お風呂お化け:本当は、この子が心配だったのよね?

    蟲お化け:いいから、森に帰るぞ!

    お風呂お化け:ふふっ、素直になれないんだから

    おしまい