お菓子の罠と妖精 改訂版
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

お菓子の罠と妖精 改訂版

2018-10-11 23:05
    あらすじ:夕暮れの教室で過ごしていた仲良し3人組。突然現れた謎の黒い塊に、不思議な世界へ引きずり込まれてしまい…。

    配役
    紅羽♂:俊也の兄で、しっかり者。高校3年生
    俊也♂:紅羽の弟で、甘い物大好きな、やんちゃ。高校2年生
    虫歯お化け♂:黒い身体に左手に長い爪を持つ、赤い目のお化け。
    遊歩♀:紅羽と俊也の幼馴染。優しい、高校2年生
    ソラ♀:お菓子の国に住む妖精。幼いながらにリーダー候補だが、ちょっぴり泣き虫

    ストーリースタート

    紅羽:おい、もう暗くなるから帰るぞ

    俊也:待って、あと少しで完成するからよ

    遊歩:でも、そろそろ帰らないと先生に叱られるわよね

    俊也:解ったよ。あとここを色塗ったら終わりにするから

    紅羽M:俺は紅羽、この高校に通っている。今日は弟の俊也、幼馴染の遊歩が学校祭でのクラス発表の演劇に使う絵が間に合わないらしくて、二人で美術室で絵を描いていた。

    遊歩:ちょっと、俊也。風景を描くのはいいけど、お菓子ばかり描いているじゃないの

    俊也:いいじゃん?空想の話なんだし、花や鳥ばかり描いてもつまらないしさ。

    紅羽:(ちょっと何か企む表情をして)俊也、お前の後ろにお化けいる!

    俊也:?!(振り向く)

    遊歩:(笑い出して)何、びっくりしてるのよ

    俊也:兄ちゃんひでぇ!

    紅羽:そう怒るなって。でも、そろそろ帰らないと置いて行くからな

    俊也:解ったよ。今片付けるから、待ってくれ

    紅羽M:小さい頃から、時々父さん達にこうやって驚かされたけど…。まさか、それが本当に起こるとは思わなかった。

    虫歯お化け:けけっ…

    俊也:兄ちゃん、まだ俺を驚かす気かよ

    紅羽:はぁ?お前なにいってんだよ?

    遊歩:私にも何か聞こえたわ




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。