• Oneohtrix Point Never/Garden Of Delete

    2016-09-19 23:55



    1. Intro
    2. Ezra
    3. ECCOJAMC1
    4. Sticky Drama
    5. SDFK
    6. Mutant Standard
    7. Child Of Rage
    8. Animals
    9. I Bite Through It
    10. Freaky Eyes
    11. Lift
    12. No Good
    13. The Knuckleheads

    USはマサチューセッツ州ウェイランド出身、現在はNY/ブルックリンを拠点に活動するエレクトロニカ/アンビエント/ヴァイパーウェイブ系ミュージシャンの最新作。特異的な前衛電子音楽で聴く者をアッと言わせる奇才Daniel LopatinによるプロジェクトOneohtrix Point Never(OPN)と言えば、代表作「Replica」や前作「R Plus Seven」を筆頭とする「R」シリーズでエレクトロニカ/テクノ周辺だけでなく各メディアからも絶大な支持を集めて、今やAphex TwinやBrian Enoの後継者なんて呼び声すら上がっている。そんな彼のWarpからリリースされた最新作「Garden Of Delete」はなんでも幼少~学生時代にハマっていたとされるPanteraやSlayer、Def Leppardといったハードロック/メタルバンドや初音ミクといった近年のヴォ―カロイド音楽からの影響、そしてNine Inch NailsやSoundgurdenとのツアーから触発されたもので、商業主義の在り方を通して自分なりのポップミュージックを目指した作品だと知ったときはやっぱりこの人頭おかしいんじゃないのとも思ったけど、それ以上にその一つ一つの影響が彼自身の音楽にどのように混ぜ合わせ料理されていくのか全くもって想像が付きませんでした。

    その前評判通り一回聴いただけでは案の定善し悪しの判断にとても悩むことになりましたが、何週か通して見ると多少なりとも見えてくるところがあって、ヴァイパーウェイブ/アンビエントの卓越した静の構築美の上に成り立っていた前作と比べると、ハードな高音ノイズやサイバーテクノ風味の粗暴な音雨の数々からしても明らかにアッパーで縦横無尽に空間を飛び交う電波の数も計り知れないレベルにまで達していて、全くもって間逆の作品であると同時にある種の高揚感を覚えずにはいられない謎の中毒性を孕んでいるのも事実。更に言えば暴力的な音塊の合間に見え隠れする喪失感を匂わせる憂いを帯びた旋律の主張もより強くなっているようにも思える。これは一時ムーブメントとなった「たまごっち」を山ほど付けた鎧?を纏い戦争ごっこのような遊びを繰り広げる謎PVの4. Sticky Dramaや9. I Bite Through Itあたりが特に顕著に思えて、変声期を用いて少年期の声へとタイムスリップした彼のあどけない歌声や緩めのシンセ曲調から一転、バキバキの電子ノイズをマシンガンのように飛ばしたりと思いのままに場面がブツ切りに入れ換わっていく展開力に溢れた曲の数々は、本作のコンセプトになっている「思春期の精神状態」を表すような感情が揺れ動く様が音に反映されたかのような先の見えない不安定さが付きまとっている。当然へヴィメタルを聴いていた時期の彼や(僕ら)にも当てはまる可能性は十分に考えられるし、そういったアーティストを聴きながら制作していたという逸話にも妙に納得がいく。そしてその思春期特有のチクチクモヤモヤするような感情は大半の人間であれば一度は体験したことのあるもので、そういった背景をある程度理解してから聴き直すと本作の味わいがガラリと変わってくるし、未だモラトリアムを抱え込んでるような童貞リスナーであれば本作を聴いてなんらかしらのメッセージを感じ取れるはずだろう。

    前項では毛色の違いや制作の背景についてでしたが、Aphex TwinやBoards of Canadaのような安定したサウンド構成からなる極めて完成度の高いテクノ/アンビエントとはタイプの異なる、ここからこういう風に流れていくだろうなという既存の固定概念をまんまと裏切ってしまう狡猾な胡散臭さやジャンク感、その不規則で多彩な音がいびつながらもしっかり成り立っている絶妙なバランス感覚などの圧倒的な個性も魅力の一つだ。それは過去作を聴いた時点でも存分に味わっていたつもりでありましたが、コロコロとチャンネルが変わる摩訶不思議なEDMといったかんじの2. Ezraや混沌に満ちたサイバードローンへと雪崩込んでいく10. Freaky Eyesにしても妙な違和感がもたらしてくれる謎の中毒性にズブズブとハマり抜けられなくなります。他にもユラユラと波打つように刻まれるビートの気持ち良さったらない6. Mutant Standardやスペーシーなシンセが生み出す壮麗な煌びやかさにハッとさせられる7. Child Of Rage~8. Aniamlsの広大なスケールや瞑想的な静寂サウンドに浸れる中盤も尚良し。既に去年の年間ベスト公開からかなり時間が経ってしまいましたが、そのトップ3(同率1位)に選出するだけの内容ではあると思います。多様化するエレクトロニカ/テクノ周辺の最先端を表し、未来をも切り開いていくかのような革新性に満ちた傑作アルバム。


  • 広告
  • Bersarin Quartett/III

    2016-09-13 00:15



    1. Verflossen ist das Gold der Tage
    2. Staub und Sterne
    3. Hinter uns die Wirklichkeit
    4. Bedingungslos
    5. Die Nächte sind erfüllt von Maskenfesten
    6. Umschlungen von Milliarden
    7. Sanft verblassen die Geschichten
    8. Es ist alles schon gesagt
    9. Schwarzer Regen fällt
    10. Jeder Gedanke umsonst gedacht
    11. Welche Welt
    12. Ist es das, was Du willst

    ドイツはノルトライン=ヴェストファーレン州ミュンスター出身のアンビエント/ポストクラシカル系ミュージシャンの3rd。Jean-Michel名義でも活動するThomas Bückerによるプロジェクトで過去二作と同時に入手。トリップホップ系統のダウナーなエレクトロビートや不規則に散りばめられたノイズ音を軸に重圧なストリングスを導入したポストクラシカル~ダークアンビエントに属するようなタイプのミュージシャンで、Tim HeckerやBen Frostの近年の作品に通ずるようなエクスペリメンタリズムや緩やかでダウナーな旋律の数々が生み出す、まるで「映像の世紀」の劇中歌のようなそこはかとない悲愴感や緊張感が辺りを包み込んでいくような美しくも陰りのあるダークアンビエント。ストリングスを導入した淡く切ないクラシカルアンビエントな1. Verflossen ist das Gold der Tageを始め、アブストラクト系のダウンテンポナンバー2. Staub und Sterne、Tim Hecker作品の「Ravedeath, 1972」あたりを彷彿とさせる霞みがかったポスト系の雰囲気や細かなノイズ音を散りばめた映像音楽的なノスタルジーを感じさせてくれる3. Hinter uns die Wirklichkeit~6. Umschlungen von Milliardenまでの中盤、後半に入るとインダストリアルな無機質なビートや不規則なノイズ/エフェクトを駆使したミニマルな電子音楽要素が強くなっていきますが、緩やかな時間の流れに身を任せるようなとても荘厳でしっとりしたポストクラシカルナンバーの7. Sanft verblassen die Geschichtenや10. Jeder Gedanke umsonst gedachtなんかは上記同様に儚系ポストクラシカル/アンビエントですっかり聴き入ってしまうほどに美しさを放ち、重圧なオーケストラサウンドによる劇中音楽さながらの雄大なサウンドスケープにも次第に圧倒されてしまいました。勿論、こういう作品は聴き手を選ぶであろうことは百も承知ですが、ダークウェイブ~シンセ系統やクラシカル等様々な要素が溶け込んだアブストラクトなスタイルでもあるので、アンビエント特有の抑揚の無さから遠ざかってしまっているリスナーでも割とすんなり聴けるかもしれない、そんなシネマティックな一枚でありました。

  • いいにおいのするKRALLICE JAPAN TOUR 2016

    2016-08-11 23:312







    USBMを代表するバンドの一つにまで成り上がったトレモロリフの鬼神Krallice初の来日公演ということで参戦してきました。何でも海外でライブをしたことがほとんどないつまりはレアな公演でもあるらしくコレは観ておかねばと思った次第。招集して下さったのは二度のAlcest公演を実現させてくれた大阪のブルータルオーケストラ集団Vampillia!只々感謝しか言いようがありませんね。そして何度見ても楽しいことに定評のある彼らのパフォーマンス最近観てないなぁってことや謎のグループVMOも気になるしで数ヶ月前から楽しみにしていました。その割には予約受付〆切りの30分前に駆け込みする慌てっぷりや向かう道中ポケストップに寄り道したりで時間ギリギリに到着したりと相変わらずのグダグダ具合ではありましたが(苦笑)場所は前回Pallbearerの公演でお邪魔したHUCK FINNで、この手のややアンダーグラウンド気味なメタルバンドの集客が非常に厳しいってことは今まで足を運んだイベントでも重々承知してたのでどんなもんかなぁと恐る恐る入場すると、満員とは言い難いものの後ろの方までそれなりに埋まってた気がするので、平日の名古屋ってことを踏まえれば十分健闘してた方だと思う。


    [VMO]


    招集元のVampilliaによる90年代初頭のノルウェイジャンブラックメタルバンドのオマージュのようなユニット。故にメンバーもカタカナでウルヴェルとかゴルゴロスなんて書かれた如何にもネタ臭漂うTシャツを着用しての登場でありました(ツイッター情報によると近々「クラリス」も追加予定らしいw)。ちなみに名古屋には今回が初上陸だったらしい。micci the mistake(ミッチ―)による社会問題となったアニメポケモンでのポリゴンショックのような演出や前方が危なくなるかもといった注意を含めたMC(茶番)がありました。始まると「時は~」みたいな冒頭のアナウンスやエクスペリメンタル/ドローンのような良からぬ雰囲気を形成していく謎の演出からして何が始めるのかマジで予測出来なかったのだけど、ストロボライトのチカチカする光の光彩がフロアに照り付けるとEDM的なドゥンドゥン揺らすトランスビートとBen Frost先生のようなインダス気味の高音ノイズが一斉に降りかかり狂乱の宴が始まった。ノリとしてはメタルのようなエクストリームな激しさはあれど、中央の暴れ隊4人を見るにステップを踏むようなかんじ広範囲で動き回っていたので、行ったことはないけどクラブイベントや所謂ウェーイ系のキッズ御用達邦バンドのライブってこういうかんじなのかなぁと冷静に観てました(ミット打たせてもらったけどねw)。それでも終盤ではポスト的な音の広がりを見せたりと本家Vampilliaらしさも窺えましたし、ツボに触れるような場面もそれなりにあったも事実。まぁ何にせよ当日最高気温38度という真夏日を印象付けるような会場の熱気も然る事ながら、前日の某オタクイベントとはまた違ったいい汗をかかせて頂きました。音源なんかも視野に活動して欲しいですね。

    [NOISECONCRETE×竜巻太郎]


    コチラは本イベントで初めて知ったのですが、後から調べてみると豊田市在住のGang up on againstのボーカリストによるインダストリアル/ノイズ系プロジェクトらしい。今回は以前Deafheavenの前座でも出演していたNice ViewやVampilliaのドラマー竜巻太郎氏が参加。音合わせの時点でエグい高音ノイズが結構耳にキテたのでコレはなんか危なそうだなと思ってましたが、案の定大音量ノイズの垂れ流しに手数の多いテクニカルなドラム捌きが融合したけたたましいスピード感で駆け抜けるノイズグラインドのようなナニカで、丁度私の真横で観てたKralliceの面々も大ウケしながら見入ってましたね。10分~15分程度の短さであってもかなりのインパクトを残してくれました。

    [Vampillia]


    たぶんコレで観るの4回目だと思う。音楽性だとかは2014年リリースのアルバムレビューでも散々褒めちぎったし、ライブの内容はAlcestのライブレポで触れているから今更全てを書いていく気には流石にならないのだけど、Kralliceの前座という位置だからかびずあるけいでいうところの暴れ曲が中心で、フロアの盛り上がりも最高潮に達していました。勿論脚立を中央に持ち込んだあのパフォーマンスや観客側への飛び込みも健在で、芸人バンドらしさも再確認出来ましたし、後半からは「ice fist」や「endress summer」といったVampilliaきっての名曲も披露していました。そしてラストにはMick Barr(写真左)を呼んでの「good religion」というサプライズ演出まであったりとこの公演でしかできないコラボレーションはホントレアだったと思うし、これだけでも観に行った価値がありましたね。しかし、中央前の暴れ隊の過激さにはライブだから多少はねと思いながらもちょっと引いた。特に悪目立ちしていたガタイのいいゴリはなんというかヤるにしても限度って知ってる?言ってあげたくなるくらいの猪突猛進っぷりでして、私含めたじっくり鑑賞したいためにある程度下がって距離を置いているところまで余裕で全力タックルしてきてたのにはアッってなった方はその場にもきっといたはず。それだけなかったら言うことなかったのになぁ。

    [Krallice]


    トリのKralliceです。彼らの全盛期と言える2nd「Dimensional Bleedthrough」~3rd「Diotima」あたりが好きでそれ以降は言うほどでもなかったりします。特に最新作「Ygg Huur」はエクスペリメンタル/テクデスといった今までにないサウンド方針であるため非常に取っつきにくく琴線に引っ掛からなかったのが事実で、レビューで取り上げたこともありませんでした。軽い音合わせを終えてスマートに楽曲へと移るのですが、やはり最新EP「Hyperion」を引っ提げたツアーということもあり、最近の前衛的な楽曲が中心。そのためさっきまでVampilliaでノリノリだった客層もほとんど棒立ち状態で鑑賞といったかんじ。特に私は最近の作品は一切予習せずに観ていたので、曲を聴くというよりメンバーによる渾身の演奏を必死で追うのが精一杯だったというのが本音と言ったところで、異次元に放り込まれたかのような轟音世界は異様でありました。二年前に観たメンバーのColin Marston(Ba/Gt)が在籍するGorgutsのライブのときのあの感覚にも似てる気がしますね。まぁでも中盤戦を超えたあたりからの初期の楽曲と思わしき(判別不能w)トレモロ波状攻撃による熱走に磨きが掛かり始めてからはまるで脳のリミッターが解除されたが如く必死で頭振って快感を得ていたので楽しいライブであったことには違いありません。というかCD音源余裕で超えてた。そしてMick Barr始め各メンバーバカテク揃いなのは今更言うまでもないのですが、中でも髭モジャがトレードマークのLev Weinstein(Dr)のドラミングが正確なのは勿論のことスローだろうがブラストだろうが一音一音がとにかく太くてデカイ!それだけで最高なくらいパワフル極まりない叩きっぷりで、今まで観た中でも特筆して凄腕のドラマーだったと思います。プレイタイムはアンコール含めて70分強。

    物販でコラボTくらい買おうかなと思ってたけど、全サイズ売り切れていたのでなし(後から注文は出来たみたい)。音源も好きな作品は全て揃えてるからいいけど最新作以外完売ということで肩透かし喰らった人もいたはず。私もサインくらい貰わねばと行く前に棚を漁ってたけど結局2ndしか発掘出来ませんでしたが、無事メンバー4人から頂くことが出来ました。とってもフレンドリーで良い方たちでした。更に招集をして下さったVampilliaのメンバーからも前回に引き続きサイン頂いてありがとうございました。次の外タレ枠は決まってないみたいだけど、来月にはAlcestが待望の新譜出しますし、ソレ引っ提げての三度目の来日公演なんてどうでしょう?(願望)