Pineapple Thief/Magnolia
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Pineapple Thief/Magnolia

2014-11-27 00:43



    1. Simple As That
    2. Alone At Sea
    3. Don’t Tell Me
    4. Magnolia
    5. Seasons Past
    6. Coming Home
    7. The One You Left To Die
    8. Breathe
    9. From Me
    10. Sense Of Fear
    11. A Loneliness
    12. Bond

    UKはサマセット州ヨービル出身のプログレッシブロックバンドの10th。英国産ならではのウェットな感触に現代的なモダンさを合わせたアートロック寄りの作風を得意とするバンドです。移籍第一弾アルバムとなった7th「Tightly Unwound」にて所属レーベルKscope色に染められてよりPorcupine Tree系のプログレ/オルタナ色を強めて、それ以降はコンスタントに作品を生み出しています。今回紹介する最新作「Magnolia」でもアートでモダンな路線を引き継ぎつつもストリングス等による美麗さ/スケール感やUK産オルタナ勢らしいエモさ/ドラマ性を推し進めた充実の内容に仕上げています。

    エッジの効いたギターによる堂々としたロックを響かせる1. Simple As That、更にへヴィさを増した近年PTテイストなロックサウンドを展開、サビでのアグレッシブな盛り上がり方が実にエモーショナルな2. Alone At Sea、ストリングスを導入し優雅で気品のあるサウンドへと昇華、浮遊感のあるしっとりとした聴き心地の3. Don’t Tell Me、ピアノによる優しい音色がハートフルな5. Seasons Past、優美なストリングスを取り入れたドラマティックな楽曲で、徐々に力強くウェットなロックサウンドへとダイナミックに展開していく7. The One You Left To Die、ハードなイントロからスペイシーな浮遊感を演出、サビではシンプルかつ激し目のギターロックにてカッコよくキメる8. Breathe、エレクトロニカを導入したオルタナへヴィ寄りのナンバーで、Pineapple Thiefらしいポストモダンで程よくマイルドな感覚が漂ってるのがまたオイシイ10. Sense Of Fear、穏やかな静を印象付ける11. A Loneliness、ストリングスだけに留まらず哀愁色強めなサックスの音色が混ざり合い、レーベルメイトのAnathema直系のポスト/プログレッシブなスケールの大きい空間に優しく包み込まれる感動的なラストを迎える12. Bondなど今まで以上にエモ―ショナルかつ美しいロックサウンドを奏でる。

    前作「All the Wars」では至ってシンプルなロックサウンドを鳴らしていて、高い完成度ではあるもののやや物足りなさを感じたのも事実でした。しかし今作では、そのモダンなオルタナへヴィロック路線を更に極めてUKバンドらしいダイナミックかつエモ―ショナルに聴かせるサウンドへと昇華させています。壮麗なストリングス/アンビエンスな音使いによる独特のポスト的浮遊感を極々自然に楽曲に溶け込ませることでより一層メリハリを生んでいるのもkscopeファミリーならではといったところか。その激しさと静けさのバランス加減は近作の中ではベストだと思う。少なくとも前作よりは確実に満足度は高いです。ということで最早プログレとして意識せずとも聴けるところまでキテる感ありますが、美しさと激しさが同居したサウンドは素直にカッコいいと思えました。ベスト候補。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。