パネルつんつんの更新版についてちゃんと書いておこう
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

パネルつんつんの更新版についてちゃんと書いておこう

2017-05-07 23:51

    3月に投稿してブロマガで紹介した
    自作ゲーム、パネルつんつん
    http://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm2419



    前回ブロマガに書いてから、バージョンアップをしたり、
    パズルゲーム企画で受賞して渕崎ゆり子さんのボイスを入れてもらったりと
    いろいろ更新点があるので、その点を改めて紹介しましょうよ、というお話。

    ゲーム内容自体については上記の過去ブロマガに書いてるので省略。パズルゲームです(雑)



    まず、前回の記事投稿時からの追加要素である
    「タイムアタックモード」「鑑賞モード」の紹介。
    まあどちらも名前の通りのモードです。



    タイムアタックモードは無抵抗の敵(イカ)を倒すまでの時間を競います。
    記録はキャラクターごとに残ります。

    単に速い記録を出したいのであれば
    攻撃と素早さの高いエクリクシスを使うのが良いでしょうか。


    鑑賞モードはCOM同士の対戦を見るだけのモード。
    レベル6同士の対戦を見るとそこそこ面白いかもしれません。



    続いて「ストーリーモード」の紹介。

    ストーリーに沿ってCOMと対戦をしていきます。全8+1ステージ。
    スムーズにいけば10数分くらいで終わります。

    シナリオは一応主人公という設定だったハンナが群れからはぐれてしまった
    アツマライオンを群れに返すというほのぼのストーリー・・・



    の、つもりで途中までは作ってたんですけどね、
    なんか途中から(だいたいステージ3辺りを作ってた時に)
    魔が差して酷いシナリオに方向転換しました。

    具体的にどんなストーリーなのかはここでは伏せますが、
    「RPGアツマールのマスコットキャラであるアツマライオンに
    こんな酷いことをするシナリオでよくパズルゲーム企画受賞できたな」
    って感じです。


    ↑シンダ アツマライオン




    次に大きい点・・・というか大事な点であるボイスの追加について。

    まず、上で書いた通りこの作品はRPGアツマールのパズルゲーム企画に投稿した作品でして、
    有り難いことに受賞作に選んでいただきました。

    で、賞品が「声優音声収録権」というよくわかんないものでして、
    声優の渕崎ゆり子さんの声を入れていただいた訳です。

    おじゃる丸のカズマとか、サクラ大戦の李紅蘭ぷよぷよのシグの声の人ですね。
    声優文化に疎い私でも辛うじて名前を知っている方です。


    タイトル画面のコールとかメニュー画面の要所要所。対戦中の盛り上げ、
    あとはストーリーモードでアツマライオンの声(フルボイスではなく汎用ボイス)
    を収録していただきました。

    メニューと対戦のボイスはスマブラのナレーションみたいな感じで入れました。
    ストーリー中のボイスはソニックバトル
    会話シーンのボイスの入れ方に近いです(分かる人いるのか)




    あ、ちなみにストーリー中のボイスなんですが、
    実は私うどんぱの声もコッソリ入れてます。
    ちょくちょく「お兄さんいい声してるね~」と、言われるので調子に乗った結果です。

    何のキャラの声かはまあストーリーモードやればわかります。




    最後に、ボイスの追加と同時に加えた要素、「隠しキャラ」2体
    条件を満たすとどこかで見たことのある乱入シーンが発生、
    その後の戦闘に勝利すると使えるようになります。



    あ、ネタバレいやな人はご注意を。(そもそもこのブロマガ見てる人いるのかわからんけど)







    まず隠しキャラ一人目は「脳を鍛えるコマンド入力」
    私の過去作、ずばり「脳を鍛えるコマンド入力」からの登場です。



    キャラじゃねえだろ!
    というツッコミは大歓迎です。
    「3Dゼルダの画面右上のボタンアイコン部分をスマブラに参戦させる」ようなものです。

    出現条件は「タイムアタックで60秒以下の記録を出す」です。
    キャラクターやステージは自由。
    乱入戦闘は選んだキャラがそのまま使われるので慣れたキャラで挑むのが良いでしょう。


    「脳を鍛えるコマンド入力」のキャラ性能は
    「低火力紙装甲、超スピード型」です。ぶっちゃけかなり弱いです。
    スピードが速いので使いこなすのもかなり難しいです。






    そして隠しキャラ2人目。友達のO松さん(少なくとも私は友達だと思ってますが
    O松さんが私の事どう思っているかは分からない)の作品「ハーフエルフ戦士ヂエ子」から
    「ヂエ子」が登場します。ゲストキャラ!



    ボイスの追加以上にインパクトのある要素を追加したいなーと思っていた時、
    私の頭の中で彼・・・じゃなくて彼女が大変よおおおおおおおおお!と叫んだので、
    O松さんにキャラをお借りすることにしました。すごい理由だ


    出現条件は「メニュー画面で16回連続でキャンセルボタンを押す」です。
    一応ストーリークリア後にもコマンドは教えてくれます。

    乱入シーンの後、ちょっとだけイベントが挿入されます。

    人によっては見慣れたイベントシーン
    ツクールMVですんなり再現出来てホッとしています。


    乱入戦闘のキャラはハンナで固定。
    さらにシナリオクリア後前提の戦闘なのでそこそこ強いです。
    戦闘の背景はスカイガーデン。原作でハーピーと戦った面ですね。

    対戦BGMも原作のボス戦のBGMをお借りしました。


    「ヂエ子」のキャラ性能は
    「攻守がちょっと高くてスピードがちょっと遅め」です。
    結構バランスがよく動かしやすい性能のキャラになっています。


    ちなみにヂエ子との乱入戦闘、キャラ解放後も何度でも行えます。
    フラグ管理が面倒だったからです。



    以上、最初の公開からこんな感じでバージョンアップしています。
    パズルゲーム企画受賞作の中で群を抜いてプレイ数が少ないので
    みんな遊んでみてね!

    パネルつんつん↓
    http://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm2419

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。