【S16最高・最終2102】ジャロ入りスタン~バトンギミックを添えて~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【S16最高・最終2102】ジャロ入りスタン~バトンギミックを添えて~

2016-07-20 04:12
    うみうさぎっです。







    今期は上記のポケモン達を使いほぼ2年ぶりの2100に到達したので軽くですが構築記事を書いていきます。
    ただただ文字だけで済ますのもアレなんで、自分の描いたイラストを絡めて紹介します。
    ※できるだけ人目につかないところで見ることをお勧めします。







    ジャローダ@食べ残し
    おくびょう あまのじゃく
    H177(212)‐A×‐B116(4)‐C98(20)‐D118(20)‐S181(252)
    技:リーフストーム/やどりぎのたね/みがわり/へびにらみ


    役割対象及びいろいろなダメージ計算↓
    攻撃面
    H4メガガルーラにリーフストーム  高乱数2(最低2連切)
    H4キノガッサにリーフストーム   高乱数2(最低2連切)

    耐久面
    意地A252メガガルの秘密の力→不意打ち(食べ残し込) 高乱数(65.6%)   
    意地A252ガブリアスの逆鱗              66.6~78.5%

    身代わり
    陽気メガガルの猫だまし確定耐え
    意地A252メガガルの猫だまし中低乱数1(37.5%)

    今回の構築のMVPであり、一番推したいポケモン。
    ここ最近は壁、ゴツメ、襷が主流だったこいつをやどみが型で入れることにより初手で事故らせることが多々。
    H16n+1、BDはダウンロードでA上昇調整
    役割としては初手出しで有利対面(ガブやヒトム、型によってはドラン)ができたら身代わりではめる体勢に、重いポケモンや裏がきつい相手に対しては最低限麻痺をまくだけで仕事してくれる。
    特にバナやバレルのいない受けループに対しては絶大な強さを誇った。





    ギルガルド@ラム
    意地っ張り バトルスイッチ
    シールドフォルム時
    H159(188)‐A110(236)
    ‐B170(0)‐C×‐D170(0)‐S91(84)

    技:アイアンヘッド/かげうち/キングシールド/つるぎのまい

    このギルガルドを含む4体はばっどさんの
    【第14回キツネの社mf準優勝構築】対面ギミックハイブリッド【ORASシングル】
    を参考にさせていただきましたので、変更点や使用感だけ書きます。
    まず、弱点保険→ラムの変更理由としてはゲンガーにほぼ確実に勝てるようにするため、また後述にも書きますが加速バトンで繋ぐこともあるので電磁波等を打たれた時にごまかせるのが一番の理由。
    使用感はやはり剣の舞→キンシが読まれないので積む機会が増えた。 2ウエポンが使用感微妙じゃない?ってのはよく言われましたが、実際はそこまで困る場面がなかった。




    バシャーモ@メガ石
    意地っ張り かそく
    H167(92)‐A189(252)‐B90(0)‐C×‐D90(0)‐S121(164)

    技:とびひざげり/フレアドライブ/まもる/バトンタッチ

    これもギルガルドで書いたばっどさんの構築内の配分等そのまま。
    アタッカー兼加速バトンでずっと運用していましたが、正直そこまでバトンする機会がなかったので技範囲広げたほうがよかったかも。
    ただ、微妙に振ったHによって終盤増えたスカーフゲッコウガの水技を耐えたりしてS割いた利点は出てた。




    ガルーラ@メガ石
    意地っ張り きもったま
    H181(4)‐A159(236)‐B101(4)‐C×‐D102(12)‐S142(252)

    技:ひみつのちから/かみくだく/ふいうち/グロウパンチ

    これもばっどさんのところからお借りした配分。
    ほのおのパンチ→噛み砕くの理由としては後出しゲンガー、ブルンゲル、ヤドランを見るために使ってた。
    この枠は実際地震が最後のほうはいいことが多々あったので変えるべきかも。
    あと感じたのは積まないと火力が出ないので受けポケ処理をメインにすることが多かった。




    ガブリアス@こだわりハチマキ
    ようき さめはだ
    H183(0)‐A182(252)‐B116(4)‐C×‐D105(0)‐S169(252)

    技:げきりん/じしん/ストーンエッジ/からげんき

    あまりいないであろう陽気ハチマキガブ。
    役割としてはこのPTできつい耐久アロー、最速100族(ガモスやリザ)を処理する役目を担ってる。
    クレセやオボンカバルドンは受けだされると倒しきれないので、その辺の兼ね合いを考えて選出してた。



    スイクン@カゴ
    ずぶとい プレッシャー
    H205(236)‐A×‐B154(36)‐C121(84)‐D136(4)‐S124(148)

    技:ねっとう/こごえるかぜ/めいそう/ねむる

    これもばっどさんのとこを参考にしたやつ。
    HSベースで単体性能を上げた分、このPTで苦手だったアローやバシャーモの攻撃が受けきれないこともあったのでSを薄くしてB厚くするのも視野。
    こごかぜはかなり強かったので振り方だけこれから探していきたい。



    全体的な感想としては、炎に薄い構築なのでそこを変えられればもっとあげられそう。
    ジャロとガルドは地雷っぽいポジションで難しいと思ってたけど、かなり機能してたし別のPTにも入るかと。
    文章書くのがめっちゃ下手なのでこの辺で終わらせますが、もし他に聞きたいことがあればコメントやtwitter(umiusagixtu2)にて聞いてください。

    シーズン17はもっと上げられるよう頑張ります!!!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。