• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 次回配信予定
    • 2018/11/15
      【世界の危険地帯をおさらいしよう~中編~】ウラノミ!! ブロマガ 第240発目

    【世界の危険地帯をおさらいしよう~前編~】ウラノミ!! ブロマガ 第239発目

    2018-11-08 13:00
    162pt
    fd1531cdf9b252003baa3c1224b6062e7fa63522

    月一で開校する定時制高校「西川学園高等学校、略してN高!」。9月は「イナズマロック フェス」により休校となったため、二か月ぶりの授業となった10/26配信のテーマは、「世界の危険地帯」でした。西川チャンも「この番組の存在を忘れていた(笑)」と言うほど久しぶりの授業でしたが、今週はこちらのテーマについておさらいしていきます。


     
    危険地帯で怖いと思ったことはない

    今回講師にお迎えしたのは、世界の危険地帯といえばこの方!テレビ番組「クレイジージャーニー」(TBS系)でおなじみ、ジャーナリストの丸山ゴンザレスさんです!

    丸山ゴンザレスさんの肩書は、ジャーナリスト、旅行作家、編集者、など。フリージャーナリストとして日本の裏社会や海外危険地帯の取材を重ねていることから、"犯罪ジャーナリスト"を名乗り、合法、非合法を問わず潜入取材を得意とし、この日もタイの刑務所の取材を終えてからN高に駆けつけてくれました。

    世界各国の危険地帯を駆け巡る丸山先生は、パスポートで行ける危険地帯を取材するのをポリシーとし、特殊な許可書やパーミッション、大手のバックアップが必要となる戦場ジャーナリストとは一線を画し、あくまでも人々の暮らしや社会の見えない闇の部分など、独自のこだわりで取材を続けています。

    そんな丸山先生は、「危険地帯へ頻繁に出向き『怖い』という感情は無いのか?」という質問に、「あんまり無いです」とキッパリ!現場でヤバイ状況に陥ったらビビってる暇も無いので、「この状況をどう切り抜けるか」を第一に考え、最善の行動を心がけていると言います。

    身の安全を守るため、所持金を分散して持ち歩いたりすることもなく、唯一、パスポートや取材のデータが雨などで濡れてトラブルが起きないように、防水のカバンだけは持っていくそうです。

    さらに、現地での食当たり防止に太田胃散を常備。「だいたいあれだけで乗り切れる」と豪語していました。そんな丸山先生が一番怖いものは「大自然」と「動物」。交渉できない物が怖いと漏らし、ジャーナリストらしい一面を見せてくれました。
     
  • 【彼氏がクラブに行くのを許してくれない~後編~】ウラノミ!! ブロマガ 第238発目

    2018-11-01 13:00
    162pt
    92a1f5d8604c7ce3b7e5e8b413eeac2ef6b64136

    今回は、27歳、音楽好きの女性からのお便り。『付き合っている彼氏がクラブに行くのを許してくれません!私は単に音楽を楽しみに行くだけなんです!彼氏をどう説得すればいいですか?』というお悩みです。前編に続き、今回も西川チャンから豪快なアドバイスが飛び出しました。


     
    とにかく服装が大事!

    ――もうこの際、クラブでナンパされるのが嫌なら中国で流行ってる水着でも着て踊れと?(笑)

    西川 あの体にフィットする生地に、目や鼻、口元部分に穴を開けたフェイスキニだっけ?(笑)中国の女性は肌を白く保つことを心掛けて、海では日焼けをしないよう服を何枚も重ねるらしいんだけど、アレを着たりね。東劇みたいなやつ。もうこの際、とことんナンパされづらい格好で行くしかないと思う(笑)

    ――それはさすがにセキュリティーの方に止められませんか?(笑)ヘタしたら店にそぐわないという理由で出禁もありえるかもしれませんよ(笑)

    西川 いやそこは、"わたし音を聴きに来てるんで"みたいな空気を出す感じで(笑)それが難しい場合は、吉川晃司さんの「モニカ」の頃のようなサングラスを掛けて行くのもありかも。

    ――肩パッドも入れて?(笑)

    西川 (笑)だから何が言いたいかっていうと、隙を与えない服装で行くのが大事だってこと。わたしクラブに行きます、音楽が好きで来てるんです、というのが軸になってるなら、その他の女子的なものを排除することで、彼氏に理解を求めるとかね。

    恐らく彼氏は、そういった場所で彼女が音楽を聴くってことがダメなんだと思うから、それがダメって言うのなら、"これで誰がナンパするの?"っていうのを示してみたらどうだろう。
     
  • 【彼氏がクラブに行くのを許してくれない~前編~】ウラノミ!! ブロマガ 第237発目

    2018-10-25 13:00
    162pt
    266c5cad35d5d5fd90461106ceaba7786ebb8f32

    10月も終わりに近づき、2018年も残り約2カ月となりました。西川チャンは年末12/17スタートの舞台「サムシング・ロッテン!」の準備や、NHK Eテレでマーヴェラス西川の初冠番組「マーヴェラスTVジム」が4夜連続で放送されるなど、相変わらずマルチな才能を爆発させていますが、そんな西川チャンに、今回もお悩みのメールが届きました。


     
    俺も彼女がクラブ行くと言い出したら「ハァ?」ってなる

    ――今週はこんなお悩みが届いてます。

    『神奈川県・美玖(女・27歳)西川さん聞いてください。今付き合ってるカレが、クラブに行くのを許してくれません。私は純粋にクラブで大音量を楽しみたいだけなのに、大反対するんです。私は音楽が大好きで、西川チャンをはじめ、ジャンル問わず色んな音楽を聴いています。イヤホンで音源を聴くだけでなくライブ会場へ行くのも大好きなんですが、あまり知名度が高くない海外のヒップホップアーティストだと来日公演もなかなか無く、来日してもクラブのような中規模の会場でやったりと、クラブに行くのは避けられません。

    一度、彼をクラブに連れて行ったんですが、彼がトイレに行っている隙に私がナンパされ、トイレから戻って来た彼とナンパ師が大モメになったことがありました。もちろん私はナンパされてもついていきませんし、音楽好きということは彼も重々承知しています。でも、クラブのそういうったイメージだけで”行くな”と言われるのがとても腹が立ちます。彼氏に趣味である音楽を邪魔されたくありません。かといって別れる気もありません。彼をどう説得すれば許可を貰えると思いますか?』

    ――たしかにクラブは、そういった猥らなイメージがつきまとう場所ではありますよね?悪いイメージだけが情報として耳に入ってくるというか。

    西川 まぁね……。そういった目的でクラブに行ってる人も実際いたりするからね。

    ――パーティーピープルな方たちとかが騒いでる印象ですよね。

    西川 クラブは、あの大音量の中で話し掛けるから、必然的にお互いの距離が近づくじゃない?相手の話が聞き取れなくて耳元で話し合うから、本来なら初対面の方とあんな至近距離で話すことはないんだけど、あの環境が二人の距離を接近させるというのを狙って行ったりね。そう考えると彼女がクラブへ行くってのは嫌だよね。

    ――その状況を考えたら彼氏が大反対するのは当然といえば当然かもしれませんね。

    西川 僕もやっぱり彼女が"ちょっとクラブ行ってくる"とか言い出したら"ハァ?"ってなりますよ。