• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 【男女の感覚の違い、どうしたら納得できる!?~中編~】ウラノミ!! ブロマガ 第167発目

    2017-06-22 13:00
    162pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    1b800f1a2b39546f5e53fa64e8c4d8e58e8b9776

    今回の相談は、女性から届いた「男性が車やバイクの改造費にお金をかけることが理解できない!お金のかけどころが変だと感じる!」という内容。男女の違い、まだまだ掘り下げていきます!


    男は常に「誰かと一緒じゃ嫌だ」と思っている 

    西川 でも、そういうの何なのかって考えていくと…結局のところ男には“誰かと一緒じゃ嫌だ”みたいな気持ちがあるんだよね。それが“自分だけのこだわり”みたいな感覚になるというか。そういう気持ちが、男の中にはず~っとあると思うんだよね。

    ――なるほど。それはいかにも男の子っぽい感覚ですし、まさに“中二病”的な発想ともいえるかもしれませんが…(笑)

    西川 そう (笑)それでもやっぱり男は“自分印”みたいなものを求めてしまうと思うんだよな~。

    ――そういう“自分印”へのこだわりが、改造とか、カレーのルーのアレンジに繋がっていくと。改造に関していうと、メールにもありましたが、実際問題、改造を施してしまうと商品の価値も下がるといわれているわけですが…

    西川 そうだよね。ヴィンテージのギターとか、高級時計とかだってね。発売当時のオリジナルの状態で残っているのが一番貴重とされているわけだし、パーツが改造されてたり誰かの手が加わっているとどうしてもマニアの間でも評価が下がったりとかね。

    ――仮に最新のパーツに乗せ換えていたとしても、それでは意味がなくて…オリジナルこそがベストな世界ですよね。それでも男は我慢できない。
     
  • 【男女の感覚の違い、どうしたら納得できる!?~前編~】ウラノミ!! ブロマガ 第166発目

    2017-06-15 13:00
    162pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    c13de69289591307b53f366ecfdd18615f597062

    アニバーサリーイヤーを締めくくるさいたまスーパーアリーナ公演を終えた直後から、バラエティー番組の地方ロケ、音楽番組の撮影、CM撮影の日々。まったく休む気配もなく、近頃は「70歳まで現役」とも公言している西川チャン。今回も、ジムで鍛え上げた驚異のスタミナとバイタリティーで相談に答えてくれました!


    男の変なこだわりは理解できない!? 

    ――今回は、群馬県・パスタガール(20代女性)から相談メールが届いています。

    「私は、男の人の“なぜそんなことにそこまでお金をかけるの!?”が、まったく理解できません!私の会社にもいるんです!例えば…ボールペンが5万円とか、ライターが10万円とか、腕時計が数十万円とか…!身だしなみとして、ブランドものの洋服とかカバンにお金をかけるのは女子でもあるし分かるんですが、男の人の場合、その辺りの基準が…なんか“変”な気がするんです!あと一番分からないのは、車やバイクの改造費に100万近くかけてたりすることです!改造せずにフツーの状態で使えばいいじゃないですか!私はむしろ改造とかしてしまうとモノとしての価値が下がる気がして…ほんと、意味がわかりません!」

    とのことなんですが…確かに、男性特有の何か変なこだわり、金銭感覚ってあるかもしれません。

    西川 あ~…まぁね。それ言われたら、ちょっと思い当たるかも…みたいなのは、あるっちゃあるかもね(笑)

    ――メールにも書いてありますが、特に“改造”っていう発想って、男性っぽいというか、男の子っぽい部分なのかもしれません。

    西川 あぁ…改造…確かにね(笑)

    ――車やバイクに関していえば、元々の価格も安くないのに、オーダーする時に大幅な改造を加えたり…パーツを細かく組み合わせて自分の好きなカスタムを施したり…

    西川 シートを張り替えたりね。考えたらね、どんな商品でもそうだと思うんですけど、モノ造りって…何か、モノを作って製品にするっていう時って、本当にあらゆることを、考えて考えて考え抜いた末に、製品化されていると思うんです。

    ――はい。
     
  • 【カリガリとミュージカルの意外な縁を語る】ウラノミ!! ブロマガ 第165発目

    2017-06-08 13:001
    162pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    44f8fffce0edf67663ee3a2d6037f1fb18e38d82

    6月1日のゲストだったcali≠gariのお二人。ミュージシャン同士としては意外にも初対面だったそうですが、実は過去に意外な縁があったことが放送中に明らかに!今回は番外編として、放送終了後の楽屋トークをお届けします!


    実は一度お仕事をしていた! 

    ――今回のゲストは、cali≠gariからギターの桜井青さんと、ベースの村井研次郎さんでした。cali≠gariのみなさんはデビュー15周年とのことでしたが…実は、西川さんとは初めましてだったとか。

    西川 うん。会ったことがなかったんだよね。

    ――意外ですね。どこかで共演してたり、すれ違っていたりしてそうな感じですが。

    西川 もちろんバンドとしての存在は知っていたし、どういう感じでやってるかとか、イメージはあったんだけど…会ったり話したりする機会はなかったんだよ。

    ――いわゆるヴィジュアル系シーンの人脈でもお会いする機会はなかったと。

    西川 うん。

    ――cali≠gariは2003年に一度解散して2009年から再始動されていますので、そういった事情もあってタイミングが合わなかったのかも。

    西川 そうだね…っていうか、やっぱり今回何よりも驚きだったのは…ミュージカルだよ。

    ――あ、番組内で明らかになった衝撃の事実(笑)!cali≠gariが解散した2003年以降、青さんは「今後はデザイナーとして生きていこう」と思われていたそうですが…その時期になんと…西川さんとお仕事をしていたという!

    西川 うん。それが10年前なんだよね(「ハウ・トゥ・サクシード〜努力しないで出世する方法」)。あれは…ほんとに驚いた…。