• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 【緊縛についておさらい授業〜前編〜】ウラノミ!! ブロマガ 第219発目

    2018-06-21 13:00
    162pt
    d613575c43ea9a6ce8a06b50845d8fc1537fccc0

    毎回、かなり前のめり気味なテーマでお届けしている「西川学園高等学校、略してN高!」ですが、前回配信(5/25)の番組では、「緊縛」についてお勉強しました。「緊縛」という言葉を聞くだけで「変態」や「マニアック」などのイメージを連想し、無意識のうちにタブー視していた方も多いはず。そこで今回のブロマガでは、想像以上に深い歴史を持つこのテーマについて、改めておさらいします!固定観念や常識に縛られずお読みください!


    西川=ドSは誤解。僕のSはサービスのS

    礼央「今回のテーマは緊縛です。金爆じゃなくて緊縛。…西川さんは、どうですか?縛ったり縛られたりは…」

    西川「いや、なにものにも縛られたくないからこの年まで独身でいるんでしょ」

    礼央「どちらかというと西川さんはSなイメージですが…」

    西川「あ、これはみなさんの誤解を解いておきたいと思うんだけど、僕のSっていうのは、“サービス”のSなんです…相手が喜んでくれることが、僕の喜びというか。自分なんてどうでもよくて…」

    星田「なんか、ある意味Mっぽいんやな(笑)」

    礼央「サービスのSの西川さん。仮にパートナーが求めてきた場合、どうしますか?」

    西川「もちろん、今まで経験はないんですけど、勉強はしておきたいなという気持ちはあります。」
     
  • 【60代に最適なプレゼントとは!?~後編~】ウラノミ!! ブロマガ 第218発目

    2018-06-14 13:00
    162pt
    60d75fcfd56aaed6a4ae2f68ea8855367cbbe38b

    西川チャン主演のミュージカル 地球ゴージャス「ZEROTOPIA」愛知公演開催記念の特別編を二週に渡りお届けしましたが、今週からは通常営業‼5/24(木)更新分「60代に最適なプレゼントとは⁉-前編-」の続きをお楽しみください。

    ざっくり相談の内容をおさらいすると、「60代の叔父の誕生日に何をプレゼントしていいかパッと思い浮かびません。過去にビールをプレゼントしたら会社のみなさんに配っていました。名前を彫った高価なボールペンと毛玉取り器をプレゼントしようと思っているんですが、このセンスおかしいですか?」というもの。西川チャンはどんな答えを導き出すのでしょうか?


    西川チャンが最近もらったプレゼント 

    ――たしかにTHE ALFEEのみなさんも全員60代でしたよね。そう考えるとプレゼントは何を渡すべきだと思います?

    西川 メールにも書いてあるけど、ビールのように形あるものをプレゼントして「それを会社で配っていた」みたいなことになるなら、例えば……例えばですよ?博物館や美術館のチケットはどうですかね?

    ――なるほど。いわゆる「消え物」ですね。

    西川 使用できる期間も決まってるし、行けなかったら行けなかったで構わないし。

    ――押し付けがましくもない?

    西川 そうそうそう。「○月~○月まで来館できるのでぜひ行ってください」みたいな。その方が貰い手も楽な気がするな。

    ――西川さんも仕事の付き合いなどで何かとプレゼントされる機会が多いと思いますが、やっぱりこういうプレゼントは嬉しい?

    西川 よく最近、スタッフさんからのいただき物でエステだったり……。

    ――温泉なども入ってるリラクゼーション施設的な?

    西川 いや、メンズエステ。オイルマッサージとかドライマッサージを受けられるやつで、あれだと有効期間が1年くらいあるんですよ。

    ――なるほどなるほど。「いつでも好きな時に行ってください」という配慮もセットで。

    西川 「有効期限だけ決まってるので、それまでに行けるなら癒されてくださいね」って。

    ――有効期限が一年ってちょうど良いですよね。これが一ヶ月だと忙しくて行けなかったりしますよね。

    西川 一年なら「早く行かなきゃ」って焦らなくても良いし、思いついたときに行けるからね。このプレゼントどうですか?
     
  • 【緊急企画!ミクロ推薦、刈谷に来たらココに行け!~後編~】ウラノミ!! ブロマガ 第217発目

    2018-06-07 13:00
    162pt
    ac7d9d1347a4b8a8c9770308b1dec0d8a1dff8a7

    西川チャン主演ミュージカル 地球ゴージャス「ZEROTOPIA」愛知公演開催記念!として刈谷市出身のミクロマンサンライズ!!!さんをゲストに向けてお届けしているブロマガ特別編!

    3ed8b7e0b4a7d9bb41628c39ad95c2163771bae8

    つい先日愛知公演は終了となりましたが、今回は“刈谷愛”をアツく語るミクロさんインタビューの続きをお届けします!


    ほとんどの曲の歌詞を書きあげた思い出の場所 

    ――最近刈谷市には結構帰ってるんですか?

    ミクロ 今だとメ~テレ(名古屋テレビ)さんで『BOMBER-E』という番組のMCを担当させてもらっているので、その仕事がある時とか、名古屋方面に仕事で来た時にはなるべく実家に帰るようにしてますね。

    あ、そういえば去年は、家の近くの神社で年を越しました。今までだと、大晦日はだいたいカウントダウンライブとかをして過ごしていたんですけど、今年はそういうのが一切無かったので。ちょうど僕が厄年だったということもあって、火の番をして厄を落とすみたいな。そういうことも地元でやりましたね。

    ――地元の友達とかも変わらず繋がっている感じでしょうか。

    ミクロ そうですね。もちろん、刈谷市だけに友達がいるっていうよりは、東海地方に知り合いや友達がたくさんいるので、刈谷市だけで遊ぶって感じではないんですけど。

    ――名所とか、観光する場所ではないけど、ミクロくんが刈谷市で一番好きな場所とかはありますか?

    ミクロ え~…どこだろう。…あ!思い出深い場所っていう意味では逢妻川(愛知県西三河地方を流れる川)の堤防とかですね。家のすぐ近くにも流れている川なんですけど…そこの堤防には子供の頃から何かっていうと行ってましたね。小さい時は凧揚げをしたりとか。中学・高校になったらバーベキューをしたりとか。あと、音楽を始めてからはそこで歌詞を書いていることがほとんどで。

    ――ほとんど(笑)

    ミクロ いや、ほんとなんですよ(笑)。僕が書いた歌詞はだいたい逢妻川の堤防で生まれましたね。家で書いていて煮詰まってきたりすると、ペンと紙を持って「川、行くか~」みたいな感じで。だから一番好きだったり、思い出があるのは逢妻川かもしれないですね。

    ――ちなみに、その時、歌詞を書いていたノートが…

    ミクロ そうなんです。刈谷ハイウェイオアシスに展示されているという(笑) 刈谷ハイウェイオアシスっていうのは、伊勢湾岸自動車道にあるパーキングエリアなんですけど、資料館みたいなのがあって、そこに僕の活動のいろんなアイテムを展示してもらってます。一応、地元の有名人みたいな感じの扱いをしてもらっていて(笑)

    歌詞カードは、プラスチックケースの中に入っているので中を見ることはできなんですけど、逆に良かった。中の手書きの歌詞は絶対に見せたくないです。ほんとグチャグチャに書いてあるので(笑) まぁ、僕の歌詞カードはあれだとしても刈谷ハイウェイオアシスは施設がほんとに充実してるので、すごくおすすめですね。ゴーカートとかメリーゴーランド、観覧車、アスレチックコーナー、もちろんフードコートもあるので、家族連れが時間を潰すにはバッチリです(笑) あと「天然温泉 かきつばた」っていう温泉があるんですけど、ここは露天風呂とかも充実していて、僕もよく行ってます。