• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • Vijuttoke18年6月号「DEXCORE」インタビュー(ノーカット版)

    2018-06-06 20:00  
    100pt
    DEXCORE HP
    L→R 澄 (Bass)  |  直樹 (Drums)  |  架神 (Vocal)  |  haku (Guitar)

    (告知)
    ●6月27日(水) 発売 3rd Single「NEW ERA」release
    [初回限定盤]

    CD) 
    1.NEW ERA
    2.magnet
    DVD)
    「NEW ERA 」 MV + MAKING
    JRCS-1004A
    ¥1,800(tax out)
    【通常盤】

    CD) 
    1.NEW ERA
    2.magnet
    3.The Sky is Crying
    JRCS-1004B
    ¥1,500(Tax out)

    配信限定でリリースになった問題作「BLACK PIG」も話題沸騰の中
    彼らが次に提示してきたメッセージは新時代への招待状!
    ニューシングル「NEW ERA」
    6月27日リリース!
    ■Vijuttokeお久しぶりですね。新体制になってから約1年ですが、この1年でのDEXCOREの進化について教えてください。
    架神:分かりやすい所だと、よりメタルコアっぽくなって来ました。サウンド面でもそうですけど、見せ方も含めてそういう色が強くなってきてると思います。
    ■お2人はどうですか?
    澄:感覚的な感じになるんですけど、これまでの積み重ねが少しづつシーンに浸透しはじめてきてる感じは最近あります。
    haku:それに、ステージにしろ何にしろ、メンバーひとりひとりの個性というか輪郭がハッキリしてきたかな的な雰囲気を感じますね。
    ■直樹さんはドラマーとしてフロントの3人を後ろから見ていてどうですか?
    直樹:単純に演奏面も見せ方も当初よりパワーアップしてきているので、個人の力量や方向性も定まってきたかなという感じですね。
    ■4月に配信限定で「BLACK PIG」を解禁してますが、どのような狙いがあったんですか?
    架神:単純に曲をたくさんリリースしたいっていうのが勿論あるんですけど、とりあえずジャブがてら”DEXCOREはこういう事もできますよ”というのを見せたいのと、やっぱり単純にカッコイイからですね。シンプルにそういう事です。
    ■落ちサビが来るのかなって思ってたら来ないまま終わるっていう、良い意味での裏切りというか(笑) 狙ってな訳ではなく?
    架神:そうですね。僕が曲を作る時は、その時やりたい事を音にしていくので、何かを狙って作るっていう事はしないですね。
    ■「BLACK PIG」から知る人も多かったと思うんですけど、この曲から知った人はDEXCOREの”今までのパターン”っていうのを全然知らないから、DEXCOREってこれだと思うよね?っていう部分ではどうだったのかなと思って。
    架神:確かにそうですね(笑) 
    ー全員笑
    澄:でもメロありきの曲でもバックのサウンドは変わらないというか...「BLACK PIG」はただメロがないというだけでDEXCOREのパターンなんですよ。
    ■Lyricも全部英詞じゃないですか? 架神さん的に英詞に傾きつつあるのかなと感じたんですが意識されてるんですか?
    架神:そんな事はないです。たまたまです。英詞の魅力ってのもめちゃめちゃあると思うけど、別に全部英詞でやりたいっていうわけではないですし。前作の「Imitation」からたまたま英詞率高いのが続いているだけです。
    ■制作してる中で、この曲は英語だな、日本語だなっていうのはどのタイミングでどういうふうに決めてくんですか?
    架神:やっぱり歌のハマりだったりとか、今回の場合はインストの状態で日本語は合わない、っていうのもありますし、伝えたい事が日本語だとちょっと違うなっていうのだとか、いろんな要素があるんですけど。メロディとのハマり具合って絶対的に合うっていうものがあるので、日本語と英語どちらがより良いか?っていうので決めてます。
    ■ああいう曲調だし、激しいし、っていう部分もあります?
    架神:そうですね。この曲に関して言えば、歌詞的に日本語じゃ歌えない言葉もありますし(笑) 
    ■なるほど。そして6月27日発売の「NEW ERA」に続くわけですが、たくさんの候補曲の中で、この「NEW ERA」がタイトルチューンになったのは?
    架神:まず第一に、この曲は斬新なんです。今までのDEXCOREとはまたちょっと違うカラーだと思うんですよね。そういう部分でも差別化されてるし、ヴィジュアル系の中でこういうメロをもってくるバンドって聴いたことないですよね?そういう部分でも少し異色、あとはもう単純にサビがめちゃめちゃ良いと。直感的に「これイケるな!」って思ったので提案した感じですね。
    ■僕が思ってるシングル曲のリードのイントロじゃないなっていう音作りなんですよね。
    架神:はい(笑) 
    haku:まずデモ段階で最初に聴いた時に夕陽がみえましたね。夕陽と広大な大地の絵。
    架神:分かる!
    ■音作りに関してはどうですか?
    直樹:サウンド的には実際激しくなっていってる部分もあるんですけど、激しくなっていってるように見えて、より音楽的になっていってる部分もあるんですよ。だから激しいのに聴きやすくもなってるって感じですね。
    ■それはミックスの段階でこうしようっていう話になるんですか?
    直樹:そのあたりは基本、架神くんですね。いい感じに仕上げてくれます。
    haku:弦楽器のサウンド面も架神くんですね。
    ■レコーディングでも架神さんが作るんですか?!
    ー全員笑
    haku:この音が良いっていうのが彼の中であるので、邪魔したら悪いので。
    ー全員爆笑
    ■架神さんの中での理想形を最初から提示してるって感じなんですかね?
    架神:それしかないですね(笑) だからほんと我儘にやらせてもらってるんですけど(笑)  ただ僕的には「ここはこうしたいんだけど」って言ってほしいってのがあるんですけど。
    haku:そうなんだ?(笑) 
    澄:でも、フレーズにしても音にしても、架神くんが作るもののほうがより良いものである、っていうイメージがあって、それが一番カッコ良いんですよ。
    架神:じゃあしょうがないね。
    〜一同爆笑〜
    ■歌詞についても聞きたいんですが、ほとんど英詞ですがどんな事を歌ってるんですか?
    架神:ヘタに伝えちゃうと曖昧に伝わっちゃうかと思うんですけど、ストレートに簡単に言うと、今までの歴史とか全部壊して新しい時代を作ります。っていう事です。よく「時代を変える」とか「時代を塗り替える」みたいなのを言うじゃないですか?そういうのを聞いてるとヌルいなあって、そんな気持ちで変えれるのかなって思うんですよ。だから、俺は全部壊すよ。っていうのを歌ってます。過去のこれまでの積み重ねがあって今があるって事はわかった上で、ですけど。今まである世界とか価値観とかが全部正しい、間違ってるみたいなものを一旦取っ払っちゃわないと変わらないんですよ。
    ■DEXCOREとしての意思表示とういうか?
    架神:うん、そうですね。
    ■だからMVもああいう演出になったんですね?
    架神:ですね。分かりやすく何かを壊すっていう絵を撮りたくて、最終的にCD-Rをガシャガシャ壊す事になったんですけど、実際やってみたら結構怖いんですよね。細かい破片なんかがめっちゃ飛んでくるし結構危なくて。
    ■目に入ったら危ないですもんね。ゴーグルとかつけるわけに行かないですもんね?
    架神:顔は映さないカットだったんでゴーグルとか掛ければよかったんですけど、
    何故か掛けずに(笑) 
    ■それ、みんな壊したんですか?
    架神:僕だけです。
    ■架神さんだけ?hakuさんも壊したかったですよね?
    haku:そうなんですよね!僕も壊したかったです。。
    ー一同爆笑
    架神:壊したかったんだ?! 言ってよ!(笑) 
    haku:破壊シーンの事を何も聞いてなくて、当日撮影現場に行ったらCD-Rが山盛りだったから「なんやねんこれ!」ってなりましたね(笑) 
    ■「NEW ERA」はLIVEでさらにパワーアップしてカッコよくなりそうな楽曲ですよね?LIVEでこういうふうに見せたいってイメージはありますか?
    haku:壮大な感じを出したいなってのはありますね。
    架神:パッと浮かぶイメージは、サビでみんな拳を上げて歌ってるっていう、そんなエモい映像が浮かんできますね。
    澄:あれ? 僕はサビでジャンプというか飛び跳ねてるイメージだった。 
    架神:絶対させない、阻止する(笑) 
    〜一同爆笑〜
    澄:ひとりででもやり続けるよ(笑) 
    架神:勝手にしてたらいいよ(笑) 
    〜一同爆笑〜
    ■ちなみに貰った資料見てて面白かったんですけど、AメロとかBメロっていうブロック分けがしてあるんですけど...
    架神:ごにょごにょですよね?!
    ー全員爆笑
    ■そう、ごにょごにょ!(笑)
    架神:そうなんですよ。本当にこのセクションをどう区分けしたら良いのかなって考えてた時に「ごにょごにょ」だなってなって。実際ごにょごにょが一番わかりやすいんですよ。本当にごにょごにょなんで(笑) 
    ■ごにょごにょセクション!(笑) これ見てあ、面白い!間にごにょごにょが入ってからのブレイクダウンなんだ〜って思って聴いてました(笑)
    ー全員爆笑
    ■M-2「magnet」はまさにDEXCOREパターンなのかなって思ったんですけど。
    架神:どっちかというとそうですかね。僕の中ではこの楽曲はバラードに区別されちゃうんですけど、バラードに激しいサウンドが付随しているという、あまりそういう曲を作ったことがなかったので。僕の中で新しいですね。
    ■メロに反してなかなか後ろのサウンドはゴリゴリやってますけど、架神さんの中ではバラードなんですね?
    架神:バラードですね。ロックバラードというか。
    ■なるほど。歌詞は全部日本語ですけど、ちなみにどんな時に書くんですか?
    架神:僕は「歌詞を書こう」って思って書く事があまりなくて、日々思った事、感じた事を書き留めながら広げていくので、そういう日々の感情が綴られているかなと。
    ■けっこう深そうじゃないですか、この歌詞。
    架神:そんな事ないですよ?(笑) 
    ■この歌詞はなんかあったのかな?って思っちゃいますよね?
    ー全員爆笑
    直樹:それ、めっちゃ思いますよね?(笑) 
    架神:じゃあ多分なんかあったんじゃないですかね(笑)  
    ー全員爆笑
    ■歌詞流れでM-3「The sky is Crying」についても聞きたいんですが。