• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 5件
  • Vijuttoke18年5月号「アンフィル」インタビュー

    2018-05-05 18:00  
    アンフィル HP
    L→R Guitar.未月 / Bass.棗 / Drum.ハル / Vocal.翔梧 / Guitar.yukito
    (告知)
    5月23日(水) 9th Single「銀の贖罪」
    <初回限定盤>¥1,980(+tax) / CD(3曲)+DVD
    (MV+Making+ONEMAN LIVE TOUR 2017
    「君が居るという事実」 Document)
    <通常盤>¥1,500(+tax) / CD(3曲)
    4月25日(水)発売
    LIVE DVD「アンフィル GRAND FINAL 3rd ANNIVERSARY ONEMAN LIVE
    「timeless & feel. -永遠のない世界-」」@マイナビBLITZ赤坂」
    ¥5,000(税抜) / 全26曲収録
    ▼Live Schedule
    anfiel ONEMAN TOUR 2018「KiLLER GOURMET」
    6
  • Vijuttoke18年5月号「ダウト」インタビュー

    2018-05-04 18:01  
    100pt
    ダウト HP
    L→R Bass. 玲夏 / Drums. 直人 / Vocal. 幸樹 / Guitar. 威吹 / Guitar. ひヵる
    (告知)
    2018.05.23 On Sale“ 閃光花火 ”
    初回限定盤
    S.D.R-330-A
    ¥1,800(税抜き)
    【CD】 1. 閃光花火 2. 自虐の詩
    【DVD】 閃光花火 MV+MAKING
    通常盤
    S.D.R-330-B
    ¥1,200(税抜き)
    【CD】 1. 閃光花火 2. 自虐の詩
    47都道府県完走!大感謝祭ツアー2018
    「御礼参リクエストAWARD~投票亡き者は鬼畜セトリの刑に処す~」
    6月2日(土)名古屋ell.FITS ALL
    6月3日(日)大阪RUIDO
    6月6日(水)  福岡DRUM Be-1
    6月8日(金)高松DIME
    6月9日(土)神戸VARIT.
    6月11日(月)長野LIVE HOUSE J
    6月16日(土)浦和Narciss
    6月23日(土)横浜F.A.D
    6月24日(日)高田馬場AREA
    6月27日(水)函館club COCOA
    6月29日(金)旭川CASINO DRIVE
    6月30日(土)札幌BESSIE HALL
    久しぶりのVijuttoke登場のダウト!
    ダウトより一足先にお送りする夏のBALLAD「「閃光花火」」5月23日リリース!!
    ■まずは改めてバンドの紹介をお願いします。
    幸樹:ビジュアル系バンドダウトです。愛国心的エンターティナーをコンセプトに、日本の良き音楽を日々生み出してます。
    威吹:愛国心的エンターティナーというコンセプトで活動しています。ライブバンドだと思っているのでライブでのエンターテイメント性を楽しんでもらえるバンドだと思います。
    ひヵる:5人組の和洋折衷な感じのバンドです
    玲夏:唯一無二のライブバンドになるべく古今奮闘しているダウトです。
    ■2018.05.23 にシングル“「閃光花火 」 をreleaseします。まずはざっくりどんなシングルになってますか?
    幸樹:夏のバラードとなってまして、非常に気に入ってもらえると思う自信作です!ジャンルに縛られる事なく触れてみてください。
    威吹:ダウトとしては久しぶりのバラードでのシングルになるのですが、聴きやすいですがバンド感のある作品です。
    ひヵる:僕らの今の音が入っております。
    玲夏:ダウトとしては何年振りか思い出せないくらい久々のバラードソングです。
    直人:バラードとライブチューンが収録されたTHE シングルです。
    ■「閃光花火」の歌詞や曲についても解説して下さい。
    幸樹:響きは線香花火ですが、月日が過ぎるのはまさに閃光だと思ってこの言葉にしました、後は触れてみてください。
    威吹:夏に聴きたい曲ナンバー1です。
    ひヵる:儚い、夏のバラードですかね。
    玲夏:これからの季節、夏→秋前まで(もしかしたら冬も)一粒で半年間美味しい曲です。(お正月はダメ)
    直人:祭りの終わりの儚さを太鼓で表現しました。
    ■カップリング曲の「自虐の詩」はどんな曲になっていますか?
    幸樹:とてもパワフルな曲かつザ・ダウトといったナンバーです!!
    威吹:ダウト定番の歌謡っぽさのある勢いのある曲になっています。
    ひヵる:勢いといなたさ、な感じ。
    玲夏:どぉぉぉーーーーん!な曲です。
    直人:アップテンポな曲をなので疾走感が出るような音作りとプレイを心がけました。
    ■今回初回限定盤には「閃光花火 」のMVとMAKINGも付いてるとの事で、MVの撮影秘話など教えて下さい。 
  • Vijuttoke18年5月号「TЯicKY」インタビュー

    2018-05-04 18:00  
    100pt
    TЯicKY HPTЯicKY Twitter
    (告知)
    TЯicKY ニューシングル
    2018 年 6 月 13 日(水)全国発売『シャンプー☆プロカリテ 2018』
    (POKR-0005) ¥2,000+tax
    【全 13 曲収録】
    【収録曲】
    1.シャンプー☆プロカリテ(新録)
    2.それでも世界は変わらない(新曲)
    3.シャンプー☆プロカリテ with YURA サマ&Lida(Dacco)
    4.シャンプー☆プロカリテ with 栗山′′H∧L′′ヰヱス(マイナス人生オーケストラ) 
    5.シャンプー☆プロカリテ with 高崎”ヘラクライスト”竜爾(GRAND TEMPTETION/Red project) 
    6.シャンプー☆プロカリテ with 唯&春(umbrella)
    7.シャンプー☆プロカリテ with アノコロイド・ノビタ(ex.遺伝子組換こども会/ハイパーポケット) 
    8.シャンプー☆プロカリテ with Ricky(DASEIN/RIDER CHIPS)
    9.シャンプー☆プロカリテ with 瑞獣(BA BLACK BATTLE QUAKE/霞鳥幻樂団) 
    10.シャンプー☆プロカリテ with 谷 琢磨(実験台モルモット)
    11.シャンプー☆プロカリテ with 天外冬黄(Unlucky Morpheus)
    12.シャンプー☆プロカリテ with TAMA(CASCADE)
    13.シャンプー☆プロカリテ with featuring16&あっつ the デストロイ(Jin-Machine)
    全作詞・作曲:TЯicKY
    編曲&ギター&プログラミング: マジョリカ・マジョルカ・マジカル☆ひもり(Jin-Machine) 
    デザイン:裏
    発売元:Pop Killer Records
    販売元:BM.3
    シャンプー☆プロカリテ2018インストア日程
    6月16(土)タワーレコード新宿 13:00〜
    6月24日(日)リトルハーツ仙台 14:00〜
    7月07日(土)ファイブスター名古屋 14:00〜
    7月21日(土)リトルハーツ新宿 14:00〜
    8月11日(土)SKULL ROSE福岡 14:00〜
    8月18日(土)ライカエジソン東京 15:00〜
    9月01日(土)ピュアサウンドアメ村店 14:00〜
    ライブ日程
    5月04日(金・祝)福岡INSA
    5月18日(金)新宿TOGI BAR
    5月19日(土)Music Lab.濱書房
    7月27日(金)TSUTAYA O-WEST
    7月28日(土)TSUTAYA O-EAST
    8月19日(日)心斎橋SUNHALL&心斎橋BIG CAT
    おひとりさまワンマンツアー
    6月16日(土)渋谷DESEO min
    6月24日(日)仙台BAR TAKE
    7月07日(土)大須TOYS
    8月11日(土)福岡DRUM SON
    9月01日(土)大阪Bar Guild

    究極のエンターテインメント!なんでも有りの孤高のパフォーマー!TЯicKYがVijuttoke初登場!!
    ■まずTЯicKYさんがどのような活動をしてきたのか教えて欲しいです。
    T:ちゃお!(´・ω・`)とりん星からうあって参りました、あいどると言う設定でお歌を歌っておりますTЯicKY(トリッキー)です!わー!基本的にはひとりで作って一人で歌ってをメインに活動してきました!
    ■そして今回TЯicKYさんの代表曲ともいうべき「シャンプー☆プロカリテ」がこの度10周年という事で・・・・うん、まず「シャンプー☆プロカリテ」について教えてください。
    T:ちょうど10年前の2008年5月くらいに「自分にしか歌えない、インパクトがあってキャッチーな曲は作れないものか」と悩んでおりまして。ある日、ふとお風呂場でいつも愛用しているシャンプー「プロカリテ」が目に入ったんですね。その時「シャンプープロカリテー」ってサビのフレーズとメロディが一緒に降りてきて。あ!これは曲になりそう!と思ってあれこれ考えて作って2008年神楽坂の主催イベントで初披露した曲です。今ではライブで外せない、私の代名詞と言えるべき曲となりました。
    ■ずばりプロカリテの魅力とは?
    T:曲じゃなくてシャンプーの方のプロカリテですよね?(笑)髪がまとまりやすくなる!私、くせ毛なのですが、リアルにプロカリテを発売当初からずっと使っています!
    ■公認ってところがすごいですよね?
    T:ありがたいことです。最初は怒られるかな?とかやめろって言われたらどうしよう、とか少し心配していたのですが(笑)以前、ミニアルバムにシャンプープロカリテを収録する際、株式会社ウテナさんにご挨拶に行かせて頂いたのですが、皆さま快く受け容れて下さって、社長の岩倉さんには「どんどんやってくれ」と仰って頂いたので、やりたい放題やらせて頂いてます!(笑)
    ■そんなTЯicKYさんが大切にしている楽曲を今回は再録!以前のヴァージョンとの違いを教えてください。
    T:以前のバージョンは結構デジタル色がかなり強い、機械的なイメージですが新バージョンはもう少しロック寄り、と言うかピコピコしつつもバンドサウンド感が強いですね。
    ■改めて聞いてみていかがですか?
    T:今回のバージョンはひもりん(マジョリカ・マジョルカ・マジカル☆ひもり/Jin-Machine)が編曲をしてくれてギターも弾いてくれているのですが本当に凄い!ドラムパターンや展開、全体の雰囲気やおもちゃ感、かわいらしさ感、ピコピコ感はそのままに、ハードにロックなサウンドになっています。サビの部分が本当にキャッチーです。
    ■さらに今回は様々なアーティストとのデュエットがいっぱい収録されていますね。参加アーティストとTЯicKYさんの絆など聞かせてください。 
  • Vijuttoke18年5月号「SAVAGE」インタビュー

    2018-05-04 18:00  
    100pt
    SAVAGE HP
    L→R Bass.JUN / Vocal.龍華 / Drum.Ayuto / Guitar.猛

    (告知)
    2018年3月21日(水)10th SINGLE【モザイク】発売

    A-Type
    【CD】
    1.モザイク
    2.ヘドニズム サイケデリック
    1200円(税込)
    SVG-0012S-A

    B-Type
    【CD】
    1.モザイク
    2.呪歌
    1200円(税込)
    SVG-0012S-B
    SAVAGE ONEMAN TOUR【毒針2】
    6月16日(土)池袋RUIDO K3 【無料LIVE】
    6月21日(木)札幌CRAZY MONKEY
    6月22日(金)札幌CRAZY MONKEY
    7月1日(日)仙台spaceZero
    7月6日(金)柏Thumb Up
    7月7日(土)浦和ナルシス
    7月13日(金)浜松FORCE
    7月15日(日)博多graf
    7月20日(金)名古屋HOLIDAY
    7月22日(日)大阪BEYOND
    FINAL
    8月31日(金)新宿ReNY
    other LIVE
    5月02日(水)札幌DUCE
    5月03日(木・祝)札幌DUCE
    5月05日(土)仙台HOOK
    5月09日(水)池袋EDGE
    5月13日(日)KANSAI ROCK SUMMIT'18
    5月14日(月)京都MUSE
    5月19日(土)沖縄Output
    5月20日(日)沖縄Output
    5月26日(土)今池3STAR
    5月27日(日)今池3STAR
    5月28日(月)名古屋HOLIDAY NEXT
    5月30日(水)高田馬場AREA
    6月05日(火)池袋RUIDO K3
    6月17日(日)高田馬場AREA
    7月18日(水)池袋BlackHole(ツーマンイベント)

    10枚目のシングル「モザイク」をリリースしたばかりのSAVAGE
    6月からはワンマンツアー「毒針2」も決定!
    TOUR FINALは8月31日(金) 新宿ReNYにて開催!!

    ■2018年ももう5月です。SAVAGEにとってどんな年になっていますか?
    龍華:すっごい早いです。怖いくらい。レコーディングもツアーもあって毎日が大変なことになってます。だけど生きている心地はしてますね。自分が描いている2018年を過ごせているのではないでしょうか。
    猛:ほぼほぼメンバーと一緒にいますね。2018年はすでにだいぶ濃い年になってます。でももっともっと濃い年にしていきたいです。
    JUN:たしかお正月にモザイクのデモを仕上げてたんですよね。そのあとすぐレコーディングしてたし…今年もバタバタですが充実した時間を過ごせてます。時間過ぎるの早いんで毎日もっと大事に過ごしたいです。
    Ayuto:まだ5月!?って思っちゃうくらい目まぐるしいスケジュールですね。基本都内にいない事が多い。それくらい充実してるってことなんですけどね。あと個人的に携帯だったり機材だったりが今年に入って立て続けに壊れたので今年は色々壊れる年になってますね。でも買い替えていい方向に進んでるのでなんとかやれてます。
    ■3月21日にリリースした「モザイク」の反応や反響をどのように感じていましたか?
    龍華:この作品なのですけど、1年ぶりくらい?久しぶりにMVを撮りました。いつも映像が無いのであまり伝わりにくいのかなって思ってたけど、今回は映像があるのでいろいろと伝わるかなと。個人的に好きじゃないんですけどね、MV撮るの。反応は…まだいいのではないでしょうか?
    猛:モザイクをライブで演奏するときは目隠しをした状態で演奏することが多いのでライブでの反応はわからないのですよ(笑)
    JUN:正直なにも感じてないです(笑)みんな聴いてなにを思ってるんだろう?とか気になることはありますが。
    Ayuto:ライブでの反応は段々良い感じになってきてると思います。「モザイク」は展開も分りやすいしメロディーもストレートで良いですし今は毎回セットリストに組み込んでいるので、これからもっと育てていきたいです。
    ■まだチェックしてない方のためにも改めてどんなシングルだったのか教えてください。
    龍華:SAVAGEっぽいと言えばそうなんですけど、今までに無い感じだなってボクとしては思います。ライブ感もあるけど、普通に家で曲だけ聞いているのもアリかな。
    猛:今回は色々と挑戦してみてる曲だと思うんですよね。なので今までのSAVAGEになにかプラスアルファーされてるような音源になってます。
    JUN:基本的には歌メロがちゃんとしてるので、聴きやすい3曲が揃ったかなと。でもただ聴きやすいだけじゃなく独特の世界観のある曲達なので、そこは聴いて感じていただけたらいいなと思います。
    Ayuto:不思議なシングルですね。良い意味で掴めないというか、型にハマってないというか…予想を裏切りまくってるシングル。それこそが逆にSAVAGEらしいのかなって思います。
    ■A-typeの2曲目「ヘドニズム サイケデリック」についても伺いたいです。
    龍華:ゴリゴリのライブ曲です。ボクの中では武器みたいなものかな。この曲はヘドニストもかなりエネルギーを奪われる気がする。Mには堪らないね。 
    猛:イントロのユルい雰囲気で油断させといて急に激しくなる曲ですね。この曲は気を抜くタイミングがまったくなく、メンバーもヘドニストもかなり気合い入れないと。
    JUN:最初は「え!?」って感じですよね(笑)俺はそうなりました。でもそれが狙いなんじゃないかな。Bメロでは元気よく飛んでください。
    Ayuto:中々ドラマー的には忙しい曲ですね。特にBメロのツーバスはその日のコンディションによって踏める時と踏めない時があるので、ドキドキの1曲です。早く安定して踏めるようになりたい。
    ■B-typeの2曲目「呪歌」はタイトルからはちょっと想像できない仕上がりになっていましたね?
    龍華:それがボク的な狙いです。ずっと前から歌いたかったんですよね。呪いのこもった歌が。だから思いっきり裏切りました。ファンもメンバーですら。
    猛:ですよね。曲調は凄いさわやかです。だけどこのタイトルと歌詞。やりやがったなって感じですよね。
    JUN:こっちも「え!?」ってなりますね(笑)曲名と曲調が合わないというか…歌詞もすごいんですけどね。スッと聴ける呪いの歌って素敵ですね。
    Ayuto:もちろん呪いなんてドロドロしたものは一切イメージせずに作曲したのでタイトルと歌詞見た時は「まじか…」ってなりました(笑)これにこんな歌詞つける龍華さんはやっぱりおかしい。でもこれこそがSAVAGEの在り方なのかなって納得してます。
    ■昨年の秋に開催されたワンマンツアー「毒針」が帰ってきます。前回「毒針」のツアーでSAVAGEが得たものとはどんな事だったのでしょうか? 
  • Vijuttoke18年5月号「Lebens Ende」インタビュー

    2018-05-04 17:59  
    100pt
    Lebens Ende HP
    L→R Gt.御月 / Ba.癒貴ト / 謳.絶 / Dr.ミナミユタ / Gt.Riz
    (告知)
    2018年5月 新体制1st Single[クーデター]RELEASE!!
    品番.LEBD-0002 / 価格.1500(税別)
    収録曲目.1クーデター / 2.Lost Moment
    Lebens Ende東名阪主催TOUR「 殺 戮 祀 巡 業 」
    5/07 心斎橋FanJ
    5/21 新宿HOLIDAY
    5/28 今池3STAR(FINAL)
    Lebens Ende 一周年記念単独公演「さよなら」
    7/24  ell.FITS ALL [大切なお知らせ有]
    OTHER LIVE
    5/24 高田馬場PHASE
    6/04 HOLIDAY NEXT NAGOYA
    6/08 HOLIDAY NEXT NAGOYA
    6/11 新宿club science
    6/25 O