【ボカロ/ボイロ】AHS製品ライセンス解説【同人/クリエイター奨励プログラム/Youtube広告収入】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ボカロ/ボイロ】AHS製品ライセンス解説【同人/クリエイター奨励プログラム/Youtube広告収入】

2016-01-14 20:39
  • 13

VOICEROID2、VOICEROID個人向け商用ライセンスVOICEROID法人ライセンス仮対応版です

2017年6月10日

VOICEROID2につきましては現在検証作業の調整を行っております。ご参考程度までにご利用下さいますようお願い致します。

2017年7月20日

お詫びと訂正:同人ライセンス解説文において、ボイスロイド音声が使用できないとの誤った記述がありました(一覧表では正しく使用できるとなっています)。誤った記述がございましたことをお詫び致します。

2017年8月22日

急いでいる方向けの早見表

Q. ボイロ作品でクリエイター奨励金・Youtube広告収入を受け取りたい。
Q. ボイロキャラのLINEスタンプを販売したい。
Q. ボイロ作品の同人で儲けたい。
A. VOICEROID個人向け商用ライセンスを取得することで可能です。対象外の製品については版権元からの別途許諾が必要です。
Q. ボカロ作品でクリエイター奨励金・Youtube広告収入を受け取りたい。
Q. ボカロキャラのLINEスタンプを販売したい。
Q. ボカロ作品の同人で儲けたい。
A. 合成音声のみを使用した作品は追加のライセンスなしに営利使用出来ます。キャラクターの絵や名称、VOCALOID等の商標を使用する場合はAHSの別途許諾あるいはキャラクター版権元の別途許諾が必要です。
Q. 一番儲かる方法を教えて下さい。
A. 商用ライセンスを取得して単純に競争力あるコンテンツを作るだけです。自分をコンテンツにするのが制作費を抑えられるので、ボイロと漫才してYoutube広告費を稼ぐとかどうでしょうか。先駆者があまりいないブルーオーシャン! 事業経費は削って年間30万円前後でしょうか。人気コンテンツを作れば余裕で黒字です。

目次

ブロマガの仕様によりクリックしても移動しません

はじめに

きっと皆さんは、VOCALOIDやVOICEROIDで「何か作品を人に見せたい」とか「同人誌を出したい」、あるいは「創作活動を続けるために少し色をつけたい」なんて思って、このページにおいでになったのでしょう。これらAHS製品がどういうものかは、いまさら説明するまでもないですよね。でも、あらためて考えるとちょっと信じられません。魅力的なキャラクターが私たちの歌や言葉を音声にしてくれるなんて、それも思う存分、好きなだけです。こんな素敵なことがあっていいのかと嬉しくなります。この小さなパッケージがあれば、きっとなにかすごいことができる(編注1)。そう思うと、その隙間から光がもれ出ているかのような気までします。

皆さんが感じている情熱と同じ気持ちが、これらの製品にもこめられています。AHSやその他大勢の製品に関わった人たちの熱意の結晶です。その想いを守るために、もっと見も蓋もないことをいえば、きちんとご飯を食べてもらって、これからも私たちのサポートをしてもらえるように、知っておくべきルールがあります。

そのルールについてよく知らないと、あなたの分身である大切な作品が削除されてしまったり、名声や栄誉を失ってしまうことがあります。もちろん、そうなったらお金や手間だってかかるでしょう。でも、そうイヤなものでもありません。このルールはある部分では窮屈ですが、意外なところで想像をこえた自由を私たちに与えてくれます。

この記事ではそのルール、AHS製品のキャラクター・合成音声を用いた作品の配布にかかわるライセンスや手続きについて説明します。無償配布、同人活動、営利活動(クリエイター奨励プログラム、ユーザーチャンネル、Youtube広告収入)など具体的に解説していきます。

編注1:ダウンロード版もパッケージ(Windows Installer Package)です

注意事項

この記事はAHSへ逐一確認したものではなく、その見解を保証するものではありません。この記事の間違いに基づく損失の補償は一切致しません。ご了承の上ご利用下さい。ご不明な点は株式会社AHS様へお問い合わせ下さい。誤りがあればTwitterにてご連絡下さい

この記事は使用許諾違反狩りを勧めるものではありません。使用許諾契約に違反すると権利侵害などを構成しますが、これらはAHSが判断するもので、頼まれてもいない第三者が騒ぎ立ててもAHSの迷惑です。グレー同人を否定するつもりはないことがその言葉遣いからも読み取れます。悪質な場合は非公開の連絡手段でAHSへ通報してAHSに判断を任せましょう。

この記事は日本で活動する個人あるいは法人が対象です。

基本事項

自分の作品にボカロ・ボイロを使うと、AHSやキャラクターの版権元の知的財産を利用することになります。自分一人で楽しむだけなら気にしなくていいですが、作品を誰かに渡したり、ネットで配ったりするなら、その使用許諾に従う必要があります。

ここで扱う知的財産は、合成音声の権利、キャラクター(絵)の権利、商標の3種類です。使用許諾にはこれらのライセンスが含まれており、正規ユーザーは自分の作品を無償配布することができます。もし、作品からお金やポイントを得たいなら、(ボカロ音声を除いて)AHSの用意した別のライセンスが必要です。法人だけでなく個人用のライセンスもちゃんと用意されていて、無料のものもあります。

それでは一覧表で見ていきましょう。各項目をクリックするとその解説に移動します(ブロマガで読んで下さってる方にはごめんなさい。うまく動かないみたいです)。

一覧表(個人)

無償配布ホワイト同人その他営利使用
ボカロ音声の配布
ボイロ音声の配布同人ライセンス楽曲ライセンス
商用ライセンス
キャラ(絵)の配布同人ライセンス商用ライセンス
商標などの使用同人ライセンス
楽曲ライセンス
楽曲ライセンス
商用ライセンス
公式ロゴの使用要別途許諾要別途許諾要別途許諾
公式絵の使用要別途許諾商用ライセンス商用ライセンス
ダウンロード販売商用ライセンス商用ライセンス
ソフトの貸与・合成音声提供要別途許諾商用ライセンス商用ライセンス

項目をクリックで解説へ(ブロマガ版では機能しません)

ライセンス項目の説明

音声合成製品の正規ユーザーであれば別途ライセンスなどは不要です
同人ライセンス
同人作品の有償頒布は法律上は営利として扱われますが、AHSは同人を非営利とみなす独自基準を設けて、専用の無料の個人向けライセンスを用意しています。この記事ではこれを同人ライセンスと呼びます。配布形態のホワイト同人の項目も参照してください。詳細はAH-Software 個人・同人サークル 有償配布申請ページを見てください
このライセンスは有体物販売のみ対象で、ダウンロード販売は対象外です。ダウンロード販売は製造流通コストがほとんどかからないため無償で配布でき、このライセンスは必要ありません。ソフトウェアでもCDなどの物理媒体で頒布すれば対象になります。
VOICEROID楽曲ライセンス
一部ボイロ製品では、ボイロ音声を使用した楽曲の営利使用ライセンスが個人で申請できます。配布方法問わずに利益を出すことができます。詳細はAH-Software VOICEROID 楽曲ライセンス申請ページを見てください
VOICEROID個人向け商用ライセンス
同人ライセンスではできなかったダウンロード販売を可能にするのが個人向け商用ライセンスです。このライセンスは利益を出すことが可能で、乱暴に表現すれば儲けることができます。合成音声も使用することができます。詳細はVOICEROID個人向け商用ライセンスを参照して下さい
ロイヤリティフリーライセンスとしては安価で、同人作家、インディーズゲーム開発者、ユーチューバー、ニコニコ生放送ユーザーチャンネルを想定したライセンスだと考えられます。
別途許諾
AH-Software 問い合わせ窓口から別途許諾を得てください

配布形態の説明

無償配布の範囲
ニコニコ動画、Youtube、Pixivなどへの投稿、同人誌の無料配布など。広告費、クリエイター奨励プログラムを受けとる場合は営利使用になります。特別なライセンスが必要ない場合もあるので営利使用の項目を参照してください。法人(法人サークル含む)は原則営利使用になります
ホワイト同人の範囲
一般的に同人作品は著作権法上グレーですが、一定要件を満たし申請により同人ライセンスを得ることで、公式から正式に認可されたホワイト同人として作品を有償で頒布することが可能になります。
同人ライセンスを受けるのであれば、価格には印刷費、プレス費、量産原料費、イベント参加費、イベント交通費、イベント搬入費、販売時の送料などを含めることができますが、PC購入費、ソフト購入費、文具購入費、工具購入費、ソフトウェア素材購入費、原型制作費、光熱費、通信費、制作者と売り子の人件費、家賃、制作報酬、飲食費、その他交通費などは含められません。頒布物の保管費用については、AH-Softwareへ問い合わせてください。ライセンスの詳細はAH-Software 個人・同人サークル 有償配布申請ページを参照して下さい。
営利使用の範囲
この記事では、申請が受理された同人有償配布以外の、対価を得る全ての使用形態を指します。赤字で利益がでていなくても営利使用です。広告費、クリエイター奨励プログラム、ユーザーチャンネルはここに該当します。法人の場合は有償無償問わずに営利使用になります
クリエイター奨励プログラムについては、申請や商用ライセンスなしに利用できる場合があるので、具体例のVOICEROIDの音声とキャラクターを使用したアニメーション動画でクリエイター奨励プログラムの報酬を受け取るを参照して下さい

知財項目の説明

キャラ(絵)の使用
AHSのライセンスでは個人かサークル内での自作に限られ、パッケージなどの公式絵は使用できません。東北ずん子や琴葉茜・葵といった一部製品ではキャラクター版権元から公認素材が別途ライセンスされており、これらはそのライセンスの範囲内で使用できます
商標などの使用
AHS、YAMAHA、AIなどの法人名、VOCALOID、ボカロ、製品名、中の人の名前などを表示する場合です。ボカロ曲などで音源として表記する場合、略称や伏せ字の場合も該当します。ボカロ音声を使用しているのに、そのことに一切触れないゲームがあるのはこのためです
制作の有償請負
ボカロ・ボイロの音声や絵の制作依頼を有償で請け負う場合、商用ライセンスが必要な場合があります。労働者として雇用され制作する場合は、被雇用者側はライセンスは不要です。成果物の用途が非営利あるいは同人である場合は、通例お咎めなしですが自己責任でお願いします。
ソフトの貸与
音声合成ソフトウェアを第三者に貸し出すこと、他人にソフトを操作させること、要求された音声を機械的に合成して提供すること、ボイロを持っていない人にボイロ音声を提供することなどは原則禁止されています。
ボカロ音声特記事項
ボカロ音声による携帯電話の呼び出し音、電子機器やソフトウェアの組み込み音源、映像アテレコ、カラオケの配布については、使用許諾の特記事項を参照してください

備考

鷹の爪 吉田くんについて
株式会社ディー・エル・イーがキャラとコーパスライブラリの権利を持つ吉田くんは有償配布が一切認められていません
東北ずん子について
SSS LLCがキャラの権利を持つ東北ずん子は、「東北ずん子利用の手引き」を尊守することで、キャラのみの同人利用が申請不要です。音声と商標は他のAHS製品と同じ扱いです
京町セイカについて
京都府相楽郡精華町がキャラの権利を持つ京町セイカは、「キャラクター利用ガイドライン」を尊守することで、キャラのみの同人利用が申請不要です。権利者が自治体であるため、若干特殊なライセンスになっているので、よく確認するようにしてください。音声と商標は他のAHS製品と同じ扱いです

一覧表(法人)

無償配布ホワイト同人その他営利使用
ボカロ音声の配布
その他法人ライセンス法人ライセンス法人ライセンス

法人サークル含む法人は無償配布でも法人ライセンスが必要です

VOICEROID法人ライセンス
法人は営利非営利を問わずにこのライセンスが必要です。詳細はVOICEROID法人ライセンスを見てください
一般企業だけでなく、法人成りしたアニメーション作家、インディーズゲーム作家の利用が考慮されているようです。同人(誌)サークルからすると高価ですが、プロへの外注をフル活用して、好きなキャラの製品を作れると考えると安価と言えます

Q&A/FAQ

Q. 著作権表示(コピーライト表示/クレジット)の必要はありますか?
例えば公式にゲーム実況を認めているWorld of Tanksではクレジットの表示を条件にしています。AHSのライセンスには同様の条件がありませんが、AIなどは素材使用時のクレジット表示を求めています。二次創作では作者以外の権利者がいることが客観的にはワカラナイため、一般商慣行から見てもクレジットは必要です。
慣習的に二次創作では表示しないのが一般的です。権利者からすると好ましいとは言えませんが、自身の責任で判断して下さい。
著作権者が希望しない場合には著作権表示はできませんが、YAMAHA、AI、AHS、VOCALOMAKETS、SSS LLCなどAHS音声合成ソフト関連企業については正規ユーザーが二次創作作品を対価を得ない形で配布する限り表記して差し支えありません。表記する場合は、トラブルを避けるため、作者である貴方の名前も明記したほうがいいでしょう。対価を得る場合は各ライセンスに従ってください
Q. 著作権表示の書式を教えて下さい。
現在、著作権表示に法的要件はなく、権利者を明示する目的であれば自由に表記することができます。慣習的な書式は「Copyright © 初版発行年 著作権者名 All rights reserved.」ですが、公式サイトに表示があればそれをそのまま表示して構いません。「Copyright」「All rights reserved.」は省略可。「©」は「(c)」でも可。初版発行年が不明確であれば省略します。共同著作物であるなどして著作権者が複数であれば著作権者名を並べます。複数の著作物の複合的な著作物(二次的著作物など)は著作権表示全体を並べて表示します。
ライセンス契約などに別途定めがあればそれに従います。下記の例は著作権者に確認したものではありません。必要であれば問い合わせを行って下さい。
『VOICEROID+ 琴葉 茜・葵』の音声および他の著者による「琴葉 茜・葵」二次的著作となる画像素材を使用した作品の例)Copyright © 2017 あなたのお名前 All rights reserved.(改行)Copyright © 201X 画像素材著作権者の名前 All rights reserved.(改行)Copyright © 2005 AHS Co. Ltd. All rights reserved.(改行)Copyright © 2014 AI Inc. All rights reserved.
「VOCALOID™4 結月ゆかり 凛」の音声、『VOICEROID2 結月ゆかり』の音声、アニメ「はがねオーケストラ」の「結月ゆかり」の画像を使用した作品の例)© 2017 あなたのお名前(改行)© 2015 Hanbit Ubiquitous Entertainment Inc.(改行)© 2005 AHS Co. Ltd.(改行)© 2014 AI Inc.(改行)© 2017 VOCALOMAKETS
AHS製品は権利者が多岐に渡るものが多く網羅するのは難しいため、実務上は公式サイトのURLを表示するだけでも十分でしょう
「VOICEROID+ 琴葉 茜・葵」を使用した作品の例)VOICEROID+ 琴葉 茜・葵 (c) AI,Inc. www.ai-j.jp/kotonoha
「VOCALOID4 結月ゆかり」を使用した作品の例)VOCALOID4 結月ゆかり (c) VOCALOMAKETS www.vocalomakets.com/yukari
「VOICEROID2 結月ゆかり」を使用した作品の例)VOICEROID2 結月ゆかり (c) AHS Co. Ltd. www.ah-soft.com/voiceroid/yukari
Q. AHSが権利を持っていないキャラクターについて、AHSからライセンスを受けることはできないのでは?
株式会社ディー・エル・イーが権利を持つVOICEROID+ 鷹の爪 吉田くん EXはライセンス対象外ですが、株式会社エーアイが権利を持つVOICEROID+ 琴葉 茜・葵は申請対象です。これはライセンス業務実体がAIにあるか、AHSがライセンス業務を代行しているか、AIからサブライセンス権を得ていると考えられます。いずれにしても申請に問題はありません
Q. 無許諾実況・二次創作にAHSのキャラ・音声を使用してもいいですか?
日本では、公式に許諾がないゲームの実況をしたり、マッシュアップ、二次創作活動をすると第三者の権利を侵害するおそれがあります。AHSの使用許諾ではそのような行為は禁止されています。これを理由としてAHSが行動することは稀と思いますが、良識を忘れず行き過ぎたことがないようにしたいものです。
Q. エログロ作品にAHSのキャラ・音声を使用してもいいですか?
公序良俗に反する内容(セクシャル表現、ゴア表現、政治活動、宗教活動)は、無料配布でも禁止です。東北ずん子公式がいっているように、そういうのはこっそりやりましょう
セクシャル表現や暴力表現についてはニコニコ動画の基準ではなく、一般的な基準で判断されます。ニコ動は割とザルですが、文章や音声についても対象です。一般的にはCERO D(十七才以上対象)はアウトなので、WikipediaのCEROレーティング17才以上対象ソフトの一覧のSIEの項目を見れば何となくわかると思います。VOICEROIDのNGワード緩和の経緯から、AHSはある程度寛容と思われますが、公式に怒られなかったらオーケーではなく、世間の目を気にして、悪目立ちしないようにやりましょう
Q. ゾーニング(年齢制限)はした方がいいですか?
いいです(即答)
ニコ動にR12以上のエロ系を投稿する場合はR-18カテゴリにするのが安全です(自分でも何言ってるのかよく解りませんが、ニコ動のR18カテゴリは実質的にはR12〜R15です)。割と無意味なR-18タグ固定とは異なり、R18カテゴリでは権利者側で比較的よくあるトラブルの抑止が期待でき、削除の可能性を下げることができます
Twitterにエログロ系を投稿する可能性がある場合、Twitterでは必ず[ツイートする画像/動画を不適切な内容を含むものとして設定する]を有効にしてください
同人誌即売会で成人向け作品を頒布する場合は年齢確認がとても重要です。メディアにはあまり露出しませんが、警察はアダルトには冷淡かつ冷酷なのでよく確認するようにしてください。権利者が止めたり庇ったりするのは無理です。
Q. 自主規制(モザイク・ピー音)はどうかければいいですか?
モザイクや自主規制のセーフラインなんてものはありません。裁判所は現在の自主規制のほとんどは不十分で違法としていて、前科がつくかどうかは警察の胸先三寸です。このリスクはどの程度発生するのか、発生すると自分がなにを失うのか、被害を軽減するためにできることはなにか、リターンとリスクを天秤にかけて許容できるぎりぎりを自分自身で判断しましょう。楽しいでしょう? 人生って。
レーティング対策に動画や音声で自主規制音(ピー音)を使うのであれば、何の単語か分からないように単語全体にかけてください。単語の一部やかぐや消しは特定のレーティング審査でのみ通用するテクニックで、AHSの二次創作の場合は不適切です
Q. 同人ライセンス申請に不都合はありますか?
内容の検閲削除などの話は聞いたことがありません。連絡先がわかれば法的措置の前に穏便に連絡できるため法的リスクは下がります
連絡がつかないと法的措置を取ることになるため、申請しない場合も連絡先は公開しておいて下さい。TwitterのDMでも構いません。AHS以外のライセンシー企業からの連絡もありえるので可能なら受信制限なしにしてください。公式を騙る詐欺には注意して下さい。
Q. 無許可同人も黙認されているようなので、同人ライセンスは必要ないのでは?
申請が受理されると公式な許諾証が発行され、作品に表示することが出来ます。また申請制度を後押しすることで対象商品の広がりや、他企業での取り組みが期待出来ます。AHSの実績になることで新製品企画への支援にも繋がります。
Q. 同人ライセンス申請作品の注意点は?
過度な暴力表現、セクシャル表現、ゴア表現、政治思想表現、その他公序良俗に反する表現は禁止されています。通例、同様のライセンスではライセンサーは厳密なチェックを行いませんが、問題になればその責を負うことになります。AHSの基準は不明ですが、CERO B(十二才以上対象)まではセーフ、CERO C(十五才以上対象)セクシャル表現はアウト、CERO D(十七才以上対象)暴力表現はアウトというのが一般的な目安です
絵、音声、楽曲、SEなどの素材を使用する場合は同人あるいは商用利用可のものに限られます。AHS製品以外の二次創作を混ぜる場合は公式に同人許諾がないものは使わないで下さい。
使用した素材やその許諾等を明記しておくと物事がスムースになります。
Q. これだけはやめておけというのはありますか?
表現の可否についての問い合わせは可能な限り非公開の連絡手段を用い、はっきりした回答が得られなかった場合もゴネたりしないで下さい。公開しないように頼まれたことは公開しないで下さい
同人ライセンスの有無に関わらず、海外作品の同人は注意がいります。動画広告収入を認めているタイトルが多いので同人もオーケーと考える人が割といますが、Undertaleのファンアート販売ガイドライン日本語訳)策定までの経緯に見られるように同人作品は違法な海賊版と見なすのが一般的で実際に販売も差し止められるので、洋画・洋ゲーの同人をやるなら事前によく調べましょう。現実の俳優や著名人が出演する作品は日本のものでも原則不可です。
ボイロのガチエロ音声配布に関しては警告されたという"噂"を聞いていますが真偽不明です。一般には、実在の人間である中の人も絡む音声でギリギリのラインを攻めると公式には迷惑です
Q. 違法コピーと海賊版の通報について
音声合成ソフト自体の違法コピー、法人による無許諾使用、クレーンゲームのプライズ(景品)海賊版などを発見した際は、AHSに通報して問題ありません。
一般的には公の場で違法コピーの通報を行われると法務上困ることがあります。そのため、ご購入前のお問い合わせマイページ@ahsoftへのDMなど、非公開の連絡手段を用いて通報した方が喜ばれます。通報後、対応までに数カ月かかることもあるので、あとはAHSに任せましょう。
Q. ゆかりさんとはいつ結婚出来ますか?
えぇ(困惑)
議決権や株主提案権により結婚すること、事業を買収し結婚すること等は理論上可能です。しかし、事業買収は当然のこととして、株式会社AHSは非上場企業のため株主になるにも関係者の同意が必要であり、事業価値を毀損する可能性が高いことから実現は困難です。結婚式関連事業を起こすか買い取るかし、AHSのパートナー企業あるいはライセンシー企業として結婚をイメージしたサービスを提供、自身でそのサービスを利用するのが現実的な方法の一つです。
知財権では、絵としての「結月ゆかり」は2011年にVOCALOMAKETS名義で公開されているので、VOCALOMAKETS、VOCALOMAKETSの構成員、株式会社BumpyFactory、キャラクターデザイナー等著者が専有あるいは共有で著作権を持っていると考えられます。保護期間は著者の死後50年あるいは公表後50年なので、早くて2061年には保護期間が終わり、著作権法上は誰でも結婚可能(?)になります。人格権の保護期間は無期なため、著者やその親族からクレームを受ける可能性があります。また、商標と意匠の保護期間は実質無期限です
音声コーパスと音声合成プログラムの権利にはさまざまな見解がありますが、著作権についてはいずれの場合も職務著作と考えられ、保護期間は公表後50年です(2061年)。コーパス制作者と実演家の人格権の保護期間は無期です。実演家パブリシティ権の保護期間は定まっていません。
なお、結月ゆかり割烹着については、2015年に公開された著作物のため、少なくとも2065年までおあずけです

具体例

音声合成ソフトを持っていない人に合成音声素材を無償で提供する
合成音声素材の提供およびソフト自体の貸出は使用許諾で認められていません。これらを認めると音声合成ソフトが売れなくなります。
音声合成ソフトを持っていない人が提供された合成音声を使った作品を無償で配布する
合成音声の法的な扱いは定まっておらず、この質問にはっきりと答えることはできません。倫理的な観点からは好ましくないですが、損害の算定が難しいため法的経済的リスクは低いと言えます。作品が削除されるおそれ、自身の名誉を損なうおそれ、それらに伴う事務作業が実質的なリスクになります。
音声だけでなくキャラクターの絵を使用する場合は、それが公式のものか自作のものかに関わらず、著作権侵害になる可能性が高いです。版権元から画像が別途ライセンスされているものもありますが、基本的に公序良俗に反した行為を禁止しており、AHSの音声合成製品を購入せずにその音声を使用する行為がこれに該当すると判断されうるためです。
キャラクターの名称や会社名などの商標(未登録のもの含む)は、別途ライセンスされているもの以外使用すると違法行為となりえます。その作品自体が無償のものでも、クリエイターとして同人活動商業活動を行っている場合には対抗することは難しくなります。
VOICEROIDの音声とキャラクターを使用したアニメーション動画でクリエイター奨励プログラムの報酬を受け取る
クリエイター奨励プログラムは奨励金のような名前で一見営利ではないように見えます。割と紛らわしいですが、作品単位で人気に応じて算出されることから、成果報酬に類するものです。本来の意味での奨励金(助成金)は、人気ではなく実力、意義、公益性などで判断されるものです
AHSの使用許諾では、報酬を得ると 営利使用となり別途ライセンスが必要になります。商用ライセンスが必要なように思えますが、ここで注目したいのがボイロキャラがコラボ出演する「はがねオーケストラ」のクリエイター奨励プログラム用ライセンスです。
ハンビットユビキタスエンターテインメントがサービスする「はがねオーケストラ」はクリエイター奨励プログラムの対象に含まれており、そのガイドラインでは、ボイロ音声の使用が認められています。サブライセンス権を得る必要があるため、同種のガイドラインではコラボ版権は除外するのが一般的ですので、割と意欲的な取り組みだといえます。よって、「はがねオーケストラ」の二次的著作である場合に限り、VOICEROIDの音声とキャラクターを使用した動画でクリエイター奨励プログラムの報酬を受け取ることが可能です
割と言うまでもないことですが、「はがねオーケストラ」を原典とする以上、「はがねオーケストラ」に登場しないVOICEROIDのキャラクターは使用できません。また、対象はあくまでニコニコ動画のクリエイター奨励プログラムのみで、Youtubeについては広告報酬を受け取ることはもちろん、公式アニメ素材に至っては使用すること自体できません。これらが必要な場合は商用ライセンスが必要です。
ゲーム公式から許可された実況動画でクリエイター奨励プログラム、Youtube広告費を受け取る
金銭や相当するポイントなどの報酬を受けると商用使用になります。
Papers, Pleaseのように実況動画の収益化を認めている場合は、AHSから商用ライセンスを得てこれら利益を受け取ることができます。ボカロ音声以外未使用であればAHSから別途ライセンスは必要はありません。それ以外も使用する場合は別途ライセンスが必要です
ニコニコ生放送でクリエイター奨励プログラムの報酬を受け取る
金銭や相当するポイントなど、報酬が発生する可能性がある場合は営利使用になります。ボカロ音声以外未使用であれば特別なライセンスは必要ありません。それ以外も使用する場合は商用ライセンスなどが必要です
アニメーションの項目で述べたように、「はがねオーケストラ」はクリエイター奨励プログラムの対象ですが、生放送に適用されるのかなどは8月28日現在不明です
ニコニコ生放送の公式チャンネル無料生放送でボカロ、ボイロを使用する
ニコニコ生放送のユーザーチャンネル無料生放送でボカロ、ボイロを使用する
ニコニコ生放送の公式チャンネル・ユーザーチャンネルは収益性があるため、無料放送であっても営利使用にあたると考えられます。
いずれの場合もボカロ音声のみであれば別途ライセンスは不要です。ボイロ音声、キャラ、商標を使用する場合は、別途ライセンスが必要です
公式イラスト、パッケージ写真、公式ロゴを使用する
AHSのライセンスでは正規ユーザーであってもトレス含め公式イラストの使用許諾は与えられていません。別途ライセンスが必要です。一部製品では版権元からパッケージに使用されたイラストなどが素材として別途ライセンスされています
アプリケーションの解説などする場合に、スクリーンショットに公式イラストが入り込む場合は、解説に必要な範囲なら使用できる場合があります。音声や商標はこの限りではありませんが、正規ユーザーであれば通常は問題ありません
アフェリエイト広告APIによってパッケージ画像をウェブサイトに表示することは問題になりません。
自分でイラストを描くために公式イラストの色をスポイトするのは問題ありません。
公式ロゴを使用したい場合は必ずAHSから許諾を得て下さい。正規ユーザーが無償配布する作品であれば問題になることは稀ですが、公式ロゴによく似た自作ロゴなども商標権侵害のおそれがあります
法人サークルによる使用
法人による使用は無償頒布でも必ず法人ライセンスが必要です。
ボカロ曲CDを同人イベントで実費配布する
ボカロ音声以外を使用しなければライセンスは不要です。音源や商標を表記する場合、ジャケットにキャラ絵を使う場合、ボイロ音声を使用する場合は同人ライセンスや楽曲ライセンスが必要です。
ボカロ曲をダウンロード販売する
ボカロ音声以外を使用しなければライセンスは不要です。ダウンロード販売は同人ライセンスの対象外なので、音源や商標を表記する場合、ジャケットにキャラ絵を使う場合、ボイロ音声を使用する場合などは別途商用ライセンスが必要です。ボイロ音声については条件を満たせば楽曲ライセンスの取得もできます。
ボカロ、ボイロの呼び出し音CDを同人イベントで実費配布する
ボカロについてはAHSの別途ライセンスが必要です。その他は楽曲と同じですが、呼び出し音が楽曲ではない場合にはボイロ楽曲ライセンスは取得できません
ボカロ、ボイロキャラの同人誌を同人イベントで実費配布する
同人ライセンスが必要です
ボカロ、ボイロキャラの同人誌、CG集、LIENスタンプをダウンロード販売する
同人ライセンスは有体物のみのため商用ライセンスが必要です。仮に同人ライセンスの対象だとしてもダウンロード販売の実費経費はほぼゼロ円なので割と無意味です
ボカロ、ボイロキャラの同人グッズを同人イベントで実費配布する
同人ライセンスが必要です
一般にグッズは同人誌より扱いが厳しくなっています。トラブルを避けたいなら同人ライセンス申請が有効です。公式ライセンシーグッズと同種のグッズは注意が必要です。
ボカロ、ボイロの同人ゲームを同人イベントで実費配布する
ボカロ音声のみ使用するなら別途ライセンスは不要です。ゲーム内楽曲でボイロ音声を使うだけなら楽曲ライセンス取得でいけます。それ以外の場合で、商標、ボイロ音声、キャラを使用するなら同人ライセンスが必要です。
ボカロ、ボイロの同人ゲームをダウンロード販売する
ボカロ音声のみ使用するなら別途ライセンスは不要です。ゲーム内楽曲でボイロ音声を使うだけなら楽曲ライセンス取得でいけます。それ以外の場合は商用ライセンスが必要です
GameMaker: Studioで開発したゲームをスチームワークショップで無償配布する
申請や許諾は不要です。ボカロ音声、ボイロ音声、キャラを使用できます。
実例http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=592669016。無料のGameMaker: Studioをインストールすることでプレイできます。GMSでのゲーム開発についてはmylist/53326580を見てください
GameMaker: Studioで開発したゲームDVDを同人イベントで実費配布する
ボカロ音声のみ使用するなら別途ライセンスは不要です。商標、ボイロ音声、キャラを使用したい場合は同人ライセンスが必要です。
GameMaker: Studioで開発したゲームをスチームで有償販売する
ボカロ音声のみ使用するなら別途ライセンスは不要です。商標、ボイロ音声、キャラを使用したい場合は、AHSから商用ライセンスを得る必要があります
スマホゲームやアプリをアプリストアで無償配布する
別途ライセンスは不要です。別のアプリを有償で販売している場合は営利行為とみなされ商用ライセンスが必要となる可能性があります。
スマホゲームやアプリをアプリストアで有償販売する
ボカロ音声のみ使用するなら別途ライセンスは不要です。商標、ボイロ音声、キャラを使用したい場合は、AHSから商用ライセンスを得る必要があります
スマホゲームやアプリをDVDやSDカードに入れて同人イベントで実費配布する
ボカロ音声のみ使用するなら別途ライセンスは不要です。商標、ボイロ音声、キャラを使用したい場合は、同人ライセンスが必要です
無償配布するゲームに広告を表示する
ボカロ音声のみ使用するなら申請や許諾は不要です。それ以外の場合は商用ライセンスを得る必要があります
自分でカスタマイズしたボイスロイドのフレーズ辞書を販売する
生成されるユーザーフレーズ辞書にAHSの何らかの権利が認められるかは難しく、辞書を販売することに対しAHSやエーアイから許諾を得る必要があるかは微妙なところです。回答が必要であればAHSへ問い合わせて下さい。なお、販売時にソフトウェア名を表記するなどして商標を使用するのであれば別途ライセンスが必要です。
ボイスロイドのフレーズ辞書をカスタマイズするサービスを提供する
顧客のPCでフレーズ辞書をカスタマイズするサービスを提供するのであれば、AHSからライセンスを受ける必要はないと考えられますが、必要であればAHSへ問い合わせて下さい。自身のPCでカスタマイズしたフレーズ辞書を顧客へ送信するのであれば、実質的に辞書の販売とみなされる可能性があります。
パトロンサービスを利用するアーティストがAHS製品の二次創作活動をする(Enty・Fantia・Patreon)
これらは好きなアーティストに対して月額制で経済的支援を行える新しいサービスです。割と新しい仕組みなので法解釈や司法機関の判断など、わからないことだらけですが、はっきりと判断できるところから微妙なところまで、順番に説明していきます
これらサービスでは有償の支援者のみが閲覧できるコンテンツが提供できます。この限定コンテンツにAHS製品の二次創作作品を載せると営利使用になり、商用ライセンスが必要になります。いくら支援と銘打っていても、実質的に定額制コンテンツ配信サービスと同じだからです
では、有償支援者でなくても閲覧できるパトロンサービスの無料コンテンツに、AHS製品の二次創作作品を含めるとどうなるでしょうか。まだ司法の判断はありませんが、有償支援者を募る広告だと判断される可能性が高いといえます。つまり、商用ライセンスが必要になります
ではパトロンサービス自体にではなく、SNS、ブログ、自分のウェブサイトに二次創作作品を掲載していた場合はどうなるでしょうか。例えば、それらの作品説明でパトロンサービスへの支援を呼びかけていると、これは広告と判断される可能性が高いといえます。そもそも広告は外部に掲載する性質のものなので、そのページとパトロンサービスに関係がないとしても広告になります。つまり、商用ライセンスが必要になります
パトロンサービスとは関係ないサイトに二次創作作品を掲載し、作品と同時に表示されるプロフィールや説明にパトロンサービスの宣伝を入れない場合はどうなるのか。これでも営利使用と判断される可能性は割とありますが、特別なライセンスは必要ないと考えていいでしょう。ファンアートを公開しているプロアーティストは全員この形に該当しますが、一般的に権利者は彼らに対してアクションを起こしません。それと同様に原作へのリスペクトと分別ある二次創作であれば大きな問題にはならないはずです
ただし、パトロンサービス自体に不快感を持つ権利者やアーティストがいることは覚えておきましょう
Q. 儲かりますか?A. しっかりした市場調査をした訳ではないですが茨の道でしょう。既存IPとのコラボや既存事業での活用ならともかく、新規立ち上げは相当厳しい。頭寄せあって算盤弾いてみましたが、この記事の関係者は誰一人として手を出していません。副業でも足が出るでしょう。誰か我々の鼻を明かして下さい。

参考資料、問い合わせ先

問い合わせは原則AHSへ行い、そこで必要な回答が得られなかった場合のみ版権元へ問い合わせて下さい。キャラクターデザイナ、イラストレータ、実演家(歌手、声優)へは決して問い合わせないようにしてください。回答することができないので困らせてしまうだけです。

ボイロの使用許諾契約書はネット公開されていないので、製品に同梱されているものを参照してください

問い合わせは原則AHSへ行い、そこで必要な回答が得られなかった場合のみ版権元へ問い合わせて下さい。キャラクターデザイナ、イラストレータ、実演家(歌手、声優)へは決して問い合わせないようにしてください。回答することができないので困らせてしまうだけです。

奥付

このページはVOCALOID2 猫村いろは、VOCALOID3 東北ずん子、VOCALOID3 結月ゆかり、VOICEROID+ 月読ショウタ EX、VOICEROID+ 月読アイ EX、VOICEROID+ 琴葉 茜・葵、VOICEROID+ 民安ともえ EX、VOICEROID+ 東北ずん子 EX、VOICEROID+ 結月ゆかり EXの使用許諾契約書の内容に基づいて制作しました。他の製品でも許諾内容に差がないことを確認しておりますが、誤りがございましたら所定の連絡先までご連絡下さい。お詫びの上訂正致します。

謝辞:本ページの制作・更新に当たりご協力頂いた方々、誤りをご指摘下さった方々、ご質問の掲載をご快諾頂いた方々に御礼申し上げます。

本記事のライセンス

この記事は随時更新するものであり、誤った記述が広まるのを防ぐため、一切の転載を禁止します。引用のため出典を表示する場合は、この記事のURLおよび制作者名「びいどろやんま」を使用してください

既知の問題

  • ブロマガ版で記事内リンクが機能しない(ブロマガがA要素のname属性を消すため)
  • ブロマガ版でレイアウトが崩れる(ブロマガがCSS3に未対応のため)

変更履歴

変更からウェブ公開版への反映は不定期です。日付はJST/PST/PDT/GMTいずれかのものです

2017年9月7日 前文マージ、コンフリクト解消

2017年9月6日 Q&Aののやめとけに追記

2017年9月6日 Q&Aの同人ライセンス注意文から海外注意をやめとけに移動

2017年9月6日 Q&Aのレーティング対策からゾーニングを分離

2017年9月6日 Q&Aのレーティング対策を更新

2017年9月5日 Q&Aの禁止行為からレーティング対策を分離

2017年9月5日 Q&Aの禁止行為から違法行為を分離

2017年9月5日 Q&A更新

2017年9月5日 既知の問題追加

2017年9月3日 レイアウト調整

2017年9月2日 目次更新

2017年9月1日 レイアウトを調整

2017年9月1日 レイアウト調整

2017年09月01日 変更履歴更新

2017年8月31日 既知の問題修正

2017年8月30日 一覧表に公式ロゴ追加

2017年8月30日 レイアウト調整

2017年8月30日 目次アンカー追加

2017年8月29日 具体例にニコニコ生放送クリエイター奨励プログラムの例を追加

2017年8月29日 具体例アニメーション修正

2017年8月28日 楽曲ライセンス対象外リスト削除

2017年8月27日 マークアップミス修正

2017年8月27日 海外向け注意文修正 変更履歴誤字修正

2017年8月27日 具体例のパトロンサービスを更新 海外在住者向けの注意文を追加

2017年8月26日 本記事のライセンスを追加 具体例のフォーマットをロールバック

2017年8月25日 既知の問題を追加 注意事項を変更 Q&Aに猫村いろはを追加 Q&Aのアダルトを更新 Q&Aの並びを変更 具体例のアニメーション動画の誤字と文章構成を修正 具体例のフォーマットを変更 曖昧な変更履歴に追記 一覧表(個人)配布形態説明無償配布を更新 一覧表(個人)配布形態説明ホワイト同人に加筆 一覧表(個人)備考の古い表記を修正 一覧表(個人)ライセンス説明を更新 一覧表(個人)配布形態説明を更新 変更履歴注釈を修正 マークアップミス修正

2017年8月25日 具体例のパトロンサービスの例を更新 具体例にクリエイター奨励プログラムの例を追加 一覧表配布形態説明に「はがねオーケストラ」特記事項を追加 マークアップミス修正

2017年8月25日 C92関連フィードバックを反映(海外ゲーム注意文を更新、具体例に公式ロゴの使用を追加、一部文章を強調表示に変更、一覧表備考東北ずん子を更新、一覧表備考に京町セイカを追加) 付記の名称を奥付に変更 奥付のアンカーを#dataに変更 変更履歴注釈を変更 一覧表(個人)のアンカーを#individualに変更 一覧表(法人)のアンカーを#corporationに変更 句読点を統一

2017年8月24日 誤字修正 謝辞更新

2017年8月23日 誤り訂正文修正

2017年8月22日 変更履歴書式調整

2017年8月17日 具体例にパトロンサービスを追加

2017年8月14日 誤り訂正:同人ライセンス

2017年8月10日 Q&A修正

2017年7月21日 コンフリクト解消、注意事項更新、具体例追加、配布形態の説明更新

2017年7月20日 一覧表解説項目を整理、一覧表の項目名不統一を修正、デザイン調整

2017年7月20日 Q&A改定

2017年7月20日 株式会社AIの公式素材が使用可能であることを明記

2017年7月20日 レイアウト調整

2017年7月19日 VOICEROID2仮対応版とマージ

2017年7月19日 Q&A著作権表記を追記

2017年7月17日 著作権表示追加

2017年7月15日 問い合わせに関する注意文を改定

2017年6月4日 Q&A文章簡素化

不要なVOICEROID+ 琴葉 茜・葵特記事項を削除

2017年5月6日 FAQ同人申請注意事項更新

2017年5月4日 具体例に色スポイト追加

2017年5月4日 Q&A同人申請注意事項更新、Q&Aやめとけ更新、前文更新

2017年5月2日 AH-SをAHSに変更 FAQ更新 具体例更新 曖昧な文章を修正

2017年4月25日 誤字訂正 VOICEROID2注意文追加 注意文更新 レイアウト修正

2017年3月24日 一部文章の表現を修正、一部Q&Aを取り下げ。

2017年3月8日 文章の一部差し替え 質問への回答追加 琴葉 茜・葵ボイロ楽曲ライセンス変更 一覧表から不可削除 一覧表に貸与追加 レイアウト文字変更 誤字訂正

2016年03月08日 変更履歴作成

2016年01月14日 作成

広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。