• 本日の映画「バットマン-フォーエヴァー」

    2017-12-18 07:008時間前
    おはようございます。本日の映画「バットマン-フォーエヴァー」
    1995年、アメリカのヒーロー映画になります。
    今までとキャストを一新したリスタート作品である。

    物語はバットマンに恨みを抱くトゥーフェイスがゴッサムシティで暴れていた。
    バットマンを絶対に許さない!!殺してやると執念の塊です。
    更にブルースの会社で3DホログラムBOXを作るも危険性を指摘され
    ブルースに恨みを持ったニグマ(リドラー)のコンビとバットマンの
    戦いである。今回は新しくバットマンの相棒のロビンも登場します。

    キャストを一新と言いましたが、メカデザイン(バットモービル)、スーツも
    変わっています。バットマンをヴァル・キルマー、他にトミー・リー・ジョーンズ、
    ジム・キャリー、二コール・キッドマン、ドリュー・バリモラと豪華になってます。
    個人的に変わる前のバットンモービルの方が好きですね。

    物語のキーであるバットマンが戦う理由、狂人的な悪役と
    言ったダークな部分はちゃんと残ってるので今までのバットマンが
    好きな人でも楽しめる作品になってます。若干一般向けの明るい
    感じに変わってはいますけども。

    この作品で相棒のロビンが初登場です。ロビンはバットマンと
    同じ境遇で戦う理由も同じ様な感じ。宿敵が居て
    恨みで闇の仮面を被り始めた。でも恨みの執念で戦かっていると
    何時か孤独になってしまう。だからこそ支える仲間、手助けをする助手
    が必要なのです。自分では制御できない、気づく事が出来ないから。
    「自分で見えなくて他人に見える」そうゆう事がある。ロビンの
    活躍もしっかり観てあげて下さい。それじゃあ~
  • 広告
  • 本日の映画「バットマン-リターンズ-」

    2017-12-17 08:00
    おはようございます。本日の映画「バットマン-リターンズ-」
    1992年、アメリカのヒーロー映画になります。
    「バットマン」の直接の続編です。

    物語はゴッサムシティに跳梁跋扈するサーカス・ギャング団。
    赤ん坊の頃に親に捨てられてずっと地下で育った首魁ペンギンは
    表世界に立とうと考えていた。そんなペンギンの野望を阻止しようと
    奮闘するバットマンです。更にキャット・ウーマンとゆう第三勢力も
    登場して苦戦を強いられる。

    今回は普通に悪党に立ち向かうだけではない。
    表と裏2面の顔を持つ者の苦悩(精神的)を描いている。
    バットマン、キャットウーマン、ペンギンの3人ともである。
    理由があり仮面を被り他人に見せず顔を隠している。
    裏の顔を隠し嘘の自分をアピールするのは心の中では
    悩み苦悩しているのです。本当の自分とは...?

    それとペンギン(動物)がめっちゃ可愛い。怪人ペンギンは心の底から
    ペンギンを家族同様に思っています。ともに過ごしてきたからでしょう。
    後半でペンギン軍団が出てきて癒しタイムですよ。
    明らかに恐ろしい行動をしてるんですが...何故か笑えます。
    とても楽しくみれるシーンですね。それとラストシーンが切ない。
    動物に言葉は通じなくてもともに過ごした仲間だからこその
    行動かなと思いました。

    バットマンも今回ばかりはペンギン、キャットウーマンの相手をするので
    劣勢に立たされます。ピンチから優勢に持っていく展開は
    燃えますよね。悪役サイドも悪い事はしてるけど憎めない存在
    だったりします(過去があるから)。キャットウーマンの妖艶で
    サイコな性格で作品の魅力でしょう。キャットウーマンに変身する
    直後は見所でしょう。サイコっぷりの裏に悲しみが滲み出ている。
    それじゃあ~
  • 本日の映画「バットマン(1989年)」

    2017-12-16 09:39
    おはようございます。本日の映画「バットマン(1989年)」
    ティム・バートン監督のアメリカのヒーロー映画になります。

    犯罪都市ゴッサムシティはギャング、チンピラが多く
    犯罪と暴力に溢れていた。そんな時に黒いボディスーツを
    着た怪人がギャング達を懲らしめては闇に消え去った。
    噂で状態不明の蝙蝠男が現れたと人々に広まっていた。
    物語はバットマンVSジョーカーの戦いである。

    今まで観た事があったのが「バットマンVSスーパーマン」「ジャスティス・リーグ」
    だけで俳優さんが違うのか?と新しい印象でした。この作品以前にも
    3作品あり多分?オリジナル版であろうと思ってます。

    この作品は凄く良かった!!!大富豪のブルースのバットマンもですが、
    コウモリ型のバットモービルがマジでカッコイイんですよ。バットウイング
    もっす。遠隔操作で不在のときは奪われないようにシールドモードになり、
    呼び出すことも出来る高性能でかつデザインが素晴らしい。闇夜に消える
    マシンの雰囲気が漂っていた。厨二が好きな自分にとってピッタリでした。

    それとバットマンのダークヒーロー感がハマりました。正統派とは少し
    違う雰囲気がまた堪らない。キックアスの時も言った気がしますけども。
    普通の人間なので無敵ではない所も好きだったりします。スーパーマン
    の様に超人的能力を保持してる訳ではない。

    更に劇中の音楽にも拘っていてバットマンの登場する時には壮大?
    シーンに合っている音楽が流れて心が躍ります。悪役のジョーカーが
    芸術家で殺す、暴れるにも拘りがある変わった悪で殺す時に
    これを流すのか~と。ベストチョイスをしています。シーン事で
    ピッタリな音楽を選曲していて素晴らしいです。

    ネタバレですが、バットマンと言えば上空に現れるバットシグナルですよね。
    リメイク1作目?はそれが無くて最後にバットマンに救いを求める時はこれだ!!!
    と上空にバットシグナルが現れます。バットマンも近くに居る演出がおお~っ!!!
    となります。それじゃあ~