本日の映画「ダブル・ミッション」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

本日の映画「ダブル・ミッション」

2018-10-12 07:00
    おはようございます。本日の映画「ダブル・ミッション」
    2010年、アメリカのファミリーコメディになります。

    表は冴えないセールスマン、裏では敏腕CIA情報員のボブ(ジャッキー)
    にはジリアンとゆうシングルマザーの恋人が居ました。彼女と結婚するために
    CIAを引退する決意をする。そんな矢先にジリアンの父親が怪我をししばらく
    家を離れる事になる。ボブは虚言癖のあるイアン、幼き少女ノーラ、ボブの事が
    気に入らない長女ファレンの世話をするのだ。ある日、イアンがロシアの極秘ファイルを
    ダウンロードしたため国際規模の陰謀に巻き込まれていく。

    ジャッキーが子供達に振り回され、家族となる子供を相手をするシーンが
    とても可愛く笑えます。アクション映画では観る事が出来ないジャッキー・チェン
    ですね。子供達も難癖があり元気でやんちゃなノーラ、大人ぶる長女ファレンは
    ちゃんとボブを嫌う訳があります。終盤では頼りになる存在になっていています。
    問題児イアンは学校でも友達と上手くいってません。嘘をつくからであるが、相手と対等に
    向かい合う事が無いからである。科学に興味があり凄く賢い子供であり、CIAに向いている
    有望な逸材でもある。興味津々で原因を作るも終盤では持ち味の知恵でボブの手助けを
    してくれます。まるで「スパイキッズ」シリーズを観ている感じで楽しかった。

    ジャッキーの転生のスーパーアクションも素晴らしい。CIAの時も
    華麗な潜入術、近接格闘術は相変わらずなのだ。何気ないシーンで子供に
    振り回された対処法でもナチュラルに他人が出来ないアクションを魅せる。
    周囲の人間からしたらすげ~!!!となってしまいます。
    終盤の陰謀に家族が巻き込まれるとボブだけではなく子供達も負けじと
    悪党達を撃破していきます。子供ながらもジリアンの子供達もCIAの資質
    を持ってるんじゃないかなと思えます。ジリアンの何気ない行動は笑いました。
    それじゃあ~
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。