• ボイスドラマ「Memorias del mundo」第5話公開(うら話とか)

    2016-10-05 23:01
    ご無沙汰しまくっておりますが、生きてます。コウさんです。
    ボイドラMDM5話が配信となりました。
    ついに、主題歌実装です!
    一部BGMも地味にオリジナルだったりします(30分くらいで突貫で)




    今回の裏話と補足などなど…(※本編聴いてから推奨)

    今回でいろいろな土地の冒険が終わり、東洋編のスタートです。
    シルクロードを越えて一気に中国(らしき国)へ突入したところであります。

    時代でいうと中国は「明」の時代に入ったあたりですね。

    神様は美人に見えてますが、数年前に流行った「トイレの神様」で有名な神様がモデル。
    中国の神様でして、まさしく美女だという話ですが、うちのトイレにはいないようです。残念です。
    中国の神様は美人だけどキッツイ感じが多い印象です。

    次回はいよいよ皆さんが良く知るあの国へ渡るのですが、あの国の神様っていっぱいいるので、どうなるのか(ロサがどう見られるのか?)お楽しみに!


  • 広告
  • ボイスドラマ「Memorias del mundo」第4話公開(うら話とか)

    2016-09-13 02:52
    前回の投稿から2か月経ってしまいましたが…
    ちゃ、ちゃんと制作進めているのですよ!

    こんにちは。

    さて、ボイスドラマ「Memorias del mundo」第4話を公開しましたよ!


    裏設定とか解説とか交えつつ。
    キャストの方には台本の「あとがき」でお伝えしてるものです。

    主題:
    阪神論、ではなく汎神論に基づいています。
    日本人の多くは神道ですので、汎神論にとても近いイメージを持ちやすいかもしれないですね。
    「あらゆるものが神である」というスタンス?↑

    荷車:
    勇者は馬車を手に入れた!というシーン。なぜか都合よく手に入るんですよね。
    といっても、彼女たちの荷車は幌付きの立派なものではなく、荷物と二人乗れるくらいのもの。

    嵐が続く航海:
    インド洋から、東アフリカ、喜望峰を回るルートは、嵐が多く、波も高い。
    「おっとっと」で済むレベルじゃないです。本当は。

    ターパン:
    野生の馬(ノウマ)。1900年頃絶滅。完全な野生の(一度も家畜になっていない)馬は
    残念ながら地球から消えてしまいました。
    (今の野生種は、飼育されたものを野生に返したもの)
    作中ではタニアのタから名付けたとされていますが、品種の名前です。
    なんとなく愛嬌のある、ロバのような馬ですが、一度見てみたかったなぁ。

    神の息吹:
    だいたい世界中どこでも、風が強いとか波が高いとか神様のせいにするものです。
    実際の地理では、神の息吹と名付けられた地域ではないのですが。ファンタジーですから。

    旅程:
    シリアから少し南下し、素直にシルクロードを通り、今回はワハーン回廊(アフガン東北部の渓谷)に到達。


    そんなことも交えつつ、お楽しみ頂ければ!
  • ボイスドラマ「Memorias del mundo」第3話公開中です!

    2016-07-18 08:43
    はじめましての方ははじめまして、ボイドラ企画者のコウです。
    生放送ではマツカゲです。以後お見知りおきを。

    さて、6月より制作中のオリジナルボイスドラマ「Memorias del mundo」の第3話をニコ動で公開致しました!



    毎週(のつもり!隔週になってますけど!)配信を進めて参りますので、夏のお供にファンタジーチックなドラマをぜひ。

    タイトルも内容もマジメですが、コメディー要素も豊富で気軽に楽しめるショートドラマです。

    主題歌も絶賛制作中ですので、お楽しみくださいね!