[シーズン16使用構築]鉢巻マリルリで殴り倒して勝ち![最高2082、最終2025]
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[シーズン16使用構築]鉢巻マリルリで殴り倒して勝ち![最高2082、最終2025]

2016-07-21 04:01
    まずは、シーズン16お疲れ様でした。また、マッチングした方々もありがとうございました。

    s15でも同じ構築を使用していて、2015までいってやめてしまったので今期は2100行けたらなと思って2000帯でも頑張ってみました。結果としては、2082時に当たった方にじゃれつくを外して負けてしまい、その後も踏ん張り切れず、最終レート2025で終わりました。次こそは2100乗りたいです。



    それでは、構築紹介に入ります。

    使用した並びは




    個体紹介


    メガガルーラ 
    持ち物:ガルーラナイト 性格:いじっぱり 特性:きもったま→おやこあい
    実数値(メガ前):181(4)-161(252)-100-×-100-142(252)
    技構成:ねこだまし・すてみタックル・ふいうち・じしん

    時代遅れ気味の猫捨て身ガル。シーズン2からちょいちょい使っていて一番使い慣れているのと、こいつの呼ぶ格闘などのポケモンがマリルリで止めやすいことから採用した。じしんの枠は好みで好きな技に変えてもいいのかもしれない。



    マリルリ
    持ち物:こだわりハチマキ 性格:いじっぱり 特性:ちからもち
    実数値:204(228)-112(252)-100-×-100-74(28)
    技構成:たきのぼり・じゃれつく・アクアジェット・はたきおとす

    このパーティのエース。鉢巻アクジェの火力は素晴らしく、耐久に振ってないバシャーモや、ちょうのまいをガン積みしたウルガモス、砂下のドリュウズを上から確1でもっていけた。また、このパーティは初手にルカリオが来ることがそこそこの頻度であるので、そういったルカリオをじゃれつくで持っていけるのもポイントが高かった。腹太鼓個体の流用なので無駄のある努力値配分になっている気もするので、HPを奇数にしたり、DL対策や50族(クチートやマリルリ)対面で確実に先手をとれるようにできれば強いと思う。技についても基本的には満足していたが、馬鹿力の欲しい場面がいくらかあったので使う人のプレイングによってはなにかを消して採用するといいかもしれない。



    クレセリア
    持ち物:ゴツゴツメット 性格:ずぶとい 特性:浮遊
    実数値:227(252)-×-189(252)-92-151(4)-104
    技構成:れいとうビーム・つきのひかり・トリックルーム・みかづきのまい

    物理竜を倒すことと、トリル→三日月でマリルリに繋ぐことに重点を置いたクレセリア。ぼくは体力管理が下手くそなので大したダメージにならないエスパー技を持たせるより、つきのひかりで場持ちをよくした方が格段に使いやすかった。個体値はかなり甘えているが、仮想敵のほとんどが氷4倍弱点なので気にならなかった。



    ヒードラン
    持ち物:たべのこし 性格:おだやか 特性:もらいび
    実数値:193(212)-×-139(100)-151(4)-154(108)-108(84)
    技構成:マグマストーム・どくどく・だいちのちから・まもる

    調整はどこかの2200達成ブログを参考にさせてもらった。Bに厚めにして、メガクチートのはたき→ふいうちを確定?で耐える。その安定感から、クチート入りには積極的に選出していけた。XY時代まで臆病個体のヒードランしか使ったことがなく、毒守のハメ範囲を考えても臆病個体以外ありえないと思っていたが、耐久振りの安定感は抜群で臆病より使いやすい気さえした。大地の力を持ってはいるものの、レートで当たったヒードランはすべてこのヒードランより速かったので、ミラーでは勝てないと思って行動した方がいいだろう。




    サザンドラ
    持ち物:こだわりスカーフ 性格:ひかえめ 特性:ふゆう
    実数値:167-×-110-194(252)-111(4)-150(252)
    技構成:りゅうせいぐん・あくのはどう・だいもんじ・だいちのちから

    メガゲンガーが辛すぎたので採用。初手にゲンガーがくることが多かったのでこいつで事故らせるのが主な仕事。一応大文字があるので、ガルーラマリルリで対処できないナットレイもみれる。眼鏡だと思われるせいか、対面したゲンガーが引くことがとても少なかったので、ゲンガー絶対殺すマンとしての仕事は完璧にこなしてくれた。





    ギルガルド
    持ち物:ぼうじんゴーグル 性格:いじっぱり 特性:バトルスイッチ
    実数値(シールド):159(188)-112(252)-170-×-171(4)-88(60)
    技構成:シャドークロー・せいなるつるぎ・かげうち・キングシールド

    キノガッサがとても増えてきたので採用。パッと見だと催眠対策が薄く感じるせいか相手のキノガッサの選出率がかなり高かった。キングシールドより剣舞の方がいいのではないかと言われそうだが、キノガッサだけに勝てればいい枠なのに、ほかにできることを増やした結果キノガッサに勝てなくなるプレイングをしてしまいそうになったのでキングシールドにした。また、最初はフェアリーにも役割を持てるようにシャドークローの枠にアイヘをいれていたが、シャドークローの欲しい場面が多く、そもそもフェアリーはガルーラの捨て身で落ちるので問題なかった。剣舞ガルドの流用個体だが、仕事はしっかりこなしてくれてよかった。

    選出率はおおまかに



    という感じでしたが全てのポケモンが活躍するパーティが組めたと思っています。

    基本選出については

    or(もしくは両方)++相手のパーティの要注意ポケモンに刺さっているポケモン
    という感じでやっていました。

    これで構築記事は終わりになります。
    ここまで読んでくださった方はありがとうございました。

    追記
    構築記事を書くこと自体初めてなので色々と至らない点があると思いますが、コメント等で指摘していただけると次回以降改善できるかもしれません。




    • 前の記事
      これより過去の記事はありません。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。