• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • WelWelと子どもを笑顔にするメルマガ ^^ Vol.20-面会交流の制限は不法行為

    2018-09-03 22:25
    540pt
    ▼第20号
    ----------                            2018/09/03
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
          WELWELと子どもを笑顔にするメルマガ ^^          
    毎週月曜日発行 
    ─────────────────────────────────── 
     
    メールが届かないなどの場合は、以下『ニコニコヘルプ』のページを 御覧ください。
    『ニコニコヘルプ』 http://qa.nicovideo.jp/category/show/501

    問い合わせなどにつきましても、こちらのページから可能となっております。  
    また、メールが届かない場合は迷惑メール等に分類されている場合もあり ますので、
    お確かめくださいますようお願いいたします。

    ────────────────────────────── 
    ─────────────────────────────────── 
    ────────────────────────────── 

    私たちの団体は人身取引防止をモットーに活動しています。 
    しかし、あまりグロテスクな臓器売買の話をしても信じ難いでしょうし 
    またしんどいでしょうから、真面目な話とベトナムな情報のバランスで 
    提供していきたいと思います。

    .:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。 

    [告知]
    9/19から10/3までベトナムで支援しておりますので、メルマガの発行がありません。
    ご理解ください。

    大阪の森ノ宮にて、ベトナム語教室をプレオープンしました。
    日本の絵本をベトナム語でベトナムの子ども達に読んであげれる
    そんなスキルを身につけて社会貢献につなげていけたらと思います。
    フリードリンクで、まったりネイティブな先生と学びましょう。

    9/14の日本語教室は、先生の都合により中止です。


    .:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。 


    □ 真面目な話 □ 

    民法766条は改正されました。面接交渉は面会交流となりました。そして、親と子の面会交流は子の権利が強い側面があるとして、子の権利を照らす司法の運用が活発化してきています。

    つまり、子を連れ去って、養育費を得ようとか、親権を得ようと言う、子を人質とした面接交渉は廃止され、親が子に面接(インタビュー)する為の交渉権が親だけにあるのではなく、子が親と会う、親が子と会う、つまり面会(ビジテイション」して「交流」コンタクティングする権利が親と子が双方にあるという権利の平等が照らされ始めた。


    子を人質とした面接交渉は廃止され、親が子に面接(インタビュー)する為の交渉権は明らかに人身取引であり、子をモノ扱いして、何かを得るための担保とするなど、借金の取り立てで土地を担保にする事と同じです。


    産経新聞:
    別居の妻が面会妨害し娘と会えず 制裁金4倍の決定 名古屋高裁 「子の利益優先」民法改正じわり

    これは、今に限った事ではない。

    【平成28年1月20日 福岡高裁 損害賠償請求事件】

    一方当事者が,正当な理由なくこの点に関する一切の協議を拒否した場合とか,
    相手方当事者が到底履行できないような条件を提示したり,
    協議の申入れに対する回答を著しく遅滞する
    など,社会通念に照らし実質的に協議を拒否したと評価される行為をした場合には,
    誠実協議義務に違反するものであり,
    本件調停によって具体化された相手方当事者のいわゆる面会交流権を侵害するものとして,
    相手方当事者に対する不法行為を構成するというべきである。

    妻と代理人の共同不法行為を認定し、慰謝料は20万円とした。誠実協議義務違反である。

    【平成21年7月8日 横浜地裁 損害賠償請求事件】

    これは高額となった。

    被告は原告に対し、慰謝料

     
  • WelWelと子どもを笑顔にするメルマガ ^^ Vol.19-技能実習制度は隷属就労や人身取引を回避出来るのか

    2018-08-27 11:47
    540pt
    ▼第19号
    ----------                              2018/08/27
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
          WELWELと子どもを笑顔にするメルマガ ^^          
    毎週月曜日発行 
    ─────────────────────────────────── 
     
    メールが届かないなどの場合は、以下『ニコニコヘルプ』のページを 御覧ください。
    『ニコニコヘルプ』 http://qa.nicovideo.jp/category/show/501

    問い合わせなどにつきましても、こちらのページから可能となっております。  
    また、メールが届かない場合は迷惑メール等に分類されている場合もあり ますので、
    お確かめくださいますようお願いいたします。

    ────────────────────────────── 
    ─────────────────────────────────── 
    ────────────────────────────── 

    私たちの団体は人身取引防止をモットーに活動しています。 
    しかし、あまりグロテスクな臓器売買の話をしても信じ難いでしょうし 
    またしんどいでしょうから、真面目な話とベトナムな情報のバランスで 
    提供していきたいと思います。

    .:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。 

    [告知]
    9/19から10/3までベトナムで支援しておりますので、メルマガの発行がありません。
    ご理解ください。

    大阪の森ノ宮にて、ベトナム語教室をプレオープンしました。
    日本の絵本をベトナム語でベトナムの子ども達に読んであげれる
    そんなスキルを身につけて社会貢献につなげていけたらと思います。
    フリードリンクで、まったりネイティブな先生と学びましょう。

    9/14の日本語教室は、先生の都合により中止です。


    .:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。 


    □ 真面目な話 □ 


    2.人身取引等により他人の支配下に置かれて日本に入ったものであるとき(法12条1項2号)
     人身取引等の被害者である外国人を保護する必要があることを考慮したものである。
     人身取引議定書第7条「人身取引の被害者が一時的または恒久的に当該締結国の領域内に滞在することを認める立法その他の適当な措置をとることを考慮する」
     人身取引等により本国の生活環境から不法に引き離されてその行動に制限を加えられ、自由を奪われている状態で日本に入国したことをいいます。
     日本に入った時点では暴行・脅迫等がなくても、従前からの暴行等の影響が継続していることにより、他人の支配下から逃れられない状況が認められれば、現に監禁等されていることをい要しない。
     人身取引等の被害者は、一般的には、人身売買あっせん業者等の手引きで、売春等の目的を偽って、観光等の短期滞在や興行活動の目的で上陸申請することが多い。
     上陸を拒否して本国に送り返した場合、本国で生命、身体に危害が及ぶおそれもあります。直ちに本国に送り返すのではなく、上陸を特別に許可し、日本にある自国大使館や女性相談所等において保護措置を講じるのが相当である。


    介護業界、38万人不足で存続困難に…「人身売買的」外国人実習制度を積極活用へ

    国連の自由権規約委員会は2014年7月に、性的搾取や死亡事故、強制労働の多発を指摘し、17年6月には米国国務省が次のように報告した。

    「技能実習制度における労働搾取を目的とする人身取引犯罪の可能性に関して、非政府組織(NGO)からの報告や申し立てにもかかわらず、政府は、いかなる技能実習生も人身取引被害者として認知せず、また技能実習生の使用にかかわったいかなる人身取引犯も人身取引犯として訴追することはなかった。


    実際に、外国人技能実習生を長期にわたり低賃金で長時間労働を強制し、残業の時給は300円から500円で、布団などの日用品のリース代を給料から天引きしたり、トイレに行くたびに罰金を課すケース、
    逃亡防止のための強制貯金、途中で帰国したら別途違約金として300万円から500万円を
    請求する契約など、“現代の奴隷制度”の実態があります。
     

    2008年には34名の外国人研修生が死亡し、うち16名が長時間労働によって、
    脳・心臓疾患を起こし過労死をした疑いが強いと報告されています。
     

    2016年に売春などの人身取引被害で保護された50人のうち外国人の被害者は、タイ9人、フィリピン8人、カンボジア7人、ベトナム1人でした。ホステスとして働かされたり、性風俗店で勤務させられたりしました。
    そのうち少年2人も被害に遭っており、暴力団に脅され、建設現場や工場での作業を強いられていました。

    カンボジア国籍の女性を日本の業者に売り渡したとして、カンボジア警察は6日、首都プノンペンでレストランを経営する日本人の男(52)ら3容疑者を人身売買の疑いで逮捕したと明らかにした。

    他に逮捕されたのはいずれもカンボジア人で、男の妻(28)と男が経営するレストランの従業員の男(24)。
    警察によると、日本人の男らは昨年8月、カンボジアの女性10人に対し、「日本のレストランで働けば、
    月に3000~5000ドルを稼げる」と勧誘し、同11月に来日させて売り渡した疑い。
    女性は群馬県内で売春を強要されていたという。
     
  • WelWelと子どもを笑顔にするメルマガ ^^ Vol.18-面接交渉という人質交渉

    2018-08-20 09:20
    540pt
    ▼第18号
    ----------                              2018/08/20
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
          WELWELと子どもを笑顔にするメルマガ ^^          
    毎週月曜日発行 
    ─────────────────────────────────── 
     
    メールが届かないなどの場合は、以下『ニコニコヘルプ』のページを 御覧ください。
    『ニコニコヘルプ』 http://qa.nicovideo.jp/category/show/501

    問い合わせなどにつきましても、こちらのページから可能となっております。  
    また、メールが届かない場合は迷惑メール等に分類されている場合もあり ますので、
    お確かめくださいますようお願いいたします。

    ────────────────────────────── 
    ─────────────────────────────────── 
    ────────────────────────────── 

    私たちの団体は人身取引防止をモットーに活動しています。 
    しかし、あまりグロテスクな臓器売買の話をしても信じ難いでしょうし 
    またしんどいでしょうから、真面目な話とベトナムな情報のバランスで 
    提供していきたいと思います。

    .:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。 

    [告知]
    9/19から10/3までベトナムで支援しておりますので、メルマガの発行がありません。
    ご理解ください。

    大阪の森ノ宮にて、ベトナム語教室をプレオープンしました。
    日本の絵本をベトナム語でベトナムの子ども達に読んであげれる
    そんなスキルを身につけて社会貢献につなげていけたらと思います。
    フリードリンクで、まったりネイティブな先生と学びましょう。

    9/14の日本語教室は、先生の都合により中止です。


    .:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。 
    □ 真面目な話 □ 

     改正民法766条に基づけば、面会交流権は子と親の両方の権利であり、或いは社会状況の変化を受ければ子の権利である側面が強いとも解されているのであって、子連れ別居を強行して(子を不当に連れ去って)、面接交渉権と養育費請求権で離婚等を人質交渉する取引は、すでに否定されるべき調停の運用である。

     平成21年7月8日横浜地方裁判所 家月63・3-95では
     原告は,幼少の年代における長女と交流することにより得られたはずの親としての心理的な満足を得る機会を失い,また,今後も当面は長女と面会して同様の心理的な満足を得ることができない状態となり,我が子に会いたいという思いを日々募らせているものと察することができる。このような損失及び心情を考慮すると,原告の被った精神的な損害は軽微なものとはいえない。
    (中略)
     被告が本件合意に係る面接交渉を拒絶した行為は,原告の面接交渉権の侵害として不法行為を構成する。

    この不法行為は人権侵害を不法行為としている事から、面接交渉が、人身取引として認められた事例である。

    つまり日本での人身取引の事例は、売春や隷属就労だけではなく
    他人の人身を不当に拘束して権利や利益と取引する交渉として、今、
    子や親が有する面会交流権の侵害は、人身取引事犯である事は否めない。

    日本では臓器売買という恐ろしい人身取引の事例は明るみに出ていないが、人が成人になるまでの権利を奪為に拘束する事は、手足をもがれた状態ともいえるのであり、面会交流を一方的に制限する事は犯罪行為である事を熟知しておくことが、日本人のこれからの子どもスマイル社会を作る上で必須であるといえるのです。


    ■ ベトナムな情報 ■ 

    ダナンのゴールデンブリッジが開通

    これはすごい (*@-@*)