生放送レビュー:幽遊白書 特別篇
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

生放送レビュー:幽遊白書 特別篇

2017-06-20 07:46
  • 2
<概要>
SFC版幽遊白書第2段
前作から改善されたシステム
仙水編突入!追加キャラとリストラキャラ
演出面のさらなる強化!より原作に忠実に
指弾地獄
裂蹴紅球波!



<長所>
①ゲージ管理の改善
霊撃ゲージと技ゲージが一括化され、ゲージが伸びたため管理がだいぶしやすくなった。
特に消費が多かった飛影などはこの恩恵が強い。さらに前作では表示されなかったバランスゲージが見れるのでダウンのタイミングが図りやすくなった。

②原作再現のパワーアップ
蔵馬の妖狐化に様々なキャラの新技、そして既存の技にも演出面が加わるなど原作再現へのスタッフのこだわりが半端ない
中でも飛影の黒龍波の演出や黒龍喰い、桑原の次元刀の再現はSFCの域を越えている。




③相殺
飛び道具は相殺が可能となり、勝たれてもダメージが軽減されているなど白熱した試合が楽しめるようなった。


<短所>
①ストーリーモードがない
キャラゲーでこれは致命的とも言える。このためせっかく再現度が高くなってもそれが再現できる機会が限られるという本末転倒なことに。さらに生放送的にも基本的に一人プレイが前提となるのでこのモードがないと放送がかなり難しい。

②キャラの削除
追加されたキャラも多いがリストラされたキャラも多い。よく言えば主要キャラで固まった無難なキャラ選と言えるが、キャラゲーなので多いに越したことはない。

③先に当たった者勝ち
前作も先に当てた者のほうがゲージ回復量が多くこの傾向は強かったが、今作はそれを越える仕様となっている。
今作はバランスゲージが回避率と命中率を司っているため、攻撃を当ててこれをいかに減らすかが勝利へのカギとなる。そのため先に当てた者が霊力ゲージの回復もしやすく相手のバランスゲージも減らせ何もかも有利になってしまう。




<その他>
①追加キャラとリストラキャラ
今回追加されたのは妖狐、若幻海、神谷、刃霧、樹 、仙水。リストラされたのは朱雀、是流、酎、吏将、鈴木。

②全キャラ解禁
電源を入れて「YU YU HAKUSYO」の文字が出たらすばやくBABY BABYを押す(LRを連打し続けるとエンディングになる)
成功すると鈴駒の「あらよっと!」の声が聞こえて隠しキャラが解禁される。
→「戸愚呂」「幻海」「蔵馬」にカーソルを合わせLRのどちらかを押す。

③説明書の不備
説明書にはバランスゲージが減ると回避率が下がると記載があるが命中率も下がっている

④対戦での1P有利
1Pと2Pが同時に技を出した場合順番は1Pが優先される。


<生放送>
幽遊白書と幽遊白書2を放送してからSFCの幽遊白書を揃えたいと思い、休日に中古ゲームショップにて揃えたため放送に至る(2017年2月12日)

ストーリーモードがないため総当たり戦で全キャラと対戦して勝つことでクリアとして配信。
その際、戸愚呂弟に指弾を連打されその恐ろしい命中率に今作も苦戦させられる。原作では体力を削る程度の物であったがゲームでは致命傷レベルであった。

死闘の末に勝利し、調子に乗って負けた戸愚呂を罵倒していたら次の対戦相手が戸愚呂100%で再び指弾地獄(しかも数が増えている)でボコボコに叩きのめされ、まるでお手本のような返り討ちに遭う。



その後、仙水の裂蹴紅球波地獄を乗り越えついに全キャラを倒し2時間半ほどでクリアする。
コメントは延長枠とは言え300を越え、大盛り上がりを見せた。


余談だが、後日オフ会にてこのゲームのトーナメント戦でリスナーに勝ったらドリームキャストをゲットできるイベントにて桑原を使用し、なんと4人中3人抜き(しかも4人目も結構減らした状態)を達成し、難無くドリキャスをゲットした経緯がある。桑原様様である。


<豆知識>
①桑原の名前の和真は野球選手の清原博と桑田澄を組み合わせたもの。
②桑原と幽助の対戦成績は1話の時点で0勝156敗。
③桑原は魔界統一編時に猛勉強し、名門の高校に補欠合格する。
④桑原はジャンケンが異常に強い。
⑤商品展開する際に「幽助・蔵馬・飛影+桑原以外の他1名」と除外されやすい(涙)
⑥私の小学校3年生の時の担任の名前は桑原先生(怒ると霊剣を出すと噂されていた)


オレはしぶてぇぜ!

広告
×
桑原はまじチート(`・ω・´)
4ヶ月前
×
剣よ、伸びろーーーー!!!
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。