独り鍋は実に良い
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

独り鍋は実に良い

2015-01-14 20:13
  • 3
  • 7

独り鍋は良い

去年は独り鍋を何度もしたし、今年になっても独り鍋を何度もしている。

独り鍋は、ダイソーなんかに売ってる100円の土鍋で作る。鍋に野菜やら魚やら肉などを入れ火にかけると完成する。ダシを入れたい時には、昆布ひとつ放り込んでおいたら良い。

独り鍋は独りで食べる孤独な鍋なので、あんまり気合を入れず、自分さえ美味ければ良いという気持を全面に出して作る。所詮は独りで食べるのだから、大袈裟にすることもない。素朴で単純な鍋を、しみじみと独りで楽しむ。食べていると徐々に寂しくなってくるのも良いし、独りで食べる鍋にはロマンがある。

独り鍋のコツ

100円の土鍋には小さいという物理的な制約があるものの、これを上手く使うと良い独り鍋になる。

自分なりのコツを書いておくと、物理的なスペースがないので、具の種類を増やさないことが重要だと思う。具の種類を増やしたところで普通の鍋には勝てないし、味もボヤけてしまうことが多い。余った食材の処理なんかもある。それよりは絞った具材を楽しむ方向性で、発展させたほうがよろしい。

少ない具材でなるべく良い鍋にするというのも、パズルのようでなかなか面白い。

副次的な効果だが、具材の種類が少ないため、旬の食材を使うと500円以内で十分に美味しい独り鍋が出来たりもする。

独り鍋のメリット

独り鍋のメリットは様々ある。

独り鍋には、小さな鍋の中に味を濃縮させるという楽しみがある。独り鍋はどうしても汁の量が少なくなるが、だからこそ濃厚なダシを楽しむことができる。

さらに本格鍋を作る前の偵察用としても使えるし、あまりに疲れた時にダラダラ独りで食べるのにも向いている。小さなスペースでなるべく美しい鍋を作るというのは、本格鍋のミニチュアを作っているような気分になり娯楽としても優れていて、ジオラマや盆栽などにも通じる楽しさがある。

それでなにが言いたいのかというと、独り鍋は良いということで、以下は私の作った独り鍋なんだけど、スマホで撮ってるのであまり魅力が伝わらないかもしれない。

一応書いておくとレシピらしきものを書いてるけど、かなり適当にしか書けない。多分だけど誰かが作ったのを参考にしていると思うから、本格的に作りたい人は検索してみてください。

常夜鍋(とこよなべ)

常夜鍋(とこよなべ)とはホウレンソウと豚肉の鍋で、私は向田邦子さんのレシピで作っている。(追記:普通はじょうやなべと読む。常世の国っぽくて縁起良いしリズムも良いので、私はとこよなべとしているけど、常に夜で縁起が悪い気もしてきたので、そのあたりはどうでもいいと思う、まぎらわしいこと書いてすみません)

鍋にニンニクとショウガがひとかけを入れ、日本酒と少々と水を入れて火にかける。日本酒だけでもいけるけど、そのあたりはお好みで。

昆布は入れない。ニンニクとショウガが頑張ってくれる。私の環境だと大量のアクが出てきてキモい。火加減を控え目にして、肉とニンニクの管理に気を付けるとアクを避けることが出来るけど、かなり面倒くさい感じがある。

タレはレモン汁と醤油を混ぜたもの、醤油少なめ、レモン汁多いめくらいで丁度良い。

ホウレンソウは湯をふりかけて、アクを出しておいたほうが良いと思う。ホウレンソウによるけど、これしないと歯がシャリシャリする場合がある。豚肉は美味いバラが良いけど、ぶっちゃけなんでも良いと思う。そんなに張り切って作る鍋でもない。

湯が沸騰したら、本当は豚肉とホウレンソウを別々に入れながら食べる。しかしながら、私は一緒に入れちゃう。なぜかというと面倒くさいからです。


これが完成した写真、これでもアクを一所懸命に取ったほうで、アクの恐しさが分かると思う。



豚肉も良いけど、ホウレンソウがかなり美味い。たまにこういう無茶をすることもあるけど、馬鹿丸出しなので止めたほうが良いと思う。


他の具は入れないほうが良い。独り鍋らしさがなくなる上に、あまり美味くない。シメみたいなのも常夜鍋に限っては、私は食べない。あまり美味くない。レモン醤油に入れて飲んでる。

詳しいレシピを知りたい人はこちら

モツ鍋

これはモツ鍋で、写真は小汚いけど美味い。


せっかくなので、絶対に美味いモツ鍋のレシピを紹介しておく。

まず美味いモツを売っているお肉屋さんを探す。次にそのお肉屋さんにモツ鍋の作り方を聞く。そうするとそこの店のタレに合う野菜とかを教えてくれる。モツを買って家に帰り、言われた通りにモツ鍋を作る。これで絶対に美味いモツ鍋が完成する。

モツは匂いがちょっとと思っていたのだが、良いお肉屋さんをモツは下茹でせずとも嫌な匂いがしない。お肉屋さんに行くのはちょっと勇気があるけど、美味いものを食べたい人は勇気を出して生きていくしかない。ただしモツには地域差があると思うので、良いモツを売るお肉屋さんが近所にない場合は諦めてください。

所詮は100円土鍋なので、野菜を大量に入れることはできない。私はニラ、あればモヤシかキャベツくらいで食べている。ダシもとらない。野菜の水分とモツのタレだけで鍋が成立する。

独り鍋は引き算の料理なので、ダシをとったり野菜入れまくったりしたくなる欲求に打ち勝つことが重要になってくる。

鍋ではない

これは洗濯機を洗浄しようとして洗濯漕クリーナー2個ブチ込んだ写真。


鍋とは関係ないものの、趣きがあるように感じる。ついでなのでなぜ撮影したのか覚えていない写真も掲載しておく。




今さっき写真眺めてて思い出したけど、一時期ゴミの写真を撮影して喜んでいた時期があったので、その時の写真だろうなこれは。

当時は面白かったんだけど、今はなにが面白いんだかよく分からない。こういうことってよくあることですね。

キムチ鍋

キムチ鍋、賞味期限近付いて安くなったキムチが売ってる場合に作る。なんか知らんがそっちのが美味い。

気が向いたら豚肉をコチュジャンに漬けておき、キムチをゴマ油で炒める。ただし100円鍋で作ると割れるんじゃねぇかと心配すぎるので、私はあんまり炒めないです。気が向かない場合はキムチ入れて豚肉を投入する。

続いて野菜と日本酒を適当に入れてアサリ入れたら完成、個人的にはアサリ入ってないとあまり食べたくない感じ。


冷静になってこの写真を見たら謎の鍋で、多分キムチ鍋じゃないと思うけど、途中までキムチ鍋で書いちゃったので、キムチ鍋ってことでよろしくお願いします……

おわびに便利情報を書いておくと、アサリは砂出ししたものを、ビニール袋に入れて冷凍しておくことが出来る。一人暮らしだと、とても便利ですね。

それにしても写真がキムチ鍋じゃない上に小汚なくて申し分けないんだけど、私の家にはデジカメなくてスマホしかないので仕方ない。

凶悪鍋

男には凶悪なものを食べたくなる時があって、その時はこれを作る。

ところでここから写真撮影の機材が iPhone 5 から Torque G01 というのに変わる場合がある。iPhone のカメラはなんも考えずに撮影してもそれなりのものが撮れる。ところが Torque G01 のカメラはシャッターを押すとゴミが生産される機能が付いていて、全然美味しそうな写真にならない。色々考えるとマシなゴミが生産されるが、なにも考えずに撮影したサッポロポテトベジタブルの写真はこういう感じです。

Torque G01は電話もできる電子書籍端末として考えると、とにかく最高すぎる反面、カメラが最低すぎでサッポロポテトベジタブルがかわいそうになってくる。こんなに汚い写真しか撮れないのに、なぜかシャッターボタンが単体で付いてるし、とにかく作った人の意図が不明、作った人がサッポロポテトベジタブル好きなのかも不明、全てが謎なんだけど、そういえば独り鍋の話でしたね。サッポロポテトベジタブルはその辺りのスーパーに売ってるので食べたい人は買ってください、私は独り鍋の話を書きます。

まずローソンなんかで売ってるナガラ食品の冷凍のモツ鍋を、ダイソーの100円土鍋に放り込む。



次に適当にぶった斬ったニラを投入する。



さらにローソンなんかで売ってるナガラ食品の冷凍のモツ鍋をもうひとつ投入するとこうなる。

強引にフタをする。

煮る。たまにかき混ぜてると、こういう感じの食品が完成する。

これが美味いのかっていうと実に普通で、ナガラ食品の冷凍のモツ鍋とニラを煮た味がする。しかしながら男には凶悪なものを食べたくなる時があるのだから仕方がないし、時にこういうものを食べるのもなかなかオツな感じがある。

ハマチしゃぶ

気を取りなおしてハマチのシャブシャブ、ハマチというのはブリの小さいやつで、この下にツバスというのがある。呼び方は地域によって違うみたいなんだけど、私は魚博士じゃないからよく知らない。とにかくブリ、ハマチ、ツバスの中からハマチを選択し薄く切る。

なんでハマチかというとブリほど高くないし、ツバスよりはデカいのでシャブが食いやすいからです。どちらにしろ私の近所の京都のスーパーの刺身は、基本的にあんまり美味しくない。だからブリを買う気にならないっていうのがあって、妥協してハマチ選んでる。こういうのも地域差で、あなたの地域に合わせてカスタマイズしてください。独り鍋は、日本という国土を楽しむというスケールの大きな娯楽なのです。

レシピだけどこれは驚くほどに簡単、鍋に昆布を入れて水と日本酒を入れておく。魚がマズい地域は生姜も入れておくと良いかもしれない。次に白ネギを薄く切る。

できれば包丁を研いで、ハマチをなるべく薄く切る。鍋を火にかけて、適当なところで白葱のみ投入、沸騰する寸前くらいで薄切りのハマチでシャブシャブをし白ネギと共に食べます。ハマチの鮮度が微妙な地域の方、見栄えを気にする方は、針生姜を入れたほうが良いかもしれない。



ハマチはアッサリしてるのでゴマ油っぽいのでタレ作っても良いけど、私は面倒なのでレモン醤油で食べちゃう。少しだけワサビを入れても良い。

白ネギだけで良いのかなって思うかもしれないけど、とても良い。他の具材入れる必要ないと思う。白カブ薄く切ったのをシャブっても良いけど、これしちゃうと独り鍋って感じじゃなくなるかもしれない。

読んでる人はどうか知らないけど、こうして並べていくとなかなか面白い。写真を奇麗に撮影して、使った食材なんかも記録しておいたら良かったような気がしないでもない。

鍋じゃないけど楽な料理

人間にはもうギリギリじゃーボケがっていう時があって、そういう時に私はこれを作る。

まず鮭の缶詰を開けてガスコンロに上手に乗せる。次にスライスしたタマネギを上に乗せる。最後、火をかけて沸騰しはじめたら火傷しないように上手に食べる。マヨネーズをつけてもよろしい。黒胡椒なんかも良いかもね。



もうギリギリじゃーボケがっていう時は、これを食べながらビールなどといった酒を飲む。そうすると翌朝、最悪の日々がまた始まり、夜にはもうギリギリじゃーボケがってなるので、またこれを食べながらビールなどといった酒を飲み、当時は生活滅茶苦茶でしたねぇ。

湯豆腐

湯豆腐、湯豆腐というのは豆腐を昆布のダシで温めて食う食品で基本的には美味い。単純だからレシピもなにもないんだけど、あんまり煮込まないほうが良い。

巨大な土鍋だとグラグラに沸騰したお湯に豆腐を彫り込んでフタして5分、それを食べると美味いみたいなレシピがあるんだけど、独り鍋だとそれは出来ない。小さいので豆腐が十分に温かくならない。

だから重層やら塩を入れてる。こうすると豆腐がとろとろになる。とろとろ湯豆腐は馬鹿にしてたんだけど、やってみたらそれなりに美味い。最近はアゲも入れてる。意外に良い。アゲは別の鍋で適当に煮てくれ、湯通ししただけじゃ不十分だよ。

これは最高の湯豆腐ってわけじゃないけど、火加減あんまり気にしたなくも良い。独り鍋には最適だと言える。



タレは基本的にはポン酢かレモン醤油、こってりしたのを食べたい時には、卵にみりんとしょうゆを入れ湯煎したものも美味い。分量とかはここに書いてある。

豆腐とアゲは、なるべく美味いものを選ぶ。豆腐、昔は地域によってはあんまり美味いの売ってなかったりしたけど、今はどこのスーパーでも美味いのを売っている。ただし京都は豆腐はかなり美味いので、京都に住んでいる人は湯豆腐面では有利だと思う。

独り鍋は良い

もうちょっとレパートリーあるんだけど、写真に撮影してなかったりしたのでこれでおしまい。

独り鍋のポイントは独りで食べるという点で、不味くても自分独りが不味いだけで済む。美味ければ独り占めすることが出来る。自分以外の誰も不幸にしないし幸せにもしない。独り鍋と自分が対面しているだけ、様々な条件が重なれば、独り鍋によって悟道超えられる可能性もある。独り鍋を作るだけで、そんなありがたいものを食することが出来る。

独り鍋の写真を並べながら、思ったことがある。それは独り鍋で大きな鍋の姿を再現し、食材と調理方法をきちんと記録して、奇麗に写真撮影すれば、これは立派な趣味として成立するんじゃないのかなってことだ。

日本には趣味は読書ですって人が四割弱くらいいるっぽいんだけど、イメージが良いから読書としている人がほとんどだと思う。実際には本当に読書が趣味なんて奴は1割もいない。海外は知らないけど、日本という国は文化程度が高いだけに、趣味への参入障壁が非常に高い。金も時間もかかるし、一種の技量を求められる。だから気軽に始められる趣味のレパートリーが少ない。

趣味の数が少ないのはつまらない国なので、より良い日本を創るためには、参入障壁の低い趣味を増やす必要がある。独り鍋は100円鍋を使い500円で適当に食材を集めて料理らしきものを作り、写真撮影して記録するだけで成立する。ライバルもいないので、趣味にした瞬間に世界一になる。異常なまでに参入障壁が低い。

こんな素晴しい趣味だから是非とも広めたいところなのだが、私はテーブルすらなく棚の上で飯を食うという狂った生活をしていて、スマホのカメラもシャッター押すとゴミが生成されるという有様なので、美しい写真を撮ることが出来ない。クックパッドかデイリーポータルかテレビに流行らせてもらうしかないわけだが、趣味とか日本とかはどうでもいい話で独り鍋である。

通常の鍋に見たてて作られた小型の独り鍋は、悟道を超えて小宇宙(コスモ)ともいえるし、晩飯にコスモがあるとスペース(宇宙)感が出る。こんな料理は他にはない上に、普通程度には美味い。

もう少しだけ冬は続く。だから独り鍋で遊べる時間は十分にある。そんなわけですから、気が向いた人は独り鍋しても良いかもしれませんね。


広告
×
一人鍋。。。実は家ではやらないけど職場ではコンビニで材料買ってやることが…w
フリーダムな職場だわ
17ヶ月前
×
一人鍋はしないですけど、シンプルな鍋っていいですね
17ヶ月前
×
「とこよなべ」じゃなくて「じょうやなべ」じゃね?
17ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。