【新春特別企画】好きなBase Ball Bearの曲で固めたミリオンライブ!セットリスト公開祭り
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【新春特別企画】好きなBase Ball Bearの曲で固めたミリオンライブ!セットリスト公開祭り

2016-04-17 22:43
    《企画名》
    【新春特別企画】好きな○○の曲で固めたミリオンライブ!セットリスト公開祭り


    《企画趣旨》
    ミリオンライブ!3rdツアーでのシアター組全員参加を記念して、 765プロのアイドル達に自分が好きな楽曲群のセットリストをプレゼントする

    《基本レギュレーション》
    ・ミリオンライブ!登場アイドル一人一人のイメージに合わせ、あるテーマを元に選曲した楽曲のセットリストを公開する
    ・選曲するテーマの内容は選者に一任する (アーティスト縛り、音楽ジャンル縛り、レーベル縛りなど、何でもOK)
    ・選曲数は50曲[765MILLIONSTARS] または37曲[765THEATER ALLSTARS] のいずれかとする
    ・必ず選曲した楽曲一曲ごとに、その楽曲のイメージに合うと思うアイドルを指定する
    ・曲数が50曲または37曲に届かない一部のアイドルのみに限った選曲は不可とする


    ギター担当の湯浅将平さんが脱退してしまったという事で、今までのベボベを自分の中で整理し、新しいベボベに備える意図を込めて、滑り込みでセットリストを作成しました。

    本題のセットリストですが、今までのものと同様に属性別五十音順に

    アイドル

    曲名

    収録アルバム(収録ベスト)

    コメント

    という風に記載させて頂きました。対象アルバムは6th「C2」までのオリジナルアルバム、3枚のミニアルバム、2つのベストアルバムとしました。



    Vocal編

    天海春香

    協奏曲
    十七歳

    2人で力を合わせて生きていこうというメッセージが込められたベボベとしては比較的珍しい王道のバラードです。
    これからもよろしくという意味合いも込めて、春香にこの曲を贈りたいと思います。


    春日未来

    GIRL FRIEND
    C(バンドBのベスト)

    聞いててこっちが心配してしまう程のイノセントな歌詞がどうにも未来っぽい気がします。
    春の日差しを思わせる曲調もまた印象的です。


    如月千早

    kodoku no synthesizer
    新呼吸

    イメージとしてはアニマス4話のダンボールが積まれた部屋に夜一人佇む千早でしょうか。
    夜に感じるであろう孤独感を切実に歌いあげています。


    木下ひなた

    東京
    DETECTIVE BOYS

    東京という街で起こる別れや喪失感を描いています。メロディは明るいのになんとも言い難い哀愁が漂っているのが面白いです。
    東京の外から来た彼女だからこそ見えるものがあるんじゃないかと思いながら選びました。


    四条貴音

    UNDER THE STAR LIGHT
    二十九歳

    星空の下を駆けていく歌、あくまで駆けるのは下の暗闇であって、星空を突き抜けていく訳ではないという、妙なリアリティが面白いです。
    星空を背にしてという世界観に貴音を見出し、この曲にしました。


    ジュリア

    BAND GIRL'S SPIRAL DAYS
    CYPRESS GIRLS

    ベボベの本領発揮ともいえる青春失敗ソング。
    イメージとしてはリアルに寄ったけいおん!といったところでしょうか。


    高山紗代子

    ヒカリナ
    新呼吸

    「光りな 逃げんな 君の中で 光は育った 確実に」
    といった力強いメッセージ性が込められた応援歌です。
    ベボベでここまでストレートな応援歌もなかなかないような気がします。


    田中琴葉

    抱きしめたい
    十七歳(バンドBのベスト)

    個人的に50人の中で一番抱きしめたいと感じるのは琴葉だったりします。
    妙な意味ではなく、アイドルの中で最も脆さを感じさせるからな気がします。


    天空橋朋花

    The Cut
    二十九歳

    「ニブいアンテナ」だけで色々な事を分かった気になっていないかと、警鐘を鳴らし、「真実は自分の目で見極めろ」と、そう歌っています。
    誰に言われたら一番耳が痛いだろうかと思いながら選びました。


    箱崎星梨花

    恋する感覚
    THE CUT

    花澤香菜さんがゲストボーカルとして参加した楽曲です。
    歌詞の視点人物は女子中学生らしく、ここまでピュアな恋心は星梨花でないと釣り合わないんじゃないかと。
    歌詞に出てくる「きゅるり」という擬音もまた面白いです。


    松田亜利沙

    yellow
    二十九歳

    自身も熱心なアイドル好きの小出さんならではの曲な気がします。
    アイドルに向けた消費者目線で、ドルオタの英雄的思考が爆発しています。


    三浦あずさ

    short hair
    新呼吸(バンドBのベスト)

    「変わり続ける君を 変わらず見ていたいよ」
    この歌詞はASの誰かにしたいと思っていたのですが、ロングからバッサリといったあずささんのインパクトが自分の中で強く、こうなりました。


    水瀬伊織

    「それって、for 誰?」part.2
    C2

    「砂漠に水を撒こう 渇くとわかってても プールに混ぜるのはごめんだ」
    現状の音楽シーンに違和感を感じ、それらと戦い続けるバンドとしての決意を歌っているように聞こえます。
    どうやら僕は、こういった決意を胸に秘めた曲を彼女にあてたいみたいです。


    最上静香

    SAYONARA-NOSTALGIA
    完全版「バンドBについて」

    「今日も 普通がいいや」
    「普通」というフレーズを聞いてまず思い浮かんだのが静香だったりします。
    (ゲッサンでもその辺りに触れられたりします)
    イメージとしてはアイドルを諦めてしまった場合の静香でしょうか。


    望月杏奈

    「それって、for 誰?」part.1
    C2

    歌詞を見るとSNSがここまで浸透している今、耳が痛い方も多い気がします。
    どっぷり漬かっているだろうし、斜に構えて見つめている一面もありそう。


    矢吹可奈

    翳ない2人
    完全版「バンドBについて」

    温かみのあり、爽やかさも感じさせる曲調、先の見えない不安を打ち消すような安堵感のある詞が印象的です。
    また、歌詞が彼女のパーソナルカラーでもあるオレンジをイメージさせるものだったので、この曲にしました。



    Dance編

    エミリー スチュアート

    SIMAITAI
    (WHAT IS THE)LOVE & POP?

    おそらくベボベの中で最も歌詞が凝っているというか遊んでいる曲の一つではないでしょうか。
    「しまい太陽」といった造語を見て、エミリーは興味を示してくれるかプリプリ怒るかどうかにも興味があります。


    大神環

    空飛願望
    完全版「バンドBについて」

    明るい光が差し込むようなサビに軽やかな小出さんのヴォーカルが印象的です。
    浮遊感を感じ、空を飛んでいるような突き抜けていく感覚が環に合うと思い、この曲にしました。


    我那覇響

    PERFECT BLUE
    二十九歳

    解釈が分かれるかもしれませんがこの歌は死別の歌だと思っています。
    あれだけ動物を飼っていればどれだけ目を逸らそうとしても死について向き合わない訳にはいかないだろうと思いながら選びました。


    菊地真

    Tabibito In The Dark
    新呼吸(バンドBのベスト)

    パーソナルカラーの黒を彷彿とさせる曲にしたいと思い、この曲にしました。
    サビに向かって徐々に盛り上がっていき、「踊れ 踊れ 何もかも忘れて 踊れ 音の中で」一気に爆発するサビがまたとてもカッコいいです。


    北上麗花

    BREEEEZE GIRL
    (WHAT IS THE)LOVE & POP?(バンドBのベスト)

    彼女の持ち歌にも出てくる「風」を感じる曲にしたくて、この曲にしました。
    歌詞は抽象的というよりは、映像的で、爽やかな夏を彷彿とさせます。


    高坂海美

    ELECTRIC SUMMER
    C(バンドBのベスト)

    曲名通り、夏を歌っています。これでもかというくらい爽やかでキャッチーだけど、少し切なさを感じるのが海美らしくていいなと思いました。
    歌詞の中にサイダーが出てきますが、シアター組の中で海美が一番サイダーが似合う気がする。


    佐竹美奈子

    レモンスカッシュ感覚
    (WHAT IS THE)LOVE & POP?

    個人的にベボベに一番合いそうなアイドルの一人だったりします。ポニーテールのせいだろうか?
    だからこそこういったベタなベボベ曲をあてたいと考えていました。


    島原エレナ

    アンビバレントダンサー
    二十九歳

    「明日は一体どこへ向かうのか 忘れたいなら踊れ」
    「明日が一体どこへ向かおうが 君のままで踊れ」
    相反する矛盾や、様々な葛藤を「踊れ」の一言で片付けるダンスロックです。
    小出さんが敬愛する岡村靖幸イズムが垣間見えているのもまた面白いです。


    高槻やよい

    ホワイトワイライト
    (WHAT IS THE)LOVE & POP?

    アマチュア時代の楽曲をリアレジしたものです。
    「願う」という行為に着目しており、詞や曲調も、希望に満ち溢れています。
    ちなみに歌詞カードを見るとオリジナルバージョンと現バージョンを見比べる事ができて面白いです。


    永吉昴

    ドラマチック
    十七歳(バンドBのベスト)

    ベボベの曲の中で最も知名度が高い曲の一つでしょうか?
    タイアップもPVもガッツリ高校野球です。
    「夏ってる」「夏いね」というフレーズも印象的です。


    野々原茜

    レインメーカー
    C2

    自分語りが凄い曲です。
    この頼まれてないのにこういう事考えて、どんどんと話しかけてきそうな感じに、茜ちゃんを見出し、こうなりました。


    馬場このみ

    どうしよう
    C2

    「青春が終わって知った 青春は終わらないってこと」
    この言葉に説得力を持たせるには、最年長のこのみさんにこの曲だろうと思いました。


    福田のり子

    星がほしい
    DETECTIVE BOYS

    疾走感があるメロディーものり子っぽいなと思っているのですが、歌詞がメッセージ性を感じつつもあまり押し付けがましくない感じがまたのり子っぽいなと思いながら選びました。


    舞浜歩

    文化祭の夜
    C2

    ブラックミュージック的というのか、ファンク的な曲といった感じです。
    こういうファンキーな曲が似合いそうなイメージがあるのは彼女がアメリカ帰りだからでしょうか?


    真壁瑞希

    カシカ
    C2

    「カシカ」というタイトルには「可視化」「歌詞カード」「歌詞か?」という様々な意味が込められており、歌詞カードを持って聞いて欲しいという言葉の力を重んじた感じ、この挑戦的な雰囲気も面白いし、そこもまた瑞希っぽいかなというのもあったりします。


    百瀬莉緒

    こぼさないでshadow
    C2

    80年代サザンっぽさが印象的です
    化粧品に詳しそうなイメージがありますし、そういったちょっと古めかしいイメージもまた莉緒にぴったりだと思いました。


    横山奈緒

    Transfer Girl
    DETECTIVE BOYS

    僕の中のベボベが合いそうなアイドルのもう一人が彼女だったりします
    大阪から来ているだろうし、まあ「転校生」だろうなと、ベタな曲でもよりピッタリだと思った方に奈緒をあてたいと思います。



    Visual編

    秋月律子

    曖してる
    C2

    ベボベは「愛してる」という歌も歌っていますが、こちらは同じ「アイ」でも「曖昧」の方。
    「曖昧」と言う単語を聞いて、律子がパッと浮かんだのはアイドルとして見られたり、プロデューサーとして見られたりといった事情があるからでしょうか。


    伊吹翼

    CRAZY FOR YOUの季節
    C(バンドBのベスト)

    「crazy for you」(=「あなたに夢中」)という単語も翼っぽいなあと思いますし、ライブの一番目に演奏される事も多く、始まりのイメージが僕の中である曲です。
    爽やかなグイグイと来る曲調も翼らしいかなと選曲しながら思いました。


    北沢志保

    カナリア
    二十九歳

    曲の雰囲気もいいですし、どこか自嘲気味な感じも「あっという間の日々は続く」と外に目を向けた面が、時を経て柔らかくなった志保にいいかなと思いました。


    篠宮可憐

    yoakemae
    新呼吸(バンドBのベスト)

    誰よりも「変わりたい」という欲求を持っている彼女にピッタリだと思いました。
    何が起こるのかわからない明日は確かに怖い、でも何が起こるか分らないからこそ楽しいんだという発想をこの曲から感じましたし、可憐にもそういった心構えを持って欲しいなと思いました。


    周防桃子

    Stairway Generation
    (WHAT IS THE)LOVE & POP?(バンドBのベスト)

    「繋がりたい」という衝動が押し出されている曲です。
    おそらく一番の寂しがり屋で、誰よりも他人と「繋がりたい」という思いを抱いているであろう彼女にこの曲をあてたいと思います。


    徳川まつり

    kamiawanai
    CYPRESS GIRLS

    周囲にもどうにもなじめない、「かみ合わない」事をひたすら嘆いている曲です。
    少し違うのは彼女は歌詞の中にあるような、自分を薄めるという行為とは無縁かもしれませんが…。


    所恵美

    不思議な夜
    C2

    こちらでも黒というパーソナルカラーを拾いたいなと思い、この曲にしました。
    こういう友達以上恋人未満な、恋が始まるのか始まらないのか、そのせめぎ合うボーイミーツガールな歌詞は恵美にうってつけだと思いました。


    豊川風花

    海になりたいpart.2
    (WHAT IS THE)LOVE & POP?

    part.2とあるようにpart.1がありますが歌詞は全くもって逆です。
    part.1の「海になりたい」はどこか否定的で逃避的なニュアンスを感じるに対して、こちらは悲しみや失意から救いたいという包容力を感じます。


    中谷育

    若者のゆくえ
    バンドBのベスト

    単純にこの中で一番「若者」である彼女にと。近い将来こういった卒業ソングは歌うでしょうし。
    卒業後の行く先を応援するような曲で、今までの自分に区切りをつけ、新たな気持ちで先へ進んでいくというような意思を感じ、育ちゃんに贈りたいなと思いました。


    七尾百合子

    STAND BY ME
    C(バンドBのベスト)

    こういった思い込みが激しそうな曲は百合子にうってつけだと思い、選出。
    女性そのものよりも、理想の女性に出会えたと思っている自分自身に酔っていそうなのがたまらなく百合子っぽいと思いました。


    二階堂千鶴

    美しいのさ
    C2

    関根さんメインヴォーカルの曲です。
    美しさのために作られたものよりも、日々の美しさとかけ離れたものの積み重ねこそが本当の美しさなんだと。
    これこそ千鶴さんだろうと。


    萩原雪歩

    changes
    (WHAT IS THE)LOVE & POP?(バンドBのベスト)

    苦悩と葛藤を持ってふさぎこんだ『旧い自分』から別れを告げ、ポジティブに駆け出そうとする『新しい自分』への変化を描いています。
    中の人の交代があったからか、「change」という単語に一番説得力を感じるのは雪歩な気がします。


    双海亜美

    school zone
    新呼吸

    登下校の風景を切り取った曲です。
    学生時代の意味も根拠もなく楽しかった時期を懐かしむ曲なので、懐かしまれる対象であろう亜美にと。


    双海真美

    クチビル・ディテクティヴ
    DETECTIVE BOYS(バンドBのベスト)

    持ち歌やカードから「探偵」という単語が出てきているので。
    ボーカルがしょっちゅう入れ替わったり、ハモったりを繰り返したりと、忙しないが、そこがまた面白いです。


    星井美希

    WINK SNIPER
    十七歳

    関根さんがメインヴォーカルの曲です。
    テーマとしては「数多の男を虜にしてしまう女性」でしょうか。
    カードにもウインクをモチーフにしたものがありますし、うってつけかなと。


    宮尾美也

    神々LOOKS YOU
    (WHAT IS THE)LOVE & POP?(バンドBのベスト)

    「神様になれたらどうする?」
    歴史的なアイドルになる、と仰々しい事を言う彼女なのでこういう事も案外考えているのかなと。
    歌詞の良い意味でのダサさや独特な文学性も彼女に合うような気もします。


    ロコ

    極彩色イマジネイション
    完全版「バンドBについて」

    ざわめく街の風景を切り取った、ダンスロックですね。
    曲調もいいのですが、何よりもタイトルに惹かれたのが一番ですね。



    いかかでしたでしょうか?もしかしたらこのタイミングでベボベなのかと、不快に思われた方もいらっしゃったかもしれませんが、これも一つの愛の形だと、大目に見て頂けたらと思います。


    そして主催のシンゴ様、図々しくも五つもセットリストを作ってしまい、本当に申し訳ありません。そして滑り込みでの投稿で最後までお手数をおかけします…。


    企画締め切りの後ではありますが、既存の五つのセットリストを改めて並べ直したものを投稿しようと思っておりますので、そこで改めて主催のシンゴ様に感謝の言葉を述べさせて頂きたいと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。