• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

人は百万円もの寄付金を忘れやしない
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

人は百万円もの寄付金を忘れやしない

2017-03-19 16:00
     

    百万円もの大金を寄付しておいて、それを忘れる人間は、御坊茶魔くらいのものだろう。
    安倍昭恵がいかにお嬢さまと言っても、たかが知れている。
    百万円の寄付金を渡したことを「記憶にない」という者はいないのである。

    渡していないのなら、きっぱりと「断固渡していない」と言い切るはずではないか。
    「あり得ない」「そんな大金、渡すはずがない」「嘘つきだ」と激怒するはずである。
    それが人間の心理というものだ。 

    百万円の寄付金を安倍昭恵からもらった時「安倍晋三から」と言われたという籠池の言葉を、100%信じるつもりはなかったが、安倍昭恵本人がきっぱり否定できない。
    「記憶にない」と言った時点で、籠池の言葉の信ぴょう性が高まってしまった。

    籠池を証人喚問するなら、安倍昭恵も同時に証人喚問するべきである。
    なんで首相の妻は優遇されてるんだ?
    「安倍昭恵は私人だ」と閣議決定までしたのは、証人喚問できないようにするためか?

    安倍晋三の寄付金は、法的には問題ないのかもしれないが、決して枝葉ではない。
    いかに安倍晋三が森友学園の籠池に好意的で、小学校設立に共感していたか、その動機の強さを証明する問題である。

    籠池の小学校設立のために、国有地のタダ同然払い下げが行なわれたきっかけが、単なる「忖度」であったか、「口利き」だったか、寄付金疑惑は、それを解明する手掛かりになるかもしれない。

    たとえ「忖度」としても、これは官僚機構すべてを、詐欺師のために動かした「悪魔の忖度」ということになるから、安倍昭恵、並びに安倍首相の「道義的責任」は免れない。

    過去の「偽メール事件」に怯えないで、追及せねばならない重大な問題である。
    野党諸君は及び腰になるな!
    政争の為ではなく、「公」のために、この問題を追及せよ!

     

     

    RSSブログ情報:https://yoshinori-kobayashi.com/12722/
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    小林よしのりライジング
    更新頻度: 毎週火曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。