• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

Special本、第5章コンテに突入
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Special本、第5章コンテに突入

2017-08-12 23:30
     

    昨日の朝から1時間しか寝ていない。
    『ゴー宣Special』第4章のコンテを上げ、今は第5章のコンテを描いている。
    2日で一時間しか寝てないのに、なんで仕事がこんなにはかどったのか不思議だ。

    このSpecial本を完成させたら、しばらく『ゴー宣』を描くことはなくなる。
    『おぼっちゃまくん』を描き下ろすつもりだ。
    今度はギャグ、ギャグ、ギャグばかり描かねばならない。 

    しかし「朝ナマ」の議論と「ゴー宣道場」の議論は何でこんなに違うのか?
    憲法9条「加憲」の是非の議論を、昨日はとうとう全然しなかった。
    あんなに「ゴー宣道場」では盛り上がったのに。 

    「朝ナマ」では、自分の言いたいことは必ず遮られるし、自分が伝えたいことをきっちり伝えることはできない。
    あれは人間性を見せる場であって、論理を熟考する場ではないのだろう。
    かつて野坂昭如も大島渚も小田実も、何を言っていたかではなく、どんな雰囲気の人間だったかを覚えているだけだ。

    テレビというのは、演じようとしてもダメで、どうしても人物の本質がにじみ出てしまう。
    それを見た視聴者が好むか否かしかないので、わしは戦争始まればワクワクするとか言ってしまう。
    確かに他の番組で、米国が北朝鮮を攻撃すると聞いて、「ワクワクする」なんて言えないだろう。
    わしは差しさわりのない大人の言葉つきで話せないから、どうしようもないんだな。

    井上達夫氏は「ゴー宣道場」で「自分は5分黙っておくことができない」と言っていたが、大丈夫だろうか?
    大変なストレスを感じているのではないか?
    話したいことがあったら、倉持氏に伝えてほしい。
    「ゴー宣道場」で場を用意するから。

     

     

    RSSブログ情報:https://yoshinori-kobayashi.com/13777/
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    小林よしのりライジング
    更新頻度: 毎週火曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。