• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

皿うどんボンバーさん のコメント

今週も配信お疲れ様です!ありがとうございます。

「ゴー宣」読みました。
被爆者がその体験を忘れることなど出来ないし、核兵器の被害は自分達で最後にして欲しいという訴えは、
長崎で生まれ育ち、亡き祖父母、年老いた両親も被爆者である自分は、子供の頃からずっと言われて来たことですし、
学校でも平和教育があったので、よく分かります。
実際に親や祖父母が被爆者団体等に参加していなくても、広島・長崎生まれ育ちの人達は、皆そういうことを身近に感じてきたでしょう。

でも、長崎や広島以外で生まれ育った人達も、よっぽどの人でない限りは理解していることでしょうね。
『羽鳥慎一モーニングショー』の「そもそも総研」を私は見ていませんでしたが、
引用された石破氏の発言を読む限り、こういうテーマにテレビの朝の放送で触れたことはかつてないことだと思いますが、
実に筋の通った話だと思います。
太田昌克氏は肉親が被爆者なのでしょうか?
それとも、石破氏に論破されたことで頭に血が上って感情論をぶつけたのでしょうか?

原爆投下はナチスのホロコーストと同じ悪魔の所業で「戦争犯罪」とは全く別の非道であり、
亡き祖父母も、核兵器の被害は自分達で最後にして欲しい、ということだけでなく、
アメリカに対する怒り、憤りをずっと持っていました。
私も原爆資料館には何度も行きました。子供の頃初めて写真を見た時にはトラウマになりそうな衝撃でした。
でも、理想論や感情論だけで国の主権を守れるとは思いません。

フランスは北朝鮮の核開発を欧州への脅威と非難し、
それに対し北朝鮮は「核兵器がそんなに悪いものだというなら、まずは核の脅威に全くさらされていないフランスが核兵器を放棄せよ」と反論しています。

国家と国家の、究極的には「戦争」というカードも持ちながらの外交での駆け引きにおいては、
大国のエゴもあり、実際に核を持った小国の言い分もあり、核武装反対論者の言い分では通用しない現実があります。
8月9日に、核兵器禁止条約の交渉会議にすら参加しなかった政府を批判する発言をした田上長崎市長は、
「核武装反対論者」ではあるかもしれません・・・が、感情論ではなく、理にかなった発言だったと思います。

「現実に殺人は無くならないのだから、人殺しをしてもいい」
「あれほど酷い目にあったのだから、いつかもっと酷い目にあいたい」
どちらもおかしいです。

自衛のための戦力は不可欠ですし、その戦力もいざという時は助けてくれるかどうかも分からないアメリカ頼りというのでは、どうしようもありません。
核兵器が世界中に蔓延していい訳もありませんが、自衛の為には核保有と選択肢も入って来ます。
では、どの国も自衛の為に核を持とう、となると、それは核兵器の世界への蔓延となってしまいます。
難しい問題ではありますが、核兵器の唯一の被害国である日本が、核廃絶の運動の先頭に立ちつつ、核保有も視座に入れるということは、
被爆国である故の主張を、感情論でなく外交での駆け引きの強力な「武器」に出来ることなのかもしれません。
実質上アメリカの属国になっている日本が、今後主権を持つ上での避けて通れないテーマかもしれません。
No.22
1週間前
このコメントは以下の記事についています
第239号 2017.9.12発行 「小林よしのりライジング」 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行) 【今週のお知らせ】 ※「ゴーマニズム宣言」…石破茂元防衛大臣が、9月3日の石破派の研修会、さらに9月7日放映のテレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』にて、核保有論を唱え物議を醸した。番組には「核の専門家」という共同通信の太田昌克編集委員が出演し、石破の言う核武装論は実際にはできないと批判し議論になった。しかし石破氏にことごとく論破された太田氏は、被爆者を錦の御旗にした議論封じをしたのだ。北朝鮮が核兵器を持とうとしている今、日本の核武装については一切考えてはいけないという強迫観念にとりつかれてはいけない。「弱者の恫喝」に負けず、核保有論を堂々と考える時である! ※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…9月7日発売の『週刊文春』で報じられた山尾志桜里議員と倉持麟太郎氏のスキャンダル報道の過熱ぶりが凄まじすぎる。どうやら今週発売号で第二弾があるようだ。両氏の家族、知人の証言などがあるというが、第一弾で写真撮影の舞台となった「恵比寿駅からほど近いイタリアンレストラン」が、かなりいろいろなことをしゃべっており、記事に影響するらしいという情報もある。両氏の身内や関係者が、ヤッカミ、嫉妬、愛憎で証言するのは、まだ仕方のない部分があるとしても、この「レストランからの暴露」というのは、大いに疑問がある。問題のレストランに電話取材!店側は何を語ったのか? ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!イラク戦争の時のように、安保理決議無し (国際法違反の恐れあり) でアメリカが北朝鮮を攻撃・壊滅させるのはアリ?「男も捕虜になれば拷問されるか面白半分に殺されるから男女ともかわらない」という意見をどう思う?ヒトラー擁護発言を繰り返す麻生氏は何を考えているの?「モリカケ問題」で安倍首相がついている嘘も、家族と親友を守るための「立派なウソ」?上京したての頃は関東の醤油を物足りなく感じた?…等々、よしりんの回答や如何に!? 【今週の目次】 1. ゴーマニズム宣言・第244回「弱者の恫喝に負けず、核保有論を堂々と考える」 2. しゃべらせてクリ!・第197回「クマった一大事!お父ちゃま助けてクリ~!の巻〈前編〉」 3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第48回「週刊誌に常連客を売るレストラン」 4. Q&Aコーナー 5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど) 6. 編集後記 第244回「弱者の恫喝に負けず、核保有論を堂々と考える」  人は、忘れたいような悲しいこと、苦痛なことほど忘れられないものだという。  だとすれば、広島・長崎の被爆者は、その体験を忘れることなど決してできないだろう。  こんなことは二度と繰り返してほしくない、核兵器の被害者は自分たちで最後にしてほしいという訴えもわかるし、こういう人たちが声を上げていないと、記憶の伝承ができなくなってしまう。  けれども、そういう経験をしてしまったがために「あつものに懲りてなますを吹く」となってしまって、北朝鮮が核兵器を持とうとしているのに、日本の核武装については一切考えてはいけないという強迫観念にとりつかれてはいけない。  石破茂元防衛大臣が9月3日に石破派の研修会で 「核の傘は破れ傘と言う人もいます。意味が無いと言う人もいます。でもその傘の実効性を高めるということを我々が努力をしていかなければならないことであって、政治レベルにおいても実務レベルにおいても核の傘の実効性というのはきちんと検証していかなければなりません」 と発言し、物議を醸した。  そこで9月7日放映のテレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』の「そもそも総研」は 「そもそも日本の核武装は許されるのだろうか?」 と題する緊急特集を組み、石破をスタジオ生出演させてその真意を聞いた。  石破は日本の核武装について、 「日本が核を自分で作る、自分で持つ」という論には立たない としながら、アメリカの「核の傘」についてこう言った。 「アメリカの核の傘があるから大丈夫だよねってことになってるわけですよね。じゃあその傘って本当に差してくれるんですか、どれっくらいの大きさですか、いつ差してくれていつ差してくれないんですか、傘に穴って空いてませんかってことをきちっと検証も何もしないままに、核の傘があるから大丈夫だよねって言って、そうじゃなかったときに、慌てふためいてどうしますか。私この話って、15年前からずっとしてますよ」  石破は非核三原則「持たず、作らず、持ち込ませず」のうち 「持ち込ませず」については見直し、冷戦時代にアメリカとNATO諸国が結んでいた 「核シェアリング」 のような形で、アメリカの核による実効的な核武装をするべきだ というのが持論らしい。  番組にはもう一人、「核の専門家」という共同通信の太田昌克編集委員が出演し、石破の言う核武装論は実際にはできないと批判して議論になった。  石破は落ち着いて太田の批判に丁寧に反論し、ことごとく論破していった。すると最後に太田はドヤ顔でこんなことを言い出したのだ。 「被爆国、(核武装を)許してはいけない。議論は確かに重要です。大いにやるべきだと思います。しかし72年間ですよ、どうして核兵器が1発も使われなかったのか。原爆資料館行かれましたか? 先生」 (石破、「行きました」と答える) 「ねえ。あれを見て誰が、核のボタンを押しますかって話なんですよ。抑止が崩れたらどうなるか、福島の事故であの大変な被害ですよね。今も数万人が避難されている。核の被害なんですよね。  いざ抑止が崩れたらどうなるか。72年間使われてこなかった、日本の非核世論、被爆者の皆さんの声、思い、核廃絶への願いですよね。これも実は核を使わない抑止力になってきた。そこも、だから検証の対象とすべきなんです。それをかなぐり捨てて核を持ち込むとか、ましてや日本が核を持つとか、私は許してはいけない。抑止力を保つためにも決して、日本の国民は許さないと思います」 「議論は確かに大切です」とか言っているが、こんな感情論に訴えられたら議論にならない。これは被爆者を錦の御旗にして、「弱者の恫喝」をする議論封じであり、民主主義の精神に反している。  論理的な討論で核武装論に太刀打ちできなくなってくると、非核論者は必ず感情論に訴えて、 「被爆者がどれだけの悲惨な思いをしたか。日本人の感情としては、核兵器保有なんて許すわけがない」 という「弱者の恫喝」を行なうのだ。 
小林よしのりライジング
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。

気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!