• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「譲位を巡り、天皇を侮辱する安倍晋三」小林よしのりライジング Vol.249
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「譲位を巡り、天皇を侮辱する安倍晋三」小林よしのりライジング Vol.249

2017-12-05 20:10
  • 156
  • 1
6c4ccd4127223c9d7da5504e726e8f315644727a
第249号 2017.12.5発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…天皇陛下の退位が再来年4月30日、新天皇の即位が5月1日と決まった。問題は「5月1日」という即位の日程だ。当初、政府は「1月1日」とする方針を示したが、これは政府が宮内庁にも相談せず、天皇陛下のご意向など一切無視して勝手に決めたものである。当然宮内庁は反発し、年度替わりの節目でもある「4月1日即位」案を提示したが、官邸はそれにも乗ろうとしなかった。理由は「メンツ」、ただそれだけである。何から何まで陛下のご意思を無視し、侮辱する安倍晋三を許してはならない!
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…安倍首相の太鼓持ち・小川榮太郎が10月に出版した『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』(飛鳥新社)は産経新聞を中心に大々的に宣伝され、発売たちまち9万部に達しているという。ネトウヨが恥部を慰撫するだけの本ならまだ良いが、問題は、この本が自民党にとって「モリカケ追及逃れのバイブル」になっていることだ。
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!国内大手メーカーの不祥事が続出している原因は?「女子力」も女性差別な表現?恋多き小林先生にとって無駄な恋愛ってあった?まゆゆや黒木瞳がゾンビ化したら冷静にドタマかち割れる?日馬富士の引退をどう思う?昆虫食は日本にも波及する?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第255回「譲位を巡り、天皇を侮辱する安倍晋三」
2. しゃべらせてクリ!・第207回「カメたちがんばれ!ぽっくん体重増量中!の巻〈前編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第59回「トンデモ本出現! 自民党大量購入の『モリカケ逃れ』バイブル」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




3bf2a70d1b5bf3e753101c686a945c64f6ce46f2

第255回「譲位を巡り、天皇を侮辱する安倍晋三」

 天皇陛下の退位が再来年4月30日、新天皇の即位が5月1日と決まった。
 日付が違うことで、「空位」の時間が生じるのではないかという懸念もあったが、これは退位が「4月30日が終わる瞬間」、即位が「5月1日が始まる瞬間」に行われる、つまり同時であるため問題はないらしい。
 だが問題は、「5月1日」という即位の日程だ。
 当初、政府は「1月1日」とする方針を示した。
 これは政府が宮内庁にも相談せず、天皇陛下のご意向など一切無視して勝手に決めたもので、宮内庁の西村泰彦次長は定例記者会見で「1月1日は皇室にとり極めて重要な日。譲位、即位に関する行事を設定するのは難しい」と難色を示した。
 宮内庁が退位を巡って公の場で言及するのは異例の事態であり、しかもこれを表明したのが、官邸が宮内庁をコントロールするために送り込んだ人材だったはずの西村というのも、実に皮肉な話だった。
 再来年の1月7日は、昭和天皇の崩御から30年の式年祭が行われる。今上陛下は父親である昭和天皇の三十年祭を自ら執り行いたい意向であることは明らかで、その1週間前に退位させるというのは非常識としか言いようがない。
 宮内庁もこの点には特にこだわりを見せ、年度替わりの節目でもある「4月1日即位」案を提示、官邸側に年末年始と3~4月の皇室行事を示し、どちらが皇位継承に伴う陛下と皇太子殿下の負担が少ないか説明したという。

 ところが、官邸は1月1日即位案を撤回したものの、宮内庁、つまりは天皇陛下のご要望である4月1日即位案にも乗ろうとしなかった。
 理由は「メンツ」、ただそれだけである。
 天皇退位特例法には、退位の期日を「政令」で決めるとしている。政令は閣議決定によって定められ、その主体は内閣であり、トップは首相ということになっている。官邸幹部は「最後は政治が決めるんだ」と言い放ったという。
 つまり完全に「国民主権」の意識で、政治のトップが天皇よりも上だと信じ切っているのである。
 しかも官邸は、もともとは天皇の退位すら認めず「摂政」で済まそうとしており、しぶしぶ退位を認めることになっても「一代限りの特例」にするつもりだった。それが事実上の恒久制度化まで妥協を強いられたため、ここでも「メンツを潰された」という恨みの念を抱いていた。
 さらには、4月1日即位案の一報を朝日新聞が報じたことから、安倍晋三が「朝日が報じたとおりにはさせない」と思ったのではないかという推測まである。

 官邸は秘かに「1月1日」「4月1日」以外の日程案を探り、9月には5案になっていたという。
 この作業は宮内庁には全く知らされずに行われた。そして、退位・即位の日程を決める皇室会議が12月1日に行われることが宮内庁に知らされたのが、わずか10日前の21日夜。しかも宮内庁の山本信一郎長官はこの日の報道で初めて「5月1日即位案」を知り、「まったく知らない。分からない」と記者団に硬い表情で繰り返した。
 5月1日案が表に出てから、皇室会議による決定までたったの10日。これでは報道各社の世論調査も間に合わず、4月1日と5月1日のどちらがいいかを国民に問うこともできない。もちろん、政府はこのタイミングも計算していたはずだ。
 そして12月1日の皇室会議には、どういうつもりかメンバーではない菅官房長官が本来宮内庁長官の据わる位置に陣取ってにらみを利かせており、そんな異常な状況の中で4月30日退位・5月1日即位という日程が決められてしまった。
 安倍政権の本音はこうだろう。
「天皇よりも政治の方が上なんだ! さんざん安倍政権に楯突きやがって、これ以上天皇の言うことなんか、聞いてたまるか! 何の意味もない5月1日即位という日程にしてやったぞ! ザマー見やがれ!!」

 何の意味もない5月1日即位という日程を正当化するために、予算案審議や統一地方選が終わった後で静かな環境で迎えられるだの、連休が増えるだのということまで報道されているが、そんなものは全く理由にならない。
 そもそもこの日程では、高森明勅氏が指摘しているように、新天皇即位の行事の集大成であり、最も重要である大嘗祭に新穀を献上する田んぼを選定する際に大きな支障が起こることが懸念されている。
 安倍晋三は、大嘗祭の重みを全く理解していないのだろう。
 というか、安倍は「大嘗祭」が読めるかどうかも分かったものではない。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
小林よしのりライジング
更新頻度: 毎週火曜日
最終更新日:2017-12-16 13:00
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

他146件のコメントを表示
×
 テレビの方の感想を記します。

「激論クロスファイヤー」
 枝野さんが、与党の国会議員は、議会へ来るまでに与党としての意見を纏めてゐる筈だといふ意見は、目に鱗でした。確かに、おっしゃられる通りでせう。あと、ほかの党と連立しないといふ姿勢は、頭山満と共通してゐるやうにも思へました。前提となる意見が異なってゐるのに、アウフヘーベンも何も生まれ得ないでせう。止揚には、互ひに相手のことを理解し合ふ、といふ態度が両者に求められるものだと思ひます。
 「千萬人と雖も吾往かん」、そんな感じでした。千里の道も一歩から。

「激論、サンデーCROSS」
 先生方がくり返し述べられてゐる、憲法の条文ではなく、精神を重視し、そこから立憲主義の道を開かうとする姿勢が、まざまざと感じられました。それと、イスラエル情勢、心配です。
 いっそ、異空間にイェルサレムがもう一つできたら、といふのはSFやファンタジーですね。世の中、夢に逃げてはいけない時もある。醉生夢死の人生は無意味だ。

 それにしても、けさがた、TV朝日の番組で、H先生の言葉検定をみてゐたら、
今年の漢字は「欺」だと思ふ、だとか。配偶者との関係がどうたらかうたら、と。
 結構役立つ話もしてくださるかたなのに(例へば、夕飯のことを旦那に妻がたづねる時は、一緒に献立を考へてくれといふ依頼なのだとか)、このまへの別の番組の裳着の話といひ、なんだか残念です。
 それとも、これは斉藤由貴さんや渡辺謙さんの話なのか?だとしたって、役者も演技が肝要なのであって、人格は、と思ってしまひます。

それにつけても、安倍の横暴がどうにかなってほしい、この頃です。
 それでは、次号を期待いたします。
×
小林先生のブログと、時浦さんのブログ(設営隊長の感想)を読みました。
ネトウヨや従米自称保守は、護憲派の市民運動家に対して「ディスる」「侮蔑する」ことしかしません。
ゴー宣道場ではポジショントークに捉われず、様々な立場の人達と真っ向から議論する、というところが改めて素晴らしいです。
まさに頭山満の姿勢を踏襲しているところでもあるのかも。
加憲に何となく賛成している人も、護憲派の人も、思考して共に「アウフヘーベン」していければと思いますね。
勿論自分自身もそう努めたいです。
×
グッディでやってますね
ダメだ~イライラして見ていられない~
婦人公論買いに行ってこよっと
ε=(ノ・∀・)ツ
×
グッディ見ましたが、フジテレビに直接苦情入れるなりBPOに言ったほうがいい気もします。さすがにちょっと酷い内容ですよ。今回もコメンテーターの憶測だけで話を進めるとかありえません。
この件は小林先生、ゴー宣道場、憲法改正の部分を全てしっかり伝えないと話の全体像が見えるわけがないので、そこをほとんど飛ばすと伝える内容がめちゃくちゃになるのは当たり前です。結局、何を伝えたかったのか全く分かりませんよね。あのVTRの内容とコメンテーターの発言では視聴者には山尾議員がが堂々と会いたくて顧問に採用したという印象しか残らないと思います。まさに典型的な印象操作といった感じでした。
印象操作だけで作られた内容がちぐはぐのVTR見せられても芸能人の方々もコメントに困りますよ。
×
在日エジプト人がグッディ観た人の呟きをリツイートしまくってますね。
なんか相当癪に触っているんでしょう。
×
グッディ見てないですけど、安藤優子って人もよくわからないんですよね。フジでのキャスター歴がもう30年近くになるのでてっきり「自称ホシュ」のお仲間かと思いきや、キャスターデビューしたのがテレ朝で当時朝日新聞記者だった筑紫哲也がやってた番組(「こちらデスク」かな?)だし、有名になったのもフィリピン革命時のニュースステーションでの現地リポでしたからそこまでゴリゴリのホシュでもなさげだし(実際安藤がキャスターだった頃の「ニュースJAPAN」「スーパーニュース」ってのちの「ユアタイム」「みんなのニュース」と比べたらマシな内容でしたし)
>>151
希蝶さんお返事どうもです。
まあ田園都市線自体終戦直後に五島慶太がすでに沿線の宅地開発に成功していた阪急の小林一三に共鳴して始めたようなところがありますからね。
それと旧目蒲線は東横線の複々線化(小田急とかのそれと比べて本当に部分的ですが)も含めて今の目黒線と多摩川線に分離したのかなと個人的には思います。
×
「今年の漢字」に『北』が選ばれたと聞いて、なんだかなーってカンジです。
私が投票するなら『疑』か『立』にします。
×
>>162
今年の漢字の「北」ですが、北海道日本ハムの大谷翔平、清宮幸太郎の事も含まれているようです。言っとくけど、今年の日本ハム5位ですよ?北海道民として恥ずかしいです。
×
>>164
「北」なんですか〜
変なの〜ですねー。
僕なら「賊」でしょうか。
年がら年中、アベ筆頭に賊が暴れまわりました。
人の迷惑顧みず。
userPhoto
M.O
×
池上彰のニュース解説番組『教えてもらう前と後』という番組で、自民党議員の失言集、加計学園の韓国人留学生募集の実態を取り上げていました。
失言議員を挙げて、実は先日の衆院選で彼らは当選しました、と説明した上で、彼らは「どうせ選挙では当選するだろう」と思っているから平気で失言してしまうんですね、とコメントしてました。
池上彰にしては、珍しく与党批判を繰り広げた、腑に落ちる内容でした。
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。