• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ピュアな昭恵が民主主義の土台を壊す
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ピュアな昭恵が民主主義の土台を壊す

2018-03-13 15:30
     

    財務省の公文書改ざんという前代未聞の国家犯罪を招いた原因は、安倍昭恵に行きつく。
    こんなことは常識で考えればすぐ分かる。 

    安倍昭恵が首相夫人の分際で、夫の「権力」の威光を利用したからである。
    元凶は安倍昭恵なのだ。 

    「王様は裸だ」と見抜けるわしにとっては見え見えなのだが、人々は言えないらしい。
    あほらしいことだ。 

    さらに原因を上げるとすれば、内閣人事局によって、権力が人事権を掌握した結果として、巨大な「忖度システム」が構築されたことも原因だろう。
    官僚が「全体の奉仕者」ではなく、「政権の奉仕者」となって、国民を欺くようになってしまった。

    ある意味、あの近畿財務局の改ざん前の公文書は、国民を欺く罪悪感と戦いながら、せめてこの公文書に、その犯罪の経緯を残しておきたいという、ギリギリの「葛藤文書」だった。
    現場のノンキャリが自殺したのは、おのれが国民を裏切って「常識が壊された」ことの苦悩が原因だったのだろう。
    本来は立派な公務員だったのだ。 

    「葛藤文書」「苦汁文書」であることがバレるから、公文書改ざんという犯罪に手を染めた。
    それを佐川が一存でやるか?
    権力者にとって佐川の犯罪が、あまりにも有り難かったから、国税庁長官にしたはずで、「適材適所」なんざ、大ウソだったということだ。

    安倍昭恵の証人喚問なしにこの事件は終わらない。
    まさに「アッキード事件」なのだ。
    首相夫人が国会で証人喚問されるのは、確かにどえらい大恥だろう。
    その恥に耐えられないのなら、安倍晋三が首相も国会議員も辞めるしかない。
    自分の発言に責任を取らなきゃな。 

    国家犯罪をスクープした朝日新聞は見事だった。
    エセ保守どもが「安倍政権が民主主義の土台を壊している」という事実を受け入れられるか?
    それは無理だろう。
    オウム真理教の信者と同じで、教祖さまの犯罪は認められないはずだ。
    朝日新聞を馬鹿みたいに敵視してきた自称保守・エセ保守の論客は、ついに完全敗北した。

     

     

    RSSブログ情報:https://yoshinori-kobayashi.com/15264/
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    小林よしのりライジング
    更新頻度: 毎週火曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。