• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ディストピアへ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ディストピアへ

2018-05-29 12:00
     

    「小説幻冬」の『おぼっちゃまくん』がやたら好評だが、あれこそ文芸誌だから描けた作品。
    一般漫画誌では描けない。 

    すぐ抗議してくる奴らがいるし、すぐ抗議に屈するし、あらかじめ抗議が来ることを恐れて、自主規制し始める。

    誰かが傷つくという条件は絶対的な威力を発揮する。
    この世の中に誰も傷つく者がいてはいけないという異常なイデオロギーが蔓延してしまっている。

    「傷つくぞ!傷つくぞ!傷つけてはいけない!」
    「足を踏まれた者の痛みが分からないだろう!」 

    この10年、20年で、表現規制はとことん強化された。
    一般誌に描くことはストレスを溜め込むことになる。
    『おぼっちゃまくん』は「小説幻冬」だからこそ、わしの能力を十全に発揮して描けているのだ。

    「セクハラ」やら「共謀罪」やら、今後も表現の枠を縮小させていく流れは続くのだろう。

    ディストピアへ、ディストピアへ、誰も傷つかないディストピアへ。

     

     

    RSSブログ情報:https://yoshinori-kobayashi.com/15857/
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    小林よしのりライジング
    更新頻度: 毎週火曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。