• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「LGBTを巡るリベラルと保守の違い」小林よしのりライジング Vol.279
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「LGBTを巡るリベラルと保守の違い」小林よしのりライジング Vol.279

2018-08-07 22:20
  • 85
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第279号 2018.8.7発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…自民党衆院議員・杉田水脈の「LGBTは生産性がない」発言が炎上し続けている。リベラルの者たちは当然、これを猛烈に非難している。一方で保守の側は炎上に怯え、こそこそと杉田から距離を置こうとしている。LGBTに対する差別や偏見はいけないということについては、保守もリベラルもない。ただし、そこから先は保守として警戒しておかなければならないこともある。弱者至上主義になり、マイノリティの主張は何でも正しいとする「弱者真理教」に嵌ってしまう危険性を自覚せよ!
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…私の身の回りにはLGBTと言われる人々がたくさんいる。当然ながら杉田水脈の「生産性」発言には憤っている。しかしデモやパレードに参加したり、権利主張をしたりしている人というのはほとんどいない。LGBTにも様々な人がいて、それぞれの考え方がある。短絡的に「社会的弱者」として扱うことが、逆にLGBTに対する理解への妨げとなっていないだろうか?
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!法相が事件の内容を考慮して死刑執行を命令したというのは、三権分立から逸脱しているのでは?自信のない人に自信をつけてあげる方法とは?洗脳によって犯罪に手を染めてしまった人達は本当に罪を償うべき?本物のアイドルやスターが生まれないのはSNSがあるから?スポーツ選手のタレント化をどう思う?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第287回「LGBTを巡るリベラルと保守の違い」
2. しゃべらせてクリ!・第236回「灼熱の夏休み! お散歩も命がけぶぁい!の巻〈前編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第91回「マイノリティと権利と願望とエゴ」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




ab6578d287ec649d68d48f2d8f5d8f6d8afc91ee

第287回「LGBTを巡るリベラルと保守の違い」

 自民党衆院議員・杉田水脈の「LGBTは生産性がない」発言が炎上し続けている。
 リベラルの者たちは当然、これを猛烈に非難している。
 一方で保守の側は、ただ杉田から距離を置こうとしている。
 そんな中、自民党衆院議員・谷川とむが、同性愛は「趣味みたいなもの」と発言し、さらに火に油を注いだ。
 谷川は、男と女が結婚して子供を授かるのが「伝統的な家族のあり方」で、男が男だけを好きになり、女が女だけを好きになっていたら、国が滅びると発言している。
「伝統的な家族のあり方」は否定しないが、同性愛カップルがそんなに増えるはずもなく、この議員、同性愛は本人の意思でやめられると思っているようだ。
 同性愛は趣味の問題ではなく、先天的な脳の問題であり、本人の意識では、どうにもならない。
 この認識が一般に浸透し、常識となってからもう20年以上は経つというのに、未だにその知識が皆無の国会議員がいるという事実には驚くしかない。それも、ジジイならまだ仕方ないかもしれないが、谷川は42歳だというから二度びっくりである。

 生まれつき女しか愛せない女(L=レズ)、男しか愛せない男(G=ゲイ)、男も女も愛せる人(B=バイセクシャル)は、一定の割合で存在する。
 男の体に女の脳、女の体に男の脳を持つ人(T=トランスジェンダー)も、必ず一定の割合で生まれてくる。
 生物学的にそうなっているのだから、認めるしかない。
 これは保守とかリベラルとかいう観念を超えている。
 生物学的に全くやむを得ない、先天的な脳内の問題であり、それを差別したり、偏見を持ったり、その人たちが普通に抱く感情を、不道徳だと言うことはできない。

 昔はわしもそういうものとは知らなかったから、ヘンな趣味があるものだと思っていたが、もうその認識はすっかり変わっている。
 最初にはるな愛を見た時は、可愛いなあと思ったものだ。だが、その後のコミカルな挙動に失望してしまったのだが。
 最近は見なくなったが、椿姫彩菜などは元男性とは思えない美しさで、この人となら付き合えるかもと思ってしまった。それを『ゴー宣』の中で言ったら、宮崎哲弥が読んで、小林よしのりがあなたを好いてるよと本人に伝えてしまったようだ。
 そのように、すっかり綺麗な女になっている人もいるのだから、普通の男でも、気づかぬまま惚れてしまい、のちに元男性と知っても、結婚してしまうことだってあるかもしれない。
 こんなに美しいなら、出生時の性なんかどうでもいいと思えるようになり、手術して、ちんこもなく、おっぱいがついているのなら、あとは子供が生まれないということさえ覚悟すれば、それは、十分いけるかも…
 …って、LGBTに対する差別意識はもうないと言おうとして、何かヘンなことをつぶやいているようだ。

 とにかく、LGBTに対する差別や偏見はいけないということについては、保守もリベラルもない。
 ただし、そこから先は保守として警戒しておかなければならないこともある。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
小林よしのりライジング
更新頻度: 毎週火曜日
最終更新日:2018-08-14 20:15
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

他75件のコメントを表示
×
高森さんのブログ拝読しました、うーむ、正直言って伊勢崎賢治さんの主張って自民党の改憲派と完全に被る所が有ってどうにも非現実論者にしか感じないのであんまり信用性が無いと個人的には思ってます。
個別的自衛権も集団的自衛権も、国内と国際法の概念がそもそも違うし、日本の現憲法下での行使容認はアメリカに引き摺られてしまうのと、軍法会議が無いの主張には同意しますが、
他は自民や維新、希望の改憲派連中と何ら変わらない「自称独立自尊の為の改憲」にしか見えず、ハッキリ言って現実的では無いでしょうね。
これは石破茂にも言える事で、日本会議のダブルスタンダードの両翼の主張そのもので非常に信憑性が低い論陣だと思われます。
勿論二項削除は至極真っ当な改憲では有りますが、今の状況で出来るのか?所詮は自民与党案と非主流派の受け皿にしか見えない様に感じてしまいますね。
出来る事からコツコツやる山尾私案の方が余程現実的じゃ無いかな?と思わずにはいられませんね、伊勢崎賢治氏は山尾私案にかなり鶏冠に来てるみたいだから意趣返しにしか見えませぬ。
×
(こっそり…)
http://jpnews-video.com/onebyone/2018/180812/2/ 

(こそこそ…これもよしりん先生に聴いてほしい…こそこそ…)
http://jpnews-video.com/onebyone/2018/180802/8/ 

(全体主義の防波堤となるためならGo Ho)
×
しかしまあ憲法改正も現実主義が必要なんですなあ。
理想論だと居酒屋甲子園ポエム憲法になるだけだしね。
安倍改憲とかまさにそれだし
×
松岡君主演の遠山の金さんにまゆゆが出ています。
良い感じです。
×
門下生チャンネル、拝見しました。
VS門下生、合気道の話、妙に納得しておもしろかったです。
すみませんが字幕があるのも良かったです。
女子ランチ会、
レディースデイはないと困るといった、
正直でバランス感覚のある意見は勉強になります。
女性宮家のこと、跡継ぎのことも。
次回も楽しみにしています。
×
こんにチワワ!
よしりん師範のゴー宣を読みまして。

「生産性がない」発言のニュースを見て始めに思い浮かべたのは相模原事件のことでした。
杉田はもちろん、それを放置する自民党首脳も、相模原事件の犯人を批判する資格はないです、と。

エルトンの行き過ぎた権利の主張は到底看過できない自然への冒涜です。
マイノリティである宿命を受容するドルガバのほうに理があります。
科学への盲目的な過信は悲劇を生みます。
ほどほどにしいや、と言いたい。
×
>>105
ライスバーガー 様

こっそりと見ました。
良かったです。
ありがとうございました。
×
LGBTの他に、強制的異性愛というのが有るのをご存知ですか?
例え異性に興味が無くても、その異性に告白されたら付き合わなければならない。
×
今号のゴー宣を、読みました。深いですね。
自称保守もリベラルも、マイノリティに対して、何の思想もないと言うごーまんに、深く頷きました。“思想”が無いですものね。
少数者に同情するのは簡単だけど、思想を無くしては、真に少数者の為になり得ない気が致しました。

自称保守は、資本主義を保守したいだけで、ただの差別主義者、新自由主義の信奉者であるという言葉には、ハッとさせられました。まったく都合良く、保守してくれるもんですね。自分勝手に何でも保守出来てしまう。どうりで自称保守の言葉は冷たいわけだ。

ドルチエ&ガッバーナは、カッコイイと思いました☆☆☆ 分をわきまえているし、思想していますね。“私”ではなく“公”の話をしている。LGBTに対する偏見を無くさせてくれますね。
逆にエルトンは、偏見を助長させたいのでしょうか。“私”ばっかりで醜い。

そして、代理母のやり方は、生を冒涜していると気付きました。今号を読んで、思想したおかげで気付けました。
改めて、女性と子供は大切にしなければいけないと感じております。
設計主義の最たる物が代理母ですね。生命倫理が壊れる無秩序は、想像するのもおぞましい。
戦争もそうですが、無秩序に対する警戒が甘過ぎるのが人間なのでしょうか。
×
連投、失礼致します。以前、NHKのハートネットTVで、精神病棟の患者さんの写真を長年撮り続けている写真家さんの話があり、録画していたのをこの連休に見ました。こうして写真を撮るようになるまでは、患者さんに対して、恐いなどの偏見があったと正直に話していました。接してみると、自分たちと差して変わらないじゃないかと思ったと話していました。
色々な精神病棟へ通い、患者さんと話をする内に気付いたことが、長期入院している患者さんの入院期間の長さと、その人数の多さとのことでした。一般的な病院での長期入院の感覚とはケタが違い、何十年単位で、しかも、何人も居る。
そんな何人もの患者さんたちと話をしていく内に、その写真家の方は、隔離している側の自分たち一般人と、この病棟の患者さんたちでは、どちらがまともなんだろうと考えたそうです。差して変わらない同じ人間を、受け入れることなく何年も隔離し、拒絶する人間。それは、まともな人間のやることなのか。一見まともそうな人間の中にも、実はまともではない人間も、いっぱい居る。まともって何なのか。

今号のライジングで書かれていたことや、先生がたびたびおっしゃるマイノリティに対するお話に、通じる内容だと思いました。
やはり、隔離したり、人工的に手を加えようとするより、受け入れ、自然に共存していく方が、優しく幸せな人の多い世の中になりますよね。
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。