• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「新元号を巡る議論を整理する」小林よしのりライジング Vol.282
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「新元号を巡る議論を整理する」小林よしのりライジング Vol.282

2018-08-28 21:00
  • 85
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第282号 2018.8.28発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…来年4月30日の天皇陛下の退位を控え、何でもかんでも「平成最後の」という枕詞がつけられるようになってきた。そして今、「平成の次」の元号の発表の仕方について議論が起きている。政府は国民生活に混乱を生じさせないよう、皇位継承1か月前の公表を念頭に準備を進めているが、保守派は新天皇即位の当日である5月1日に公表すべきと主張している。新元号の発表時期について、どう考えるべきだろうか?
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…幻冬舎plusの連載で、ネトウヨとして活動していた人々のインタビューを行っている。先日配信した『卒ウヨして僕が気づいた4のこと』は、街頭デモに繰り出したり、ネトウヨ陰謀観に絡み取られて、むき出しの愛国心を日々ブログに綴るまでに至った“普通の会社員”による自己分析だ。この記事に対して現役のネトウヨの人々から猛抗議がやってきている。ネトウヨ珍クレームの数々をご紹介!!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!シリアで拘束されている安田純平さんは自己責任?出生前診断についてどう思う?ネトウヨの動画が削除された「BAN祭り」はアリ?システムを変えるだけでも一苦労だとしても、やはりシステムは考え続けるべきでは?いつまで経っても「厭戦感情」を煽るだけの番組ばかりで、根本的な議論がされないのはなぜ?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第290回「新元号を巡る議論を整理する」
2. しゃべらせてクリ!・第239回「しぎゃびー! 嵐の海で絶体絶命ぶぁい!の巻〈後編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第94回「ネトウヨ珍クレーム集」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




8090a94c6f7b584ea42c62378c5abfa802421773

第290回「新元号を巡る議論を整理する」

 来年4月30日の天皇陛下の退位を控え、何でもかんでも「平成最後の」という枕詞がつけられるようになってきた。
 SNSでは「平成最後の夏」というキーワードが話題になっているそうで、特に若い世代は天皇の代替わり・改元を生まれて初めて迎えるということで、元号に対する関心が高くなっているらしい。
 そして今、「平成の次」の元号の発表の仕方について議論が起きている。

 8月15日放送のTOKYO MX「モーニングCROSS」で、「新元号事前公表めぐり政府苦慮」という話題を取り上げていた。
 政府は「平成」の次の元号の公表時期について、国民生活に混乱を生じさせないよう、皇位継承1か月前の公表を念頭に準備を進めているが、保守派からは新天皇即位の当日である5月1日に公表すべきとの意見があり、安倍首相は自民党総裁選への影響を避けるため、結論を当面先送りする見込みだという。
 そこでコメンテーターの鳥越俊太郎が、今回は昭和天皇の場合と違って事前に4月30日の退位が決まっているのだから、「1か月前に事前にちゃんとやって、全ての世の中のシステムを準備するというのは、僕はアリだと思いますよ」と発言した。
 全て利便性だけで判断して、元号そのものの意味については何も考えていないという、いかにもリベラルサヨクらしい意見だが、これを受けてもう一人のコメンテーターの古谷経衡がこう言った。

「保守派が反対って書いてましたけど、生前譲位の時の有識者会議の時もカッコ保守派という人が変なことばかり言って、天皇とはこうあるべきだとか、元号とはこうあるべきだとかいうことを、この国のカッコ保守派は押しつけ過ぎなんですよ。
 鳥越さんがおっしゃったように、これはあらかじめわかっている、近代初めての生前ご譲位なわけですから、別に1か月前、2か月前でもいいわけであってね、何か『私の考える天皇』を押しつけがちなんです、変な」

 カッコ保守派、というのはカギカッコ付きの、いわゆる「保守派」、という意味だろう。わしが「自称保守派」と言うのと同じようなものだ。
 古谷は「カッコ保守派」を批判して、むしろ自分の方が本当の保守だと言いたいのかも知れないが、この発言には古谷が決して保守ではないことがはっきり表れている。
 来年の4月30日が終わるまでは、あくまでも「平成」であり、今の天皇陛下の御世なのである。
 それなのに、平成のうちに次の元号を公表するということ自体が、非常に不敬なことなのだ。
 平成はまだ終わっていない。ご譲位まであと8か月余りの間にも、まだ何が起こるかわからない。つい最近も平成最大の豪雨災害があったばかりで、陛下はおそらく現地訪問のご意向をお持ちだろう。
 そしてこの先さらに重大事が起これば、陛下が特別のおことばを発表されることだって、まだあるかもしれない。
 あくまでもこの時代は今上陛下の世であり、譲位されるまでは今上陛下がこの時代に責任を持っておられるのだ。
 今上陛下としては、この平成という時代に阪神大震災、オウム真理教事件、東日本大震災、原発事故等々ろくでもないことばかり起こり、その度に、これは自分に徳がないからではないかとお心を痛めてこられたことだろう。
 そんな中で陛下は、ご自身が始められた被災地訪問や、ご自分のテーマとされている戦地の慰霊を重ね、一生懸命苦難しつつ、今の自分の時代に責任を持とうとしておられるし、それはご譲位が完了する瞬間まで続くのである。
 それなのに今から次の元号のことを言うとは、なんと失礼なことではないか。

 そもそも元号は、1300年以上前に初めて制定された「大化」以来一貫して「天皇の元号」であり、その時の天皇が決めるものなのだ。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他75件のコメントを表示
×


中島岳志氏の文章は、過ギタ不整脈(三味線さん、後半御借りします)を精神分析をして反省を促すという感じで、大目に見ろというものでは無い感じです。まい、それで過ギタに共感している者たちを翻意させようとしているのかも知れません。

しかし、これは本人に直接、言ってやればいいものです。それに性根というのは、良くなる可能性で見てやる部分はあるものの、コンクリ詰め殺人犯が、年少ゆえに大目に見てもらいながら、再犯するように、なかなか変わらない所もあります。

分からない者に膝談判しても、時間の無駄です。過ギタは、その類にいる言動が甚だしいです。此奴に中島氏は、優しさを示すのだったら、容赦無く叩き潰すように言論で、ねじ伏せてやるべきでした。次は、絶対に当選させぬくらいにです。比例のあるけど。優しさを履き違えた論壇時評と思います。勘当してやるのが一番確実です。

焦点の掛け違いは、藤岡信勝氏が過ギタを擁護するようになるなど、小さい角度が離れて行くほど角度の大きくなるように解離の巨大になります。己も注意しないといけません。でも、そのうち同じ間違いをするだろうな。てへぺろ

体操問題では、暴力とパワハラを分けるべきです。パワハラをだしに暴力の処分軽減を求めるようなものはおかしいです。指導と暴力の違いのわからぬ者は追放でいいです。

一方、パワハラを告発されたのに、返えっし言を見ると、パワハラを白状したようなものです。話し合いでの問題です。主観と主観の問題です。なして、誤解を解くような話し方の出来無いのか。ああいう話し方をしているから、パワハラと言われるんだと思います。権力をかさにきていると見ました。この点において、パワハラ認定です。

老人が、この前代未聞の暑さの病室で、同じ時間帯に、五人も続けて逝かれました。熱中症と疑われて当然です。現場を知らないので決めつけはしません。

しかし、万有引力はリンゴの落ちて発想を得た伝説のあります。医学は、科学で実証態度が必要のはずです。現場を見ない御意見番が、そうじゃないのではないかと言ったのは、おかしいと思いました。

何より、現場の者が初めから、そうじゃないと言うのは違和感ありすぎです。容態が急変しやすかった患者もいたと現場の医者は言っていました。ならば尚更、この酷暑への対応を聞いてみたいです。

すみません、先々週あたりから体の動きません。生まれたばかりでヨタヨタした感じです。あまり報道を視ていません。全然書けなかったので、一気に書きました。事実誤認のあったら教えてください。返事は遅れるかも知れないけど、ごめんしゃい。

2週間前
×
遅ればせながら、感想を記します。

ゴーマニズム宣言・第290回「新元号を巡る議論を整理する」

以前にも記しましたが、私は一年、あるいは年度で二つの元号が存在するのは不便だと思っていましたが、南北朝時代にも別々の元号があったり、源平合戦の時にも安徳天皇とは別に後鳥羽天皇の元号が制定されたりと、「天皇」の存在が元号を左右する、というのはよくわかります。ちなみに、唯一の元日改元の「天応」も、その年の4月に光仁天皇が譲位し、桓武天皇が即位してから、翌年の8月には「延暦」に改元されています。その事例から見ても、改元にはある程度の時間と準備が必要なのか、とも思えるのですが、かと思うと、聖武天皇の天平感宝元年が僅か3ヶ月(で、その年のうちに孝謙天皇が即位して、天平勝宝元年になった、という事例もあるので、便宜性で判断してはならないのかな、と思いました。
あといちおう参考までに記すと、縁起が悪い時だけではなく、祥瑞改元、つまり吉兆の見えた時や(「天平感宝」も「天応」もそう)、十干十二支に基づいた改元もある、ということをつけ足しておきます。新天皇の即位も祥瑞であって欲しい、と願います。

泉美木蘭のトンデモ見聞録・第94回「ネトウヨ珍クレーム集」

私もあまり「ネトウヨ」という語は好きではないのだけれども、ネットを媒介として右翼的な言動をしている人たちがここまで物を考えていない、あるいは自分の都合の良いように世界を見ているのか、と驚かされました。夏目漱石の『夢十夜』に手ぬぐいが蛇になると念じる男の話や、明治の木には運慶は埋まっていないとかいうのがありましたけれども、それと同じで、信じる者は救われるとか、土台となる時代が異なっていたら、いくら同じようなことを語っていても、それは別物で、元々魂がないのだから無価値だ、ということなのでしょうか。色香に惑わされて、豚の鼻をたたきつづける羽目におちいらなければ宜しいのですが。
あと、仲間でなければ敵で、右でなければ左だときめつけるのは、中間が見えていないからで、人間は真逆なことを考えたり、極論から極論に移るのは得意でも、黒でも白でもない「灰色」の存在を想記するのは不得手なのではないか、とも思いました。山椒魚は体が大きくなりすぎて岩屋から脱出できず、蛙を巻き添えにするのですが、ネトウヨのしていることもそれと同じのように感じられました。

客観的な視座が劣っている、という意味では自分も人のことを笑えない、とも思っています。
2週間前
×
もう少しつづけます。
私は昔の故・貴ノ花のファンで、まけた時などは自分のことのように悔しがっていましたが、感情をこめられるものがあるだけ、ネトウヨは幸せなのかも知れないです。ただし、それが自分をかえるとか成長させるとか、明日へすすむための一歩にならなければ無意味なのですけれども。

トッキーさんがのべられている中島さんの論評もよんでみましたが、恐らく杉田がかくのごとき主張をするのか、原因を探ることが私たちの精神の中に内在する「差別心」や「偏見」を暴き出すことになるので重要だ、ということなのかな、と想像します。しかし、そんなのはどこかの心理学の講座でやれば良いことで、人間の感情が単純明快ではなく、自分ではどうすることもできない何かに支配されることがあるのだ、ということを念頭においた上で、では現状や現実をよくするにはどうすればいいのか、を考えてゆくべきだろうと思います。これは死刑制度についても言えることでしょう。少し抽象的な表現になってしまいましたが、自身の問題と向き合えていないものに公を語る権利はない、と思うのです。楽な方へ逃げたくなるのも人間なのだ、と言えるのですけれども。これもライジングテーマと関係があるので、述べておきます。

最後に、切通さんのブログですが、女子コンクリート犯、なぜあんなのが釈放されているのか、不思議でなりません。没義道、鬼畜です。死刑じゃなければ終身刑、去勢刑です。本日、「聲の形」という映画がTVでやっていたので、(劇場でも見ましたが)つい見入ってしまいましたが、あの主人公のような後悔や反省を、コンクリート犯もすると裁判官は思ったのでしょうか(あの映画の場合は、集団による苛めの要素、村八分、スケープゴートの内容でもあると思う。多分、ネトウヨ界にとって、「ゴー宣」とはそのようなものなのでしょう)。

少し偉そうなことを言ってみました。反省します。
それでは次号を期待します。
2週間前
×
よしりん先生のブログ、

>死に直面させることしか、そのような人物に自分を顧みる機会を与える方法はないのだ。

僕の愛読書の中で、死刑囚自身が、まったく同じ意見を言っていました。ちょっと引用すると、

~人間がその自己の真の目的に気付く潜在能力を有している。その事こそが万人に平等にある「天賦」の権利、「人権」であると思えるのです。その為のきっかけと時間を、罪を犯した者に与えてくれる死刑制度は、むしろ、非常に人道的であると思えるし、無理にその人間自身の罪悪を考えさせないようにする少年法や人権派の方が、むしろ、非常に人の道を外したものであり、その人間への「仁義」を見失っていると思うのです。~

※『死と生きる』池田晶子、陸田真志
2週間前
×
配信お疲れ様です。小林先生の「新元号を巡る議論を整理する」を拝読しました。陛下の優しさと思いやりに甘えてしまっていた自分を反省すべきだと思いました。国民の側が陛下に「忖度」させるなど、とんでもないことです。あれだけのご高齢の方をまだこき使うつもりなのかという話です。忘恩を是とするのは人でなしだけですね。利便性しか考えないならば、「生産性」発言をしている輩と根っこは同じです。和暦は生産性を損なう、グローバルな西暦に統一したほうが生産性が上がる、なんですから。

もくれんさんの「ネトウヨ珍クレーム集」のお話は、頭が悪い人達が良くない頭を働かせた見本市のようで、苦笑してしまいますね。私は常々、ネトウヨというのは自分たちが言っていることを自分たちで信じていない人達だなあと思っています。要は、無気力なニヒリストたちが、不勉強のまま、斜に構えて恰好が付く理屈に飛びついているだけではないでしょうか。サヨク全盛の時代なら、彼らは「ネトサヨ」でしたね、間違いなく。いずれにせよ、党派性だけでモノを考える人間は信用なりません。
2週間前
×
男女平等イデオロギーは怖いものです。これを拗らせる人の多くはおそらく女性で、理由は言わずもがなですが、ルサンチマンでしょう。個人的に嫌な思いをしたということを錦の御旗にして、復讐心を正義のオブラートに包んでも、私心は私心です。復讐心を物事を主張する際の核にしてはいけません。

男女平等も、他の数ある正義と同様に、時と場合により通用する、というだけのことです。
暴力はいけないということですら、正当防衛という考え方があるのですから、絶対ではない。人を平等に扱うという正義も、場合によりけりであることは、常識で考えれば分かることです。要は、ケースバイケースの思考を捨てて、感情のまま当たり散らすようでは、かえって物事は良くならないですよ、というお話です。そういうのが「イデオロギー」に嵌った人間の振る舞いなのでしょうね。
2週間前
×
SPAのゴー宣を楽しく拝見させていただきました ^-^
日本の右傾化の原因について「戦争論」などの名前はよく出てきますし、現在の言論に影響を与えたのは事実だと思うのですが、それに加えて「マンガ嫌韓流」の影響力が大きいと思ってます。私の体感としては、本格的に雰囲気が歪んだ方に偏ってきたなと思ったのは「嫌韓流」からという印象です。

「嫌韓流」はいちおう当時のベストセラーで、シリーズ公称総発行部数は100万部超えているそうですので影響がないわけがないです。あの作品を外しては現在の右傾化については語れないと思います。(もちろん嫌韓流はゴー宣の影響を受けているのですが)

当時からインターネットを利用しまくってましたが、嫌韓ブーム以前以後でネットの雰囲気がかなり変わったなと感じました。2003年頃の冬ソナブームから日本のメディアでやたらと韓国が紹介され続けてネットの中ではかなり反発が高まってきていました。それ以前から韓国叩きがなかったわけではないですが、顕著になったなのは冬ソナなどの韓流ブーム以降だったと思います。あのあたりから韓国と聞けばそれだけで叩く、日本すごい発言のような記号化したネトウヨが大勢出現した印象です。(当時ネットで絶大な影響力のあった2ちゃんねるの役割も大きかったとは思いますが)

何だかそこをすっ飛ばして戦争論が直接現在に至るみたいに語る人が多いんですが、微妙に違います。現在の右傾化には戦争論が出発点だとしても、そこに至るまでには様々な要因があったはずです。
2週間前
×
あと、ブログの「ちびまる子ちゃんには、人に嫌悪感を抱かせる要素が全くない」という部分ですが、原作は割と毒があります。(笑)絵柄がかわいいので毒のないほのぼの作家だと思われていますが、割とさくらももこ先生の本質は毒の部分で、ちびまる子ちゃんでもたまに抑えられずに狂気や毒の部分が出てきてました。笑

近作に「ちびしかくちゃん」というまる子のセルフパロディーがあるのですが、集英社のグランドジャンプという雑誌に連載中だったと思います。(秋本治先生もその雑誌で連載されています)実はさくら先生は近年はジャンプ系列の作家だったのです。笑

アマゾンの評価を見ても分かるんですが、「ちびしかくちゃん」は絵はかわいらしいですが、かなりブラックな作品です。毒全開で不快感しかないので私は全部見られなかったです。笑
2週間前
×
まあしかし陛下の献身さには本当に頭が下がりますね。一般人の皇室ヲタクとかは
自分がさも美智子皇后、雅子妃みたいに振る舞うアンポンタンがいるみたいですが
皇室という空間にいる人間にしか
分からないことを我々が体現できるわけがありませんからな。
「私は無私、公に生きているのよ!自分を勘定に入れない利他主義なのよ!」とか
を見ると失笑するしかないです。
誰かに似ていると思ったら善意の暴走族安倍昭恵でした。
こーゆう善意の押し売りを皇室と重ね合わせること自体が不敬であることを
早く気付けになりますがね。
2週間前
×
お邪魔します。
私事ですが、このところネットから離れており、この一週間の道場ブログと、今回ライジングを今頃読みました。


「ゴー宣」:「新元号を巡る議論を整理する」拝読。
このテーマを取り上げて頂き、有難うございます。

以前よしりん先生・もくれんさんブログで話題になった時に、
 自分が書いたコメントは、、、、、
・「新元号の事前公表は既定路線と認識していた。今上陛下に対して大変失礼だった。」
・「生前退位は、皇室だけで無く国民に対しても、社会の混乱を避けると言う、今上陛下のご配慮を頂いたものと捉えていた。大変甘えていた。」
・「高森先生によると、新元号の決定の際には新天皇の御許可?が必要な様なので、突然崩御された時も、生前退位時も、新たに即位される際にバタバタ改元するしか無いのではないか。」
・「各種コンピューターシステムの対応者の本音は、事前に元号を知りたいだろう。」
・「この件がきっかけで、社会の中の書類等で、元号が敬遠される様になるのなら残念だ。」
・・・・・でした。

その後、何かモヤモヤしていましたが、今回の記事を読み、元号について知らなかった事もわかり、この件について頭の中が整理出来ました。有難うございます。


しかし、この新元号の事前発表の件。大問題ですね。
このまま自民党総裁選が無事終われば、保守派に過度に配慮する必要性も薄らぐでしょう。

安倍氏は、かつての小渕官房長官の時を参考に、「新たな元号は、〇〇であります(<ドヤ)」となさりたいのではないかと想像しています。官邸も、国民への影響を最小限にする配慮をした形にしたいでしょう。

マスコミも多くの国民も、新元号の事前発表は既定路線だと思いますから、何とかならないかと思いました。


>「今の天皇陛下が結構ものわかりがいいものだから付け上がっている」
…との、よしりん先生のご指摘。
自分は恥じ入るしか有りません。申し訳有りませんでした。
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。