• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「体操競技には体罰が必要ではないか?」小林よしのりライジング Vol.284
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「体操競技には体罰が必要ではないか?」小林よしのりライジング Vol.284

2018-09-11 22:30
  • 100
72fb1ce34d59e15889f7d5df6d4dc68b237d894c
第284号 2018.9.11発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが現代社会を鋭く分析「トンデモ見聞録」や小説「わたくしの人たち」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…今度は体操界でパワハラ騒動である。今回の騒動は、まず宮川紗江選手に速見佑斗コーチが暴力を振るい、それを利用して、日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長が速見コーチを排除し、宮川選手を自分のクラブに引き抜こうと企て、その過程でパワハラがあったという構図らしい。パワハラ問題はまず横に置いておいて、そもそも暴力を振るって行うスポーツ指導は是か非かという問題について考えてみたい。
※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…従来、「あの権力者は秘密結社イルミナティの一員で、国民の家畜化を行っている」とか「王家や権力者たちで構成されるフリーメイソンが、大規模な人口削減のために疫病や人工地震を引き起こしている」というような、権力者=敵とみなす陰謀論が多かった。しかし現代では、逆に権力と結びついた陰謀論がトレンドのようである。その最先端、アメリカの現状をレポート!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!オウム事件について左翼リベラル知識人と直接対談しないの?北海道地震後に原発再稼働を主張する意見をどう思う?若者を中心にアナログ文化が復権しつつある!?仲の良い友人から「SNSで政治的な意見を書くのは止めろ」と説得された場合、どうすれば良い?心霊現象やお化けは怖いと思う?同郷として誇りに思う作家やマンガ家は?…等々、よしりんの回答や如何に!?


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第292回「体操競技には体罰が必要ではないか?」
2. しゃべらせてクリ!・第241回「怖賀リータに生産性はありましゅか?の巻〈後編〉」
3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第96回「権力と結びつく陰謀論・米国QAnon」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 編集後記




397160458203ddcca0fd3b22b941caa5ccc4e67c

第292回「体操競技には体罰が必要ではないか?」

 今度は体操界でパワハラ騒動だ。もうスポーツ界にマトモなところはないのかと思わされて、ひたすら再来年の東京オリンピックへのうんざり感が募っていく。
 今回の騒動は、まず宮川紗江選手に速見佑斗コーチが暴力を振るい、それを利用して、日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長が速見コーチを排除し、宮川選手を自分のクラブに引き抜こうと企て、その過程でパワハラがあったという構図らしい。
 だがここでわしが気になるのは、暴力を振るって行うスポーツ指導は是か非かという問題だ。

 暴力、あるいは体罰、あるいは愛のムチ、あるいはシゴキ、のような指導は、今の時代ではもう古いとされている。だが、特に体操という競技の指導においては、暴力を一切使わないことにしてしまっていいのかという疑問が湧くのだ。
 そもそも体操は、超危険な競技である。
 体操選手は、こんな無茶なことをやってていいのかと思うような競技をやっている。鉄棒から飛んで、空中で体をひねりまくり、足元がピクリとも動かないように着地するなんて尋常じゃないし、平均台の宙返りなんか、足を滑らせたら半身不随か死をも招くほどの危険性があり、見ていてハラハラしてしまう。
 ちょっとでも気のゆるみがあったら、選手は人生を終えてしまうほどの無茶な競技なのだ。
 油断したら死ぬぞということを思い知らせるためには、選手が気を抜いているようなところを見つけたら、コーチは「おまえ何をやってるんだ!」とぶん殴るくらいのことをやらなければならないのではないか。
 体罰によって、緊張感を取り戻し、集中力が高まる。体操は100%の集中力が必要な競技であり、そこまで集中力を高めるために暴力・体罰というものは役に立つとわしは思う。
 選手のことを考えたら、体操の指導で暴力を使うことを封じてはならないのではないか?

 わし自身にはあいにく暴力に対する嫌悪感ができあがっていて、妻に対しても一度も手を挙げたことはないし、絶対に人に暴力を振るいたくはないと思っている。
 それなのに、なぜ体操の指導においては暴力を肯定するのかというと、わし自身の幼少時の経験があるからだ。
 わしの父は、わしに暴力を振るってしつけをしたため、そのせいでわしは暴力を憎むようになり、決して暴力は使わないようになった。
 だがその一方で、わしは父の暴力によってストレスを感じながら、そのストレスが同時に緊張感や、集中力というものに繋がっていたように感じられるのだ。

 わしは家庭だけでなく、学校でも暴力を受けていた。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
小林よしのりライジング
更新頻度: 毎週火曜日
最終更新日:2018-09-18 20:51
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

他90件のコメントを表示
×
今日の(もう昨日か)安倍と石破のテレビ質問応答?討論なのかな、
やばかったですね。いや、酷いって意味で。
news every.とプライムニュースイブニングにも出てましたが。
報ステとNEWS23を観て、安倍の醜さがひどかった。
あんな低レベルな話にすり替えなきゃ総理続けられないなら、
自分なら絶対に総理なんかやりたくないと思いますけどね。
絶対こいつバカだ、と思われますもん。
報ステの目の泳ぎ方、あれが全てを物語ってました。

あ、あと9/12(水曜)の23時からのフジの「TOKIOカケル」に、
吉岡里帆ちゃん出てました。HDDに残ってるうちに観てください、
よしりん先生。
×
ライジングや、先生方のブログから、日本の医療制度の素晴らしさ・優秀さ・ありがたさを知る事が出来て、本当に良かったと思っています。いつでも・どこでも・だれでも、かかりたい病院へ行く事が出来る。心底、ありがたいです。病気の時は、お医者さまが神様に見えますよね。
笹先生のお身体が、早く良くなりますよう、お祈りいたします。
×
ライジングの配信、ありがとうございます。

競技によって、選手が負いうる危険性は変わります。
体罰に対する許容度も、競技ごとの危険性と比較して判断するべきだと思います。
体操の他にも、格闘技などは、緊張感を持たせるために、ビンタや突き飛ばし位はアリではないでしょうか。

体罰を前向きに活かすためには、選手の主体性、そして選手と指導者との信頼関係が不可欠です。
それがあれば、体罰の目的が、緊張感を持つことによる安全の確保と技術向上のためだと選手は認識できるでしょう。
体罰が否定的に扱われる背景には、体罰自体による事故の危険性と、恐怖心を植え付けられることが挙げられますが、後者については、これによって乗り越えられます。
前者については、記事に書かれている通り、指導者の技量が求められます。
両方の観点から、指導者が感情に任せて振るう暴力などは論外です。

緊張感を持たせるために、体に刺激を与えることは、現代においても有効だと思います。
日常生活でも、集中しなければと頭では思っていても、気持ちがついてこれないことはあります。
そうしたときには、自分で顔に水をかけたり、頬をひっぱたく位のことは、誰でもやったことがあるでしょう。
緊張感は、突き詰めれば、死を意識することで初めて得られるものだと思います。
何らの刺激を知覚することもなく、頭の中での意識付けだけで緊張感を得るのも、無理な話だと思います。
また、頭の中だけでどうにかしようとするからこそ、思考や行動がおかしな方向に行ってしまうのではないでしょうか。


トンデモ見聞録では、アメリカの陰謀論者集団・QAnonを取り上げていただきました。
スウェーデンでも、先頃の国政選挙で、極右政党が躍進したと聞きます。
世界的に、排他的な空気が醸成されていっているように感じます。

新自由主義社会での厳しい生存競争の中で、他人のことを考えていられなくなると、「俺はもっと報われるべきだ」と自己中心的な考えを抱いてしまい、強権的で現状を打破してくれそうな政治家に飛びついてしまう様子が想像されます。

グローバリズムによる格差の拡大、政治の混沌、AIやデータ利用の深化による社会システムの激変、日本においては人口減少に伴う諸々の問題。それらによって、人心の動揺は今後ますます増大していきます。
その中で、自分がこのような視野狭窄に陥らないためにも、意識的に社会の様々な人達に関心を寄せていきたいと思います。
そして、自分の生活環境によって多少損な役に回されたとしても、宿命と受け止めて、周りの人達と共に生きる意識を磨いていきたいと思います。(身障者やLGBT等の少数者のことを思えば、宿命というのも馬鹿らしいことです。)
×
こんにチワワ!
よしりん師範のゴー宣を読みまして。

今年はアマチュアスポーツ界のパワハラ問題がこれでもかと噴出していますね。
しかし(スポーツに限らず)指導にはある程度の強制力は必要なわけで、すべてを一緒くたにパワハラと糾弾するわけにはいかないと思います。グラデーション、ですね。
指導の一環としての暴力についても同じ。

テレビで取り上げられている各種騒動については「パワハラ・暴力絶対反対!!」という視点で切り取られがちなので、どれがOKでどれがNGという判断はなかなか難しいのですが、
少なくとも全OK、全NGという二択では片付けられないです。
×
こんにチワワ!
もくれん師匠のトンデモ見聞録を読みまして。

QAnon、やりすぎコージーの見過ぎでないかい?
「信じるか信じないかはあなた次第」って言われて信じちゃうなんてウブですね〜。
ネタとしてはおもろいけど。

現役ネトウヨのインタビューは是非やって欲しいな。
×
アベには呆れる。
そもそも権力を持っている間はどれほど親しい友人であっても距離を置く、という話をしてるのに「ゴルフは駄目で、テニスはいいのか、将棋はいいのか」って…
やっぱり公職に就いてはいけない人だよ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000007-asahi-pol
×
もう少しだけお邪魔します。
トッキーさんのコンテンツ問題で(先の西崎義展と松本零士の話もそのことを踏まえたつもりでしたが)、前々回のコメントで「夢十夜」の話を書いたのを思い出しました。六夜目で、明治の木には運慶は埋まっていないというくだり、つまり、どれだけ上手に仏像を掘り出そうとしても、土台となっている時代などが異なってしまったら、運慶の仁王像は掘り出せないということで、中身とコンテンツの違い、とはこんなものなんじゃないかと。パンケーキとホットケーキの問題にもあてはまりそうですし、ネトウヨがいくら過去の美しい日本を幻想として抱いていても、昭和や平成の木の中には初めから存在しないのではないか(明治の段階で夏目漱石が鎌倉時代の伝統があるか否かと疑問視している位だから)。
蛇足だと思いますが、あげておきます。

笹さんの病状、軽くとらえすぎてました。お詫びするとともに、一日もはやい恢復を願います。

よしりん先生の「孫」の話、感動しました。こうして受け継がれてゆくものの中に、「コンテンツ」ではない「中身」が生まれてゆくのだと思いました。

それでは次号を期待します。
×
日本全国各地に先生の子供と孫がいるのでしょうね
\(^o^)/
このお便り、ジーンときてしまいました
(ノ_・。)
瞳をキラキラさせた子供さん達の顔が目に浮かびます。
目~イッちゃってるQAnon夫婦とは大違いです!!
(°▽°)
×
オドレら正気か?
めちゃめちゃ面白かったです!
(σ≧▽≦)σ
ネトウヨには嫉妬すら覚えましたよ…
オモロ過ぎる!凡人の私には思い付かない…
悔しい(≧口≦)ノ

体罰については、ニセただしさんと少しかぶってしまいます。小学3年の時の担任が25歳の女性でしたが、とても厳しくて給食を残すとみんなの前に出されてお尻を靴で叩かれました…
しかも…生ケツ(*/□\*)
途中産休に入ったのですが、生徒一人一人が先生に贈り物をしていたくらい、生徒には好かれていました。心の傷にもなっていません。どう考えてもやり過ぎですが、大人になってから先生と再会した時謝られました。
先生のお父様が厳しい方だったそうで、厳しさが愛情だと思っていたと言っていました。
生ゲツ靴叩きはやり過ぎですけどね~
f(^ー^;
ほとんどの生徒は顔を下に向いて見ないようにしてくれてましたけど、数人は身を乗り出していました。中には見ないふりしてコッソリ見てたムッツリな人もいたかもしれませんね…
カ○ー○んべ○さんのような…
((((;゜Д゜)))
×


礼儀として書きます。本号のライジングで、よしりん先生は、暴力に嫌悪感を持ち、非道な暴力はいけないとする『原則』を説いた上で、危険な競技には、理性的な指導として体罰が必要ではないかと言う『多様性』を説かれました。己は、これに賛同します。
(多様性も、ひとつの原則です。)

己は >>83 で、先生の言う『原則』の「危険性」を だらだらと強調して書きました。強調して書いたがゆえに『多様性』を否定するものとして受け取られた人もいるようです。しかし『多様性』を否定するもので無いと明言してあります。

問題は、次を書いた所です。

>>83
『無頭脳な指導者は、己の思い込みと、己の狭過ぎる経験だけを絶対にします 。そして、過ギタ事をしても、下賤に限って己の無能、低脳、無知に気付きません。優れた選手が、優れた指導者である法則は無いです。

暴力を受けた利点を挙げる人が必ずおります。しかし、運命(注 因果律、宿善)の結果でしかありません。個人の気根と時と場合によって利点も欠点も入れ替わります。結果が欠点の場合、身体的、精神的損失が生じます。この場合は、人生を台無しにする可能性があります。』

よしりん先生も、不快な体罰、暴力を子の時に受けた事が、後の利点に繋がったとライジングに記してあります。つまり己は、よしりん先生を間接的に無頭脳、下賤、呼ばわりした事になります。

言い訳をすれば、戸塚宏のような者がゴロゴロいる以上、あのように書くしかありませんでした。よしりん先生の言は、微塵も対象にしていませんでした。先生の主旨を分かるからです。

しかし、この言い訳は、>>83 で書きたくありませんでした。文字通り、言い訳がましいからです。それに己も「狭過ぎる経験だけを」元にして理屈を道理じみて書いたので、読み取って頂けると信じていたからです。

一方、もしかしたら、トッキーさんに、口汚くコメント欄で罵られ、先生が奥さんを罵倒したようにブログで叩きのめされるのを覚悟していました。

けれども、読み取って頂けたか、単なる薄バカとして気にも留めなかったか、上のような事はありませんでした。無礼を御詫びしつつ、御礼?申し上げます。読み取って頂けたとしたら、信じてよかったです。

また、蛇足として腹蔵無く甘えて申します。

確かに毒と嫌悪感は違います。これを前提として「あの人の口は毒毒しくて非常に嫌で気に喰わない。」と言う時。毒と嫌悪感は繋がるものとも言えます。ですから、ニュアンス使いのすれ違いで、コメント欄を去ると言った人がいたのは残念です。コメントを続けてもいいと思います。

もう一つ加えます。
いじめや、閉鎖された空間で暴行死、自殺者が出ても、公僕は調査検証公開共有対策の大事よりも、賠償に到れば、己の奉公する自治体が吹っ飛んで、己は職を失う事や、己の責任から逃れる保身の念を第一にする事が、ほとんどです。また、関係ない部署でも、不正を把握しながら見て見ぬ振りをして、苦しんでいる納税者を助け無い公僕もいます。

一概に責める気は無いです。これを言う己も、家族と生活を天秤にかけてしまいます。貧乏暇無しなら尚更です。しかし、服務の宣誓をして税金を食い扶持にしている以上、それを直接言う事は元より、やってはならない事と思います。里が知れてしまいます。今では全国が、そうなってしまっておりますが。納税者の苦しみよりも、公僕の生活が優先される道理は無しです。

大川小の津波避難誘導過失のように、控訴審まで賠償金を上乗せさせられながら、最高裁に上告する暴挙など、とても不可能です。公務員の人には反感を持たれるかも知れません、しかし、理解して頂きたいと思います。

もっと遅くに投稿しようと用意していましたが、更新されてしまう時間帯になってしまう確率が高くなりました。早目に投稿しておきます。

コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。