• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 品行方正、小物の国・日本

    2018-04-26 13:003時間前
     

    林芳正大臣はなかなか頭のいい能力のある政治家だ。
    馬鹿な政治家がいっぱいいるから、そういう奴なら叩いてもいいが、林芳正は別だ。

    週刊文春がまた誤爆して、いかがわしいヨガ教室に行ったみたいに書いてるが、美人のインストラクターがいるというだけじゃないか。

    近頃、政権批判のために、「品行方正か否か?」まで攻撃の材料に使う風潮が不愉快でしょうがない。

    確かに現政権も、前川前次官の出会い系バー通いを非難していたから、ブーメランと言えばそうなんだが、セクシーヨガだろうが、出会い系バーだろうが、セクハラ気味の言葉遊びだろうが、能力のある人材を潰すのは国家にとっての損失だ。

    わしに暇があったら、林芳正が通っているヨガ教室には行ってみたい。
    毎日5時間睡眠で、机にしがみついて、仕事ばっかりしていると、背中と足が痛くてたまらない。
    月に数回、近くの街まで打ち合わせのために歩いて出掛けるのだが、そのたびに後ろから抜かれていくので、足がどんどん弱っていくのを自覚する。

    エコノミー症候群のように、足がだるくて痛いから、マッサージしてくれる女が欲しいと思ってしまう。
    どうせそんな暇はないのだが。
    妻にやってもらえばとか思うだろうが、マッサージは体力が要るから無理だ。
    やっぱり若い女じゃないとね。 

    林芳正が通ってる店は美人ばかりで個室でやってくれるそうで、人の目を気にしなくて良さそうだから行きたい。
    でもどうせ無理。
    少しでも時間ができたら映画を見に行きたいし。 

    言いたいことは才能や能力のある男を、品行方正な小市民に堕落させる運動を止めろということだ。
    『大東亜論』を読め!
    小市民ではない男たちが天下国家のために戦う時代があったのだ。

    品行方正・推進雑誌「週刊文春・週刊新潮」に感化されて、日本をこれ以上「小物の国」にされたら、大国に呑み込まれて奴隷として生きるしかなくなる。
    本当に嫌だ!

     

     

  • スタッフと担当編集者に状況報告

    2018-04-25 23:0017時間前
     

    FLASH」『よしりん辻説法』のコンテを上げた。
    これは決定版だ。
    エネルギー注入しすぎて、もうクタクタになった。
    スケジュール表を見たら、再来週の8日が締め切りで、10日に2本のペン入れがあるので、大急ぎでペン入れしないと間に合わない。
    わしは土曜にペン入れをするので、ポカQ、準備を頼む。

    今から「小説幻冬」『おぼっちゃまくん』のペン入れを始める。

    明後日27日が「SPA!」『ゴーマニズム宣言』第5章の締め切りだが、宇都くん、原稿コピーはまだか?
    6章のネタが決まってないので焦る。

     

     

  • 論理的な意見を歓迎する

    2018-04-25 14:001
     

    昨日のライジング配信以後、賛成にしろ、反対にしろ、コメント欄に感情でなく、論理で書いてくる者が圧倒的に増えて、わしはすごく好感を持った。
    なんだ、みんな頭いいな。 

    反対意見の中で、なるほどと思ったのは、「記者だけでなく、顧客と関係を作る必要がある仕事すべてに女性がセクハラに合う危険性がある」という意見だ。
    「他社との競争がある以上、企業は男の権力者と関係を作るために女性を活用することは仕方がないし、今後も変わらない。会社のやり方が変わらない以上、男の側が変わっていくしかない」と投稿者は言う。

    男の意識を変えるための生け贄に、福田事務次官がなればいいという意見だが、わしは生け贄論は野蛮だと思う。
    なにしろ被害者が現れないし、被害者がいるのかどうかも分からない。
    週刊新潮とテレビ朝日って、そんなに信用度が高いのか?
    Me too」と名乗り出た人はいないのだ! 

    セクハラをなくすために、システムを変えるか、男の意識を変えるか?という選択ならば、システムを選ぶ。
    企業が女性をくノ一で使うシステムを止めさせなければならないのだ。

    わしも男の意識・脳内を変えて、セクハラをなくすという努力はしている。
    だから「Me too」運動にも賛成だと表明し、作品にもずっと描いてきた。

    だが、男の脳内はロボトミー手術でもしなければ、そう簡単には変わらない。
    わし自身が男尊女卑の風土で育って、60過ぎてやっと女性蔑視の社会に腹が立つようになってきた。
    ところが国会議員・官僚からネトウヨまで、女性蔑視を平然とやっているのは、わしより年下の男どもが膨大にいるのだ。

    そしてジャーナリストにはやはり「覚悟」が要る。
    誰かが書いてたが、週刊文春の記者のように、他人のプライバシーを暴きながら、自分のプライバシーだけは組織に隠れて守るという態度は、卑怯と言うしかない。

    欧米では、名乗り出て「Me too」と言っているのに、日本では組織に隠れて名乗り出ない。
    やっぱり日本の女性記者なんて美貌だけで会社に利用されてる「個」がないパーチクリンに過ぎないのだ。

    「自分が志望した業界はジャーナリズムである。」
    「社会正義を達成しなければならない使命がある。」
    そう考える記者ならば、森友・加計学園の取材に行って、突如、取材目的をセクハラに変更し、隠し録音をして、他社に持って行って、発表させるなんて、デタラメな行動をするはずがない。

    わしはそんな女性記者には全然、感情移入できないのである。