• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 『おぼっちゃまくん』毎月連載、決定!

    2018-01-22 18:3014時間前1
     

    スタッフ諸君に告ぐ。

    『おぼっちゃまくん』を某小説誌に毎月16pで連載することになった。

    詳しいことは編集長に会って、報告する。

    わしは来週にでも第一話のコンテを描き始める。

     

     

  • 「安倍向け安倍」になびかない

    2018-01-22 14:3018時間前1
     

    『よしりん辻説法』のコンテを完成させた。
    担当りか坊が38度の高熱なので、わしにうつることを警戒して、打ち合わせを延期したいそうだ。
    りか坊は風邪ひいた報告に「恥ずかしながら」と書いているのが旧日本兵みたいでえらい。
    完治してから打ち合わせに来てほしい。 

    今日から『大東亜論』のコンテを始める。
    SAPIO」は日本人に「反日」のレッテルを貼って、バッシングしてるらしく、左方面から批判されている。
    「右向け右」しか雑誌が売れなくなってるから、仕方がないのだろう。
    わしは自分の漫画しか読まないから知らん。 

    そういえば「新潮45」も「安倍向け安倍」になったようだ。
    わしは適菜収の「安倍批判」が好きなのに、今はどうなってるのだろう?

    メディアやジャーナリストが権力になびくのを仕方がないとする風潮を、わしは座視できない。
    ネットの影響で人々が感情まで劣化した現状で、言論やジャーナリズムはより敏感に権力のチェック機能を果たすべきだとわしは思っている。

    「安倍向け安倍」が商売上、得なのは分かっている。
    「安倍向け安倍」ならケント・ギルバードや百田尚樹など、どんなフェイク本でも売れるのだから。
    そこをどう突破するかが、創作者・表現者の意義の見せどころだろう。

    そんな中で「SPA!」が「右向け右」にも「安倍向け安倍」にもならずに、相変わらず価値相対主義でやっている。
    「安倍向け安倍」にならずに商売できてるのは立派だ。
    社会が権力になびくようになったとき、全体主義化してきたときは、この価値相対主義が有効に働く。
    かつてはオウム真理教と、オウムに命を狙われているわしを、価値相対主義に晒したから怒って出て行ったが、今は権力になびかぬ態度がジャーナリズムとして平衡を保っている。

    商売のために「安倍向け安倍」になることは、わしは絶対にない。
    現状を受け入れたら表現者としての自分の意味がなくなってしまう。
    あくまでも商売で突破することが自分の存在意義なのだ。

     

     

  • 虎屋の饅頭をゲットせよ!

    2018-01-22 14:3018時間前1
     

    第69回「ゴー宣道場」の応募締め切りが、明後日、24日(水曜)に迫った。

    2月4日(日曜)、14時から開催する「ゴー宣道場」のテーマは、『憲法9条の命運』である。
    特別ゲストは慶應義塾大学法学部教授・駒村圭吾氏である。
    いよいよ本格的な憲法学者の登場となる。

    今年最初の「ゴー宣道場」を祝い、そして「立憲的改憲」シリーズの開始を記念して、「ゴー宣道場」特製の虎屋の紅白饅頭を20名にプレゼントすることになった。

    「あの饅頭を食いたい」という身内からの要望が多いので、久しぶりに注文した。
    当日虎屋から「ゴー宣道場」の焼き印入り紅白饅頭を配送してくれるので、身内が取り過ぎないよう配慮してほしい。

    憲法の議論だからといって、決して難しいお勉強会にはならない。
    笑いも交えた画期的な議論となるだろう。
    今すぐ応募しよう!

     

    ↓ 「ゴー宣道場」参加ご応募は下の画像リンクからどうぞ!

    link-pic4