• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

小林よしのりチャンネル

次回放送予定をお待ちください。

小林よしのりライジング

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!

小林よしのり(漫画家)

  • 「アクセス数至上主義と広告代理店」小林よしのりライジング Vol.255

     前回は「Yahoo!ひとり勝ちの弊害」として、人々がネットに接続した際に最初に見る「ポータルサイト」が情報配信を握っていること、新聞社が記事制作の下請け状態になり、価値基準が崩壊していくことを書いた。  ネットメディアは広告収入で運営しているから、アクセス数至上主義になり、ヤフー・ニュースなどでは、差別や排外主義、ヘイトスピーチの温床、助長につながるコメント欄も放置されてきた。 ■排外主義を迎え入れるアクセス数至上主義   ヤフー・ニュースは、月間12万件の記事を配信しており、月間150億PV(ページビュー)。そのうち、コメント欄のPVは、ヤフー・ニュース全体の13%を占めている という。  ヤフーがすべて悪いと言いたいわけではないが、やはりネットのなかで膨大な集客力、巨大な影響力を持つようになった以上は、一定の責任を負うべき状況になっていると考えるべきだろう。  ヤフー・ニュースのコメント欄に書き込まれる内容については、立教大学の木村正教授(ネットワーク社会論)とヤフー・ニュースが共同で分析を行っている。  2017年4月28日に発表されたレポートでは、コメント欄に頻出する言葉は、1位から順...

    20時間前

    • 32 コメント
  • 「無知に媚びる民主主義という病い」小林よしのりライジング Vol.254

     民主主義が人類の歴史上に初めて登場したのは、古代ギリシアの都市国家(ポリス)においてだった。  市民たちは「民会」に参加して、公的な問題の対処を自ら決定した。   ただし、「市民」とは「戦士」のことである。   兵役に就く者だけが議論に参加する事ができ、周辺の他国と戦うか否かといった問題を直接民主政で決めていたのだ。   命を懸けて共同体を守る覚悟を持っている者だけが、民主主義を行使できる。  女・子供・奴隷などは「市民」とは認められていなかった。自らの所属する共同体・国を守る覚悟がなく、いざとなったら逃げるという者は「奴隷」の身分に置かれ、議論の場から排除されるのは当然のことである。  これが、民主主義の起源における原則なのである。   近代国家の始まりであるフランス革命でも、徴兵制によって国民をつくったのである。  ウーマンラッシュアワーの村本は、 「侵略されても戦わない。山の中でもドブの中でも逃げまわる」 と公言した。  つまり村本は正真正銘の奴隷であり、そもそも議論に加わる資格など持っていないのだ。  そんな人物を、国のことについて議論しようという「朝まで生テ...

    2018-01-16

    • 195 コメント
  • 「個と公、覚悟なき私人主義」小林よしのりライジング Vol.253

     わしがウーマンラッシュアワーの村本という芸人を最初に見たのはテレビの「すべらない話」だったが、自分のツイッターの炎上話をしていて、さっぱり面白くなかった。  トッキーから聞いた話によると、その番組では必ず話の最後に押される「すべらない話・認定印」が村本の話の一つにはついに押されず、番組史上初の「すべった話」として語り草になったらしい。  そんなわけで、お笑い芸人としてはぱっとしない印象だったのだが、いつの間にか「朝まで生テレビ」に出てきたものだから驚いた。 「よしもと」の芸人が最近、ワイドショーのコメンテーターに次々出てくるが、多分、人数をかかえすぎて、芸人の活躍の場を開拓しているのだろうと、わしは推測する。それにしても天下国家を論じる論客の分野までもお笑い芸人が出てくるのはどうなんだろう?安易すぎないか?  その「朝生」での発言がまたつまらないもので、自分の弟が自衛官で、弟に戦争に行ってほしくないから戦争反対なんていう論調なのだ。  村本はやたらと自分の弟が自衛官であるということをひけらかし、利用するのだが、まずそれがおかしい。  自衛官は入隊時に宣誓文に署名をしなけれ...

    2018-01-09

    • 174 コメント
  • 「醜い国・日本の権威主義と忖度」小林よしのりライジング Vol.252

     先週は 「政治体制としての権威主義に堕した国民」 と題して書いたが、この問題は現在の日本にかなり根深く浸透してしまっているので、今回も引き続いて掘り下げていこう。  先日、松本人志が「ワイドナショー」(フジテレビ)で共演している指原莉乃、古市憲寿、東野幸治と共に、安倍晋三と焼肉会食をしたことが報じられ、話題になった。  古市はツイッターで、 「単純に安倍さん出演回の番組出演者で打ち上げに行きましょうという話が、今月まで延び延びになっていただけ」 と苦しい言い訳をしたが、安倍がワイドナショーに出演したのは昨年5月1日で、もう1年7か月も前のことだ。  たった1度安倍が出た回の「打ち上げ」の話など、実現しないまま1年半も経ったら立ち消えになるのが普通だろう。それをわざわざ実行したこと自体、安倍と松本・古市らの関係が普通じゃないほどズブズブベッタリだということの証明以外の何者でもない。  そもそも安倍が出たワイドナショーは露骨な安倍ヨイショ番組だったし、松本はその後、安倍政権を擁護する発言を繰り返しており、完全に安倍シンパの感覚になっているではないか。  こんなふうに、芸能人などが権力に...

    2017-12-26

    • 299 コメント
  • 「政治体制としての権威主義に堕した国民」小林よしのりライジング Vol.251

     朝日新聞13日夕刊に載った、塩倉裕編集委員による論壇時評「(回顧2017)論壇 忍び寄る権威主義に危機感」は、興味深い記事だった。 「忍び寄る権威主義」とは何か?  そもそも「権威主義」とは、わしが『ゴーマニズム宣言』のスタート時から一貫して批判してきたものである。   権威と権威主義は違う。天皇のように、本当の権威(普遍的な秩序と信頼の要)は必要である。   それに対して権威主義とは、権威とされたもの(普遍性がなく信頼性も怪しい)を絶対視し、盲従することをいう。  形骸化した権威や、単なる権力に対しては「王様は裸だ!」と言わなければならないのだ。  最初の『ゴー宣』の単行本の帯には「権威よ死ね!!」と書かれていた。編集者が考えたコピーだが、これはあくまでも「権威主義」はダメだという意味で使ったのである。  記事ではまず、「世界」2月号に掲載されたロベルト・ステファン・フォアらの論考を紹介する。  北米や西欧の成熟した民主主義国で、民主主義に代わる政治体制としての「権威主義」の支持に前向きな市民が増え、「軍による統治がよい」「議会や選挙を顧みない強いリーダーが望ましい」と考え...

    2017-12-19

    • 127 コメント

漫画家 小林よしのり:プロフィール

小林よしのり公式サイト
ゴー宣道場ホームページ

新刊情報

「ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論・第三部『明治日本を作った男達』」
「ゴーマニズム宣言SPECIAL『天皇論 平成29年』」
『素晴らしき哉、常識!』
「おぼっちゃまくん傑作選①」

2018/01/23 17:57

「アクセス数至上主義と広告代理店」小林よしのりライジング Vol.255

公式Webマガジン「小林よしのりライジング Vol.255」『アクセス数至上主義と広告代理店』を配信しました!!【今週のお知らせ】※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…前回は「Yahoo!ひとり勝ちの弊害」やネットの「アクセス数至上主義」の問題を取り上げた。ネットメディアは広告収入で運営しているから、アクセス数至上主義になり、ヤフー・ニュースなどでは、差別や排外主義、ヘイトスピーチの温床、助長につながるコメント欄も放置されている。今回は「アクセス数至上主義」に絡む広告代理店の問題について考察しよう!※「ゴーマニズム宣言」…ウーマンラッシュアワーの村本なんてどうでもいいのだが、今なおそんなのを擁護している知識人がいて、むしろそっちの方が問題である。宮台真司(社会学者・首都大学東京教授)はなんと村本のことを「ソクラテスそのもの」とまで絶賛した。宮台はソクラテスの「無知の知」の意味を全然理解していないのだ!※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!自分の考え方や生き方などを批判された時に怯んでしまうのはなぜ?もし娘が危険な職に就きたいと言ったらどうする?糖質制限をどう思う?安倍政権が外遊先で北朝鮮の脅威を煽る理由は?組織の中で有能な人物がパワハラをしていた場合はどうすべき?憲法改正よりも喫緊の最重要課題があるのでは?小室哲哉氏の引退会見を批判する人間がいるのはなぜ?…等々、よしりんの回答や如何に!?

2018/01/20 20:11

よしりん・もくれんの オドレら正気か?#9 「2017年を振り返る!」動画配信!

小林よしのりチャンネル2017年12月21日の生放送番組のアーカイブ動画をアップしました!
小林よしのりライジング読者による年末企画「ライジング版流行語大賞」と「今年の出来事」を基に、2017年を振り返る。
あまりにも予想外の、多くのことがありすぎた1年。ゴー宣道場にとっても、最大の試練に見舞われたと言うべき年となった。
まだ、安心はできないと言いつつも、憲法を巡る次の戦いはもう始まっている! 2018年はまさに正念場になる!

2018/01/16 16:58

「無知に媚びる民主主義という病い」小林よしのりライジング Vol.254

公式Webマガジン「小林よしのりライジング Vol.254」『無知に媚びる民主主義という病い』を配信しました!!【今週のお知らせ】※「ゴーマニズム宣言」…民主主義が人類史上に初めて登場した古代ギリシアの都市国家(ポリス)においては、兵役に就く者だけが議論に参加する事ができた。しかし現代日本では「侵略されても戦わない」「ただ逃げる」「国を占領され、自由を奪われて、奴隷になってもいい」等と言う者が天下国家を語っている。何故、そのような覚悟のない幼児並みの駄々っ子を議論の場に出し、持ち上げる者がいるのか?※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…多種多様なフェイクニュース、誤訳した海外ニュースをSNSを通してネット上にばらまいているロシア政府系の通信社「SPUTNIK(スプートニク)」。AI暴走事件の真相とは!?そもそも、なぜフェイクニュースがこれほど蔓延することになったのか?既存メディアとの関わりに潜む問題点等を徹底考察!※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!地方の名産品を“お取り寄せ”することはある?よしりん企画スタッフのデザインは変わらないの?北朝鮮への経済制裁には何の意味がある?なぜ日本では性犯罪対策に本腰を入れないのか?欧米人の「個」と日本人の「個」は何が違う?落語家の笑福亭鶴瓶は好き?…等々、よしりんの回答や如何に!?