• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

小林よしのりチャンネル

小林よしのりライジング

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!

小林よしのり(漫画家)

  • 「犯罪と親の責任 悪魔を誰が育てたか?」小林よしのりライジング Vol.273

     6月9日、神奈川県内を走行中の東海道新幹線のぞみの車内で、乗客3人が殺傷される事件が起きた。  犯人の22歳男性は日頃から 「俺なんて価値のない人間だ。自殺したい」 と話していて、 「誰でもいい」 から人を殺そうと、なたとナイフを買い込んで新幹線に乗り込んだ。  そして隣席の20代女性に無言でいきなり切りつけ、さらに通路を挟んで左隣の席にいた別の20代女性にも切りつけた。  それを二つ後ろの席に座っていた38歳の会社員・ 梅田耕太郎 さんが制止してもみ合いになり、女性二人はその隙に逃げて軽傷で済んだ。  だが、梅田さんは殺害されてしまった。  警官が車内に突入した時、犯人は梅田さんに馬乗りになり、なおも無言で切りつけ続けていたといい、梅田さんは首に致命傷と見られる長く深い傷があった他、数十カ所もの傷があったという。   自分の命を犠牲にして、若い女性二人を含む多くの乗客を救った梅田耕太郎さんの名は、英雄として末永く顕彰しなければならない。  一方で、この卑劣な犯人は絶対に死刑にすべきだ。殺されたのが一人だけだから死刑を回避するなんてことはあってはいけない。この事件の裁判だったら、わし...

    5日前

    • 102 コメント
  • 「水着審査をなくすミス・アメリカ」小林よしのりライジング号外

     ミス・アメリカが水着審査を止めるそうだ。  その上、イブニングガウンの審査も止めるそうだ。  これを聞いて、瞬間的に 「馬鹿馬鹿しい。そんなものを誰が見るか!」 と思わない男がいるのだろうか?  イデオロギーとしてのフェミニズムに嵌った偽善者ならば、おのれの性的欲求を押し隠して、 「水着審査はセクハラだ―――!」 と叫ぶのかもしれない。  人間の煩悩を断ち切った禅僧のような男なら、 「水着は見たくありませぬ」 と無表情で言えるのかもしれない。  わしはセクハラは嫌いだし、やることもない。イデオロギー抜きでわしは「フェミニスト」だと自認しているし、その手前で「紳士的でありたい」と思っている男ではある。   だが一生、性欲を葬れそうにない煩悩まみれの男でもあるから、「水着審査をなくす」という「設計主義的」な流れには、不快感100%になるのである。    ミス・アメリカは1921年に第1回大会が開かれた、米国を代表するミスコンテストであり、世界で初めて水着審査を導入したミスコンともいわれる。  その主催団体、ミス・アメリカ機構が5日、公式サイトやSNSで、水着審査を廃止することを発表した...

    2018-06-12

    • 149 コメント
  • 「『謝ったら死ぬ病気』に罹るな!」小林よしのりライジング Vol.272

    第279回「『謝ったら死ぬ病気』に罹るな!」  自分の発言の誤りが判明しても、絶対に認めない人がいる。  その極みが、 安倍晋三 だ。  安倍は加計学園の獣医学部新設計画を 「2017年1月20日」 に知ったと言い続けてきたが、愛媛県から、 「2015年2月」 に安倍が加計孝太郎と面会して 「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」 と言ったとする文書が出てきた。  これはもう動かぬ証拠というしかないものであるが、しかし安倍は、以前の発言は誤りだったとは決して言わない。  愛媛県がわざわざ虚偽文書を作成する理由など全くない。  加計学園が愛媛県に嘘の報告をしたのであれば、加計が安倍の名を勝手に悪用したことになるから、安倍は森友問題で籠池泰典前理事長に対して言ったように、加計にも「詐欺師」と言わなければおかしい。  どう見てもつじつまが合わないのに、安倍は決して誤りを認めない。  日大アメフト部前監督の 内田正人 も同じだ。  問題の場面の映像がはっきり残っていて、しかも試合直後の取材に対して 「内田がやれって言った、でいいじゃないですか」 と、自分の指示であることを認める音声まであるのに、わ...

    2018-06-05

    • 119 コメント
  • 「飲み屋潰しのセクハラ糾弾に言っとく!」小林よしのりライジング Vol.271

      《お酒を飲みながらの会話は、重篤なセクシャルハラスメントを引き起こし、社会的制裁を受ける可能性があります》  缶ビールやチューハイに、こんな警告表示が義務付けられたら――。  5月16日の朝日新聞オピニオン欄に、「セクハラ許す日本の謎」と題する巨大なセクハラ糾弾キャンペーンが繰り広げられた。このなかで、企業広告の効果測定やチェックを行うビデオリサーチ社の「ひと研究所」から研究員の村田玲子という人が登場し、テレビコマーシャルや番組、企業広告に対する所感を述べている。  研究所では、企業やテレビ局の依頼を受けて、CMや番組に不快な表現が含まれていないかのチェックを行っており、たとえば視聴者から 「女性のくちびるを映した映像がアップになりすぎていて不快な印象を持つ」 などの声があれば、それを企業側に届けるという。  企業はいまやネットでの炎上対策に保険をかけるほど神経を尖らせているから、くちびるのサイズひとつにもビクビクしている状態なのだろう。     保険会社も「ネット炎上対応保険商品」を販売している時代…。  しかし、女性のくちびるがアップになりすぎているって、資生堂か...

    2018-05-22

    • 201 コメント
  • 「フランスのセクハラ罪を知っているか?」小林よしのりライジング Vol.270

     麻生太郎氏の「セクハラ罪はない」発言に対する攻撃が止まない。  麻生の発言がいつも大雑把なことくらい、誰でも知っている。中には擁護のしようがない暴言もあっただろうが、基本的に男っぽい美学と茶目っ気もあるキャラクターを持っているので、わしは人格として嫌いではない。  かつて京都で芸者の踊りを見ながら、酒を飲んだこともある。  アルファベット英語で堂々と外国人とおしゃべりする豪胆さは大したものだなと思う。  安倍晋三の下で働いているから、損をしているなとわしは思う。  麻生自身はセクハラをするような男ではない。部下が犯した道徳的な罪に対して、世間の風圧に負けて断罪するのではなく、「セクハラ罪はない」と抗弁するのは、それほど非難されるべきだろうか?  問題とされているのは4日、麻生が訪問先のマニラで行った記者会見での発言だ。  そもそもこの記者会見は、マニラで行われたアジア開発銀行年次総会などについてのものだったのだが、その質疑応答で朝日新聞の記者が、福田淳一前事務次官のセクハラ問題の調査を財務省が打ち切ったことに対して、テレビ朝日側がなおも徹底調査を求めるという文書を出したが...

    2018-05-15

    • 100 コメント

漫画家 小林よしのり:プロフィール

小林よしのり公式サイト
ゴー宣道場ホームページ

新刊情報

「よしりん辻説法①」
「ゴーマニズム宣言SPECIAL『新・堕落論』」
「ゴーマニズム宣言SPECIAL 大東亜論・第三部『明治日本を作った男達』」
「ゴーマニズム宣言SPECIAL『天皇論 平成29年』」

2018/06/19 18:59

「犯罪と親の責任 悪魔を誰が育てたか?」小林よしのりライジング Vol.273

公式Webマガジン「小林よしのりライジング Vol.273」『犯罪と親の責任 悪魔を誰が育てたか?』を配信しました!!【今週のお知らせ】※「ゴーマニズム宣言」…6月9日、神奈川県内を走行中の東海道新幹線のぞみの車内で、乗客3人が殺傷される事件が起きた。犯人の22歳男性は人間関係がうまく築けず疎外され、日頃から「俺なんて価値のない人間だ。自殺したい」と自暴自棄になっていたという。そうさせた社会が悪い、犯人も被害者であるかのような言説は大嫌いであるが、今回の事件に関しては、犯人について考えておかなければならないことがある。犯人は「発達障害」だったという報道があるのだ。もちろん、発達障害の人間は凶悪犯罪を起こす可能性が高いなどという事実はなく、そんな偏見があってはならない。だからこそ、偏見を取り除くためにも発達障害についての正確な知識を持ち、これと事件に関連があったのかなかったのかを明らかにする必要がある。※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…芸術家と偏執性シリーズ、今回はアウトサイダー・アートとして発見され世界に衝撃を与えた人物、ヘンリー・ダーガーを紹介!81年間の生涯を孤独のままで過ごし、周囲の人間からは「狂人」「みすぼらしいじいさん」として見られ続けた彼だが、実はとてつもない才能の持ち主だった。ありとあらゆる場面に“権利”や“保護”が叫ばれる時代、果たして“表現=「生」”になっている人々の存在をどう考えるべきだろうか?※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!年配者の自動車事故や議員の定年など“引き際”についてどう考えるべき?文科相からの祝辞を「公権力とは距離を保つのが正しい振る舞い」として辞退した是枝監督をどう思う?新元号の公表が施行1ヶ月前となるのは大丈夫?今までで一番質素な料理と、一番贅沢な料理は何?今年のAKB総選挙をどう見た?受動喫煙対策が一気に整備されつつあるのは東京オリンピックの功績?…等々、よしりんの回答や如何に!?

2018/06/12 18:45

「水着審査をなくすミス・アメリカ」小林よしのりライジング号外

公式Webマガジン「小林よしのりライジング号外」『水着審査をなくすミス・アメリカ』を配信しました!!【今週のお知らせ】※米国を代表するミスコンテスト「ミス・アメリカ」が水着審査の廃止を発表した。美人コンテストではなく(単なる)コンテストで、今後は出場者を容姿で審査しないと言う。イデオロギーと偽善に満ちた主張の数々。もっと恐ろしい差別を生み出しかねない恐ろしさ。「美」もまた立派な才能である!!「フェミニズム」というイデオロギーの暴走を許してはならない!※「芸術家と偏執性」シリーズ、今回はドイツの芸術家であり“球体関節人形”を生んだハンス・ベルメールを取り上げる。あるべき場所にあるべきものがない、一見グロテスクで、不気味で、かつエロティックな人形たち。そんな球体関節人形が生まれた出発点は、ただの悪趣味や特殊な性癖の発露ではなかった!

2018/06/05 15:25

「『謝ったら死ぬ病気』に罹るな!」小林よしのりライジング Vol.272

公式Webマガジン「小林よしのりライジング Vol.272」『「謝ったら死ぬ病気」に罹るな!』を配信しました!!【今週のお知らせ】※「ゴーマニズム宣言」…自分の発言の誤りが判明しても、絶対に認めない人がいる。森友&加計問題に自分が関わっていたことを示す動かぬ証拠が出てきても、一切誤りを認めない安倍晋三。問題の場面の映像や音声が残っているのに、自分の指示であることを認めない日大アメフト部前監督の内田正人。虚偽の報道をして散々煽っておきながら謝罪・訂正しない報道機関。さらには匿名の一個人ですら、何の責任も問われないにも拘わらず誤りを認められない者が多い。ネットでは「謝ったら死ぬ病気」などと揶揄されるらしいが、なぜ、自分の誤りを認めて謝れない人がこんなにいるのだろうか?※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…15年前、初めてライターとしての仕事をしたのが「週刊SPA!」だった。「裏社会特捜班」と題した企画で、新聞やネット掲示板の三行広告、あやしい求人に実際に応募し体験レポートするというミッション。今では到底考えられない、自由度高すぎる取材とは!?※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!子供に夢を持てという教育は正しいの?コンビニ等でアダルト雑誌が子供や女性の目に触れることは良いの?高須克弥氏のような富裕層と、底辺層のネット民が似たようなネトウヨになるのはなぜ?漫画家は美形キャラよりも老人の方が描き甲斐があるもの?日本にとって独自の諜報活動は無理?食べ始めたら止まらなくなる菓子つまみはある?元横綱のK-1挑戦くらい自由に認めるべきでは?…等々、よしりんの回答や如何に!?