• このエントリーをはてなブックマークに追加
『写真のスキマ -カメラマンの頭の中-』第229回 「君たちはどこまで写真に対して切実であることが出来るのか? 号」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『写真のスキマ -カメラマンの頭の中-』第229回 「君たちはどこまで写真に対して切実であることが出来るのか? 号」

2017-11-13 22:15

    写真のスキマ vol.229
    『写真のスキマ -カメラマンの頭の中-』第229回 「君たちはどこまで写真に対して切実であることが出来るのか? 号」

    ===
    ★日本大学芸術学部のトークショーで話してきた青山さん。
    今号は、そのときのトークの内容から抜粋してお届け。
    学生時代のことや、写真家として続けていくというのはどういうことかなど語った、大ボリュームのテキストです!


    青山さんの写真が好きな方も、写真や表現全般、編集に興味がある人も、カメラマンの思考が気になる人も、必見!

    では今週もはじまります!

    (「写真のスキマ」は画像が主体のマガジンです。メールで届いている方は、ぜひWEB http://ch.nicovideo.jp/yukiao にアクセスしてご覧ください *ログインが必要な場合があります)

    ◆もくじ◆
    ・日芸祭トークショー“君たちはどこまで写真に対して切実であることが出来るのか?”
     1.写真との出会いと学生時代について

    ===

    【2017.11.4 日芸祭トークショー“君たちはどこまで写真に対して切実であることが出来るのか?”】

    先日、日本大学芸術学部のトークショーにて、
    “君たちはどこまで写真に対して切実であることが出来るのか?”
    というテーマで話してきました。

    今号では、その中から抜粋してお届けします。
    (講演の模様をそのまま文字起こししていますので、読みづらい部分はご容赦くださいませ)


    【1.写真との出会いと学生時代について】

    「今ここにいるほぼ全員が、スマートフォンだと思うんですけど。ないしはガラケーを持っている。のであれば、カメラを持っていることになるので、みんな写真を撮ってるというか撮れる時代になりました。
     私が写真を始めたのが20年前になるんですけど、大学生だったんですが、その時はまだそこまで携帯電話も普及もしていなかったので、普通にカメラを持っている、写真を撮っているというのはすごく特別な行為だったんですね。なんですけど今は、写真やってます、例えば風景撮ってますって言っても、別にみんなカメラを持ってるしねっていう話になるわけです。
     でも多分写真学科の皆さんとかはすごく写真を勉強していて、一眼レフカメラを持って撮られてると思うので、スマホなんかの写真とは俺の写真は違うっていう風に思ってると思うし、そういう考えを持ってプライドを持ってやることも大事なことだと思うんですけど、ただ、写真を撮るということがそれほど特殊な行為ではなくなってきたという現実もあるというところで、どれだけ切実にやれるかということが、今後写真で食べていくとか、写真で生きていく為には欠かせないことになってきます。」

    「今回大学で話をさせていただくということで、私は大学時代に写真と出会いまして、茨城県の筑波大学というところを出てるんですけど、心理学を勉強していたので写真の勉強はしていなくて、しかも写真部でもなかったので完全に独学というかですね、1人でやってました
     出会いとしてはですね、大学に入ってちょっと大学に馴染めずにすぐ休学をして、自転車で日本を縦断しようといういわゆる自分探しの旅に出たんです。北海道を自転車で走ってる時に、すごく雄大な景色に見惚れまして、当時特に真剣にやっていたわけではないんですけれども、旅をするので普通の当時のフィルムのコンパクトカメラを当然持って、「ああ、凄い風景だな」と思って撮ってたんですけれど、その写真の仕上がり、旅先でちょっとプリントしてみたりしても、全然感動が伝わらないというか。なんで写真って見たまま写らないのかなあというところで、それで興味を持ち始めて。
     偶然の出会いもありまして。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    青山裕企「写真のスキマ -カメラマンの頭の中-」
    更新頻度: 毎週月曜日
    最終更新日:2017-11-20 22:49
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。