• このエントリーをはてなブックマークに追加
『写真のスキマ』第254回 「春と夏の間 号」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『写真のスキマ』第254回 「春と夏の間 号」

2018-05-07 08:00

    写真のスキマ vol.254
    『写真のスキマ』第254回(2018年 No.19)「春と夏の間 号」

    ===
    ★連休が終わって5月、ちょうどいい季節になりましたね。梅雨までのひとときを楽しみましょう!

    前号までにひきつづき、「『人を撮る』写真入門」スペシャルな講義録の第4回。今回は、撮る最中に考えるべきこと。光について、種類や色、影や角度を気にしていきましょう! 具体的なポイントは?

    ★こちらも前号にひきつづき、「髪は短し 恋せよ乙女〜ショートヘアからの卒業〜」モデル未夜さんの写真を、未公開カットも含め10点お届け! 撮るときのいろいろな「ワザ」にも注目してみてください。
    165e22813ac67a296c8dd709c317fa6cfee634cf


    青山さんの写真が好きな方も、写真や表現全般、編集に興味がある人も、カメラマンの思考が気になる人も、必見!

    では今週もはじまります!


    (「写真のスキマ」は画像が主体のマガジンです。メールで届いている方は、ぜひWEB http://ch.nicovideo.jp/yukiao にアクセスしてご覧ください *ログインが必要な場合があります)

    ◆もくじ◆
    ・(近況)一番好きな季節
    ・講義録【「人を撮る」写真入門〜ポートレート写真を撮るときに考えること】第4回
    ・【髪は短し 恋せよ乙女〜ショートヘアからの卒業〜】第4回 写真10点
    ===


    あたたかくなってきましたね。
    写真家青山裕企(あおやまゆうき)です。

    世間的には五月病だとか言われる季節(連休も終わりましたし)ですが、
    私は、一番好きな季節です。

    桜が散って、大型連休も終わって、ここから梅雨に入るまでの、
    暑くも寒くもない、ちょうどいい季節。

    これが、あっという間なんですよね。
    二ヶ月ぐらいあってもいいかなと思うのですが、気づけば梅雨入りしてしまいます。

    そんな「春と夏の間」のような季節。
    楽しんでまいりましょう!!!



    連載【「人を撮る」写真入門〜ポートレート写真を撮るときに考えること】第4回

    ポートレート写真を撮るときに、青山は何を考えているのか?
    撮る前・撮っている最中・撮った後
    時間の流れに沿って、解説していきます。

    講義の書き起こしになりますので、
    文体などの多少の乱れなど、ご容赦ください。


    30fa20904293c9d1f18369cda4bcb965e1c83df6


    ロケなら当然自然光ですし、室内なら人工的な光がありますよ、と。
    自然光で撮る場合は天候の時間とか、天気の種類によって色が変わりますんで、色温度でいうと、色温度が低いと赤くなりますよね、高くなると青くなっていきますから赤みが強いのか青みが強いのかっていうのは特に女性のポートレートではすごく重要です。
    やっぱ肌が赤いほうが

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。