• GregTech6の鉱石やそれの生成方法についてあれこれ

    2018-02-23 19:373時間前
    GregTech6の鉱石に関する要素(鉱石花(ver6.06.01追加)や新鉱石生成システム(ver6.07.00追加)、岩(小石、ver6.05.32追加))を検証、テストしてきたのでそれのまとめ記事です。聞きたいことや何かあったらコメントで
    GregTech6.07.01で行いました(2つ古いバージョンですが生成アルゴリズムが変わってないはず)

    目次
    ・岩(小石)は鉱脈の位置を指すのか
    ・鉱石花と鉱脈の種類の関係性及び岩盤鉱脈について
    ・地層生成システム(新鉱石生成システム)は他のMODで追加されるディメンションでも適用されるのか
    ・検証に使用した環境と記録した生データ


    ・岩(小石)は鉱脈の位置を指すのか
    まずはこれですね
    実装当時のチェンジログには「その岩自体に特定の鉱石が含まれている場合、彼らはそのチャンク内の地面の下に最大25ブロックまでの大きな鉱脈があることを示すことができます。」って書いてありますが、現在(ver6.07.00以降)だと違います
    ver6.07.00のチェンジログ内に「地上または洞窟の中に小さな岩がスポーンするチャンスは一般的に1/64ありますが、最後に生成が成功した鉱石によってその岩が鉱物を含んでいるか、岩石になるか言われています。 (その下にある、あなたがまっすぐに掘り下げるなら)たとえその鉱石が岩盤の近くにあったとしても」とあり"鉱脈"を示すものから"鉱石"を示す物に変化しています
    GregTechチェンジログ確認枠(ver6.06.11、ver6.07.00、ver6.07.01確認のやつ)で500x500を掘り抜いた時、大量の鉱石は見つかったが鉱脈として見つかったのは1つ(?)のみで、それ以外の鉱物を含んだ岩(小石)を大量に拾っていたためこのチェンジログに書いて有ることは間違ってなさそうです

    ・鉱石花と鉱脈の種類の関係性及び岩盤鉱脈について
    次はこれですね
    これは鉱石花とそこにある鉱脈自体は関係無いですが岩盤鉱脈とは関係があるで間違いはなさそうです(花の説明文にある「Indicates presence of a "鉱物名" Deposit nearby」の"鉱物名"を含む鉱石が岩盤鉱脈にあります ※鉱物名の鉱石が取れるわけではない、検証では全て不純物が混じった鉱石でした)
    まず岩盤鉱脈って何?って話ですよね。岩盤鉱脈とは鉱石花(ver6.06.01)追加時に同時実装された無限に掘ることができる岩盤鉱石を含む鉱脈のことを指します。同じ鉱石花が連続で生成されているチャンクの中心付近の高度はY=4を中心とした円盤状で生成され、一番上の高度はY=7、一番下は岩盤鉱石があるY=1で固定されてます。岩盤鉱石以外は岩盤だったり通常鉱石だったり小さな鉱石だったりします(実装当初は外側が小さな鉱石で囲まれた球体で生成されてました、しれっと生成アルゴリズムが変わってます)。
    同じ鉱石花が連続で生成されているチャンクは大体3~7チャンクほど、それ以上連続していると別の岩盤鉱脈を含む同じ鉱石花が隣接しています(検証で15チャンク同じ鉱石花連続したものがあり、そこから3つの岩盤鉱脈が見つかりました)
    連続して同じ鉱石花が存在するチャンク内のどこかに鉱脈がありますが、この鉱脈の種類はランダムみたいです。鉱脈の数は最大で3つ(大体1か2です)生成高度もまばらです

    ・地層生成システム(新鉱石生成システム)は他のMODで追加されるディメンションでも適用されるのか
    私みたいにワールドを広げずに地層生成システム(新鉱石生成システム)を確認したい(※鉱石花を見たい)って人がいるかも知れない・・・・
    検証したディメンションと生成結果を以下の表にまとめます
    ディメンション生成MOD
    ※()内は補足
    地層生成システム
    Aroma1997s Dimensional World(採掘専用ディメンション)
    ExtraUtilites(深遠(Deep Dark))△※1
    MystCraft
    (鉱石を除く地形生成に利用されるブロック
    (石とか土)の物質(Blocks)の修飾子が無い場合)
    MystCraft(上記以外)
    RFTools
    (鉱石を除く地形生成に利用されるブロック(石とか土)の物質(Material)の修飾子が無い場合)
    RFTools(上記以外)
    TwilightForest(黄昏の森)
    ※1:上層部は地層生成システムでできているが、下層部分は地層が途切れ途切れになってたり、短冊状の切れ目ができていてうまく生成できてない感じ


    ・検証に使用した環境と記録した生データ
    GregTechチェンジログ確認枠(ver6.06.11、ver6.07.00、ver6.07.01確認のやつ)で500x500を掘り抜いた時のデータ:導入MOD一覧
    ゲームモード:クリエイティブ、ワールド生成方法:デフォルト、シード値:ランダム、コンフィグ:デフォルト
    そのときのスクリーンショット、その時のアーカイブ



    残りの検証に使ったデータ:導入MOD一覧
    ゲームモード:クリエイティブ、ワールド生成方法:BiomesOPlenty、シード値:ランダム、コンフィグ:デフォルト
    下はそのとき掘った場所のスクリーンショット、そのときのアーカイブ

    以下鉱石花の採取データ(全て円盤状の長辺がY=4、最高高度がY=7、岩盤鉱石がY=1に生成)
    通常の鉱脈はコンフィグのWorldGenerationNew.cfgより見つかった鉱石から照らし合わせ、岩盤鉱脈は含まれている鉱石の名前をそのまま引用
    花の名前またがっていたチャンク数含まれていた岩盤鉱脈含まれたていた通常の鉱脈
    オアチド(OreChid)19チャンクパウエライト(Powellite)
    ボーキサイト(Bauxite)
    モナザイト(Monazite)
    ニッケル(Nickel)
    クォーツ(Quartz)
    ヨウ素塩(Iodinesalt)
    ヴィオラ カラミナリア
    (Viola Calaminaria)
    6チャンクスファレライト(Sphalerite)
    ヘマタイト(Hematite)
    パイロルーサイト(Pyrolusite)
    オアチド(OreChid)7チャンクヘマタイト(Hematite)ニッケル(Nickel)
    アルピナ キャッチフライ
    (Alpine Catchfly)
    6チャンク
    キャルコパイライト(Chalcopyrite)鉄(Iron)
    クロスビー バックウィート
    (Crosby Buckwheat)
    5チャンクガレナ(Galena)キャシテライト(Cassiterite)
    オアチド(OreChid)4チャンク五酸化バナジウム(Vanadiumu Pentoxide)マンガン(Manganese)
    アルピナ キャッチフライ
    (Alpine Catchfly)
    3チャンクキャルコパイライト(Chalcopyrite)ガーネット(Garnet)
    金(Gold)と硫黄(Sulfur)の複合鉱脈
    オアチド(OreChid)
    14チャンクパウエライト(Powellite)×2
    キャシテライト(Cassiterite)
    ダイヤモンド(Diamond)
    金(Gold)と硫黄(Sulfur)の複合鉱脈
    金(Gold)とラピスラズリ(Lapis)の複合鉱脈
    タラスピ レリシアム
    (Thlaspi Lereschiam)
    3チャンクペントランダイト(Pentlandite)ニッケル(Nickel)
    パイロルーサイト(Pyrolusite)
    金(Gold)と硫黄(Sulfur)の複合鉱脈

    オアチド(OreChid)7チャンクボーキサイト(Bauxite)マンガン(Manganese)
  • 広告
  • GregTech6 ChangeLog日本語訳(ver6.07.00~ver6.07.01 最新版ver6.07.01 翻訳完了) 

    2018-02-07 01:13
    日本語wikiが機能してないのでメモ代わりに、新しいのから翻訳していくので遅れるかも
    ※自身の英語力とGoogle先生を使ったガバガバ日本語訳です(意訳込)、変なところ有ったらコメントで
    他のサイトに引用する場合はコメントで一言ください
    下記サイトのChangeLogを引用
    http://gregtech.overminddl1.com/com/gregoriust/gregtech/changelog/#Changelog

    2018/02/07:ver6.07.01まで翻訳
    2018/02/12:リリースされたver6.07.01まで翻訳

    6.07.00:
    [ノート]もっと多くのロックタイプを追加しようと思っているので、このバージョンをスキップしたいかもしれません。
    [修正]アイテムパイプはタイルエンティティローディングオーダーに応じて転送項目数を多かれ少なかれランダムに再設定していたため、小さなルーティング問題が発生していた問題の修正
    [修正]パイプの中にある物質の熱にかかわらず接触ダメージを与えていた問題の修正
    [修正]Twilight Forestの河川と湖沼が排水カバー(Drain Cover)の河川としてカウントされておらず、地上レベルの低い次元による高さ要件を満たしていませんでした。 それで今はうまくいく。
    [変更]ハードハンマー(Hard Hammer)とクラブ(Club)は、他のツールよりもモンスタースポナーを16倍速く壊すことができます。
    [追加]PFAAがインストールされていない状態でCustomOreGenerationインストールされた場合、それのデフォルト設定がすべてのGregTech6のワールド生成に適用されるという警告メッセージを追加
    [追加]Thaumcraftのクリスタルの小さな鉱石をワールド生成鉱石に追加、それはデフォルトで有効になっています。 リリース後にコンフィグパックを更新するか、Thaumcraftのシェアード鉱石を自分で無効にする必要があります。
    [追加]すべてのGregTech6の岩のデザインがある石のタイル(Stone Tile)と石の小さなタイル(Stone Small Tile)を追加
    それらは今からGregTech6のダンジョンで床と天井に使用されます。
    また、小さなレンガ(Smaller Bricks)とウィンドタイル(Windmill Tiles)も追加の新しいものとして追加されました。
    [追加]新しい岩のタイプのワールド生成の追加。メインページ/ギャラリーのスクリーンショットに表示されています。 Underground Biomesと同様です。 もっと多くの岩のタイプが来るでしょう。
    地層を無効にして、このバージョン以前と同じように古い元のグリッドワールド生成に戻すことができます。
    ワールド生成がテックツリー(Tech Tree)に必須ではないことを心配しないでください。古いワールドにとどまり続けることも、新しい地域を発見することもできます。
    他のModの鉱石が引き続き生成することができるように、地層の上にバニラストーンがあります。(座標がY = 6以下の場合を除いて、GregTech6の岩の中でスポーンすることができるように、カスタム鉱石、砂利、土の能力を取り除くからです)
    [追加]新しい地層に基づく鉱石生成の追加。今から鉱石はすべて異なった形で生成されます。グリッド内の鉱脈を生成したり見つけたりする従来の方法はなくなりました(オーバーワールドの場合、他のディメンションはグリッドシステムを維持します)。
    古いワールド生成で生成された小さな鉱石はそのままです。それらは削除されません。

    サファイア(Sapphire)とエメラルド(Emerald)鉱脈は唯一のバイオーム依存性鉱石であり、バイオームは主に宝石の色/不純物を決定するために必要です。
    地上または洞窟の中に小さな岩がスポーンするチャンスは一般的に1/64ありますが、最後に生成が成功した鉱石によってその岩が鉱物を含んでいるか、岩石になるか言われています。 (その下にある、あなたがまっすぐに掘り下げるなら)たとえその鉱石が岩盤の近くにあったとしても
    新しい鉱脈は3つの可能な方法のうちの1つで生成されます:
    すべての石が鉱石でできている特別な鉱石層は、石炭(Coal)、亜炭(Lignite)、塩(Salt)、岩塩(Rocksalt)、ボーキサイト(Bauxite)です。それらは粉砕時など鉱石のように振る舞い、装飾されることはありません。
    Y座標に応じて、特定のホストストーン層の途中で生成される鉱石(Host Stone Layer)
    Y座標に応じて、ある地層が別の地層のすぐ上にあるときに生成される鉱石


    6.07.01(最新版):
    [サイレント修正]アップデートメッセージをシャットダウンするために内部バージョン番号を変更するのを忘れた問題の修正
    [修正]ドレイン(Drain)が河川で正常に動作しない問題の修正
    [修正]基本機械(Basic Machines)は、空のスロットを充填するのではなく、すでに流体が入っている出力スロットに流体を出力する方が望ましいはずです。
    [変更]"空の鉱石(Empty Ore)"を"未知の鉱石(Unknown Ore)"へ名称を変更
    [変更]すべてのGregTech6の岩のタイプ(Rock Types)のテクスチャの位置を変更、貼り付けを簡単にし、混乱を少なくします。
    [向上]地層生成はより高速に生成するために最適化されました
    [追加]ヘマタイト(Hematite)のような、地層のための幾つかの鉱石を追加
    宝石の鉱石(Gem Ores)は非常にまれであると考えられているので、私が追加した宝石の鉱石の鉱脈(Gem Ore Veins)はバイオームに依存しています(もちろんダイヤモンドは除く)。しかし、すべての通常の鉱石はバイオームに全く依存しません。
    例えば、クラポナイト(Craponite)はジャングルバイオームのY=24~48に幾つか生成される閃緑岩(Diorite)の層の中に生成されます。
    バイオームに依存しない小さな宝石の鉱石(Small Gem Ores)は依然としてまだ存在する。
    [追加]GregTech6の岩のタイプ(Rock Types)に対応した素材で作られたストーンプレート(Stone Plate)(シンプルな押出機(Extruder)で生産できる)の追加、それは16のデザインのいずれかを持つことができるカバーとして機能します(技術的には、通常のレンガと同じテクスチャ)
    バニラストーンで使用できますがデザインは少なくて済みます。 またネザーラック、エンドストーン、黒曜石、ただし1つのデザインのみあります。
    [追加] スクエアレンガデザインの岩のタイプ(Rock Types)を追加、つまり、私は16のデザインをまとめて、古いタイプのものを色づけして新しいタイプのロックを作ることから始めることができます。
    [追加]石炭層(Coal Layer)、塩層(Salt Layer)、ボーキサイト層(Bauxite Layer)と同様の地層としてのオイルシェール(Oil Shale)を追加。それを処理するにはそれを粉砕して粉(Dust)にしてコークスオーブン(Coke Oven)に入れる必要があります。それは25リットルの通常の「石油(Oil)」と石の粉(Stone Dust)を生成します。
    [追加]黄色い岩のタイプのコマチアイト(Komatiite)を追加。これでレッドストーン鉱脈と辰砂(Cinnabar)鉱脈が大理石(Marble)の代わりにそれの中に生成されます
    [追加]緑色の岩のタイプとして緑色の結晶片岩(Green Schist)(あなたはそれを推測しました)を追加
    [追加]青色の岩のタイプとして青色の結晶片岩(Green Schist)(明らかに)を追加
    [追加]暗い茶色の岩のタイプとしてキンバーライト(Kimberlite)を追加
    [追加]ピンクの岩のタイプとして石英(Quartzite)を追加
  • Thaumcraft 6.0について

    2018-01-31 23:48
    私がいつから工業しかできない人だと錯覚していた?
    というわけで2016年から開発が始まったThaumcraft ver6が今年の1月24日にオープンベータとなりリリース直前に迫ってきたので変更点とかを調べるために適当にテストしてきました

    テスト環境
    Minecraft ver1.10.2
     導入MOD
     ・forge1.10.2-12.18.3.2511
     ・JEI_1.10.2-3.14.7.420
     ・Baubles-1.10.2-1.3.13
     ・Thaumcraft-1.10.2-6.0.BETA3

    ・主な変更点
    ソーモノミコンの作り方が大きく変わってる(どう作るかは下の方で)
    杖と杖星が見当たらない(JEIやクリエイティブのタブで見つからない、神秘の作業台にも杖を置くスロットがない)
    序盤の進め方がだいぶ違う
    魔力関連が大きく違う(神秘の作業台のレシピにヴィスクリスタルが必須になってたり)
    研究項目がTC4やTC5とも違う全く新しい別物(下の画像がTC6初期のソーモノミコンの奴)

    研究机の仕様が全く違う
    ソーモノミコンの研究がクエストブック形式になってる(研究してクラフトしてコンプリートみたいな?)
    ソーモメーターがTC4と同じ感じだが、ワンクリックで研究が完了
    研究ポイントの仕様が全く違う
    JEIが全く仕事しない(TC6のレシピの大半が見れない)

    ・チュートリアル(初期研究完了まで)
    まずはヴィスクリスタル(Vis Crystal)を探しましょう、下の画像のように洞窟とかに生成されます。ピッケルで回収できます。できれば3種類以上のヴィスクリスタルを、後々使う根源相(大気(Air)、大地(Terra)、火(Ignis)、水(Aqua)、秩序(Ordo)、無秩序(Perdito))のヴィスクリスタル(Vis Crystal)は一式そろえておきましょう。

    そして、初めてのヴィスクリスタル(Vis Crystal)入手時、「Your fingers tingle strangely as you handle the crystal. What does mean? Maybe some rest will inspire you.(英文の翻訳は下の方で)」とチャットに出力されます。されない場合はQキーで投げたあと再度入手して下さい
    このチャットのあとベッドで寝ると、夢の内容と「You awaken from a strange dream.You quickly write it down before the memory fades.」とチャットに出力されます。
    これで魔法の世界を知ることになります。
    この2つ行為を行わないとThaumcraft6の要素が解禁されません(クリエイティブでも同様です)
    魔法の世界を知ったあとはソーモノミコンを作りましょう。
    まず最初に三種類のヴィスクリスタル(Vis Crystal)と赤石、火打ち石、ボウルで下記レシピ(不定形レシピ)のサリス・ムンドゥス(Salis Mundus)を幾つか作りましょう

    このサリス・ムンドゥス(Salis Mundus)を本棚に向かって右クリックして使用すると光り輝いて下の画像のようにソーモノミコンが完成します。


    開いて最初の研究項目を開くと神秘の作業台の制作(下の画像)になってますね、神秘の作業台は作業台にサリス・ムンドゥス(Salis Mundus)を右クリックして使うだけです

    作り終わったらCompleteボタンが出てくるので押して完了させましょう
    次の研究は下の画像にある通り1研究ポイント(基本)とソーモメーターの作成です

    ソーモメーターは下画像のように並べて完成です。
    ヴィスはソーモメーターを持っている時にシフトを押したときの数値を参照し、クラフト時消費します

    あとは適当に研究していけば完了し、初期研究が完了します

    ・おまけ
    チャットとかの日本語訳
    「Your fingers tingle strangely as you handle the crystal. What does mean? Maybe some rest will inspire you.」:クリスタルに触れた時、あなたの指が奇妙にうずきました。どういう意味ですか?幾つかの休息で何か思いつくかも
    「You awaken from a strange dream.You quickly write it down before the memory fades.」:あなたは奇妙な夢から目を覚ます。あなたはその記憶が消える前にすぐに内容を書き留めた。
    夢の内容「I had the strangest dream last night.
    In the dream I took three of those strange crystals I have been finding and ground them with a handful of redstone in a bowl using a piece of flint.
    The crystal had to be of different types. but if I did it properly then the result was a strange glowing dust.
    In dream I took the dust and sprinkled it on a bookcase. but the dream ended before I saw what happend.
    I wander, should I do what the dream showed.
    I have the impression the dust was going to reveal something wondrous. but dangerous.」:
    私は昨夜、一番奇妙な夢を見ました。
    私は夢の中でそれらの奇妙な結晶を3つ見つけてそれを取り、ボウルの中で赤石とそれらを火打ち石を使ってを粉砕しました。
    その結晶は異なるタイプのものでなければならず。私がそれを正しく準備できた結果、奇妙な輝く粉を作ることができた
    夢の中で私はその粉を本棚にに振った。 だが、私は何が起こったのかを見る前に夢が終割ってしまった
    私は夢で見たことをするべきなのか?
    私はその粉が何か不思議なことを明らかにすると感じるが、同時に危険も潜んでると感じる