【艦これ】戦艦の大口径主砲フィット補正について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【艦これ】戦艦の大口径主砲フィット補正について

2017-02-05 16:00
  • 21
  • 159
どうも岩川の普通提督です。
突然ですが戦艦のフィット補正について解説したいと思います。
なお内容には一部未検証及び未確認な事項も含まれますのでご注意下さい。

砲撃戦命中の前提

砲撃戦の命中率の算出は以下の式で計算されています。
  • 命中項-回避項=命中率
味方艦が攻撃側の場合、味方艦の命中項と敵艦の回避項をそれぞれ算出し、そのまま引くことで命中率となります(厳密には細部で色々処理が入りますがおおむね上記式でいけます)。
敵側の回避項をどうこうする事は出来ませんので、味方側の命中項を可能な限り上げることが命中率の上昇につながります。
主砲や電探等の命中+xの値はそのまま命中項に+xすることになります、例えば32号電探であれば命中率+8%といえます。
大口径主砲のフィット補正は、この命中項に+及び-する補正になります。
(※命中率の上限は特定の場面を除き97%)

各艦と各主砲のフィット補正値

各フィットは文字で表すとものすごく判り辛くなるので表にします。
×は装備不可、()内はケッコンカッコカリ時の補正値になります。
金剛型戦艦独伊戦艦米戦艦戦艦航空戦艦大和型戦艦
46cm三連装砲-10
(-6)
-10
(-6)
-10
(-6)
-7
(-4.2)
-7
(-4.2)
0
試製46cm連装砲-7
(-4.2)
-7
(-4.2)
-7
(-4.2)
-3
(-1.8)
-3
(-1.8)
0
41cm連装砲
試製41cm三連装砲
16inch三連装砲 Mk.7
16inch三連装砲 Mk.7+GFCS
-5
(-3)
-5
(-3)
-5
(-3)
※注1
+2+20
381mm/50 三連装砲
381mm/50 三連装砲改
-2
(-1.2)
+1
(+0.6)
???
※注2
+2
(+1.2)
+2
(+1.2)
0
35.6cm連装砲
35.6cm連装砲(ダズル迷彩)
試製35.6cm三連装砲
38cm連装砲
38cm連装砲改
38.1cm Mk.I連装砲
38.1cm Mk.I/N連装砲改
+7+4+4+2+40
試製51cm連装砲×××0
※注3
×0
注1:アイオワにアイオワ砲を載せた時の補正は不明、データ募集中
注2:アイオワにイタリア砲を載せた時の補正は不明、データ募集中
注3:試製51cm連装砲は長門型改のみ装備可能

主砲は上から下へ重いもの→軽いものと御考え下さい。
例外として試製51砲と大和型があり、双方フィット補正が存在しません。

表の補正値と載せた主砲の√本数を掛けた値の総和が命中項に加算あるいは減算されます。
例えばケッカリ金剛型に46砲と46砲と35.6砲を載せた場合は…
  • -6×√2+7×√1=-1.41852…
が命中項から減算されます。
(2/5補足追記)同じカテゴリに属する砲は同じ本数として扱われます。
例えばBismarckに38cm連装砲と38cm連装砲改を載せた場合は、1本+1本ではなく2本として扱われる為…
  • +4×√2=5.6568…
が命中項に加算する事となります。
砲そのものに付いてる命中+はフィットとは別に加算される点に注意して下さい。
ちなみに命中項の算出中は小数点以下も計算に入ります、最終的には整数に丸められます。

各戦艦の命中だけ考慮した時の適正装備

ここからは蛇足です、命中の事だけを考えた時の装備例です。
夜戦連撃となる主砲2本を載せた時の各戦艦の装備例は…
  • 金剛型・Bis級・VV級:38cm連装砲改×2
  • Iowa級:38cm連装砲改×2、もしくは16inch三連装砲 Mk.7+GFCS×2
  • 戦艦:38cm連装砲改+16inch三連装砲 Mk.7+GFCS
  • 航空戦艦:38cm連装砲改+16inch三連装砲 Mk.7+GFCS
  • 大和型戦艦:16inch三連装砲 Mk.7+GFCS×2
もちろん火力や手持ちの主砲、改修度合い等も考えて装備を決定する必要があります。
ちなみに筆者はGFCSは持っていません、38改で十分なのよ…。

補足

上記フィット補正値表は昼砲撃戦での値となります、夜戦時は一部の艦と砲の組み合わせで補正値が異なります(大差はないです)。
興味のある方は各自でお調べ頂けると幸いです。



最後になりましたが、各種戦艦と砲で検証及び解析頂いている提督の皆様方に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

2/5補足追加
同じカテゴリの異なる砲を載せた時の計算例を追記
2/5修正
フィット補正表の独伊米戦艦35.6砲系補正が7になっていたのを4に修正しました

広告
他11件のコメントを表示
×
非常に分かりやすい補正まとめ、表作成、お疲れさまです。イチ提督として非常に助かります

補足追記の
>>例えばBismarckに38cm連装砲と38cm連装砲改を載せた場合は、1本+1本ではなく2本として扱われる為…
>>+7×√2=9.89949…
この部分なのですが、表ではビスマルクは 独伊戦艦 38cm連装砲改 で+4に該当しておりますが
計算では+7となっていますね。どちらが正しいのでしょうか? 
4週間前
×
>>14
すいません+4となるので5.65…となるのが正解です。
修正しておきました、ご指摘感謝いたします。
4週間前
×
表作成お疲れ様です
アイオワって、持参装備の16inchは命中補正がついてるからいいとして、ほぼ同じ口径の41cm砲でもマイナスの補正がつくんですね・・・びっくりしました
逆に長門型にはフィットが無いと聞いていたので、実際には僅かにプラスの補正を受けていたことにもびっくりです
連合の時などに参考にします
4週間前
×
質問です。
「同じカテゴリに属する砲は同じ本数として扱われます。」
とのことですが、同じカテゴリとは、表で同じ行に属するものを指すのでしょうか?
それとも口径が同じものを指すのでしょうか?
「各戦艦の命中だけ考慮した時の適正装備」から、前者であるとは推測できますが…
3週間前
×
>>17
ちょっと判りにくい文章ですいません。
表で同じ行に属するもの、前者になります。

ただ検証中の事項になりますが、アイオワ砲は41cm砲系とは別カテゴリになる可能性が出ています。
3週間前
×
すみません、このフィット補正値って検証wikiのデータから計算されたんですか??
ちょっと調べてみたんですけど、各装備ごとの数値の出し方がよく分からなくて…
元データと計算方法をぜひ教えて頂きたいのですが…
3週間前
×
>>19
検証wikiのデータだけでなく、自身で取ったものやtwitterの検証勢の皆さんから頂いたデータが元になっています。
計算方法については素手との差や推定式からの差を取って推測しています。

元データは膨大なのでここでは提示できません、悪しからず…
3週間前
×
>>20
なるほど…検証勢の方々はやっぱりすごいです…
ありがとうございます。自分も勉強して理解を深めたいと思います
3週間前
×
独伊戦艦、米戦艦、戦艦、航空戦艦に381mm/50 三連装砲を載せる場合、ケッコンカッコカリすると命中補正がさがるってことでしょうか?
3週間前
×
>>22
例えば長門型にパスタ砲を載せる場合、元々+2であったフィット補正がケッカリすると何故か+1.2になって減ってしまいます。元の命中-もあって改修を重ねてないとちょっと使い辛いですね…。
3週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。