役に立つ分からないWoWSの何か②
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

役に立つ分からないWoWSの何か②

2017-06-20 01:26
    先日は日本巡洋艦についてでしたが今回は、アメリカ巡洋艦についてです。

    まずアメリカ巡洋艦といえば、対空能力の高さが目立ちます。
    現在空母に最も嫌われているのはアメリカ巡洋艦と一部の英巡でしょうか?

    では、アメリカ巡洋艦についてうだうだ行きましょう。
    砲火力についてはT7のペンサコーラから20.3cm砲に切り替わるので、巡洋艦としては十分な威力を有しています。
    先の日本巡洋艦でも触れましたが、比較的早い砲旋回は日本巡洋艦に比べるとかなり使いやすいです。
    リロードに関しては、T8ニューオリンズ以降は少し前のアップデートでバフされました。
    オリンズはほんの少し早くなった程度ですが、T9とT10のボルチモアとデモインは素晴らしい装填速度を有するようになりました。(デモインが5.5秒リロードです)
    これだけ見ると発射レートの高さから非常に強そうに見えますが、アメリカ巡洋艦の砲に目立つ特徴があります。
    非常に高い山なりの弾道を描きます。これによりアメリカ巡洋艦の砲は着弾までに結構な時間がかかります。こちらは慣れるしか無いので自分からはアドバイスも出来ないです。
    ただ、山なりの弾道は障害物を飛び越えて行く場面が多いので、島影などの障害物を盾にして、安全に戦うことも出来ます。デモインの発射レートとこの特性で砲弾の雨を降らせてやりましょう。
    また、こちらは確証は持てていないのですが、高Tierの巡洋艦のAP弾が弾かれにくい特性を持っているかもしれないとのことです。

    そして2点目、書き出しにもあった対空能力です。
    アメリカ巡洋艦の強みの一つはその対空能力の高さです。非常に優秀な対空ダメージを誇り、その能力で自分以外にも味方の防空が可能です。またアメリカ巡洋艦は他国の巡洋艦の消耗品である、対空砲火を1つ多く所持することが出来ます。(プレミアム艦艇のアトランタは無制限という破格の性能です)味方の戦艦や空母の護衛としても輝ける。それがアメリカ巡洋艦。

    砲、対空ときて防御面の話も少し。
    比較的硬い印象がありますが無理は禁物です(一部艦艇は非常に脆いですが、ペンサコーラとかは特に)ただ、区画配置をかなり考慮しているらしく、自分ではバイタルパートを上手く抜くことが出来ない相手です。

    さて、これで終わりにしたいのですが、もう一点。
    今後取り上げるであろうソ連艦にも関係のある話ですが、高Tierのアメリカ巡洋艦(一部のプレミアム艦艇と戦艦も)はレーダーを消耗品で選択することが出来ます。
    このレーダーは範囲内であれば、島影や煙幕内に隠れている艦艇を問答無用で表示することが出来ます。特に煙幕に隠れた駆逐艦に対しては非常に友好的な手段です。
    アメリカ制レーダーとソ連制レーダーで若干性能に違いが有るのですがこちらは今回はパス、ソ連艦の時にお話したいと思います。

    取り敢えず、アメリカ巡洋艦の特徴等はこんな感じでしょうか?
    では、またいつか気が向いた時に次の巡洋艦について描いていきます。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。