S2使用 ドロップアウト・エンジェループ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

S2使用 ドロップアウト・エンジェループ

2017-03-21 20:00
  • 6
  • 1
【構築経緯】

電磁波鉄壁による受けができなくなったヤドランを使う気が起きなかったので、それ抜きの受けループを組むところから始めた。またS1で一撃技に泣かされまくったので、グライオンにハサミギロチンを仕込むことも決めていた。純正の形も勝てないであろうことがS1の経験から思っていたのでメガゲンガーを採用。ヌオーがミミッキュ、メガリザードンXの対策になるのが偉いのでこのポケモンも採用。ここまでくると6世代で知り合いが使っていた並びとそっくりになったので、それをベースに7世代でも戦えるように自分なりに手を加えた。7世代になって弱体化したゲンガーは数を減らすと踏んでいたので薄めにした。この予想は間違っていなくて、こちらのゲンガーが非常に動きやすく、舐めているPTにはイージーウィンもよくあった。
完成した並びはこちら↓




【個体紹介】

ゲンガー@ゲンガナイト

臆病 呪われボディ→影踏み
159(188)-x-100-190-124(68)-200(252)
ヘドロ爆弾 祟り目 鬼火 催眠術†

C191メガゲンガーのシャドーボールを乱数75%耐え(6世代の名残)

道連れが単体で使い物にならなくなり他に入れる技がなかったので、催眠術を採用した(使ったことがなかったので試しにいれた感もある)。自慢の対策、無理な並び、不利サイクルを強引に打開する手段。前3つで完結していて消極的な採用なので打つ回数は少なかったが、選出画面で吐き気を催すことが減ったのはよい。なるべく捨てず大切に扱い、1:1交換に留まらず、1:2交換、あわよくば3タテを狙う。このPTの勝ち筋に大きく関わってくるポケモン。Hに振るかCに振るかは諸説あり。

グライオン@毒々玉

腕白 ポイズンヒール
177(212)-116(4)-165(36)-x-114(148)-129(108)
守る 身代わり 地震 ハサミギロチン

BDそれなりに
だいたいのカプ・レヒレ抜き

6世代でのグライオンの明確な役割対象はギルガルドとヒードランであったのだが、特にヒードランの遭遇率がかなり減ったため、選出率・対応範囲を広げるこの構成。ハサミギロチンは耐久を潰したり不利局面をひっくり返す手段。状態異常は他で撒けるので困らない。ミミッキュの起点になってしまうことがネックだが、裏にヌオーを置くことで解決している。

ラッキー@進化の輝石

図太い 自然回復
331(44)-x-62(252)-x-152(212)-70
地球投げ 毒々 ステルスロック 卵産み

命の珠ゲッコウガのけたぐり、ダストシュートを確定2耐え

とんぼ返り、ボルトチェンジのサイクルに強くなり、襷を潰したりゲンガーの圏内に入れるためのステルスロック。格闘Z霊獣ボルトロスに毒を入れるだけで退場してしまうのが残念だが今回はこちらの技を優先した。

エアームド@ゴツゴツメット

腕白 頑丈
172(252)-100-211(252)-x-91(4)-90
ドリル嘴 毒々 鉄壁 羽休め

キノガッサに抜群を取れ、ギャラドスにも等倍のドリル嘴。毒々は急所と追加効果の試行回数を少しでも減らすのと、サイクルで負荷をかけることができる。

ベトベトン(ア)@黒いヘドロ

意地っ張り 毒手
209(228)-149(84)-95-x-145(196)-70
毒突き 叩き落とす 影打ち 追い打ち

無振りカプ・テテフを毒突きで乱数93.8%(毒考慮でほぼ落とせる)

ほぼ出さないのだが、この枠には選出画面でゲンガーとカプ・テテフの選出を牽制するという役割がある。バンギラスだとフェアリーが抜群で逆にカプ・テテフを呼んでしまう。技は無難なこの4つ。

ヌオー@オボンの実

図太い 天然
202(252)-x-150(252)-85-86(4)-55
熱湯 カウンター 蓄える 自己再生

オボンの実を持つことでメガリザードンXの逆鱗を2耐えし、カウンターで仕留める…つもりだったのだが陽気でも乱数で死ぬ計算で泣いた(勝率5割ほどか)。ただ、ミミッキュに後出しできる点は評価したい。毒、火傷の入ったポケモンに対して自己再生を連打するだけで相手は倒れる。このPTの勝ち筋を担う1匹。

【選出・立ち回り】

まずこのPTの勝ち筋は主に3つある。
①普通に受けループして勝つ
②邪魔な相手をメガゲンガーで捕まえて処理し、ヌオーを始めとする受けぽけで詰める
③2体でサイクルし、メガゲンガーの一貫をつくる
②と③はゲンガー以外で勝つかゲンガーで勝つかの違い(これでゲンガーの扱いも変わってくる)

選出画面ではどのプランで行くか考え、開始数ターンまでの展開もある程度考えておく(〇〇が来たらどうするなど)。また今回のPTに関してはゲンガーに大きく依存している部分もあるので、「受けループだから」とかいう理由でひたすら安定行動しているのはよろしくない。安定行動は「負けない択」だが「ヒヨった択」とも言える。リスクリターンを考慮し、勝つためなら一部の型を無視したり、大胆な行動もしていく必要があった。

選出例
①…グライオンラッキーエアームド
②③…ゲンガーラッキーヌオー
※対受けループ…ゲンガーグライオン@1
ゲンガーでエアームドを処理しハサミギロチンを当てる。しかしグライオンに身代わり残されるとPP勝負まで発展するので交渉することアリ

【締め】

PGL上でのレート2100のった証拠


最高レートはここまで


最終レートは2000↓で終了。上画像までは勝率がかなり良く安定していたのだが、そこから崩れ落ちた。原因としては
・メガリザードンXの対策が対策になっていない
・終盤になるにつれゲンガーの刺さりが悪くなっていった
・格下マッチによる事故多発
などが挙げられる。リザードン入りPTに怪しい試合を何度もしていたので特にこれが反省点。また上記の理由からゲンガーで催眠術を打たざるを得ない状況が増えてきて終盤は不安定すぎた。使ってみたけど催眠術はやはりゴミ。同じPTを使い続けるのもよいが環境に合わせて構築を変えていくべきであった。

ポケモンに回す時間がとれて、久々にがっつりレート対戦をすることができて楽しかった。受けループもなんだかんだでやっていけることが知れて良かった。

正直この結果には満足していません。また時間が取れたらレートやり込みたいです(なお

閲覧ありがとうございました。何かあればコメントかTwitter@zawaloop123まで
広告
×
ベトベトンの持ち物なんですがなぜチョッキでは無くヘドロなんですか?
4週間前
×
>>1
定数ダメージで消耗しないようにヘドロを持たせていました。チョッキでも良いと思います。
4週間前
×
>>2
ステロとか痛いですもんね…
解答ありがとうございました
3週間前
×
ナットレイは、どうやって処理してますか?
2週間前
×
>>4
ゲンガーの鬼火やグライオンのハサミギロチンで処理できます。
ラッキー+エアームドなどでPPを枯らしにいくこともあります。
2週間前
×
ありがとうございます!参考になりました。
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。