受けループが勝てなくなった理由《超えられない限界》
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

受けループが勝てなくなった理由《超えられない限界》

2015-07-12 15:00
  • 28
  • 13
シーズン10も残り数日。レート勢の皆さんはきっと今頃、自分の目標を為すために一生懸命潜っていることだろう。潜り続けている中で、1つ思わなかっただろうか?

「今季は受けループとほとんど当たらないなぁ」  と。

自分も今季は200戦ほどやったが、その中でミラーになったのは10数試合。20試合もなかった。前シーズンと比べて明らかに受けループが減っていると感じた。なぜ減ったのか。理由は簡単だ、「受けループで勝てなくなったから」だ。周りのルーパーも皆(いつも以上に)「辛い辛い」と言いながら戦っているのを知っているし、事実、自分も全く勝てていない。今受けループで戦っている人たちは、「長い間使ってきた受けループを簡単に捨てたくない、と頑張る人」か、「ただのマゾ」かのどちらかだろう。シーズン10の受けループは、「2100超えはほぼ不可能、2000超えるのでやっと」という辛さ、厳しさがある。

では何故勝てなくなってしまったのか、今からその要因を自分なりに記していこうと思う。
※割と主観が混じっている部分もあるのでおかしいところがあるかもしれませんが、読んでいただけると幸いです。

⑴受けループの基本軸であるラキグライヤドランについて

自分は、受けループを組む時はこの3体からスタートすることが多い。圧倒的な数値と優秀な耐性で相手を制圧することが「理論上」可能だからだ。そして、この3体に代わる他の並びは無いと考えている。

基本軸、基本選出であるラキグライヤドラン。しかしこの選出ができない、あるいは、出せても勝てないという状況になってしまった。理由は主に2つあると思う。

①ラキグライヤドランで相手の6体全てを見切れなくなった
受けループは基本的に読みや択を生まない構築だ。それが受けループの受けループたる所以でもある。受けループの選出は、「〇〇が来るから〇〇を出す」と考えるのではなく、「〇〇を(例え来なくても)受けるために〇〇を出す」と考える。そう、受けループとは極端に言うと、「3vs6で戦う構築」だ。こちらの選出3体で相手のPT6体を見なければいけない。だから、相手のPTに1体でも、ラキグライヤドランで見れないポケモンが入っていたら、当然こちらはラキグライヤドランを出せない。仮に出すならそのポケモンを切らなければならない。しかし、「切る」ことをした瞬間、それは受けループではなくなる。なぜなら選出読みや選出択を毎試合強いられていたら、その時点で受けループではないから。読むくらいならそもそも受けループをやめてスタンを使えばいい。そっちの方が勝てる。相手の選出を「読む」という行為をしている時点で、受けループは崩壊しているといって過言ではないと思う。

↓ラキグライヤドランで見れないポケ達。これら1体でも相手PTにいると辛い。
etc…

3大メガがいる時点でア…(ジャローダも増えすぎ…)

②役割対象に役割遂行できなくなった
どういうことか。すごく簡単に言うと、
「マンムーが来たのでヤドランを投げた。地割れが当たってヤドランが死んだ」
こういうことである。本来ヤドランの役割対象であるはずのマンムーがヤドランに有効打を持っているという、どうしようもない事態。どうしようもない以外の言葉が出てこない。解決策は無い、というより解決できない気すらしてしまう。

↓厄介ポケ達。
 残飯or襷。めざ氷でグライオンが死ぬ。
 ラム慎重HD。素のヤドランの熱湯では回復が間に合うため、メガシンカを強要される。ゲンガーなどの他のメガ枠と同時選出した際に詰む。また、鬼火挑発羽で粘られ、後続のガルーラなどの起点にされる。
 最近は化身でも悪巧んでくる。気合玉でラッキーが死ぬ。
 毒持ちやノイクンもいる。
 ハイボ瞑想眠るいびき。ギロチン1,2回しか打てない。
 挑発羽でラッキーが完封される。こご風ラッキーでも裏に引かれてサイクルでジリ貧になる。ギロチンするしかないが試行回数が少ない。
 地割れや毒でヤドランが死ぬ。
 悪巧みアンコエアスラ身代わりみたいなやつ。
 ヤドランに向かってトリックしてくる。         etc…

トップメタポケ多すぎ…

⑵誤魔化し枠について  
受けループには誤魔化し枠なるものがある。ラキグライヤドランで見れない奴に対抗するためだ。ほとんどの場合、メガゲンガーになる。グロウパンチを透かせるゴーストタイプ、サイクルをカットできる特性影踏み、道連れや滅びなど覚える技が豊富。どれを取っても優秀だ。しかし、この誤魔化しさえも通用しなくなってきている。

メガゲンガーを選出した時は
①メガゲンガーの道連れで1:1交換し、残りの2:2で詰めていく。
②サイクルを回しつつ、削れた相手をメガゲンガーで一掃していく。

このどちらかの戦い方をする。だがこれらの動きはもうできない。

実は①と②には「2:2、あるいは2:2以上のサイクルを回すことが可能である」という隠された前提条件があるのだ(ゲンガーは耐久値がないためサイクルに参加できない)。ここまで見てくれた人なら分かると思うが、こんなことは到底無理である。

いわゆる、「誤魔化し枠への役割集中」とでも言うのだろうか、ゲンガー1体だけでは限界がきてしまった。2体入れたいほどの状況だ。

⑶他に思うこと
受けループにラキグライヤドランという結論、いや、ある種の限界が見えてしまった一方で、スタンなどの構築は今もまだ開拓され続けている。対面構築に強い受けループ、と言われたものだが、今では対面構築にさえ、どこかしらに「崩し」の要素が投入されていて、もはや手も足も出ない。ここから受けループは前へ進むことが出来るのだろうか…?


以上で終わります。ここまで見てくださってありがとうございました。さようなら。

P.S.
この記事を書く前日に今季2100超えを経験した受けルーパーと2時間くらいお話しましたが、希望の光が見えてきませんでした…。全国の受けルーパーの皆さん、打開策はあると思いますか?僕は正直お手上げです。やはり†環境†が変わるのを待つしかないんですかね…

なんで今まで勝ててたんだろうなぁ…
広告
他18件のコメントを表示
×
脳死受けループが破綻したのはいい傾向
20ヶ月前
×
>>ラキグライヤドランで見れないポケ達
多すぎワロタ
でも記事主のお陰で久々にポケモンやりたくなってきたぞ
ここは敢えて受けルでレート復帰してみようかなぁ
20ヶ月前
×
地割れマンムーとか生み出す環境が悪い(至言)
20ヶ月前
×
環境初期は数も少なかったので受けルに当たったら事故と割り切って対策切ってましたけど、一時期受けル急増してからは構築段階で受けルも意識するようになりましたね。ポケモンの中でも少なからず流行のようなものがあるのでしょう
20ヶ月前
×
初めまして
今orasシーズン全て受けループで潜ってましたが正直もうキツ過ぎて涙がでました;;
メガボーマンダに当たる度に受けループの限界を感じました。
1800くらいまでは7割近くの勝率で行けましたが2100まで到底到達できそうにないですね。。
それとギャラドス@残飯 熱湯身代わり恨み毒毒
という受けル専用機に出会いました。。。
20ヶ月前
×
前シーズン1900目前まで行った俺が通りますよ
尚、今期は滅びメガゲンが増えすぎて終わってる模様
ちなレート1300まで落ちた
19ヶ月前
×
ウケルで1300まで落ちるってマジ?

俺も受けルつかうわww
14ヶ月前
×
脳死受けループが死んだのはいい環境じゃん
脳死じゃスタンでも勝てんでしょ
10ヶ月前
×
高耐久良耐性のポケモン四匹で受け回して、耐性の優れた抜きエース二匹で止めを刺していくパーティーで結果残してる人がいるけど、それはもはや受けループではない何かなのかな……
10ヶ月前
×
ループ、にしなきゃ十分受けポケは機能してる
受けポケは多くて3体入れてそれ以外はバシャーモなりゲンガーなりカイリューなり単体性能が高いポケモンを入れて穴を埋めるもしくは受けが成立しないポケモンが多い場合は裏選出として使う、全部を受けるんじゃなくて受けれるラインはしっかり受けることが大事かなと思いました
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。