• 1日で手の平クルー! :アミューズメントライフマガジンについて

    2016-09-22 20:49

    昨日、Kindle unlimitedでアミューズメントライフマガジンを発見して、
    「うひょー、Kindle unlimited最高ッ!USA!USA!(でも版権大丈夫?)」と
    いう記事を書きました。



    某所で正体を教えて頂きました!

    インターネットアーカイブ・Wayback Machine の該当ページ

    こんなページがあったのか・・・僕もまだまだ情弱です^^;
    てな訳で、上記のページなら何も手続きなしにアミューズメントライフマガジンが読めます!
    ぜひ、お気軽にアクセスされてみてください。

    それにしても、誰かがこれを勝手に転載して金を儲け、
    アマゾンは見て見ぬ振りって構図なんでしょうかね・・・うーん、ネットの闇は深い!
    ただ、Kindle unlimited自体は良いサービスだと思うので、
    1ヶ月無料体験は試す価値ありますよーと一応フォローしておきます。

    蛇足ですが、Wayback Machineでマイコンと検索してみたら、
    なかなか面白い結果になりました。
    さらに、何と検索したか忘れましたが海外のゲーム雑誌が大量に出てきたりと、
    これも掘り起こすと色々なものが出てきそうですね。

    ではでは。これに懲りず、また驚くものがあったらご報告するので、
    「いやそれはこっちが本家だよ~」とか教えていただけたら幸いに存じます。m(_ _)m

    ------------------------------
    ↓以下、昨日の記事

    タイトル:
    マジすかこれ!?超お宝級ゲーム業界誌「アミューズメントライフ」全巻、Kindle unlimitedで無料で読み放題!

    内容:

    いきなりですが、結論です!

    ゼビウスあたりをゲーセンでリアルタイムに遊んだ方は、
    ただちに Kindle unlimited に入会し、
    即刻アミューズメントライフ全巻に目を通すべし!


    では、本題に入ります。

    「Kindle unlimited」というサービスをご存知でしょうか。
    これ、Amazonが始めた電子書籍のサービスで、
    月額980円でAmazon側が用意した本をいくらでも読むことが出来るというものです。
    マンガも大量にあるというエサに釣られ、
    僕も8月末頃に無料1ヶ月体験を申し込んでみました。

    でも、お目当てのマンガは、いつ頃からか
    読み放題だったものが大量に対象外になってしまいましたorz
    例えば、「賭博黙示録カイジ」は全13巻読み放題だったのに、
    今では無料で読めるのは5巻までです。

    「話が違うやないか!金返せ!払ってないけどな!」

    ・・・てな感じでシラけてしまい、しばらく放置状態だったのですが、
    そろそろ無料期間も終了なので面白い物はないかと色々検索してみたところ、
    トンデモナイものを発見してしまいました。



    ファッ!?アミューズメントライフ・・・。
    ・・・アミューズメントライフマガジン!?!?
    本物なの!??


    ビックリしました。おそらく、今年一番ビックリした瞬間だったと思いますw

    この雑誌は、簡単に言うと日本のゲーム雑誌の元祖的な存在で、
    おそらくコインジャーナルの次ぐらいに古い雑誌になると思われます。
    しかも、ターゲットが一般人よりもむしろゲーセンやおもちゃ屋などの
    業界人向けだったので、恐ろしくマイナーで且つ濃ゆ~い内容になっています。
    そして実質20巻で廃刊になったのですが、当時学生だった僕は見たことも読んだこともなく、
    最近では幻の業界紙として、ヤフオクで1冊1万円前後で取引されてたらしいです。
    それが、全巻無料で読むことが出来るなんて!まさに驚天動地の出来事でした。

    ここで、冒頭の文を再掲します。
    ゼビウスあたりをゲーセンでリアルタイムに遊んだ方は、
    ただちに Kindle unlimited に入会し、即刻全巻目を通すべし!

    いやもう、レトロゲーム好きでこれを見ないと、ホントもったいない!
    僕なんて、読んでると懐かしすぎて変な汁が出そうになりましたよ、ええ!

    ところで、「ただちに」と書いたのには2つ理由があります。

    1 いつ読み放題じゃなくなるか分からない

    マンガの前科もありますし、いつ無料じゃなくなるか分かったもんじゃありません。
    まあ、お金(各380円)を払ってでも見る価値は特大なのですが・・・。

    2 この電子書籍、かなり怪しいw

    アミューズメントライフ全巻、はっきり言って版権もクソもない状況のような気がしますw
    キャプチャーも荒く、どう見ても個人が勝手にアップロードしたレベル
    なので、ある日突然、販売リストから無くなる可能性があります。

    特に2が問題だと思います。もっとも、去年の5月頃から販売されているみたいなので
    大丈夫のような気もしますが、やはり見るなら好条件の今のうちが一番だと思う訳です。


    では、ちょっとだけ創刊号をご紹介します。
    画面キャプチャを載せると叱られそうなので、
    PCの画面を撮影したものでお許しください。



    表紙です。
    「青少年と娯楽」という文字に、「インベーダーハウス→不良のたまり場」という
    レッテルを背負った業界の苦悩がうかがい知れます。



    「ビデオゲーム全員集合」
    ベーマガのスーパーソフトマガジンにそっくり…って、こちらが元祖ですね^^;



    「ハンドゲーム ぜーんぶ見せちゃう」
    個人的に超ツボの企画!ぐぉぉぉ、電子ゲーム大好きだぁぁぁ!もっと見せろ~!



    5ボクシング、12ベースボール、16ドンキーコング持ってた!
    8モンスターパニック、15パクパクマンII、友達にやらせてもらった!
    ゲームウォッチシリーズ、だいたいおもちゃ屋の試遊台で遊んだ!懐かしすぎるわ!



    新宿のゲームファンタジア、間違いなく行ったことあります^^



    川島恵ちゃんビデオゲームにアタック!フロントライン・・・ってなんでだよ!
    せめてペンゴとかにしてあげなよ!



    読者プレゼント。うおー、欲しい!全部くれ!俺にくれ!



    さらにマイコン特集。なんというおっさん殺し。ここは天国か・・・。



    裏表紙はぴゅう太。日本語ベーシック、根付きませんでした。残念!

    他にも、遊園地のレポート、映画アニメ情報、ナムコ社長などのインタビュー、
    業務用バーニンラバー特集、法律相談(ここらが業界紙っぽい)、
    屋上遊園地紹介、ぴゅう太・M5・マックスマシーン紹介、秋葉原情報、
    戦闘メカザブングル記録全集など本の紹介、貴重なメーカー広告・・・などなど、
    思わず1万円出して本物を買いたくなるほどの内容でした。
    個人的に、幻の本を読むことが出来て心の底から満足です。

    という訳で、気が向いた方はぜひ Kindle unlimited に入会(一ヶ月無料)してご覧ください。
    別にKindle端末を用意する必要はなく、PCやタブレット、スマホでも見ることが出来ます。
    ちなみに今回、僕は「ビデオゲーム」という検索ワードで偶然AMライフを見つけましたが、
    他にも会員になった後で「ゲームサイド」「ファミコン」「ピコピコ少年」とか検索すれば、
    きっと幸せになれると思いますヨ!

    それでは。
    レトロゲーム関連書籍、およびその愛好者に幸あれ!


  • 広告
  • あそぶ!ゲーム展-ステージ2、今日開幕。ワイ田舎民、羨まし過ぎて咽び泣く。

    2016-09-10 08:092

    「あそぶ!ゲーム展-ステージ2」が、本日9/10(土)から開催されるのですが、
    その展示ラインナップを見て度肝を抜かれました・・・。

    ■展示予定ゲーム
    ※実際の展示では変更になる場合があります。
    ※一部のゲームはプレイ出来る曜日や人数に限りがあります。

    ※一部のゲームは移植版等での展示になります。
    <アーケード>
    『ゼビウス』(1983年/ナムコ)、『マッピー』(1983年/ナムコ)、『マリオブラザーズ』(1983年/任天堂)、『メジャーハボック』(1983年/アタリ)、『リブルラブル』(1983年/ナムコ)、『ザ・ビック・プロレスリング』(1983年/テクノスジャパン/データイースト)、『ドルアーガの塔』(1984年/ナムコ)、『VS.レッキングクルー(VS.システム)』(1984年/任天堂)、『エキサイトバイク(VS.システム)』(1984年/任天堂)、『アイスクライマー(VS.システム)』(1985年/任天堂)、『ツインビー』(1985年/KONAMI) 、『マーブルマッドネス』(1985 年/アタリ/ナムコ) 、『グラディウス』(1985 年/KONAMI)、『スペースハリアー』(1985年/セガ)、『ガントレット』(1986年/アタリゲームズ/ナムコ)、『熱血硬派くにおくん』(1986年/テクノスジャパン)、『沙羅曼蛇』(1986年/KONAMI)、『源平討魔伝』(1986年/ナムコ)、『アウトラン』(1986年/セガ)、『カルノフ』(1987年/データイースト)、『スーパーハングオン』(1987年/セガ)、『R-TYPE』(1987年/アイレム)、『アフターバーナーⅡ』(1987年/セガ)、『テトリス®』(1988年/セガ)、『ナイトストライカー』(1989年/タイトー)、『ダライアスⅡ』(1989年/タイトー)など。

    ※『エキサイトバイク(VS.システム)』、『アイスクライマー(VS.システム)』『熱血硬派くにおくん』、『沙羅曼蛇』、『源平討魔伝』は、9/10(土)~12/11(日)の期間限定展示 ※『VS.レッキングクルー(VS.システム)』、『カルノフ』、『R-TYPE』、『テトリス®』は12/13(火)~3/12(日)の期間限定展示

    http://www.skipcity.jp/vm/game2/

    ・・・なんだ、ただの神展示か\(^o^)/

    いやマジ、なにこれ。なんスかこれ。
    前回のステージ1さえ文句なしの神展示だったのに、今回ちょっとリミッター外れ過ぎですよこれは!
    特に、大型筐体の充実っぷりに驚かされます。
    ただ、体感筐体はプレイ制限があるようで、特にスペハリのムービング筐体は11/5(土)の15人限定のみ、
    アウトランやAB2も土日祝は時間制限があるようです。
    (もっとも、アウトランやAB2は平日なら終日プレイ可能のようですし、
     スペハリも汎用筐体(たぶんシットダウン筐体)だったら制限なく遊べるみたいです。)

    あとは、「※一部のゲームは移植版等での展示になります。」という部分がちょっと気がかりですが、
    少なくとも大型筐体は本物でしょうから、余裕で許せる範囲内だと思います。
    なんてったって、入場料が驚きの510円!で遊び放題!…それにつけてもGAMEON(ボソッ
    今回のイベント、おそらく土日祝はかなり混むと思いますが、
    それでも行く価値はあるどころか、レトロゲーマーなら行かない理由はないと思われます。
    僕が都会民だったら、土日に行くのは勿論、無理してでも平日に行って朝から晩まで遊び倒したい!
    ていうか、都会民が羨ましい!ヽ(`Д´)ノ by 四国民

    ちなみに以前にも書きましたが、西川口駅発のバス停がちょっと遠いです。
    この地図の青5番なので、行かれる方はご注意ください。
    (バスは[西川08]「総合高校先回り上青木循環」行き/「総合高校」下車 です。
     詳しくはこちらをご覧ください。)


    PS
    夏の終わりに、ファミうたを一つうpしました。
    よろしければ、見てあげてくださいませ。m(_ _)m

    ・【ファミうた】いつまでも星の戦士【SUPERスターソルジャー・ヘクター87】


  • 2016春遠征・3番勝負&お布施

    2016-03-27 20:316

    ???「GAME ONがやられたようだな…」
    ???「ククク…奴は四天王の中でも最弱…」
    ???「zofyごときに負けるとは、ゲーム族の面汚しよ…」

    ・・・という訳で、GAME ONは今回の遠征の序章に過ぎませんでした!
    本命は、過去から幾度となく戦っては敗れてきた、とある3機種への挑戦ッ!

    それぞれ人生初クリアに向けて、まずは・・・



    ウェアハウス川崎に殴り込み!



    初戦はアウトラン!いざ尋常に、勝負ッ!



    やたー!残りタイム2秒で、ギリギリクリアーー!\(^o^)/

    今まで、漫然とプレイしてはお花畑でゲームオーバーを繰り返してきましたw
    でも、ブレーキングポイントさえ押さえればクリアは可能と聞いていたので、
    重い腰を上げて頑張ってみました。タイムアタック?なにそれ美味しいの?

    調子に乗って、宿敵スペハリ



    これが一番、難しいかと思ってましたが・・・



    自分でもビックリの一発クリア!\(^o^)/

    って、画面からではクリアしたかどうか分かりませんが、^^;
    スコアで判断して頂ければ幸いです。
    15面のVICELで残機0になった時は「もうダメだー」と思いましたが、
    苦手の16面・NATURAのドム軍団を必死になってかわし、
    17面NARKでは家の練習でもほとんど出来なかった奇跡のノーミス通過を成し遂げ、
    18面のIDA事故も運良く回避できてノーコンクリアを達成しました!

    ちなみに、二度とノーコンクリア出来る気がしなかったので、
    この日のスペハリはワンプレイしかしませんでしたw



    代わりにアウトランをもう一度。今度はノークラッシュで満足いくプレイが出来ました。
    ちなみに再プレイした理由は、一度目のネームエントリーで「ZFY」と入力するつもりが
    間違って「ZFZ」になっちゃったからだったりしますw


    後日、気を良くして金沢のバイパスレジャーランドへ!



    そして・・・





    ドラスピ、2度目の挑戦でクリア!やってやった!\(^o^)/

    これは前回訪問のときにかなり練習してたので、やっと達成できたか!って感じです。
    へ?「残機4機もあるのに、なぜ点数稼ぎしなかったの」ですって?
    すみません、僕の腕前だと4機をザウエルにフルボッコされる可能性があるので、
    そんな余裕は微塵もありませんでした^^;


      ~ そしてお布施へ ~

    と、ここで僕の体に異変が!
    気力・体力ともにガクッと落ちて、体が鉛のように重たくなりました。

    思えば、遠征前は寝る時間を削って3機種の練習をして、
    そのせいでか尻から血が出て虚血性大腸炎と診断されて大変なことになって、
    それでも遠征を強行して関東→北陸とへめぐり、悲願の3機種クリアを達成したのですから、
    ここで力が尽きたのは当然だったのかも知れません。
    「まだ時間はあるのに、もったいない!」とダライアス外伝をやってみましたが、
    2回とも憤死してしまった結果を受け止め、「こりゃお布施して帰るべ」と撤退を決めました。

    お布施その1は「怒」



    ループレバーの効きもよく、プレイは快適そのもの!
    下手っぴなのですぐにゲームオーバーになりましたが、
    これほど状態の良いループレバーで遊べる一点だけでも、喜んで100円を払えます。
    できれば、TANKもどこかでもう一度遊びたいなあ・・・。



    ちなみに、怒の横にはスターフォース!本当に、桃源郷みたいなゲーセンです。

    そして、お布施その2は「ディグダグ」







    一番下の写真、「© 1982 NAMCO LTD.」のなんと潔いことか!
    今では、ナムコミュージアムの「© 1982 1996 NAMCO LTD.」のほうなどを
    よく見かけるので、「© 1982 NAMCO LTD.」には神々しささえ感じてしまいます
    ・・・って、ちょっとオーバーかもw

    あらためて考えると、このディグダグ基板は34年間もディグダグであり続けた訳ですよね。
    34年も一つのことをやり続けるって、すごいことだと思うのです。
    まあ「機械だから」と言われたらそれまでですが、個人的には深く敬意を表しますし、
    「よく頑張ってるなあ」という労いを込めて、喜んで100円を落とせます。
    このあたりは、間違ってもエミュ台には起きない感情ですね・・・そもそも著作権的に(ry

    今では家庭用ハードでも業務用そのもののゲームが遊べますが、やっぱり本物で遊びたい!
    これが、おっさんになっても遠征している僕の原動力のような気がします。
    なんとも厄介なこだわりのような気もしますが、これからも頑張って行こうと思います。