2015年のアニメ10選
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2015年のアニメ10選

2016-01-04 22:50
    2クール以上のものも含めると年またぐので2015年放送開始の1クールアニメの中から個人的に気に入ったものを10作選びました。

    ローリング☆ガールズ


    全話通して見るのが一番楽しいと思う。
    最初はブルーハーツとご当地ネタだけかと思っていたら、各地で出会うキャラクターたちの派手なサブストーリーとそこまでの派手さは無いが確実に進行するメインキャラ達の関係性が見ていて面白かった。

    SHOW BY ROCK!!


    独特な世界観にキャラクターの魅力が上手く合わさっていた。
    キャラクターデザインが色鮮やかで映像からは常に賑やかな感じがしていて、とても楽しげだった。

    響け!ユーフォニアム


    主人公がクールでヒロインもクール だからこそ泣くシーンと叫ぶシーンでの感情の起伏が際立って印象的だった。
    1話毎の引きが良いので毎話続きを楽しみにすることができた。

    えとたま


    放課後のプレアデスと並んで2015年最も気に入ったアニメ
    全体的にはコメディ調だけどしっかりストーリー性も組み込まれていて楽しかった。
    視聴者が好む展開と嫌う展開をわかっているという感じ。
    多分これからもファン向けに展開ありそうなので期待。

    放課後のプレアデス



    物語の舞台はこれ以上ないほど広大なのに、キャラクター数は纏まっていてキャラの内面もしっかり描かれていた。
    まさにSFといった作品でしっかり練られたストーリーに惹きつけられたので、見てない人は是非見て欲しい。
    Youtube版から4年待ってよかった。

    Classroom☆Crisis


    どんなアニメなのかを感じ取るまでしばらく時間が掛かってしまうが、目的や最終的な到達点がハッキリと見えてからは楽しかった。
    放送前のキービジュアルを含めて何のアニメなのかが分かり難かったのが勿体無かった。
    大人と生徒達の人間関係と後半の展開が好き。

    監獄学園


    何度か原作を読もうとして途中でドロップアウトしていたけれど、映像で見ると簡単に入ってきた。
    ギャグのままで盛り上げてくれるから体感的に短く感じられる。
    ギャグシーンの緊張感をテンポ良く見せてくれていた。

    城下町のダンデライオン


    最初はキャラが多すぎて覚えられなさそうと思っていたけれども、能力と年齢差で紐付けられるから割とすぐに覚えられた。
    1クールで全キャラ掘り下げてストーリーも完結させるのはすごいと思った。
    そういえば花澤さん主人公のアニメ久々だったなあと思って花澤さんのWikipedia見に行ったら2016年の欄が既に太字(メインキャラ)ばかりで7つも書いてあってヒイッってなった。

    ワンパンマン


    この10選の中で唯一原作(村田版)を読んでいたのでストーリー的な新鮮味は薄かったが、期待していた通りのものを見ることができた。
    まだ顔を見せただけで活躍を見れていないキャラクターも多いのでぜひ次も見てみたい。

    落第騎士の英雄譚


    キャラクターに魅力がありキャラクター数もそれほど増えないため最初に抱いた雰囲気のママ最後まで見ることが出来た。
    主人公の能力の性質上短く終わるバトルシーンだが、その分映像的な演出で惹きつけてくれていた。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。