前回までのあらすじ【beatmaniallDX】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

前回までのあらすじ【beatmaniallDX】

2019-06-02 18:33
    現在6月2日の夕暮れ時、遅めの5月病が発症している私は維椎(いしい)と申します。不安定な精神状況のため文脈、言葉選びがしっちゃかめっちゃかになっていると思われますので、この記事はちょくちょく編集する予定です。
    ご了承をば。


    ~beatmaniallDXを知るきっかけ~

    多分、駄文の人さんのスクフェスに弐寺の譜面を移植する動画から。
    なつかし
    当時、スクフェスを頑張ってた頃の自分がこの動画を見て何を思ったか記憶にありませんが、今日に至るまで私はビートマニアをしています。
    そういうことです


    ~beatmaniallDXに触れるきっかけ~

    最初に触れたアーケードの音ゲーはリフレクビートでした。
    スクフェスと同じタッチパネル音ゲーなので、リフレクやってたらスクフェスも上手くなるかなーと思ってe-Amusementpassをかざしました。
    全然上達しませんでした。ていうか、あのゲーム指と爪の間めっちゃ裂ける。
    そしてmaimai、グルコスも含めたアーケード音ゲー一通り触ってついに巡り合いました。













    _人人人人人人人人人人人人人人_
    >         jubeat         <
     ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


    楽しいですよね、ユビート。
    アニソン、ソーシャルミュージックに限らずマイナーなJロック曲を版権曲で入れてくれる所がめっちゃ好き。今もやってます。
    手元覚えなきゃいけない音ゲーって、巷で散々言われてると思うんですけどすぐ楽しく遊べないんですよ。そういうことで初めてお熱になった音ゲーはユビートでした。

    ビートマニアはサブでちょこちょこ遊ぶくらいでした。
    始まりは。

    ~beatmaniallDXに嵌るきっかけ~

    初めてビートマニアを触った時のバージョンはPENDUALでした。
    現代verに時にカードをかざして鳴る猫又サウンドの重低音が忘れられません。アークスコアで早くPENDUALきて
    初めてプレイした時、先に遊んでいた人がいたのですがその人がプレイしていた曲が「G2」だったことは今でも覚えています。ムービーが印象的なんですよね。この宇宙人は何から逃げてるんだろう、いや追いかけてるんじゃないのか。
    最初は1P側でしたが、この右側の方も使っていいんだってことを知ってすぐにシフトしました。右利きなんですが右手で鍵盤4、5個、使い慣れてない左手で鍵盤叩いてターンテーブルを回すなんてできるわけないと早い段階で悟っていました。

    少し話が反れました。
    嵌るきっかけ、きっかけになった曲は「SURVIVOR」でした。
    エフェクターでREVERBかけるとこの曲ウーファーがガンガン響くんですよ。
    それが好きになったことが大きな理由で、ビートマニアの上達を目指してプレイするようになりました。SINOBUZが始まって間もなくのことでした。

    ~そして今(Present)~

    2019年5月下旬にRootage中伝になりました。
    段位取得遍歴を辿ると、
    PENDUAL、copula6級→SINOBUZ6段→CB10段
    CBの終わりごろにDAOコンを買いまして、ニコ生で配信を始めました。
    配信始めたのは悲しい理由なんですが、友達がいないからなんですよね。
    音ゲーのことを話せる人が身の回りにほぼいなくて、交流目的で配信させて頂いております。











    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。