動画作成メモ その1?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

動画作成メモ その1?

2015-09-23 21:00

    今回は私の動画作成~投稿までの流れについてのメモになります。
     この記事の文章はあくまでも1個人の作り方や考え方で、間違っていたりする事もあるため深く考えずに読んでいただけるとありがたいです。

     動画作成の方法は恐らく投稿者さん毎に違いますし、こだわる箇所も人それぞれだろうと思います。
     動画作成に使用している動画編集ソフトはAviutl。

    おおまかな作成手順

    1. ネタ作り
    2. セリフ入力
    3. MMDを使用して撮影
    4. SE/BGMの設定
    5. クレジット入力
    6. チェック
    7. エンコード
    8. チェック
    9. 非公開投稿&最終チェック
    10. 投稿&コンテンツツリーの登録
    ざっとこんな感じ。動画作成作業のメインは1~4で、大半はカット毎に並行作業をしています。
     以下、項目別に少し詳しく書いていきます。
    1.ネタ作り
     脳内に浮かんできた会話をメモ帳に記録。セリフを只管書き出して話を作る。補足やその時の動作や情景も浮かんでいればついでにメモする。
     このメモの内容を整理したり、不足部分を埋めたりしながら話を作っていく。どうしてもまとまらない場合は何をどうしたいのかが分からなくなっていたり、会話の内容が脱線していたりするので、起承転結でも箇条書きでもいいので少し簡潔にどういうシーンなのかを文章にして整理して考える。
    2.セリフ入力
     Aviutlにセリフを入力する。直接入力するのは手間がかかるので、献立P様が作成したツール「AviUtlテキスト入力支援ツール」を使用して一括でセリフ作成を行う。ツールで作成したexoファイルをAviutlの拡張編集タイムライン上にドラッグ&ドロップしてセリフ入力完了。この時点で大体の尺が決まる。

    AviUtlテキスト入力支援ツール」については上記動画をご覧ください。
    フォントとフォント色について
     セリフや説明といった字幕は見る人が読めなければ意味が無いので、雰囲気やイメージを重視しすぎて読みにくい字幕を作成しないように注意する。特別な理由が無いのであれば文字は全て縁取りをしておく事。 
    3.MMDを使用して撮影
     MMDを起動して撮影を行う。まずは必要なスカイドーム・水面・ステージ等を読み込んで作る話の時間帯に合わせて照明を適当にいじくりまわす。(屋内撮影の場合は照明の高さを少し低めにする)
     その後、必要なアクセサリやモデルの初期配置を行う。大体0~50フレームの間にアクセサリやモデルの初期配置等を済ませる。
    MMDのアクセサリ・モデルの配置をする前の注意事項
     MMDに読み込む前に付属のreadmeを良く読む事。readmeにはやってはいけない事がしっかり書かれているので、「自分が今から作る作品が禁止事項に触れてはいないか」をしっかり確認してから使用する事。
    やっておくと良い事
     アクセサリ・モデルを読み込む時に、使用するモデル名・アクセサリ名と作者名を全てメモしておく。コレを癖にしておくとクレジット作成が非常に楽になるハズ。

    4.SE/BGMの設定
     そのシーンで使うSEやBGM等を選んで配置していく。BGMのBPMをセリフ切り替えのタイミングに利用する場合は先にBGMを決める事もある。
    5.クレジット入力
     動画で使用した素材を全て書き出す。ミスがないか、抜けが無いか等を入念にチェックする。コンテンツツリー登録可能な素材であればできるだけ登録する。(コモンズ素材の場合はツリー登録必須)
    6.チェック
     1つの動画として完成した状態になったら、動画ファイルとして出力する前にミスや違和感・不満等が見つからないかチェックする。できれば一度チェックしてミスが見つからなかったら時間を置いて再度チェックをするのが望ましい。睡眠をとった後の方が尚良い。(時間を空けずにチェックすると、ここはミス無かったし平気だと慢心する事が多い為)
    7.エンコード
     動画投稿サイトに投稿できるようにエンコードを行い、動画ファイルのサイズを小さくする。動画の尺や内容によっても変わってくるので、満足いくラインを探ってそのラインを満たす最小容量でエンコードをするのが理想(要するに高解像度&小ファイルサイズの動画を作る)。始めはAviutlで直接エンコードしていたが、尺等で色々設定を調整するのが面倒になったので最近はavi形式で出力したものをつんでれんこに放り込んでエンコードを行っている。
    8.再度チェック
     エンコード終了後にエンコードした動画ファイルを再生してチェックを行う。問題がなければそのまま動画を投稿。
    9.非公開投稿&最終チェック
     文字通り、非公開設定で一度投稿を行う。サムネイルは投稿する時点で決定しないといけない(投稿したら変更不可能)ので、慎重に選ぶ。サムネイルを選んだら動画タイトルを書き込み、投稿者コメントに必要な情報を書き込む。投稿者コメントはできるだけコンパクトに済ませると良い。動画マイリストや、シリ前の動画等のリンクを書いておくのを忘れずに。
     投稿が終了して再生できる状態になったら再生を行い、ミスが無いか等の最終チェックをして、ミスがみつからなければ公開。
    10.お気に入り登録&コンテンツツリーへの登録
     作品用のマイリストがあれば、動画ページを開いてマイリスト登録を行う。
     作成した動画に使用した素材や元ネタになった動画等がニコニコのコンテンツ上にあれば登録する。コモンズ素材を使用している場合は忘れずに登録する。

    と、大体上記のような流れで動画を作成&投稿しています。一応チェックは厳重にしているつもりですが、ここの所慎重さが足りないのか誤字がチョクチョク出てくるように・・・w

    といった所で今回はこれにて終了。

    最後まで読んでくれた方、お疲れ様でした&ありがとうございました!!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。