[MMD]知っておくと便利な機能「元に戻す」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[MMD]知っておくと便利な機能「元に戻す」

2015-10-07 12:50
    皆様こんにちは。まゆつまです。
    今回の記事では、MMDで作品を作る際に知っておくと便利な機能「元に戻す」機能について触れようと思います。

    この時点で、「ああアレね。知ってる」って人はこの記事を読んでも得はしないカモ・・・w

     私が使用しているMMDのバージョンは9.26の64bitOS版です。

    ポージングを復活できる

    頑張ってポージングしたぞ!!
    あっ、手が"→"キーに・・・折角ポージングしたのにポーズが消えたorz

     という具合にMMDでポージングをさせた後、ついうっかりフレーム登録を忘れて、"→"キーや"←"キー等を押してフレーム移動を行ってしまい、「ぎゃああああ!今までの苦労があああああ!!」という感じに絶望した経験はありませんか?

     これ、絶望する必要ありません。「トホホ、またポーズ付け直しだよ」と言って1からポージングする必要もありません。

     「元に戻す」ボタンを押すか、"Ctrl+Z”キーを押してみてください。(両方同じ元に戻す機能)

    おかえり

    って感じでボタン一つで消えてしまったポーズを戻せます。モーションデータやポーズデータを本来と別のフレームに投下してして登録してしまった場合等にもこの機能を使って投下前に戻す事が出来るので覚えておくと作業がだいぶ楽になると思います。
     
     1つだけ注意が必要なのは表情フレームです。上記の画像でも分かる通り表情フレームはこの機能の影響を受けないみたいなので、そこだけは注意してください。
    追記:カメラボーンにも元に戻す機能は効果がありませんのでご注意。

    多分他にも色々使い方はあると思いますが、今回一番伝えたかった事は上記の通り

    フレーム登録を忘れて消してしまったポーズは「元に戻す」ことができる


    という事でした。伝えたいことも伝えたんで今回はこの辺りでお開きです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

    おしまい
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。