財務破綻 2020年ー1150年問題
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

財務破綻 2020年ー1150年問題

2020-10-25 01:07
    公務員が情けない。財務管理と債務の放棄で、

    公務員削減と並行して、国民の策定考案をしていくしかない。1:08

    _________________________________________________


    1150年頃に、過去現在将来から人材を派遣する、時空科学技術の制御、

    2020年以後も、債務放棄を慣行していくなら、その時点で切り詰めていくということが

    妥当だ。


    自衛隊時空映画、

    「戦国自衛隊」、「源平自衛隊」、「関ヶ原自衛隊」は、制作された。


    特に、源平自衛隊の、自衛活動について賛否。関連している。


    今日国家財務破綻の清算について1150年程の民族構成を参考にしていく。


    アパマングループ社長は、金成立圧力の高麗から列島へ逃亡しようとしたが、キャンセルとなった。

    「アパマン国」の債務放棄と韓国共謀の増資計画は、見直されることになった、その指標として、

    1050年~1100年の移民監査、友好帰化済である日系が財務管理を踏襲すること、

    「アパマン国」民族の列島侵入禁止、追放を1150年テーマのひとつに。

    韓国 財務破綻レベルと協調して、とのことである。


    近衛文麿の、債務放棄は、源平、近衛天皇時代と連結しているだろう。

    どのみち近衛文麿は債務放棄ということはその時点で死刑であるが、折り重なり国家財務破綻を迎えたので、1150年頃の天皇に祭り上げ、監理していくという状況になっている。

    近衛天皇、子孫繁殖のキャンセルである。1:21

    この趨勢が国に広まれば、概ね、1150年頃、一端、暴挙負債資本主義は制止されて、1100年頃の安寧が還ってくるようでもあるでしょうか。









    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。