ラスト問題 清算モード
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ラスト問題 清算モード

2020-10-26 09:10
    群馬県

    資金繰りに失敗して今月末で引き落とし不能になる人1258名さま。訳あり。

    前月に破産申請した1312名 

    500名 清算済 焼却済

    250+逃亡(7+8)=265名さま 今日は清算も引き続き 存命 焼却へか、、、、

    今日としては群馬県総合安全保障、経済安全保障の、不備が見受けられることになるかもしれない。

    悪いことは言わないが、この国家県システムでは、不当に損じているところがある。

    、、?不都合が露呈してしまうので、バツが悪いようだが、

    国家ー県システムについて公務員はこびへつらって権益を確保している姿勢だから、総合統治の点数は高くない。

    県民大衆経済システム自体から、清算して切り上げようとするゼロ資産者が見守るなか、

    耐用負債者について、不当に殺処分してしまってきているところはあるだろう。

    先月今月は 74点~72点 だそうだ。特に2点減点は清算ゼロ負債に近い有識者を2名殺処理してしまっているということかららしい。

    (反省の担当自殺、3+1 先ほど あと1 9:41)

    私たちが、統治に参画すれば88点にはなるだろう。
    それほど県公共公務レベルは宜しくない。

    安全保障を解釈すると、

    準禁治産のひにん擁護もまだまだあるし、劣等層優遇擁護の過剰、経済システムの根本的改ざん悪循環に従事する面々、


    県人口 141.79万人

    改ざん経済システムから脱出している、しようとする1100~2200名


    HPから、~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    群馬県の人口と世帯の動き【令和2年10月1日現在】

    人口と世帯

     人口総数 1,926,370人(前月比1,077人減少)

     (男) 952,945人(前月比549人減少)

     (女) 973,425人(前月比528人減少)

     世帯数 812,688世帯(前月比25世帯減少)

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    国家国民経済活動をするのに、統計改ざんは必須だ、そのギャップで大した労働でもないのに配当が回るシステムを最大限度保持してきている。
    このことは、一部の統治層や実業家や本当の勤勉家やエリートなど正当マイノリティを阻害してきた。

    改ざん経済システムに乗れる人たちは最大動員で継続保持していきたい。良いとか悪いとかの問題でなく。99.X%

    しかし正統との調和というと、一般大衆の中には権益に授かるのにふさわしくない準規格以降がある。

    ええ、わたし(たち)は降りようとしている、それは破綻に程近くもあるし分かり切ったことでね。

    自治点数は今回底打ちから向上することでしか、働き甲斐は頂戴できない。

    が、やましさ、不当は、人存在の品格とかどうでもいいか、

    では、今度から74点均衡でお願いします。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。