北浦和出身女性29歳 焼却の件
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

北浦和出身女性29歳 焼却の件

2020-10-26 11:01

    高崎市居住していた女性が藤岡の岡之郷クリーンセンターで焼却された。

    この人は純資産家系であったが資金繰りに行き詰ったことで、拉致、焼却された後、

    遅れた先祖連が、金を溶かして倍以上緩和した、今日午前。


    なすすべなし


    岩槻区の真理探究家、こんにちは。あなたは賢者ならば、この話いかがですか?

    桶川、上尾に、連絡が通じなくなった短大?の友達がいるようです、インスタグラムに固執しているようですが、やはり改ざんアプリでしょう。

    29歳は優雅で32歳風格だったようです、スモールビジネスオーナーだったのかな、、

    _____

    悪統負債層が、資産家系をやりこめて死亡させた後に、金資産開放蒸発させるヒトゴリラの行為を逆手にとっているようだ。その人は資産保有証明有無の過程に留まり、現行経済システムに挟まれて、身動きできなくなった、

    金資産持ち主への管理移譲が阻害されている、収奪と負債資本主義経済体制の占有、

    (あなたも資産家だが、悪統体制に、担保に取られている、というようなお話です。)

    そのご家督は既に5.7kgの純金を融かし蒸発させてきてしまった。

    それで直系のご本人には、0.1kg分を焼却後に、やっと蒸発させて与えることができた、と。

    ヒトゴリラのアガリ、現代へ招待ということもできる、それならば日月年の自転暦に付き合わなくても、移動経費を支払えば、直系に多量の資産を渡すことができるでしょうが。

    お父さんが死亡 4.kg

    お母さんが生存 3kgは 家系持ち物で移譲することができる、ようです、

    娘さんに最も期待していた、ようでした

    無能の警察が、このご家系資産にしゃぶりついていることから、そもそも不秩序となっている





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。