ご家庭経済安全保障 
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ご家庭経済安全保障 

2020-11-29 20:01
    ブラックリスト候補から一転、地球連邦軍方面へ抜擢採用された社会エリートも見守ります。

    現在の煮詰まりは、子持ち家庭世帯の経済負債超過と、制裁執行のところです。

    かなりの体数に到っているようです。

    山形県では固定負債500万円で、世帯関係構造によりますが、ここでは、

    仕事して妻子生計納入義務を果たしてきた夫が残り、妻と子が制裁処分される案件から想定しています。

    山形県 制裁対象557 世帯 から 現在 残る53X世帯 国範

    、、、

    群馬県 制裁対象288× 世帯

    、、、行ってみましょう!


    翻って、家庭相場談義です。婚前状態の男女の経済誓約について。

    子を18歳まで育て上げることへの家庭義務金を妻母200万、子300万を最低保証と設定
    することです。(山形県)

    18年~20年 母子義務保証金 合計500万~
                      600万~
                      700万~●
                      800万~

    現況父母子世帯に戻しますと、固定負債700万 帯 で制裁か膠着しているようです。


    婚前状態では、つまり通常500万~700万は母子に納入する見込みが確実的に立たなければ、婚姻妊娠のステージまで進むことはできません。子18歳までの目安ですが、実際納入したとしても、まだ子ども小学生か中学生であることがほとんどのようです。
    700万納入して、妻子の死亡見送るという人生設計であれば。結婚は可能なようです。

    (それなら、結婚出産は諦める方が断然オトクでしょうか。。)


    ここで反転して、世間には、妻子保証義務金を最低500万払う用意がなくとも、
    男性父権を、女性家庭側が買い取るという案権もまた実際想定されています。

    0~22万 このあたりで買い上げ、父としても承認し、子育て保証を妻側家族が引き受けるという構図です。

    (それなら、とにかく、婚姻支払い義務を意識することなく、奔放である方が国社会にも好さそうですね。)


    つまり、アダルトセックスファミリーソサエティの方が国社会は好きだということです。

    くだらねぇ負債劣等世帯をいちいち処分していかなければならないのですから。






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。