丹後神社巡り20
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

丹後神社巡り20

2019-09-18 11:26
    どうもこんちはー! 大庭にこです!
    今日もまた神社巡りやっていきたいと思います!

    この日は8月の上旬、友人の結婚式の日でした。
    式が夕方の5時からだったので、せっかく市内に行くなら神社にも行こうということで午前から向かいました。
    そして行きました!!







    この赤い大鳥居と狐さん。
    そう!!

    「伏見稲荷大社」!!!





    いや~、やってきましたよ伏見稲荷!
    神社巡りをするにあたっていつかは行きたいと思っていた神社のひとつです。
    のっけから、今まで参ってきた神社とは規模も人の多さもけた違いです。







    参道の脇にある末社もなんか綺麗で豪華。
    これから山を一周するわけですが、山中にも鳥居や祠がたくさんあります。





    参道の階段を挟むように控える狐さん。
    片方は巻物を、片方は球をくわえてるんですよね。
    台座もどっしりとしていますね。







    拝殿、そして本殿です。
    本殿に参るだけなら、100メートルほどの参道を歩いて鳥居と門をくぐればそれでいいのです。
    しかし、せっかく伏見稲荷に来たからには勿論ここで帰りはしません。



    これをくぐったら山の入り口だぁ……



    先ほどの鳥居をくぐり、千本鳥居の手前にある祠です。
    祭神それぞれの知識があればもっと楽しめるのでしょうが、如何せんまだ知識が無いので写真を撮るのみ。





    いろいろと撮りたいものはあったのですが、なにぶん人が多すぎるものでオブジェクトだけを写真に収めることはできないのですね。





    さあてここからが千本鳥居であり山登りです。
    伏見稲荷は山ひとつまるまる一周が境内なのです!

    先ほども言った通り、この日は8月上旬。真夏真っ盛り。
    そして友人の結婚式のために来ているので僕は革靴、スラックス、ワイシャツの山をナメきった服装。





    もうここからは山と鳥居です。
    じっくりと風景と鳥居のコントラストを撮りたかったのですが、人の多さと暑さでカメラに集中することができませんでした。なんという失態だっ!!





    ちょっと順路から外れて外から撮ってみたりとか。



    ところどころにこのような鳥居と祠がたくさん建っている場所があるのです。
    正直言うとここら辺に来た時には既に汗は引いてて頭痛が襲ってきています。
    やばいです。



    こういった池があったりとか。







    ブレのある写真の多さに限界を感じますね……











    とりあえず赤い鳥居が多い!!
    そして小さな祠から大きめの祠まで、全部合わせるとしたら200以上はあるんじゃないでしょうか?



    今までは見向きもしていませんでしたが、ここで「御朱印」に興味を持つことになります。
    せっかく夏の暑い中、山を一周してきたのですから欲しくもなります。

    さあさあもらおうと列に並んだところ、どうやら注意書きが。

    「朱印帳を開けておいてください」


    持ってへんがな。

    恥ずかしながら、まさにこの時まで御朱印ってのは一枚の紙みたいなもので、のし袋みたいな封筒に入れた状態でもらえるものだと思っていました。
    だもんでその時の僕はパニックです。

    朱印帳とは何ぞや? 売店にも「朱印帳」の文字はないぞ……どこで手に入れるんだ???

    結局どうすればいいのか分からず、その日はそのまま帰ってきてしまったのでした。
    正直に人に聞けばよかった……

    後々知ることになるのですが、御朱印というのは朱印帳という冊子に書いてもらうものだそうですね。
    そしてその朱印帳はその場で言えば購入できるとか。

    しかも、一口に朱印帳といっても、買う神社によってはデザインも違うみたいで。
    伏見稲荷の朱印帳は狐さんがデザインされていて可愛いと評判だとか……

    本当にあの日は勿体ないことをしてしまった……
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。