ソウル戦記 キャラ評価 SSR
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ソウル戦記 キャラ評価 SSR

2018-04-21 23:07
  • 7

 細々とした書き直し加筆は随時

 2018/06/17:書き直し完了
 2018/07/31:福島亜紀加筆修正。周セイウ追加。姜ショウレイ追加。
 2018/08/03:夜叉響子修正。
 2018/08/17:北条莉那追加。



 一個人がキャラ評価をしていくだけの記事
気軽にキャラ替えをし辛い一キャラをじっくり育てるゲームなので育てる前の参考にでもなれば幸いです。

 前に書いていたのを追記の際に間違えて消してしまったようなので改めて書き直し。
前回よりはプレイが長いので少しはまともになったかも。

 ソウル戦記攻略 Wikiのデータを参考にしつつこの記事を書いております。




 レア度毎の特徴



 SSR

 まずステータス高い。数字は大正義。
スキルや奥義は良くも悪くも個人プレイなものが多い。
自身を強化するスキルや相手に大きなダメージを与えるスキルが多く、相手から倒されない、相手を倒すといった趣旨のものが多い。
代わりにパーティへの支援となる味方へのバフや、相手を行動不能にするスキルが非常に少ない。



 SR

 凸がしやすく、凸状況によるステータスの上昇は勿論のことパッシブスキル解禁での恩恵、更には好感度や装備の補正が大きいゲームなので色々と合わせてなんだかんだで割と良いステータスになる。
味方へのバフや敵への気絶効果を持つキャラクターが多く、敵を倒すというよりはパーティの支援を行うキャラクターが多い。
当たり前だが敵を倒す性能はSSRに劣る。



 R

 好感度や装備である程度はまかなえるとは言えやはりSSRから2ランクも落ちると少々厳しい。
絶対的に低レアは人権がないゲームではないが使うには覚悟が必要。
数値が低くて使うのが辛いがスキルや奥義の効果自体は優秀なものが多い。
自分で使うことより敵として出てきたときに厄介なキャラクターが多い。




 奥義の特徴



 単体攻撃

 単体へ非常に威力の高い攻撃をする。
当たり前だが敵の数を減らすのは非常に大切。
攻撃としては優秀だが敵への追加効果を一人にしか与えられないなど範囲攻撃に比べて追加効果への期待は薄くなる。(代わりに確率が高いことも多いので一概には言えない)



 敵縦列攻撃

 単体ほどではないが威力の高い攻撃を縦列に打つ。
相手の後列へ威力の大きい攻撃を当てられるのが特徴で防御性能の低い後列を削る性能が高い。



 敵前列攻撃

 敵前列への攻撃、前列が全滅している場合は後列への攻撃となる。
3キャラをまとめて攻撃できる。
戦闘開始時は対象キャラクターが多いが1ターン目以降は前列1キャラのみへの攻撃になったりすることも多い。
前列で陣取っているディフェンスタイプを攻撃するには心もとない威力。
大したダメージを与えることも出来ず、ゲージを与えるだけになることも多い。
ダメージには期待せずに追加効果に期待したい。



 敵後列攻撃

 敵後列への攻撃、後列が全滅している場合は前列への攻撃となる。
3キャラをまとめて攻撃できる。
敵の攻撃役を直接狙うことが出来、全体攻撃よりも威力が高く優秀。
当たり前だが単体攻撃ほどの威力は無く、中途半端にダメージを与えると敵の攻撃役3キャラの奥義3連発と言った手痛い反撃を受ける。
また、ストーリーや無限城と言った対人以外のステージでは敵の後列は攻撃性能が高い半面防御性能が脆いと言ったことがないためゲージをむやみに貯めるだけの行為になりやすいので注意。
闘技場向けではあるがストーリー等向けではない奥義。



 全体攻撃

 ストーリーの道中攻略等で非常に便利な半面威力の低さからストーリや闘技場他全ての場面において相手のゲージを貯めるだけの行動になる可能性がある。
雑魚散らし用の奥義。
現在は無限城も掃討機能が付いたためずっと抱えて打つ機会がないことも多い。
闘技場で全体攻撃や後列攻撃持ちを採用するのなら最低限2キャラは採用したい。
1枚採用の場合の例として先行本多奥義からの反撃6奥義で壊滅とかになりやすい。




 タイプの特徴



 アタックタイプ

 脳筋。
クリティカル、クリティカルダメージを持ちクリティカルが出ると一瞬で相手の体力が溶ける。

 初期ステータスに貫通率を持つキャラクターも多い。
最終的にこのタイプでどれだけ相手を削れるかと言う勝負になりやすい。
クリティカルを上げ敵のガード率を下げる足利真子、クリティカルダメージを上げる趙竜胆、敵の被ダメージ自体を増加させクリティカル減少率を下げる森彩華と言ったこのタイプを補佐してくれるキャラが居ると非常に強力になる。



 ディフェンスタイプ

 ガード率、ガード強度を持ち、後衛に攻撃を通さないのが仕事。
クリティカル減少率は持っていないことが多いためアタックタイプに消し飛ばされることも多い。

 自身を強化するスキル、奥義を持つキャラクターが多い。
そのため一度自己強化を出来ると強固になるが、スキル、奥義を発動する前に攻撃されるとあっさり落ちることも多い。
初動を耐えきれるようにしっかりと装備含め育成しておきたい。
また、当たり前だが攻撃性能は低く、このタイプが多ければ多いほどパーティの火力不足になりやすい。
火力の無さからこのタイプの気絶効果等が無い範囲奥義はゲージ献上になりやすい。



 バランスタイプ

 貫通率、クリティカル減少率を持ち、ガードさせない、クリティカルもらわないというダメージを与える際は安定して与えられ、貰う際は大ダメージを貰わないのが特徴。
反面クリティカルで大ダメージを与えたり、ガードでダメージを大幅軽減することもない。

 味方への支援行動を持つキャラクターが多い。
クリティカルを貰わないというのが非常に大きく、しっかりと育成して前衛として活用できれば攻撃を受けて怒気を貯めてガードを許さない奥義を連発する厄介なキャラクターに育て上げることも可能。
闘技場で出会う星7趙竜胆とか本当に邪魔くさい。




 キャラ評価の前置き

 まずこのゲーム SSRどころかSRにすら死にキャラは少ないです。
どのキャラクターも他のキャラクターでは代用できない仕事持っている場合が多いです。
しかしながら実際に使うキャラクターは基本の6キャラ。そこから無限城用や闘技場用で1キャラ差し替える程度で実際に使用するキャラクターとしては非常に少なくなります。

 まあ、端的にいうと枠足んね。
十分に使いみちはあるけれど枠の厳しさ故にこのキャラ入れるなら他入れると言うことで割とボロクソ書くことあるよ。


 また、凸は運なので置いといたとしても装備や好感度、段位の育成に非常に時間が掛かります。
更にキャラクターのインフレというものが無いため、とっかえひっかえすることがあまりなく、なんだかんだで今まで使っていた凸具合が高く、段位や装備を育成していたキャラクターを継続して使うことが多いです。
SSRの話で言えば無課金キャラなので早い段階で手に入る可能性が高く、凸も進んでいる可能性が高い関月、真田、趙竜胆、本多のような無難なのに落ち着きやすいです。

 こちらも端的にいうと入れ替えマンドクセ。
なんだかんだでそのまま前から使っているのを使い続けるのが多く、課金限定の強力キャラクターでも手に入れたとしても入れないことも多いよ。


 というのを踏まえて読んでいただけると幸いです。




  アタックタイプ



 呂無双

 奥義連発キャラ。
スキル、奥義共に相手の怒気を吸収する効果を持つ。
その為、攻撃しながらも相手に奥義を打たせない立ち回りが可能。
反面相手の怒気を吸い取るだけで行動不能にさせるわけでもなく、奥義も前列攻撃ということで火力不足になりやすい。
オート戦闘(というか闘技場)の場合、怒気を吸い取ったのに他のキャラクターの攻撃で怒気が貯まるということを避けるためにも6番目に置きたいがそうすると今度は他のキャラクターの攻撃で敵が減り、奥義を最大限に行かせないということが発生しやすい何とも悩ましいキャラクター。
パッシブ2の減少量は微量も良いところなので期待してはいけない。

 無限城に連れていき奥義連発で早く敵の数を減らしつつ奥義を打たせないという使い方が最良か?

 未所持なので色々と不明。正直使えるキャラクターかどうかは覚醒奥義の怒気吸収確率次第。
なんで夏祭りイベントで報酬にないんだ… 他の運動会イベント組は居るのに…



 本多藍佳

 みんな大好きアタッカー。
パッシブ2で居るだけで火力アップ。
全体攻撃で敵殲滅。
この上なくわかりやすいアタッカー。
攻撃防御に関するパッシブ2は基本実数値でのバフな為実際の数値を見てみるとはいゴミ。となることが多いがこのキャラクターのパッシブは何故か割合パッシブ。

 奥義の特徴でも書いたがNPC戦では前列に居るのか後列に居るのかと言った配置やアタックタイプと言ったタイプにSSRと言ったレア度関係なくステータスが決まる為半端なダメージを与えてゲージプレゼントしてしまい奥義を打たれる要因になりやすい。
対人戦においても後列攻撃をできるキャラクターがこのキャラ一人の場合奥義を打ったら敵6人から奥義の逆襲が飛んできたとなりやすいので後列を焼き払う為の後列攻撃の相方を探したい。

 パッシブ2が本体なので星4まではなんとかこぎつけたい。



 福島亜紀

 本多と同じく全体攻撃キャラクター。
奥義、パッシブ2共に本多よりえげつない。
確率が高くはないとは言え、奥義は気絶効果持ちの全体攻撃で本多の完全上位互換。
パッシブ2は味方全体のクリティカル及びクリティカルダメージ増加と存在が事故。
名槍祭にて無課金でも手に入れることはできたが1回目の挑戦にガーネットを合計9600要する為入手は厳しかった。(私?SSRどころかSR出て泣きましたがなにか?)
また、本多の上位互換的なキャラクターではあるが本多はなんだかんだで凸が進んでいることが多く、このキャラクターと差し替えるには相当の課金が必要。
最低限星4にはしておかないと本多を動かすことは出来ないだろう。

 仮に星4に出来たとして更にレベル50辺りと想定した上で話をすると存在しているだけで味方全体のクリティカルを10%上げる化物パッシブ。全体攻撃に加え、ただゲージプレゼントではなく気絶6連ガチャ付き。
本体もクリティカル特化しており、好感度を上げきった状態でクリティカル40%と言う化物っぷり。
そしてそこに自身の全体クリティカルパッシブが乗るので50%とかになる。
スキルはパンチが弱いが貫通率アップで悪くはない。このキャラは貫通率を持っていないのでそこを補える点は嬉しい。
星4以上のこのキャラが手に入った途端今までは耐久回復パだった人がいきなりヒャッハー出来るほどのスペックを秘めている。
こいつ居るだけで火力ぶっ飛びます。

 基本このゲームは課金キャラだからといってぶっ飛んで強いというのは居らず、それぞれ特徴があり、使い所がある。
とあるキャラにスポットを当てた場合そのキャラには特徴があって他と差別化出来る。となると勿論逆にそのキャラ以外のキャラも特徴がある為、ある点では優位だがある点では劣位となる。
要はこれが絶対的な結論パだ。絶対にこれが強い。と言ったものはない。
無理やり褒めてなんとか使おうとするというのではなく本当にこれが結論パだ。というのがない。
が福島、真田、姜ショウレイの3キャラだけはパッシブが頭抜けすぎて別格。その上でこいつら奥義まで強いし。サブステータスの振り方も良い。

 真田は無課金でも取れ、ユニオン宝箱からも出る。更に最近ではイベントでも入手できるので強い上に実用化可能。
こちらは凸どころか入手自体が困難な為、強いがお目にかかりにくいキャラ…だったんだけどなぁ…。後の話は追記からどうぞ。


 2018/07/31追記
 確定で手に入るようになりました。アホか。
いや本当におっp…おっぱまげた。

 0凸(魂晶100)は500円。それを購入し終わると画面が切り替わり、1凸(魂晶80)で5000円、2凸(魂晶200)で8000円、3凸(魂晶400)で10000円で購入できるようになる。
またそれぞれガーネットもついてくるのでその貰えるガーネットは勿論のこと有償ガーネットを購入したということで招き猫での一週間ガーネットも貰える。
ゲームの中の1データにコンシューマゲームのソフトの値段以上とか出せるか。とか無課金貫く。と言う人の話は置いといて課金をすると言う前提で言えば非常に安い。
本体はパッシブなので1凸さえ出来れば戦力になるが1凸は魂晶80で5000円なのに対して3凸は魂晶400で10000円… そして勿論ガーネットも大量…
コスパは3凸が圧倒的に良いのだけれど10000円は…みたいな何とも絶妙に上手い悩ましい事をやってくれる運営で。
お花の正月福袋だけは、グラブルでサプチケだけは。と言った要所課金プレイヤーでこのゲームに課金しても良いと言うプレイヤーなら買いかと。
いやこれ本当に元々から見ると安いよ。
アイドルうぉーずの3週年ゴッデスガチャかよって言いたくなるレベルで値下げよ…
元々ガーネット9600使って20%1連チャンス。以後ガーネット7200で20%1連チャンスとかだったからね、このキャラ。
復刻されたときも万札ぶっこんで1枚出たら良いなぁって言うレベル。1凸?おいくら万円ですか?
運営の回し者かよお前と言われかねない推しっぷりだけれど今まで必死に福島集めていた人馬鹿にしているレベルで安い。

 一応買えるのが星6までとは言え星6までいけたらパッシブ全解禁でとりあえず一息だしなぁ。6→7は4回引かないと駄目だし今までなんとか2枚引いて星4状態だった人、3枚も引いて2凸だった人と今からほい万札で星6にした人がまったく同じというのはちょっと…
仮に4枚以上引いていた人が居たとしても先述した通り星6時点でパッシブ全解禁でそこからは労力の割に旨味薄いし今から万札一枚で星6にする人と強さ大差ないしなぁ…
個人的には確定で手に入れられるにしてもせめて星5+魂晶100までで止めておくべきだったんじゃないかなと…


 勝利セリフの「得したね」の言い方が非常にツボ。



 鍋島瑠璃子

 敵一体絶対殺すマン。
非常にというか異常に火力の高い単体奥義持ち。
一発辺り1万は食らう複数回ヒットする奥義を打ってくるキャラクター。
代わりに紙。
攻撃性能が高いが防御性能が低いわかりやすいキャラクター。
まあポケモンのフェローチェ。

 スキルが自己回復。奥義が自己犠牲なので自給自足が出来るがただでさえ紙なのに奥義の後はHP自体が減っているため他のアタッカー以上に簡単に消し飛ぶ。
また、劉ショウテイやアンナで本当は前列を回復させたいのに回復対象を奪うと言う事態も起こす可能性があるため注意。
無限城では敵を速攻で減らして被害を減らしたと思いきや先述の回復スキルの対象を奪って前列回復ができなくて落ちたということになりかねない。

 なおこのキャラクターのパッシブ2も効果が非常に小さいため期待は出来ない。

 存在そのものがレアだったり出会っても本多の奥義一発で消し飛んだりとあまり見れる機会はないが一度は奥義を食らっておきたい。
おもろいくらいダメージ出る。

 乳に惹かれて結構人気な模様。
体育祭カプセルガチャで購入することも出来た完全課金限定キャラクターの一人。



 井伊春菜

 スキルが気絶攻撃。奥義が後列攻撃。パッシブ2が敗退時に敗退させたキャラクターに対して気絶効果。
まさに闘技場のために存在しているようなキャラ。
とにかく居ると邪魔。

 放置しておこうものならスキルで気絶連発。
更に周りのキャラが倒れていたら威力の上がった後列攻撃が飛んでくる。
放置せずに攻撃しても倒しきれなければ威力が2倍になったスキルが飛んでくる。
倒したら倒したで置き土産。

 本当に邪魔くさい。

 奥義が後列攻撃、更にパッシブ2が敗退前提ということでNPC戦では役に立たなそうだがスキルの気絶効果だけで食っていける。
スキルを打てば大体気絶させられるので無限城等でも非常に役立つ。

 ガチャで出なくても夏祭りイベントで魂晶を92手に入れられるので後は無限城のルーレットでなんとか…
最も夏祭りイベントで8戦目をクリアでき、無限城も30階40階まで行ける人が星3井伊を欲しがるのかというのは疑問だが…



 周セイウ

 スキルに火傷。奥義に火傷。それしか出来んのかサルゥ!!
というわけで火傷特化キャラ。と聞くと微妙に思えるかもしれないが奥義が貴重な後列攻撃。その上で火傷で追加ダメージなので闘技場では後列絶対殺すマンとして活躍できる。
究極奥義になると味方へのクリティカルバフが追加されるためパーティへの貢献度も高い。
井伊と同じく後列攻撃をできるキャラクターではあるがスキルの追加効果が火傷なので気絶を持つ井伊に劣る。

 追加キャラながら2週間限定で恒常ガーネットガチャに入っていたキャラクター。
また、確率も普通に1.5%程あり、このゲームの10連のしやすさもあって結構な人が手に入れられたと思われるキャラクター。

 パッシブが非常に強力で、相手後列のクリティカル減少率を下げ、味方後列のクリティカルダメージを上げる。
サブステータス。且つ範囲が自分だけではない。且つそれを2つも持っていると言う非常に強力なパッシブ。
しかしながらクリティカル減少率ダウンはそもそも相手がクリティカル減少率を持っていなければ腐る為クリティカルアップの下位互換と言わざるを得ない。(一応クリティカルがカンストした場合等には意味があるだろうがそもそもそんなこと起こらん。)
また味方相手共に対象が後列のみという点も惜しい所。
とは言えクリティカルダメージのバフは味方後列に与える事が出来たらそれは全体に与える場合の7割8割は仕事したと言えるのでまあ十分。
半端なパッシブと思うかもしれないが味方の防御力を数百上げる程度のパッシブや発動すらまともに出来ない様なパッシブがSSRであっても問答無用でぶち込まれているゲームなのでまともに使えるだけで十分に強い。(つーかパッシブはSRとかRの方が強いこともザラ。)
まあ貶すことをいくつか書いたが特定条件発動でもなく、効果自体もまともなので十分強いってことで。

 そしてこのキャラのパッシブの基本的な評価はそれで良いのだけれど問題が…
福島のパッシブの完全下位互換と言うね。
とは言えあれが頭おかしすぎるだけなので比べてはいけない…
スマブラXでメタナイトと比べて弱いからこいつ弱キャラだっていうようなものだ。比べてはいけない!

 NPC戦においては後列だろうが問答無用でクリティカル減少率を持っているのでそれを下げられる点は優秀。また火傷の追加ダメージもあるためボス合戦の10T制限などを突破する際に心強い味方になってくれるだろう。

 火傷でゲージを与えやすい。相手を行動不能にさせるスキル奥義を持たない。奥義が後列攻撃。奥義で味方のクリティカルを上げパッシブで敵のクリティカル減少率を下げクリティカル量産。
ということで脳筋突破には向く反面次の戦闘のことも考えて味方の体力、怒気の調節が必要な無限城では少々使いづらいかもしれない。



 夜叉響子

 井伊と同じくスキルに気絶攻撃を持つキャラクター。
気絶の発生率が不明なので確定ではないが井伊のスキルから威力2倍効果を取っ払ったものなので下位互換な状態。
wikiの書き込みによると気絶率15%らしい。本当にそうなら使い物にならない。
SRやRですら40%なのに本当に15%なのだろうか?

 パッシブ2はどうにも使い所がわからない。
攻撃をもらったときに相手の怒気を減少とあるがまずこのキャラクターはアタックタイプなので基本後列配置。
その時点で基本このキャラクターが攻撃をもらう=奥義攻撃となる。
奥義攻撃を打つ=怒気0になるわけでそれに対して怒気を減少させる効果が発動しても意味がない。
また、後列まで攻め込まれて直接攻撃を貰うと言う状況になるならそれは怒気を減少させようがほぼ負け戦なので関係ない。
お互い最後の1人で殴り合い。
最終的に奥義の打ち合いになりそうだったけれど怒気減少のおかげで勝てたということは起こりうることではあるが想定に入れなくて良いレベルで稀。
つまりこのキャラクターのパッシブ2は使い先が全くわからない。
また、そもそもの話として発動率的に期待して動けるものでもない模様。

 奥義が前列攻撃なので無限城で前列の敵の体力がミリで残った、まだ相手の怒気ゲージに余裕があるからダメージを取りたい。こういったときに使え、最後の最後まで溜め込んだままの井伊と比べて優位。
また、井伊のスキルの威力2倍も無限城では発動機会がなく、(仮に発動するような状況なら誰かしら敗退してそれ以上の階層に行けない可能性が高い。)このキャラの劣位性も無い。

 とは言え無課金で凸を進められる井伊と比べると育成難易度が高い。
そして無限城ではこちらのほうが良いかもしれないが総評としては井伊の方が良いという何とも うん。
あと散々言っている無課金と課金の凸難易度の違いによるパッシブ、ステータス差…

 セリフを聞くたびに星くんが脳内をよぎって仕方ない…



 取り消し線部分:スキルの気絶率が15%なら後列攻撃前列攻撃とか関係なく100%井伊の方が良いので取り消し。
気絶率はwikiの情報鵜呑みな上に私自身が持っていないので感覚的なことも不明。
要は曖昧。



 北条莉那

 突然のファンタジー
コスプレ?無茶言うな。思い切り自前の羽で飛んどるがな。

 デバフおばけ。
てかフローレンス殺しにかかってる。
まあフローレンスは無限城が主戦場だから良いっちゃ良いんだけれど。
スキルは姜維と同じく敵の防御力を割合ダウンさせる効果を持つ。
奥義は全体攻撃で敵全員の攻撃力を割合減少させる効果を持つ。

 本体はパッシブ。
相手の回復量を50%下げることが出来るためフローレンスを置物化させることが出来、それだけでなく相手全体のクリティカルを大きく減少させることが出来る。
レベル50で相手全員のクリティカルを15%も下げることが出来、非常に強力。
まあ簡単に言うと福島で増えるクリティカル+5の値分下げる。
パッシブが本体と言ったが奥義の敵全体への攻撃力デバフも非常に有用。
アタッカータイプながら守りの性能が高いキャラクター。
奥義を覚醒しても追加の効果はないようだが逆に言えば覚醒させなくても即戦力となれる点は良い。(元々の効果で十分な強さあるしね。むしろ覚醒で追加付いたらバケモン化加速するわ。)
アタッカータイプながら守りの性能ということでパーティ入れ替えで火力を落とさないまま守りの性能を上げられる点が非常に嬉しい所。

 無限城においても火力を落とさないまま守りを固められるという点は非常に嬉しい所。
レベル70とかのプレイヤーなら相手のクリティカルを17%も下げることが出来、クリティカル減少率を2回分(12%)取るだけでほぼクリティカルをもらわなくなるので星の節約にもなる。
また奥義の全体攻撃デバフで後列含む全てのダメージを軽減させることも出来る。
攻撃デバフで織田小百合と似たような運用になると思うが織田小百合はディフェンスタイプなので前衛として使い、こちらはアタッカータイプなので後衛として使うため奥義の打てる機会の多さが異なり織田小百合と全く同じ感覚で使えるキャラクターではない点だけは注意。

 強力な反面体力自体は少々低めに設定されている模様。
キャラに依らずステータス固定上昇であるキャラ固有装備をしっかり鍛えよう。

 まあタイプこそ違うけれどぶっちゃけ織田小百合の上位互換よね…
パッシブ2に敵全体へのクリティカルデバフ付いてるしパーティ火力を落とさないまま運用できるし。




 ディフェンスタイプ



 関月

 分かりやすいディフェンスタイプ。
無課金でも手に入れることが出来るディフェンスタイプでスキルでガード強度、奥義でガード率を上げることが出来る。
ガード率を上げることが出来る半面元々持っているガード率は高くなく、奥義を打てないまま落ちることも多い。
また、奥義はガード率を上げることが出来るとは言え相手に対して沈黙や気絶と言った効果は無く、ガード率上昇以外の追加効果は貫通率減少に留まる。
前列に対して無害の奥義という非常にサービス行動を行うので攻撃した結果、逆に危険にさらされることも多い。

 無限城の場合、前の階層で奥義ゲージを調節できるため、開始直後に覚醒奥義を打ち込めば安定性が非常に増す。

 パッシブは他の攻撃防御関連パッシブにもれず数値がしょっぱい。

 尚、闘技場では殴られているのに回復するというバグがやたら発生する。
奥義連発スキル連発でガード率ガード強度オーバーフローが原因?



 織田小百合

 ディフェンスタイプはガード率を持つ半面クリティカル減少率を持たないので、ガード不発でクリティカルを貰うと一瞬で消し飛ぶということが多いが、このキャラクターはクリティカル減少率を持つ為クリティカルへの耐性がある。
更に、パッシブ2でもガード率、ガード強度、クリティカル減少率上昇と最強のパッシブ2を持つ。

 スキルや奥義で上乗せは出来ないが、好感度マックス、パッシブスキルレベル50とした場合、微量誤差はあるがガード率40%、ガード強度60%、クリティカル減少率20%という化け物になる。
奥義も単体攻撃で下手にゲージを稼がせることもなく、自己回復出来、更に敵全体への攻撃デバフと無駄な箇所が一切無い。
闘技場ではデフォルトの耐性の高さが光り、無限城では自己回復と攻撃デバフが光る。

 特筆すべきは前衛なのに奥義で相手後衛へのデバフが可能な点。
他のキャラクターは全て自身への強化だったり前衛への妨害だったりと壁として耐えるということを強化するものばかりである。
その為、通常攻撃を後ろに通さない性能はあれど、相手の全体攻撃や後列攻撃に対しての守りの性能は持ち合わせていない。
結果、攻撃力のない前衛だけが生き残って負けるといったことになる場合がある。
このキャラクターの奥義は敵全体への攻撃力のデバフであり、後列への被害も抑えることが出来る点が非常に優秀といえる。
ぜひとも奥義覚醒させたい。
1凸で手に入るパッシブ2、武器覚醒で手に入る覚醒奥義が強力な反面、星3、武器未覚醒においては全くと言っていいほど使いみちが無い。
このキャラに限らずではあるがこのキャラは特に凸ってなんぼ、覚醒してなんぼのキャラクター。

 運動会でのカプセルガチャに居なかったキャラクターのため武器覚醒の難易度が高い。



 結城晴子

 元々持っているガード率が高く、更にスキルで上乗せまで出来る。
奥義は相手の貫通率を減らし、沈黙まで付与。
パッシブ2ではダメージを減らし、ガード時には怒気回復まで。と最強の盾キャラ。

 一応関月は奥義で確実にガード率を上げられる、こちらはスキルなので運次第では一生ガード率を上げられないという違いはあるがまあぶっちゃけ上位互換。
無限城においても関月の相手の貫通率15%減少+自身のガード率20%上昇よりストレートに貫通率30%減少のほうが他の前衛に対しての支援としても強い。おまけに沈黙も付くし。

 このキャラに限らずではあるが、課金限定キャラクターの場合、比較対象に上がる無課金キャラクターと比べて凸難易度が圧倒的に高い。
また、無課金キャラ及び一部の課金キャラは運動会イベントのカプセルガチャで武器の覚醒も行えたがこのキャラクターは武器の覚醒も運ゲーなので敷居が高い。
関月の上位互換ではあるが、同じ育成状態ならば、と言う枕詞が付くため実際のところはなかなか取って代われないだろう。

 勝利時のぼそっと言う「もっと頼ってくれていいよ」がとても良い。



 陳レイ

 スキルに数ターン(持っていないので実際何ターン継続するのか不明)継続する沈黙効果を持つ。
奥義に状態異常回復及び防止を持つがまあぶっちゃけ空気。
スキル、奥義でガード率を盛れない上に元々のガード率が高いというわけでもないので落ちやすいディフェンスタイプのキャラクター。
このキャラクターを活かすならやはりスキルの沈黙に注目したい。
数ターン持続するため、闘技場の1T目にスキルで沈黙を掛ければ先行後攻関係なく2T目のスキルを封印できる。
でも実際問題自分でつかうとスキルの発動は運ゲーな上に本体の防御性能が高くないのであっさり落ちるという何とも微妙な感じで、相手に使われると沈黙のせいでフローレンスが置物化、真田の気絶も通らない、うざいとなる印象。

 悪くはないキャラクターだがこのキャラクターのために1枠割くかと言われるとうーん…

 このキャラにしか出来ない仕事はあるし強キャラのメタとして使える場面もあるがこのキャラを入れるなら他のストレートに強いキャラを入れるわって言う中堅ポケみたいなもん。



 孫ミンシュウ

 要らない子。
スキルでガード率、クリティカル減少率両方を挙げられるが不安定すぎる。
織田小百合の項でガード率もクリティカル減少率も持っているのは優秀と言ったがこのキャラはデフォルトでのガード率が低く、スキルで上げるにしてもクリティカル減少率ばかりが上がってガード率が一向に上がらない可能性もある。
正直素直にガード率だけ上げてくれる方が良い。
奥義は下手にゲージをサービスしない単体攻撃なのは良いがはっきり言って追加効果が無いと言って良い内容。

 課金ディフェンスタイプが居るならそっちを使う。
無課金なら関月を使う。

 基本SR含め大半のキャラはそのキャラならではの役割があるがこのキャラに関しては全く使いみちが思い浮かばない。

 存在価値は「SSRの」ディフェンダーという点のみ。



 フローレンス

 織田小百合、結城晴子と並んで重要ディフェンスタイプのキャラクター。
織田小百合は敵へのデバフを行い後列も守るディフェンスタイプ。
結城晴子は自分は絶対に落ちないディフェンスタイプ。
フローレンスは回復スキルでゾンビのごとく復活するディフェンスタイプ。

 まあ端的にいうと織田小夜子の上位互換。
回復スキルの貴重さ、大切さはこのゲームのプレイヤーなら言うまでもなく理解していると思うがその回復スキルの最高峰。
スキルや奥義、パッシブでガード率を盛ることは出来ないがデフォルトでのガード率が最高値で耐久性能は高い。
SSRディフェンスタイプということでなかなか前に出せない織田小夜子と違い前衛で活躍でき、敵の攻撃を受けて怒気を溜め、受けては回復し、受けては回復し、とまさにゾンビ。

 敵の攻撃力を減らせるとは言え、体力回復は自身のみで他の前衛の体力は回復できない織田小百合、非常に強固ではあるが他の前衛どころか自身の体力の回復もできず、連戦が続くとそのうち落ちる結城晴子とは違い、前衛全体の体力を回復することが出来、何連戦でもばっちこい。
奥義の追加効果には前衛のダメージ減少率増加も付いているため体力回復した上に次はもっと体力を削りにくくなるという強化された上で復活する。

 奥義にすべてが詰まっていると言える為、数ターンの沈黙をスキルで与えてくる陳レイが天敵。
また、奥義が相手へのデバフや気絶がない前列攻撃という群を抜いてゲージサービス奥義なのが欠点。
何キャラ落ちても良いので最終的に勝てばよかろうなのだと言う闘技場よりは誰一人落ちないまま登っていく無限城向けのキャラクター。

 勝手な予想ではあるが運動会ガチャで最も売れたキャラクターだと思われる。
こいつが居るだけで無限城が一気に進む。

 ハーレム1のうにょんうにょん具合は必見。
このゲームに限らず動くハーレム流行ってるけれどぶっちゃけいらんよねあれ…
動かすならもうちょっとまともに動かしてくれ。出来ないなら止絵でいいよね…
あと立ち絵を動かすやつ。PC熱暴走するレベルで容量喰い散らかして重くなるゲームあるけれどそれなら要らんよね…




 バランスタイプ



 趙竜胆

 THE 無難。
話すことがないくらいに無難なバランスタイプSSR。
まあ伊達の上位互換。
スキルで味方全体のクリティカルダメージを増やすことが出来るがそれならクリティカルを上げてくれたほうがありがたい。
奥義は縦列攻撃で後列への有効打を持つがそれなら全体攻撃や後列攻撃にして欲しい。
バランスタイプということで貫通率は持つがクリティカルを持たない。
その上で縦列攻撃なので何とも半端な印象。
貫通率を活かして前衛を倒したいのなら単体攻撃のほうが良い。
後列を倒したいのなら貫通率が完全に無駄。アタックタイプの後列攻撃や全体攻撃でクリティカル期待で良い。
パッシブ2は強力で、色々盛れるが本体の性能が何とも半端なので、うん。
このパッシブをアタックタイプが持ったら化物なんだけれどなぁ…

 闘技場で出てくる星7前衛趙竜胆は非常に厄介。
クリティカル喰らわない上にステータスが高く、殴っても殴っても倒れず、反撃の奥義で確実に後列を処分してくる。
ぎりぎり耐えても火傷で止め。

 敵として出てくると厄介ということは自分が使えば同じことが出来るとは分かっているもののあまり育成する気にならないのは何故だろうか…
星7趙竜胆使いは装備含めしっかり育成した結果の賜物とは分かっているが自分がそこまで育成するかと言われるとその分を他のキャラの装備育成に充てたくなるというかなんというか。



 真田千夏

 このゲームの要とすら言えるキャラクター。
味方全員のスキル発動率を上昇というパッシブ2が本体。
スキルはディフェンスタイプが自身のガード率を盛ったり、バランスタイプが味方への支援としてクリティカルを盛ったりアタックタイプが超ダメージを与えたりと発動すれば一気に有利に持ち込めるこのゲームに置いて非常に重要な要素。
その発動率を上げることが出来るという非常に重要なパッシブを持つ。

 パッシブ2が本体とは言ったが奥義も非常に強力で覚醒奥義は確定の2ターン気絶。
単体で威力が高く、最大40%にもなる貫通率でガードも許さない。



 諸葛キン

 持ち主諸葛瑾かと思いきや持ち主諸葛亮。
そしてまさかのヤクザ諸葛亮。
非常に数少ない攻撃防御のバフで有用なパッシブ2、と言うか割合増加の本多は別枠として実数値パッシブとしては唯一有用と言っても良い。(低レベル帯では織田小夜子も非常に優秀。)
スキルにスキル発動率減少というデバフを持つが最大で1ターンに1人へのデバフは果たして需要があるのか…
全体攻撃且つ気絶効果もあり、攻撃性能が高いアタックタイプ、パッシブも味方全体への支援ということで同じ完全課金キャラなら福島を取った方が良い気がしないでもない。(奥義の絶大なダメージとやらのダメージ次第で手のひら高速回転もあるが…)
無限城の様な誰も落としたくない場所では前列に置いて前列全体の防御上昇。
キャラが落ちても良いので最終的に勝てば良いと言うのであれば特定の前列を特化して強化できる後列運用が無難か?

 まあいつもの課金キャラゆえの育成難易度が最大の壁として登場するわけだが…



 劉ショウテイ

 ついに来ちゃった全体回復キャラ。
人権人権必須必須…かと思いきやそうでもなかった。
wikiによればスキル、奥義が共に50レベルと想定したとしてもスキルでは攻撃力の30%程度、奥義も攻撃力の100%程度しか回復できない。
攻撃力10000として、スキルでは最も体力が減っているキャラと自身の体力を3000、奥義では全体に10000程度の回復しか行えず、幾分か数値が足りないと言わざるを得ない。

 全体回復のおかげで相手の全体攻撃をゲージ回収のカモに出来る点は良いが素直に前衛の体力を大幅回復してくれるフローレンスや織田小夜子の奥義のほうが使いやすいことは否めない。
またスキルでの回復も数値が非常に心もとない。
NPC戦に置いては与えたダメージの50%を回復するアンナの方が圧倒的に回復量が多い。
パッシブ2もクリティカルではなくクリティカルダメージ上昇なのでやはり微妙。

 何とも全体的に中途半端な印象のキャラクター。

 回復なら素直にフローレンスやアンナを使ったほうが良いだろう。
勿論先述の二人に追加でこのキャラを入れれば回復は安泰、相手の全体攻撃ばっちこいの盤石な体制には成る。
単体攻撃なので削りにも使いやすいしね。

 NPC戦ではなく闘技の対人戦で使う場合は相手も防御力、ダメージ軽減率等を持つため与えたダメージのn%回復より安定して回復できる。
が、果たして闘技でこのキャラを入れる余裕があるのかと言われると…



 森彩華

 スキルに火傷効果、奥義に敵の被ダメージ増加とクリティカル減少率減少の効果を持つキャラクター。
スキルの火傷効果が非常に長く、合計として良いダメージを期待できる。
奥義はバランスタイプによくあるアタックタイプの補佐を行える。
単純なダメージ増加に加え、クリティカルが通らないバランスタイプにクリティカルを通せるようになるためアタックタイプが活きる。
パッシブ2の効果は他の攻撃防御増加パッシブよろしくお察し。
奥義の効果を活かすためにも出来れば隊列の頭に置きたいがバランスタイプなので耐久力はディフェンスタイプに劣る。
恒常入りしたのでステータスの底上げはやりやすくなった。
その為凸で耐久力保有できるようになった。
とは言え今から凸を進めてすでに使っているキャラと入れ替えるのはなかなか厳しいだろう。
このキャラの凸を進めている間に既に使っているキャラも出て来て同じ様に凸進むだろうしね。

 奥義の後の小太刀を仕舞うモーションが良い。



 足利真子

 織田と同じく奥義は単体で無駄にゲージを与えないのにもかかわらずデバフ効果は攻撃対象以外にも与えられるキャラクター。
スキルでクリティカルを上昇させ、奥義でガード率を減少させる。
そこに本多でドーン。

 福島亜紀を誰でも手に入れられるようになったので組み合わせて使うとガードさせない&クリティカル出しまくりでダメージがひどいことになりそう。



 姜ショウレイ

 真田2。
パッシブに味方全体のスキル発動率アップを持つ。
しかもwikiによると伸び率真田の3倍らしい…。そマ?
レベル50で真田は10%、70で12%、100で15%なのに対して姜維は50で17%、70で23%、100で32%。化けもんかよ。

 スキルは敵防御力を20%ダウン、奥義は後列攻撃且つ2Tの麻痺。
麻痺の確率は3割4割らしいがそれでも後列の脆い3人にダメージを与えた上で2Tの3連麻痺ガチャとかウッソだろお前って言いたくなる奥義。
最高峰のパッシブ。前列の壁を破るスキル。後列を攻撃しつつ行動不能にさせる奥義。と全く隙がない。
ストレートにやばいキャラ。てかこのゲームって課金キャラでもインフレしないっていう印象だったのだけれど大丈夫?って言いたくなるレベルでやばい。
クリティカル持ちのバランスタイプということで奥義で倒そうとしてもバランスタイプの絶妙な耐久力が邪魔するわクリティカル減少率でクリティカル通らないわ。
生き残ったらこちらのやわい後列に対してバランスタイプの絶妙な火力で麻痺2T奥義飛んでくるわ、クリティカル15%もあるから普通に痛いわで地獄絵図。

 闘技場で相手パーティに福島真田姜維が並ぶ図?見たくもない。おお怖い怖い。




 以上
個人のキャラ評価、SSR編でした。

 一度記事の大半を消してしまい、後日書き直したため、プレイ期間、経験の差等からSR、Rの評価との温度差がある可能性が大きい…



広告
×
後半はなくなった?
21ヶ月前
×
>>1
消えとるがな… なんでや…
少し内容いじったときに間違えて消しちゃったかなぁ…
需要があるかはわかりませんが書き直しまする。指摘コメありがとうございます
21ヶ月前
×
参考にさせてもらってます!これからもソウル戦記の記事を楽しみにしています
21ヶ月前
×
>>3
そういったコメントが付くと書いたかいがあるというものです。
んーこれ以上書く気はなかったけれどそのうち無限城攻略でも書いてみようかしら。
ではではコメント嬉しかったです。ありがとうございました。
21ヶ月前
×
招き猫の需要があるのかよく分からないので、無限城の際に一緒にご教授お願いします。
応援しています!ありがとうございました
21ヶ月前
×
ショウレイやばいですよね
3回10連しましたがカスリもしませんでした
20ヶ月前
×
今までのキャラなんだったんだよと言いたくなるレベルで頭抜けてやばいですね。

0.85%ですもんねぇ…辛い。しかも1凸重要って言う。
キャラをガンガン追加するタイプのゲームではないので仕方ないのかもしれませんがもうちょっと金額が安かったり周瑜のときみたいに無課金でもチャレンジ出来たり確率自体が高かったりしたら気軽に手出せて運営も金が落ちていいと思うのですけれどねぇ…
20ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。