ソウル戦記 キャラ評価 SR
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ソウル戦記 キャラ評価 SR

2018-04-21 23:08
    一個人がキャラ評価をしていくだけの記事
    気軽にキャラ替えをし辛い一キャラをじっくり育てるゲームなので育てる前の参考にでもなれば幸いです。

     私自身がプレイして日が浅い上にデータだけ見て使っていないキャラも多数いるため見当違いな事を書いている可能性もありますがご了承ください。
    あくまで一個人の意見という程度で受け取っていただけると幸いです。

     ソウル戦記攻略 W.i.k.iのデータを参考にしつつこの記事を書いております。




     SRの特徴

     当たり前だがSSRよりステータスが低い。
    しかしスキルや奥義もSSRより弱いかというとそうではない。
    SSRが敵を倒す、自分を強化すると言った個人プレイが多いのに対し、SRは相手を気絶させたり味方へバフを与えたりと言ったチームプレイのスキル、奥義が多い。

     当たり前だがSSRと差別化出来るスキル奥義を持っていない場合ステータスが低いだけのキャラクターになるのでそういったキャラクターはつなぎとして使う場合はあっても最終的にはSSRに取って代わられる。
    そしてそういうキャラクターの評価は辛口。




     アタックタイプ



     張青

     絆創膏
    縦列気絶持ちキャラ。
    パッシブ2も敵全体の攻撃力減少と無駄がない。
    無限城のルーレットや闘技ショップ、闘技宝箱からもすることも出来る為入手機会は多い。
    ストーリーの宝箱での入手は無く、チャレンジモードで入手出来るのも中盤と、一度入手出来る場所まで行ければ割と入手しやすいが初めの方は中々手に入れづらいキャラクター。
    とりあえず入れるキャラが居なけりゃ入れとけ。と言うキャラクターではあるが気絶枠には上杉や前田と言ったライバルが居るため育成状況が同じ場合は他に居場所を取られる印象。
    凸数が多い場合や、メイン6人が育成終わっていない間に偶々そこそこ育てていた為つなぎとして入れる。と言った感じで使用されるキャラクター。
    まあ端的にいうと上杉のサブ。



     明智聖子

     SR最高レアキャラ。
    恒常ガチャで出ず、無限城などでも手に入れることができず、ユニオン宝箱にも入っていない。
    なのだが性能は弱いと言わざるを得ない…
    気絶持ちだの味方へのバフがあるだのSRにもSSRを押しのけて入れる理由があったりするものだがこのキャラクターは1つもない。
    一応スキルに沈黙は付いているがその枠を他の有能SRキャラに使ったほうが100%良い。
    ナースだったら回復とか付けてくれても…

     奥義は後衛だろうが問答無用で直接狙えるので使用価値を探すならその点か?
    とは言え後列を選んで攻撃できるわけでも無いのでやはり厳しい。



     上杉彩子

     脳筋。
    ステータスはSR版鍋島と言ったところ。
    要は攻撃力がくっそ高いが紙装甲。
    そのくっそ高い攻撃力から麻痺効果付きの縦列攻撃を繰り出すSR有能組。
    同じ育成状況なら張青よりこちらをおすすめしたい。
    ストーリーやチャレンジでも手に入れる機会が多く、無限ショップで涅槃も手に入れることができる。
    無限城ショップに涅槃が置いているため初心者でも装備覚醒出来る点は強み。
    手に入れる機会が多い、アタックタイプにおいて理想のステータス、奥義もアタックタイプの性能を存分に活かせるもので追加効果として麻痺持ち、装備覚醒が容易なため奥義で大暴れできる。とまあとにかく強い。



     武田芽衣

     スキル奥義共にアタック戦霊限定のバフ効果。
    とは言えこのバフ効果なら素直にこの枠をSSRに譲ったほうが良い。
    あまり育てる価値はない。



     アンナ

     無課金ではユニオン宝箱からちまちま集めるしかないキャラクター。
    0凸であっても手に入れたときの恩恵は非常に大きい。
    このキャラが居るだけで無限城の階数が2は進む。
    とにかく無限城での恩恵が大きいキャラクター。
    スキル、奥義ともに味方への回復効果を持つ。
    このゲームに置いて回復スキルは非常に貴重な上に後列の回復が可能ともなれば更に貴重になる。
    奥義だけではなくスキルまで回復効果を持っており、このキャラを入れるだけで一気に回復が楽になる。
    闘技場では凸のしにくさからステータス面での見劣り。更には敵の防御力に阻まれまともに回復効果を得られない。
    ストーリーや無限城等では敵の防御力は基本的に0であり、非常に大きな回復効果が見込める。
    0凸でも攻撃7000程度は行けるので1万とか平然と回復する。
    無限城を高く登れるようになれば無限ショップで霊玉を買い、装備を強化したり、ガーネットでガチャを回してキャラクターを入手したりとプラスのループに入れるのでこのキャラクターの価値は非常に高い。

     奥義は確率でとあるが実際は確定で回復する。
    30%でも平然と万単位で回復するため頼もしい。
    涅槃は過去イベで入手できたが現在はガチャ以外入手方法がない完全なる運ゲーなので難易度は高い。

     とにかく無限城と相性が良いキャラクター。
    0凸武器覚醒なしでも構わないので手に入れたらしっかり育成しておきたい。




     ディフェンスタイプ



     前田加奈

     最強の気絶要員。
    究極奥義が気絶率100%の縦列攻撃という全スキルで最上位クラスの性能。
    本人がディフェンスタイプというのもあり、前衛に置いてゲージ溜めて奥義連発が理想。
    敵2人を確定で行動不能に出来るヤバいやつ。
    Boss合戦3章と言う序盤で涅槃を手に入れることも出来、初期の方から奥義で大暴れできる。
    反面まとまって魂晶を手に入れることができる場所がなくキャラ自体は非常にちまちまとした育成になる。
    タイプ的にも奥義の内容的にも出来れば前衛で攻撃を耐えてもらいたいのだが凸をしやすいとは言えないキャラクターというのが難点。
    SSRを押しのけてでも入ってくるくらいには奥義が強い。

     パッシブ2は空気。



     曹天元

     素直なディフェンスタイプ。
    正直関月で良い。
    また関月が居ないとしてもこのキャラならではと言う点がなく劣化関月のようなものなので同じSRディフェンスタイプなら他3キャラを育てたほうが良い。



     豊臣久美子

     前列気絶奥義持ち。
    最大3体へ攻撃できる気絶奥義持ちで、究極奥義になると気絶確率も66%と高く有能。
    スキルも味方全体へクリティカルアップと有能。
    しかし3人に66%の気絶を打てるうちは良いが、前衛を1人撃破し2人に66%、前衛を2人撃破し1人に66%の気絶となるとどうにも物足りなくなる。
    縦列攻撃の場合は基本的に2人に当たるが横列攻撃の場合は対象が減りやすいというのが難点。
    横列と縦列。好みの問題もあるだろうが個人的にはこのキャラクターを育てるのなら縦列100%気絶を持つ前田加奈を育てることをおすすめする。
    スキルがクリティカルバフなので趙竜胆と一緒に試練に連れて行くとダメージが跳ね上がる。

     料理要求の際に非常に腹が立つセリフを吐く。



     徳川奈々

     出てくるときはだいたい関月とセットででてくるキャラクター。
    ディフェンスタイプへの支援特化キャラクターで出来ればディフェンスタイプを複数採用して使用したい。
    このキャラ単体で使用するのではなく、他のディフェンダーと合わせることにより真価を発揮するため、好感度アイテムがまだまだ足りない様な育成途上の人は手を出しにくいキャラクター。
    またパーティとして防御面を強化するということは攻撃面を犠牲にすることにもなるので防御を固めたは良いが火力不足で押し切られるということになる可能性もある。




     バランスタイプ



     司馬黒羽

     貴重な後列攻撃持ち。なのだがタイプが悪い。
    バランスタイプなので貫通率を持つが、奥義が後列攻撃ということでバランス、アタックタイプに向かって打つことになる。その為貫通率は無駄ステータスと言わざるを得ない。
    またバランスタイプなので根本的に火力不足。
    相手の後列のゲージを貯めるだけになる未来しか見えない。
    育てる必要はないだろう。



     喬玲

     初心者救済キャラ。
    伊達舞と同じく初心者が手に入れることが出来るSR。
    防御寄りのステータスでスキルが全体防御バフ、奥義が気絶効果持ちの敵単体攻撃。
    ディフェンスタイプやSSRで前列が埋まるまでの間長くお世話になるだろう。
    初心者救済の序盤のお供で、ストーリーを進める過程で育成は進むことにはなるが最終メンバーの候補には残らないだろう。



     劉双児

     スキルの攻撃バフに奥義の防御デバフにパッシブ2の自身防御バフを持つキャラクター。
    バランスタイプ且つ前列に出す利点もないのにパッシブ2が防御バフ。
    スキル、奥義ともに特筆することもなく育てる必要はないだろう。

     スキル及び奥義のモーションは見ていて気持ち良い。



     喬瓏

     スキルに味方全体への攻撃バフを持つ。
    それだけ。
    奥義が単体への沈黙とはっきり言って気絶の劣化と言わざるを得ない。
    2T沈黙とか何かしら差別化が出来たら良かったのだが敵1人に100%気絶などがある中敵一体にただの沈黙なのは非常に弱い。
    試練の穴埋めに連れて行くとスキルの攻撃アップが良い感じに仕事することがある。



     任傾城

     SRのやべぇやつ。
    恒常ガチャに入っておらずユニオン宝箱や無限ショップでちまちまと集めることになるキャラクター。

     スキル及び奥義の効果が非常に強力。
    スキルは味方全員のスキル発動率を20%上昇させる。
    勿論自身のスキル発動率も上がるので一度発動してしまえば上がったスキル発動率でスキルを発動、更に上がった(ry となり6キャラ連続スキルが日常風景に成る。
    究極奥義は味方全体の怒気ゲージを300回復という異常性能。
    回復のタイミングは奥義を打ち終わった後なため自身は奥義を打った後300溜まっている状態となる。
    奥義を打ち終わった後怒気ゲージがMAXになったキャラクターが居た場合即座にそのまま奥義を打つことが可能。
    ちなみに確率で、とあるが確定で300増加させる。

     無限城でアンナ、織田小夜子と組ませると一気に回復が楽になる。
    アンナ同様0凸で構わないのでしっかりと育成しておきたいキャラクター。

     スキルの性質上なるべく1番手に配置したい。
    同様に奥義も何回でも打ちたい効果なので怒気ゲージをためやすくするためにも前列に配置したい。
    が、このキャラクターバランス型ということで前衛向けではないステータスな上にそのバランス型の中でもとりわけステータスが低い。
    このキャラクターを前衛として使用するには凸を進め装備もしっかり育成しておく必要がある。が、チャレンジモードでも入手できず、恒常ガチャにも入っていないというのに加え、無限コインが無限ルーレットから削除されたのもあり育成難易度は地獄。
    無難に後列で使用する分には割と気楽に使える。

     奥義を打ち終わった後怒気ゲージがMAXになったキャラクターが居た場合即座にそのまま奥義を打つことが可能。と言ったがストーリー等では即座に奥義を打つ事が可能だが闘技場の場合は自分より隊列が後ろのキャラクターしか打てない。
    そのためやはり理想は1番手になるのだが先程言ったとおり育成難易度が高い。

     もし1番手に置くことが出来る程に育成をしたのならば攻撃を受けつつゲージを溜め、ガンガン奥義を打ち他のキャラクターの奥義ゲージを溜め、他のキャラクターの奥義で敵の手数を減らし回復スキルで回復し、と戦闘が一気に楽になる。

     試練でも狸試練ではスキル連発で今まで挑戦していた一つ上の狸に挑戦できたり、巨像試練では6番目に置くことにより味方が奥義を二回打てるようになったりと非常に有能。

     前列使用の難易度は非常に高いが後列使用でも十分に価値があるので0凸でも良いので取っておきたいキャラクター。

     あと好感度の補正が何故かガード率及びガード強度なのでステータスこそ低いが他のバランス型よりは耐える。
    ステータスの低いディフェンス型と言える。尚ディフェンス型ではないので徳川等の恩恵は受けられない…
    そしてガード率の代わりにクリティカル率減少がないので闘技では大体本多にクリティカル貰って死ぬ。



     真希

     一回限定の課金で入手出来たキャラクター。
    ユニオン宝箱や課金ガチャに入ることは今のところ無いので凸自体が不可能なキャラクター。(夏祭りイベントで有限個は入手できた。)

     性能としては簡易任傾城。
    奥義が全体の怒気100回復。
    任傾城と合わせて使うとパーティの奥義がガンガン回る。
    そして何故か他の全体攻撃より一回り威力が高い。

     自身のスキルでも怒気を溜めることが出来る為他のキャラクターより怒気ゲージの溜まりが早い。

     血脈ランクを4にするとBoss合戦を一日に4回挑むことが出来るようになる。
    少しでも課金して良いと思うのならば血脈ランクを4にするための経験値200のついでで0凸を買うと良いだろう。



     伊達舞

     SR版趙竜胆
    非常に無難な性能。
    一番始めに手に入るSRで、伊達舞の特訓等凸の機会にも恵まれている。
    また、SRの中でステータス自体が高く設定されている。
    とにかく使いやすく誰もが長くお世話になるキャラクター。

     闘技場で出会う星7のこいつはかなり厄介。
    わざわざSRを採用しているということも有り育成度合いが高い可能性が非常に高い。
    スキルでアホほど削られた上に火傷で止め、奥義で後列を消し飛ばし、スキルと同様生き残っても火傷で止め。

     SSRより明確に性能は劣るが代わりに凸をしやすいと言うSRの優位性を最大限に感じられるキャラクター。



     石田美恵

     ギャンブルキャラ。
    スキルが味方へのランダムバフ。
    奥義が敵へのランダムデバフ。
    1人で全てのバフ及びデバフを担当できるとも言えるが選んで出せないので非常に扱いづらい。
    勿論バフはバフなので何がでてくれても嬉しいがやはり扱いづらい。
    デバフも相手前衛のクリティカル減少率減少を引いたり意味がないことも多い。

     ロマンを求める人はどうぞ と言うキャラクター。
    本来単体として貰えるバフである貫通率などを全体にばら撒ける事もあるためハマれば強い。
    またパッシブ2が敵全体のクリティカル減少と言う非常に強力なデバフ。
    相手のアタッカータイプからの生存率を一気に上げることが出来る。

     私事だが勝利セリフの「だいしょーりー」がツボ。




    以上
    個人のキャラ評価、SR編でした。

    SSRはSSRであるという時点で強いのですがSRは100% SSRのキャラクターよりステータスが低いわけで、そうなるとスキルや奥義でSSRを押しのけてでも入れるなにかがないと辛口のコメントになりました。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。