河森エキスポに行く。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

河森エキスポに行く。

2019-06-17 23:50
    怒涛の2週間の2週目
    ラブライブのライブ1日目の話である。

    知人が新幹線で昼2時ぐらいに東京駅に着くというもんだから
    どうしたものかなぁ?っと考えてるうちに

    あ、先週のマクロスクロスオーバーライブ時にしった
    河森エキスポに行こう♪という感じになった。

    ホントは時間に余裕を持っていくはずだったのだけども
    知人に池袋のロッカー抑えといてwだとか言われたり
    池袋サンシャインシティでの某イベントで声優とか見ていたら
    すっかり遅くなってしまった

    っというか、声優みるのは3分ぐらいに我慢して
    ロッカーを探しにいった
    そう、河森エキスポの為にって思っていたのに

    G20の影響で池袋のロッカーがほぼほぼ使えなくなっていた事もあり
    開いてるロッカーが全くない!
    ロッカー探しが異常に時間がかかってしまった。

    結局、東池袋(サンシャインシティ)のロッカーを抑えてから
    東京ドームに行くことになる

    (何気に私の靴が
    黄色と黒のタイガース仕様で且つ、公式にタイガースと書いた靴だったため←まじでw
    デイゲームで東京ドームに来ていたジャイアンツファンの間をのっしのっしと歩く

    そう、今回は東京ドーム&西武ドームに
    タイガースシューズで行くというミッションをしていたのだw)

    すでに12時を回っていた…
    仕方がない…1時間半ぐらいでみなければ…っと
    まぁそんな感じで行く。

    河森エキスポ
    一般入場2000円、なんか映像付きで2500円?
    あと音声ガイドという携帯電話ちっくな貸し出しなんかもあったね
    (後から思うに音声ガイドは必須だったかもしれない)

    映像付きを観てる暇がないかもしれないっと思い
    一般2000円で入る

    初めはフィギュアだとかいろいろあって
    それは写真で撮影してもよかったのだけども
    本番はサイバーフォーミュラーのデザイン画?フィギュアもあったっけ?

    その後だ、
    撮影禁止のメモやらデザイン画やらまぁ~沢山。

    ただここでしまったっとなってしまう!
    そう土曜日なのだ…人が集まりやすいわけじゃん?

    河森メモ・コンテみたいな読み物は腰ぐらいの位置に展示してあって
    子供でも読める位置にあり
    デザイン画だとかは見上げる位置までめちゃめちゃ展示してあるわけだ

    つまり、オタクが動かないという事だ

    オタクというのもあれだけども
    2000円はらって、監督がどのようなメモをとっているのか?だとか
    そんなん読むにきまってらーって話で

    止まる人は永遠に止まるループで、その後ろだと読めないという事になってしまう。

    私だってしっかり読みたいけど、
    2時前には迎えにいかなければならないかもしれない

    故に、流し読みで止まってる人を抜かしていくしか方法がない…
    まぁ…これは仕方がない事だ…

    っと、流し読みでテッテレーっと進んでいくも

    若いオタク・ファンがマクロスΔメモ前でまるでしゃがみ込むような感じで
    4人ぐらいがメモ(コピー)を触りながら読み・談笑しつつ
    ほぼほぼ座って止まっている状況に出会う

    あ~わかるよ!
    どうやってそういう設定になったのか?だとか知らない事が書いてあるんだろ?

    わかるわかるよ~私だって若かったらそういう観方をしてたかもしれんし

    うらやましいなぁ~はっはっは!
    あ~~~
    まったくみえねぇwww

    まってもいいが、時間もない
    あーだめだなぁ~
    余裕もってくるべきだったw

    という事で、私にとって印象深く、
    他人にとってはあまり興味がない
    地球少女アルジュナの展示だけは凝視し全て読み
    オーラちっくな絵コンテも観ながらふんふんっとできたのはラッキーだったかもw

    あと、河森監督のデスクには太陽の塔が飾ってあるってのも
    何気にうぉーってなったし
    ちゃんとレゴのバルキリーやアクエリオンをみれたのも良かったし

    そもそも、アルジュナみたいなのを作る原因になった
    河森監督の旅の写真も凄い印象深く
    どの作品にも監督の意志というものが色濃く入っているのが
    見て取れるし
    そう解説してあったのも素晴らしい。

    私の知らない作品も、知ってる作品も
    そういった見てきた物から得た視点…
    そういったテーマがあるってのが
    昨今のアニメ業界においては稀有な監督の人なんだなぁ~っと思うわけ

    ていうかこういう監督がまだ残っているのが
    アニメ業界の強みであり
    ストロングポイントなんだなぁ~っと思うわけ

    なんだか、かっこいいわぁ~

    だってさぁ~
    ロケット花火をこうやって飛ばしてた学生時代って
    アニメって感じしないじゃん…かっこいい


    ちなみに出たらすぐ何か渡されて
    アンケートかな?っとおもったら
    物販申し込み用紙であった。
    買うだろ?っておもうでしょ?
    でもお金使いすぎなんだよ…すまん

    建前としては「いや…今からライブだし…」
    っと定員さんにお返しして
    東京ドームをでるのであった。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。