劇場アニメ映画「天気の子」を観に行く。(ちょっとした感想)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

劇場アニメ映画「天気の子」を観に行く。(ちょっとした感想)

2019-07-22 06:07
    土曜のレイトショーで
    劇場アニメ

    「天気の子」を観に行った。



    始まったばかりだからネタバレしないように書くけども

    一緒に観に行った友達は

    「君の名」より面白かった
    新海やりよった!っと
    面白かったといい。

    私も、想いがガツンっとテーマに入っているように感じ
    あ、珍しく、気持ちいれてきたな!
    面白いじゃん!っとなった。


    知人は君の名はシールペタペタ貼ってるだけで
    全然伝わってこないっと前からいっていたし

    私も、(前少し書いたけども)
    主人公の2人にはまったく何もおもわず
    同級生の坊主の爆発力、抑圧されていたものの爆発力と(知人は一番これが嫌いらしい)
    2016年という軸合わせを評価していた。



    だがこれは、何かしら込めている
    後半セリフで…総括のような事をいっているのだけども

    その視点でいえば、私が常々おもっている事に酷似していたので
    その理由付けが、君の名の批判的な意見に対するアンサーなんだなっておもって
    お!がんばったじゃん!ってなる。


    まぁなんだ、常々思っている事を少しだけ書くと
    このブログでも数年前から

    「まともな人って思ってる以上に少ない」って
    某漫画でセリフで共感し、私もよく多様するわけだ。

    ネット上は正義マンが多いけども
    世に言う常識を出る行為…

    極端にいえば
    某歌のように…100円拾って、交番に届けるというような行為

    これを「まとも」と取るか「変な人」と取るかの差というか

    常識といいながらも
    確実な自分ルールがあって、それが常識とは全て重ならない
    だから、全て常識に沿ってるまともな人ってそんなにいない

    まぁ…これ以外の意味も多々あるのだけどもさ…

    まぁそういう感じの事を
    世界規模で表現しているというか?そいういうテーマ性であるというか

    物語自体はラジアータストーリーでみた!みたいなものだけども
    理由の意味合いが少し違っていて
    そういう意味での、前作の批判のアンサーにもみえるし、

    俺はこうなんだからいいだろ?っと叫んでいる、
    ほっといてくれっていってソッポ向いているようにも見える
    変わっててもいいだろっと言っているようにみえるのが

    空っぽだった君の名はとは違って
    監督の気持ちが入っているように見えるのだ!


    当然、前回でしてほしかったような事にも挑戦してるというか
    アニメーションなんだから、ちゃんと逃げずにやったってのも
    評価が高いんでございます。


    ただ、空っぽだった時に爽快感が好きだった人には
    アレかもしれない…


    ちなみに
    たまたま、去年、
    新宿→池袋まで徒歩で歩いている事。(線路沿いに)
    東京に遊びに行った時は
    池袋が庭であり。
    北口(平和湯等)~東池袋(サンシャインシティ)まで無駄にウロチョロし

    今年もたまたま
    朝、新宿のマクドに行き、歌舞伎町の煮干しラーメン凪にいったり、
    新宿のバスタにいったり?新宿駅の東口だとか
    西武新宿線にのったりのったり、
    西口側(南口かな?)の銭湯妙法湯から北口
    サンシャインシティ周りをまたウロウロしていたので


    アソコ北口じゃん!
    北口の地下道じゃね?
    あれ?ほぼほぼ一緒の場所・距離を私歩いてるじゃん?
    新宿のマクドナルドっていったところじゃね?2階じゃね?
    歌舞伎町ってそんな感じみたいな事
    聖地巡礼とかではなく
    たまたま、去年・今年と行っていたので
    それはそれで楽しめたわけでござーます。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。